Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    メラ・サクテンへの旅(1) ブムタンとタシガン Trip to Merak & Sakten: Bumthang & Trashigang

    I visited Merak and Sakten, the villages located in the far East of Bhutan, where nomad people live their traditional ways of living. It was planned as an official inspection tour to monitor the tourist facilities in the area as the trekking course was newly opened to tourists a year ago.
    ブータンの東の果てに位置する、メラ、サクテンという遊牧民が伝統的な生活を送る村を訪問してきました。この地域は1年前にトレッキングコースが観光客に開放されたばかりなので、観光施設の視察を目的にした訪問です。

    Merak and Sakten are not accessible by cars, so we needed to do trekking for long hours to reach the villages. Including the road trip from the capital, Thimphu, to the East, the whole tour took 9 days in total.
    メラ、サクテンは道路が通じていないので、村にたどり着くには長時間、険しい道をトレッキングする必要があります。首都のティンプーから東の果てまで行くロードトリップを合わせると、合計9日間の長旅となりました。

    In this entry, I will write about the road trip through Bumthang and Trashigang before the trekking.
    今回は、トレッキングに至る前の、ティンプーからブムタン、タシガンという町へのロードトリップについて書きたいと思います。

    The first thing we encountered on the way from Thimphu was the landslide blocking the road. It is very common during rainy season. There was already a loading shovel clearing the rocks.
    首都を出発して数時間後にまず遭遇したのは、地滑りの現場でした。ブータンでは雨季には頻繁に起こるそうで、既にショベルカーが到着して岩石の除去を行っていました。

    P1050958.jpg

    Our car was the first one to be there, so the landslide must have happened just 5-10 minutes before we reached the point.
    It is pretty scary to imagine what if the landslide had happened when we were crossing the point... Look at the huge rock in the photo below!

    我々の車が最初に足止めをくらった車だったので、地滑りは恐らく5分か10分前に起こったばかりなはず。。。もしもう少し早めに現場を通過していて、地滑りの瞬間に遭遇していたらと思うと恐ろしくなります。下の写真の岩の大きさを見てください。。。

    P1050969.jpg

    However, our Bhutanese friend was not scared at all. According to her, "It didn't happened to us, so I'm sure it won't happen in the future, too! Nothing to be scared about."
    That's Bhutanese optimistic mentality coming from Bhuddism... Everything happens for a reason, so certain things do not happen for a reason.
    でも、ブータン人の友人は全く動じていません。彼女いわく、「私達の身に起こらなかったんだから、この先も絶対起こらないよ。何も怖がることなんてないよ!」
    これが、仏教の「カルマ」の考え方から来るブータン人の楽観主義でしょうか。起こったことは起こるべくして起こったことなので、逆に起こらないことは起こらない。。。

    One interesting fact I heard about the landslide is that prices in Thimphu soar up when landslide blocks the road between Thimphu and Phuentsholing, the town next to India where almost all the imports come through. Indeed landslide happens most frequently on the road from Phuentsholing.
    ところで地滑りについて興味深い話を聞きました。プンツォリンというインドに接するブータン第2の町とティンプーの間の道路で地滑りが起こって道が数日不通になると、ティンプーの物価が急上昇するそうです。ブータンは物資を輸入に多く依存していて、ほとんどの輸入品がプンツォリンを通して入ってきます。しかも、プンツォリン・ティンプー間の道路が一番地滑りが起こりやすいそうです。

    Anyway the road was cleared within 20 minutes, thanks to the efficient (and probably experienced) shovelling.
    とにかく、おそらく経験豊富なショベルカーのテキパキとした仕事のおかげで、20分ほどで道路は開通して先へ進むことができました。

    We passed Trongsa, the town with the beautiful dzong. Dzong is a fortress architecture with temples and administrative offices of local municipalities inside.
    かなり行くと、トンサという町の美しいゾンを通り過ぎました。ゾンは、寺院と地方自治体の行政機能を兼ね備えた要塞で、各県の中心的施設となっています。
    P1050978.jpg

    Finally we reached Bumthang after 8-9 hour driving from Thimphu. The hotel we stayed was quite comfortable, betraying my expectation in a positive way.
    ようやく、ティンプーから8,9時間かけてブムタンという中間地点に到着です!ホテルは思っていた以上に綺麗で快適でした。ブータンの地方のホテルにはあまり期待していなかったので、いい意味で期待を裏切られました。
    P1050982.jpg

    Kaila Choenzem Guest House is highly recommended if you visit Bumthang.
    ブムタンを訪問される際は、Kaila Guest Houseオススメです。
    http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g469426-d456028-Reviews-Kaila_Choenzem_Guest_House-Bumthang_Bumthang_District.html

    When we started driving next morning, we saw beautiful scenery of the valley in Bumthang. Especially the buckwheat flowers were shining under the morning sunlight.
    We, Japanese, eat noodles made of buckwheat called Soba. Here in Bhutan they make pancakes out of buckwheat.
    I heard that some farmers stopped raising buckwheat as its market values as cash crops are low. As a Japanese, I hope they will find ways to increase its values and continue farming buckwheat!
    次の日の朝早く出発すると、ブムタン地方の谷の美しい光景が広がっていました。中でも朝の光を浴びるソバの花は一際輝いています。ソバの花がこんなに綺麗だとは知りませんでした。
    ブータンではソバはパンケーキにするのが典型的な料理です。ただ、換金作物としての価値が低いので、ソバをやめて他の野菜に切り替える農家も多いそうです。日本人としては、ソバ文化を是非継承してほしいです。
    P1050989.jpg

    Soon we passed the highest point on the course. 12,400 feet means 3779.5 meters. Wow, it is just higher than Mt.Fuji in Japan! The highest mountain in Japan is 3776 meters.
    しばらくすると、周辺道路での最高地点に到着しました。12,400フィートということは3779.5メートルなので、ちょうど富士山より高いことになります!
    P1050998.jpg

    There and also everywhere along the road, we saw a lot of prayer flags. They are inscribed with auspicious symbols, prayers, prints of Buddhist protectors and enlightened beings. Prayer flags are raised outside homes, hung on bridges, hilltops, and places of spiritual importance. It really shows how religious Bhutanese people are.
    If you are interested in more details about Bhutanese prayer flags, check out this page:
    http://www.bhutantravelportal.com/miscellaneous/prayer_flags.php

    この要所および、道中の至るところで、ルンタと呼ばれる祈りの旗を多く目にしました。ルンタには仏教の経文が、縁起にいいシンボルなどとともに刻まれています。ルンタは家の外、橋の上、丘の頂上、その他スピリチュアルなスポットに掲げられていて、風に吹かれる度に、経文を一度読んだのと同じご利益があると信じられています。
    ブータン中で風にたなびくルンタは、ブータンの人々の仏教に対する敬虔さを表しています。

    P1060002.jpg

    P1060006.jpg

    So many cows were walking along the road, and our car needed to slow down or stop for quite often. But our driver rarely blew a horn and just waited with patience and carefully avoided hitting them. I heard that the Prime Minister ordered not to make roads in Bhutan straight in order to prevent cars from getting on a high speed and hitting animals.
    道路では、しょっちゅう牛がのほほんと道を遮っていました。でも運転手はめったにクラクションなど鳴らさず、根気強く牛がどくのを待ち、ぶつからないように避けて運転します。
    ブータンには直線道路がほとんどないのですが、それは首相が、「直線道路を作るとスピードの出しすぎで牛などの動物が轢かれてしまう」ので、あえて山の形に沿った昔ながらの曲線道路をキープさせているのだそうです。

    P1060008.jpg

    There were many beautiful waterfalls along the way.
    綺麗な滝も、道中にいくつも見かけました。
    P1060010.jpg

    We had lunch at a town, Mongar. Behind the old town, there were many new apartments being constructed, reflecting the growing economy and construction bubble.
    途中、モンガルという町で昼食をとりました。古い町並みの後ろには、アパートの建設ラッシュが起きていました。ここでも経済成長と建設バブルの影響が感じられます。
    P1060018.jpg

    So many chilis were being dried in the sun... Yes, chilis are the main vegetable in Bhutanese dish.
    こんなにたくさんの唐辛子が軒先で天日干しされています。。。そうです、ブータン料理のメインの野菜は唐辛子なんです。
    P1060022.jpg

    And this big men's symbol was drawn on the wall of the shop next to the restaurant we had lunch! I realized that there were so many houses and buildings with this symbol on their wall.
    昼食をとったレストランの横の店の壁に、男性のシンボルが描かれているのを発見!よく見ると、他の家の壁にもいっぱい描かれています。
    P1060024.jpg

    Traditionally this symbol in Bhutan has been intended to drive away the evil eye and malicious gossip. Actually some Japanese shrines also worship the same symbol.
    「ポー」と呼ばれるこのシンボルは、ブータンでは伝統的に魔除けの効果があると信じられていて、絵や彫刻などの形でそこら中に飾られています。日本でも確かに、祀ってある神社がありますよね。
    P1060027.jpg

    After about 8-hour drive from Bumthang, we arrived at Trashigang, from where we can start trekking.
    Trashigang is located 550km east from Thimphu. Trashigang is the center of the most east dzongkhag (prefecture), which has the biggest population outside Thimphu.
    ブムタンからこの日も約8時間のドライブを経て、ようやくトレッキングの起点となるタシガンに到着です。ティンプーから東に550kmに位置するタシガンは、首都以外で最も多く人口を抱える県の県庁所在地となっています。
    P1060038.jpg

    There was a big Mani wheel near the hotel. People spin the prayer wheel clockwise to accumulate wisdom and merit (good karma) and to purify negativities (bad karma). Why is it necesary to be clockwise? It's because the mantras are written clockwise and the movement of the sun across the sky is clockwise.
    ホテルのすぐ前の広場の真ん中には、マニ車がありました。マニ車を時計回りに回すと、ご利益を積み、悪行を清めることができると信じられています。なぜ時計回りかというと、経文がその方向に書かれているのと、太陽が空を回る方向から来ているそうです。

    P1060037.jpg

    I also spun the Mani wheel, praying for the safe trekking trip. To be honest, I was quite nervous if I could survive the long trekking without getting altitude sickness or injury.
    僕もトレッキングの無事を祈って、マニ車を回しました。正直、ブータンに来て間もないのに高山病やケガなくトレッキングを終えられるかかなり不安だったんです。。。

    How did the 5-day long trekking trip go? Stay tuned... :)
    5日間にわたるトレッキングがどのようなものになったかは、次のお楽しみに!
    ブータン
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/09/17(土) 03:48:03 ブータン観光・お祭り Bhutan sightseeing & festivals Trackback::0 Comment::3
    <<メラ・サクテンへの旅(2)メラへのトレッキング Trip to Merak & Sakten: Trekking to Merak | ホーム | 首相とディナー Dinner with the Prime Minister>>

    Comment:

    speedoholic

    very interesting read. As I like traveling I can imagine how much fun you had.

    the photographs added are also great.

    Thanks for this enjoyable post.

    Keep exploring m/
    1. 2011/09/17(土) 08:46:14 |
    2. URL |
    3. Kushal Ashok #kpEKfTRQ
    4. [ 編集]

    Thank you

    Dear Kushal,

    Thank you for reading my blog! How did you find out my blog? Do you live in Bhutan?

    Will try to write more interesting stories going forward!

    Cheers,
    Takao
    1. 2011/09/17(土) 14:42:16 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #mQop/nM.
    4. [ 編集]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    1. 2011/09/18(日) 01:12:11 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/9-45db3d0c
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。