Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ついにブータン到着!Arrived at Bhutan!

    Finally I arrived at Bhutan on Thursday! I took Druk Air, the airline of Bhutan, from Bangkok. The plane departed Bangkok at 6:50am (Bangkok time), and arrived at Paro, Bhutan at 10:15am (Bhutan time. It's 11:15am in Bangkok time). On the way, the plane stopped at a town in India for about 20 minutes for some passengers to get off.

    遂にブータンに今週木曜日に到着しました!ドゥク・エアというブータンの航空会社の飛行機で、タイのバンコクを朝6:50(バンコク時間)に出発し、ブータンには10:15(ブータン時間。バンコク時間では11:15)に到着しました。途中でインドのある町で20分ほど寄り、数人の乗客を降ろしていました。

    Drukair

    During the flight, a Bhutanese guy next to me talked to me in Dzongkha, the local language. He thought I was a Bhutanese from my appearance. It is said that Bhutanese people look like Japanese, so it was not a big surprise. I was kinda happy to be recognized as a Bhutanese. Anyway, my face is always mistaken to be locals' in other Asian countries such as Korea and China.
    飛行機で隣に座ったブータン人には、ブータンの国語であるゾンカ語で話しかけられました。僕の見た目から、てっきりブータン人だと思ったとのこと。ブータン人は日本人に良く似ているとは聞いていたので、間違われても驚きではありませんでしたが。ブータン人に見えると言われると、逆にちょっと嬉しかったり。ま、そもそも僕は韓国なら韓国人、中国なら中国人に間違われる顔つきなんです。

    They are performers of Bhutan's folk music. They went to Taiwan to perform.
    彼らはブータンの伝統音楽・伝統舞踊の担い手で、台湾まで2か月ほどパフォーマンスに行っていたとのことでした。
    Performers

    Even the duty free magazine is named "Happiness." lol
    免税品を扱う機内誌も、「Happiness」のタイトルがつけられています(笑)。
    Happiness

    I couldn't get the window seat on the left side, from which we could see beautiful Himalayan mountains. But I saw beautiful rice field from the window on the right side.
    バンコクからブータンへの飛行機では、左側の窓の席からヒマラヤの絶景が見れるそうです。残念ながら僕がチェックインしたときは左側は全て埋まっていました。代わりに取った右側の窓からは、綺麗な棚田の様子が見られました。平地の少ないブータンでは、棚田が圧倒的に多いそうです。
    From airplane 1

    飛行機が降下する中、山と尾根の風景が続きます。
    From airplane 2

    And finally I landed at Bhutan! The first thing I found was the beautiful airport buildings in traditional style.
    いよいよブータンに着陸です!まず目に入ったのは、伝統様式の空港の建物でした。
    Airport

    The sky is so blue...I've never seen this blue in Japan or other countries.
    そして、空の青さに圧倒されます。こんなに青い空は、日本や他の国では見たことがありません。
    P1050798.jpg

    The pictures of the kings welcomed us. The first king is on the left, and the current 5th king is on the right. They are all handsome!
    タラップを降りると、歴代の国王の写真が歓迎してくれます。一番左が第1代の国王で、一番右が現在の第5代国王です。みんなイケメンですね。
    P1050800.jpg

    The ad of Bhutan Telecom is saying "Welcome to the land of GNH."
    ブータンの電話会社の広告も、「GNHの国へようこそ」と謳います。
    P1050803.jpg

    The officers at the immigration wear traditional clothes, Gho. The law in Bhutan requires people to wear the traditional clothes. Bhutan appeals its uniqueness one after another since the very first moments of arrival!
    入国審査の係員も、民族衣装のゴを着用しています。ブータンでは、法律で民族衣装の着用が義務付けられているのです。到着早々、ブータンらしさを次から次へ見せつけられる感じです。
    P1050813.jpg

    The road from the airport to Thimphu, the capital city, is a winding road along small mountains.
    空港のあるパロから首都ティンプーへの道は、小高い山に沿ったくねくね道です。けっこう酔う、という噂を聞いていたのですが、ここ数年で整備が進んだのか、ドライブは非常にスムーズでした。政策によって保護されている豊かな自然が、夏の日差しに美しく映えます。
    P1050818.jpg

    The houses are built in traditional style and scattered. Very different from Japan where houses are built densely. The population in Bhutan is about 700,000, so no wonder the density is different.
    家も伝統的なスタイルで建てられています。家が密集して建てられている日本とは違い、家はまばらです。ま、何せ人口が約70万人ですからね。
    P1050824.jpg

    Welcome to Thimphu! It is about 1-hour drive from the airport.
    首都ティンプーに到着!空港から約1時間でした。
    P1050827.jpg

    The first thing to welcome me in Thimphu was the Buddhist stupa called Chorten. Bhutan is a very dedicated Buddhist country.
    ゲートをくぐると、チョルテンと呼ばれる仏塔がまず目に入ります。さすが敬虔な仏教国。
    P1050828.jpg

    There is a construction boom in Thimphu. The driver lamented that there were beautiful rice fields 10 years ago where hotels and apartments are constructed now.
    首都では建設ラッシュが起きていました。運転手は、「10年前はこの辺りは美しい田園風景が広がっていたのに、、、」と嘆いていました。
    P1050830.jpg

    The government found me a very nice house to live. The landlord families live next to my house, and they grow a lot of fruits and vegetables organically in the garden. They welcomed me with their apples :)
    早速これから一年住むところに連れて行ってもらいましたが、政府は、とても素敵な家を住居としてあてがってくれました。大家の家族がすぐ隣に住んでいて、庭では様々な種類の果物を有機栽培しています。早速、庭で取れたりんごで歓迎してくれました。
    P1050833.jpg

    The colleagues my age welcomed me at the house and drove me to go shopping. They speak English fluently and are very friendly. The first day in Bhutan went very happily, seeing traditional culture and great nature supported by the GNH policy, and feeling great hospitaly of Bhutanese people. I look forward to the year ahead in Bhutan!
    同僚となる同年代の政府の官僚が家まで様子を見に来てくれ、車を出して必要なものの買い出しに付き合ってくれました。彼らは英語を堪能に話し、非常にフレンドリーです。
    ブータンでの初日は、GNH政策に保護される伝統文化や豊かな自然との出会いと、ブータンの人々の温かいもてなしのおかげで、とても幸せに迎えることができました。これからの一年が非常に楽しみです!
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/08/26(金) 02:02:38 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::4
    <<首相とディナー Dinner with the Prime Minister | ホーム | パパラギ:「開発」は何を目指すべきか?What should "Development" aspire to?>>

    Comment:

    Must be great experience!

    Congratulation for this excellent "career move"! What a great personal and work experience this must be. Wishing you the best of luck in your efforts to help this happy country become even happier :-)
    1. 2011/08/29(月) 00:20:21 |
    2. URL |
    3. Klaus #-
    4. [ 編集]

    Thanks!

    Dear Klaus,
    Thank you for your comments! It's great to hear from you! I am pretty excited to get this opportunity to work for Bhutan. If you get a chance, visit me in Bhutan! ;)
    1. 2011/08/29(月) 00:40:25 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #ZTTQOs5I
    4. [ 編集]

    World Bank

    Great to see you are settling in now. Keep us updated with your progress and all the exciting adventures!
    Good luck!

    1. 2011/08/29(月) 05:14:34 |
    2. URL |
    3. Andrew Oplas #9idYDjyE
    4. [ 編集]

    Thanks, Andy

    Hi Andy,
    Thanks for your comments! Let me know if you need any help about biodiversity!
    1. 2011/08/29(月) 09:59:45 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #mQop/nM.
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/7-4de27db0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。