Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    サムツェ県出張(1) Field trip to Samtse (1)

    (I will write English later)
    急遽今日から10日間ほどサムツェ県に出張に行くことになりました。
    ブータンのNGO、タラヤナ財団と一緒に行きます。タラヤナ財団のことは、西水美恵子さんの「国をつくるという仕事」を紹介したときに「歩くタラヤナ」の章で触れました。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
    「国をつくるという仕事」も、最近出た西水さんの「あなたの中のリーダーへ」も、印税が全てタラヤナ財団に寄付されていることも先日ご紹介しました。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

    タラヤナ財団でブータン人にしては珍しく「働きすぎでは?」と思うほど一生懸命働いているソナムという同年代の女性がいるのですが、そのソナムに今日久々に連絡して「ブータンの貧困の現場を見たいんだけど、近く出張の機会はない?」と聞いたら「ちょうど明日からサムツェに行くよ!」との返事。

    実はサムツェ県には2月に、RENEWという別のNGOと一緒に訪れています。
    どんなところなのか、写真で紹介しますね。
    ちなみにRENEWは、もともとは家庭内暴力の被害者の女性支援から始まったNGOです。
    P1090658.jpg

    サムツェ県はブータンの中で南西の端にある、最も貧しい県の一つ。
    まだブータンの他の県からは道路が通じてないので、辿り着くにはプンツォリンというインド国境沿いの町から一旦インド側に入って2時間以上ドライブする必要があります。
    DSC_0155.jpg
    (プンツォリン国境の門)

    インド側に入った途端に人口密度が増えるので圧倒されます。
    DSC_0186.jpg

    前回の訪問の目的は、RENEWが始めようとしているマイクロファイナンスのニーズを調査すること。
    DSC_0297_20120612051705.jpg

    3か所の村で聞き取り調査を行いました。
    DSC_0301.jpg

    DSC_0307.jpg

    南に位置するサムツェは、ネパール系の民族がほとんどで、言語もネパール語を話します。
    DSC_0342.jpg

    ブータンと言えば仏教のイメージが強いと思いますが、南の方はヒンズー教徒です。
    P1090749.jpg

    これはドロハという町で、調査に協力してくれた人々と。皆それぞれの村から半日くらい歩いて来てくれました。
    DSC_0512.jpg

    ドロハに行く途中で道を聞いたおばあちゃん。
    DSC_0463.jpg

    サムツェのレストランでの兄弟たち。
    P1090788.jpg

    子どもの笑顔はどこへ行っても可愛い!
    P1090785.jpg

    サムツェは標高も低いので熱帯気候でじめじめしています。2月の時点でかなり温かかったので、今はかなり暑いらしい。
    出張中はネットへのアクセスが恐らくないのでツイッターも更新できないと思いますが、帰ってきたら報告しますね。

    ちなみに前回のブログで最後に紹介した5歳の女の子のお母さんが書いているブログで、僕とのエピソードを紹介して頂きました。
    「ブータンがつなぐ縁」
    http://ameblo.jp/onisibi/entry-11270350028.html
    この女の子は僕の新聞記事を見て、「大きくなったら、新聞に載りたい!」と言っているそうです。ブータンへの興味が色んな目標に繋がっていくと嬉しいですね。

    Facebook「ブータン首相フェロー日記」:
    https://www.facebook.com/taktaktictac
    関連記事
    スポンサーサイト
    2012/06/12(火) 02:49:24 首相フェローの仕事 (PM's Fellow) Trackback::1 Comment::2
    <<ブータン遺産ウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾンが全焼 Wangduephodrang Dzong destroyed by fire | ホーム | プナカ観光オススメスポット Punakha sightseeing recommendations>>

    Comment:

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    1. 2012/06/24(日) 18:39:52 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    Re: ネパール

    上野さん、4月下旬にメールでDVD到着の御礼を差し上げたのですが、届いていなかったでしょうか。昨日再度転送したので、ご確認いただけると幸いです。
    1. 2012/06/25(月) 13:54:55 |
    2. URL |
    3. 高橋孝郎 Takao Takahashi #-
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/49-34604333

    まとめtyaiました【サムツェ県出張(1) Field trip to Samtse (1)】

    (I will write English later)急遽今日から10日間ほどサムツェ県に出張に行くことになりました。ブータンのNGO、タラヤナ財団と一緒に行きます。タラヤナ財団のことは、西水美恵子さん
    1. 2012/06/12(火) 09:00:28 |
    2. まとめwoネタ速neo
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。