Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータンのインドルピー問題 Bhutan's Indian Rupee Issue

    (お知らせ)大阪毎日放送MBS14:55-17:45「ちちんぷいぷい」で今日(4月27日金曜日)、僕のインタビューが放映されるそうです。ブータンで起こっているインドルピー問題について語ったもの。関西方面の方は是非見て下さいね。
    インタビューは今度5月10日(木)19:00~21:00に池上彰さんが登場するちちんぷいぷいの特番でも流れるかも、とのことです。
    http://www.mbs.jp/puipui/


    日本ではもっぱら「幸せの国」として桃源郷のように報道されるブータン。もちろんそう言った美しい面もありますが、他の国と同様、当然問題も抱えています。
    現在ブータンが直面しているのが、インドルピー問題。規模の小さいブータン経済を大きく揺るがす事態になっています。
    In Japan, Bhutan is always introduced as "the happiest country" like Shangri La. Of course Bhutan is beautiful and people are sweet as it's introduced, but Bhutan also has its own issues like other countries.
    Now the biggest issue Bhutan's economy is facing is the Rupee crunch.

    できる限りシンプルに説明できればと思いますが、これは、ブータンの国全体としてインドルピーの準備高が枯渇してしまった問題です。
    ブータンはその貿易のほとんどを陸続きのインドに依存しています。輸入の75%はインドからです。
    ブータンの通貨であるニュルタムも、インドとの貿易に関わる支払いをスムーズにするために1対1でペッグ(固定)されています。
    To simply explain it, Indian Rupee reserves in Bhutan ran out because Bhutan imported more than it exported to India. 75% of Bhutan's import is from India.
    Bhutanese Currency (Ngultrum) is pegged at the same value with Indian Currency to smooth transactions related to trade.

    近年のブータンは、急速に消費が拡大。インフラ整備や水力発電所の建設に関連した政府支出もここ数年で一気に拡大しました。
    その一方、ブータンの生産部門や輸出部門の成長のペースはゆるやか。消費の拡大を支えるためには物資を輸入するしかなく、特にインドに対する貿易赤字が拡大。輸入の支払いをインドルピーで続けた結果、外貨準備としてのインドルピーが枯渇してしまったのです。
    In recent years, consumption in Bhutan grew rapidly. Government spending also increased for Infrastructure development, hydropower plant construction, etc.
    On the other hand, the growth pace of domestic production and export sector has not been as rapid as that of consumption and export. As a result, trade deficit increased against India and the Indian Rupee to pay for the import ran out.

    簡単にまとめると以下のスライドのようになります。
    ブータンのルピー問題 高橋孝郎
    The above slide in Japanese summarized the cause:
    Consumption > Production
    Import from India > Export to India
    Demand for Indian Rupee > Supply (Earnings) of Indian Rupee

    僕が首相フェローとして働いている中央銀行RMAでは、3月8日に声明を発表して、市中銀行からのインドルピーの引き出しに制限をかけました。
    これは輸入業者が物資をインドから仕入れる際に、これまでのようにインドルピーを自由に支払えないことに繋がります。
    いきなりの措置に市場は混乱し、銀行には人々が殺到しました。
    RMA (Royal Monetary Authority of Bhutan, the Central Bank), issued circulation on March 8 to restrict withdrawal of Indian Rupees from commercial banks.
    It led to limitation of payments to import.
    Sudden restriction caused people rushing to banks to withdraw Rupees.

    この措置が起こるまでインドとの国境沿いの町では、ブータン側もインド側もそれぞれインドルピー、ブータンニュルタムのどちらでも等価で支払いができました。
    しかしインドルピーが枯渇していることを知ったインド側の商人は、ブータンニュルタムで支払う場合には10%以上のプレミアムを要求。
    それでなくても全体として輸入に制限がかかっているので、ブータンでは10%~20%のインフレが始まっています。
    Before, in the border town with India, payment was possible both in Bhutanese Currency and Indian Currency with the same value.
    Now, if you pay in Bhutanese Currency, Indian merchants seem to be asking premium more than 10%.
    10-20% inflation is happening in Bhutan because import goods are getting more scarce.

    一体どれくらい消費が拡大したのかを示唆する興味深いデータが、下のローン貸出の過去4年間の数字です。
    上から、1.住宅&建設ローン、2.消費者ローン、3.自動車ローンですが、年率の成長率が異常に高いことが分かります。
    経済成長のために金融は必要ですが、このペースはバブル的だったと言わざるをえません。
    例えば自動車は現在ブータンに約6万3千台ありますが、去年の一年だけで8000台が新たに輸入されたとのこと。人口70万人の途上国でこの増加台数は驚きです。何せ月給が一般の公務員で2,3万円なのですから。
    The below chart shows how consumption grew rapidly.
    The data is the growth of loans given for construction&housing, personal, and cars. You can see that growth rate in each year has been much higher than GDP growth rate (around 10%).
    Finance is needed for economic growth, but I would say the pace was not sustainable.
    Supporting slides for Rupee issue article for blog

    政府は生活必需品以外の贅沢品(車など)の輸入制限や税金の引き上げを発表しました。
    しかしこの問題を解決するには、国内生産と輸出を振興する抜本的な経済改革が必要です。それは一朝一夕には叶いません。
    The government announced restriction of import of non-essential items such as cars and potential tax increase on luxury items.
    To solve this Rupee issue, fundamental adjustment of economy is needed. It takes time to increase domestic production and export.

    首相は今週木曜日にテレビで国民向けに演説し、ブータン人がその消費行動を改める必要があることを訴えました。
    また、農業部門を振興することで、農薬を使ったインド製の安い野菜を輸入するのではなく、有機野菜であるブータンの作物の自給率を上げる重要性を強調しました。
    The Honorable Prime Minister of Bhutan held "Address To The Nation" this Thursday to implore the Bhutanese public to prepare changing their economic habits and consumption patterns to achieve economic self-reliance.
    The prime minister said the government would give extra emphasis on agriculture. “We’ll curtail vegetable exports outside the country starting May this year, and concentrate on meeting our requirements from home,” he said. “The kind of vegetables we import from outside have a high chemical content, which is not really good for health.”
    http://www.kuenselonline.com/2011/?p=29927

    この問題に関して、バブルの痛みを経験した日本人としてブータンの全国紙クエンセル新聞に投稿した意見が昨日の土曜日版とオンラインで掲載されたので転載します。
    英語ですが、希望があれば後日日本語訳するかもしれません。
    I sent my opinion on this issue to Kuensel, the biggest newspaper in Bhutan.
    Saturday issue of Kuensel put my article. Let me put it here:
    http://www.kuenselonline.com/2011/?p=29943
    P1110225 small



    How a Japanese sees the Rupee issue

    I am a Japanese working for the government of Bhutan as a consultant. I would like to write my observation on the Rupee crunch as an individual foreigner living in Bhutan.


    You may know that Japan experienced a bubble economy in late 80s. Real estate price was skyrocketing and banks were giving loans recklessly believing that the collateral values would never fall. The bubble burst in early 90s and the central bank and commercial banks mishandled the huge amount of non-performing loans, which led to 20-year long stagnation of Japan’s economy. Seeing the rapid construction boom in Bhutan, I was afraid if this was a sign of a bubble economy. Loans for construction & housing, personal, and transport (cars) grew 35%, 58%, and 48% respectively within just a year of 2011. This pace was not sustainable and now the economy faces a consequence as a Rupee shortage.

    Some say that the rupee crisis could be solved by selling convertible currency reserve, but the situation is not as simple as that. First, constitution says that the reserve needs to be maintained at a level of 12-month import. Second, the reserve is built through aid, grants and tourism income. Selling such reserve has to be done very carefully. The rupee crisis happened because Bhutan consumed much more than it produced and therefore imported much more than it exported especially with India. Fundamental adjustment is required for the economy.

    Although there is a pain with the current crisis, it is a good opportunity to restructure the economy. RMA, which became a fully-autonomous Central Bank just in 2010, is learning from this experience how to be a more effective institution to monitor and manage monetary policy. Financial institutions are learning how to better control foreign exchange and ALM (Asset and Liability Management). The financial system in Bhutan should take the current situation as an opportunity to quickly upgrade its operation.

    Not only the financial sector but also private sector and citizens can take it as an opportunity to change. Private sector in collaboration with the government needs to accelerate investment in domestic production and export. Bhutan cannot afford import-led growth as it has been. Burden from a potential tax increase may be necessary to be shared by stakeholders in order to incentivize required change in the economy.

    People need to prioritize their consumption items. Is purchasing a car really necessary now? Is purchasing a brand bag necessary? In Japan, my family raised me by saying “Don’t spend on unnecessary things. Save money and resources carefully since they are limited.” In Bhutan, water, food, electricity, forest, and any other resources are limited and needed to be used carefully so as the Indian Rupees. Japanese people have an image of Bhutan as a Buddhism country that its people know how to control their desires and how to live a simple and frugal life happily. Development is necessary, but the pace needs to be manageable and sustainable for Bhutan to balance various aspects of GNH.

    One concern I have is the potential impact on poor people. Richer people may have resistance to go through this crisis, but the poor people may be hit significantly by inflation. The government, financial sector, and all of us need to collaborate and handle the Rupee issue very carefully to avoid negative impact on the most vulnerable people. To that end, I believe that Financial Literacy Program and Financial Inclusion Policy I’m supporting are important to raise people’s understanding on financial matters and increase domestic production particularly in rural areas.


    この問題をどう切り抜けるかが、未来のGNHを大きく左右する可能性があると思います。
    この痛みを薬にして、GNHを維持できるペースで経済を成長させる術をブータン人が見つけることを祈っています。
    I personally feel that how to handle this issue would influence GNH's future significantly.
    I hope Bhutan will find the right pace of economic development to maintain its GNH.

    来月日本に一時帰国するのに合わせて、このルピー問題や、仕事で取り組んでいる貧困問題などについて東京で講演をさせて頂くことになりました。
    I will have a talk on the rupee issue and my work in Financial Inclusion when I visit Tokyo in Japan in May.



    ■ ブータン・国民総幸福(GNH)の今 ~ブータンの貧困と金融問題~
    日本ブータン友好協会、世界銀行情報センター(PIC東京)共催シリーズ 第2回

    日時:  2012年5月7日(月) 午後6時30分から午後8時まで
    場所:  世界銀行情報センター(PIC東京) http://bit.ly/e348Ev02
    内容:  ブータンは急速に近代化・都市化が進み、近年新たな形の
    地域格差や貧困問題が顕在化しています。金融や
    マイクロファイナンスが国民総幸福に果たし得る役割とはなにか、
    2代目ブータン首相フェローが講演します。
    詳細、参加お申し込み: http://bit.ly/HEjftl
    (追記)追加募集の席も埋まってしまい、申込は締め切られたようです。
    今回は一時帰国が短いので講演はこれだけですが、8月に帰国する際には東京や地元の大阪などでブータンに関する講演やイベントをできればと思っています。



    I also wrote an essay about Bhutan's life and GNH in one of Japanese magazines.
    また、エッセイを寄稿した雑誌「月刊望星(ぼうせい)」5月号「ブータンvsニッポン シアワセ対決」が4月14日に発売になりました。
    「ブータンという人柄」というタイトルで、ブータンに暮らす中で感じたGNH(国民総幸福)の本質について、エピソードを散りばめて書かせて頂きました。
    http://www.tokaiedu.co.jp/bosei/contents/1205.html

    前回も書きましたが、発行部数はあまり多くない雑誌なので、「お近くの書店さんにご注文いただく(送料無料)のが一番確実な入手方法ではあるのですが、紀伊國屋書店さんだと、どこの店舗でもほぼお買い求めいただけるようです。またジュンク堂さんにも、大体置いていただいています。」とのことです。
    アマゾンでも販売されています。


    望星のエッセイの感想やインドルピー問題に関するご質問等はお気軽にこちらのブログもしくはFacebookでお寄せ下さい。
    https://www.facebook.com/taktaktictac
    関連記事
    スポンサーサイト
    2012/04/15(日) 16:22:27 首相フェローの仕事 (PM's Fellow) Trackback::0 Comment::0
    <<ブータンの高級リゾート アマンコラ Amankora: Bhutan's luxury resort | ホーム | パロ観光:お祭り(ツェチュ)、タクツァン僧院など Paro Sightseeing: Tshechu (festival), Taktshang (Tiger's Nest) >>

    Comment:

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/43-9ba142d6
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。