Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータン国王・王妃 東日本大震災1周年のご祈祷 Their Majesties' prayers to mark 1-year anniversary of Japan's earthquake and tsunami

    もう先月の話になりますが、東日本大震災発生から1年となる2012年3月11日に、ブータン国王・王妃両陛下がティンプー市内の寺院で、被災者のための追悼のお祈りをして下さいました。
    Their Majesties, the King and the Queen of Bhutan, offered prayers at the 12th century Changangkha Lhakhang on March 11, 2012, in memory of some 20,000 victims of the devastating 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.

    12世紀から歴史のあるチャンガンカ寺院で営まれた追悼式に、国王はブータン在住日本人をお招き下さいました。当日は多くの日本人が集まり、僕も参加させて頂きました。
    His Majesty the King joined the Japanese community in Thimphu to observe the first anniversary of the earthquake and Tsunami that devastated the northeast coast of Japan. I joined the event, too.
    P1100137.jpg

    追悼のバターランプを一人一人灯し、、、
    Monks led Japanese people at the butter lamp ceremony.
    20120311-IMG_1069.jpg

    バターランプを灯す式にはティンレー首相も参加。財務大臣も参加して下さいました。
    Their Majesties were joined by the Prime Minister and Finance Minister. They offered solemn prayers and lit butter lamps.
    20120311-IMG_1047.jpg

    国王陛下は長い長いお祈りを捧げて下さいました。その想いの強さを感じ、そして犠牲者の方々、残された家族の皆さん、今も様々な困難を抱える皆さんを想い、胸に込み上げるものがありました。
    Their Majesties offered long prayers. Their strong compassion struck my heart and made me pray even stronger for the victims and the people who lost so many things in the disaster.
    20120311-IMG_4905.jpg

    お祈りの後、外では軽食が振る舞われました。
    His Majesty organised tea and snacks for us after the prayer ceremony.
    P1100138.jpg

    P1100140.jpg

    国王、王妃や首相は日本人の我々に優しくお声掛け下さいました。
    僕は国王陛下と直接お話する機会はありませんでしたが、王妃陛下とは少しだけお話する幸運に恵まれましたので、日本そして被災地への訪問への感謝を伝えさせて頂きました。
    王妃陛下は、福島を始めとして日本で出会った人々が温かく、小学校の子ども達も可愛くて本当に良い訪問だったと応えて下さいました。
    「昨年秋の結婚後に色んな国を訪問したけれど、日本訪問を一番楽しみました。次は桜の季節に訪れたいです」と仰って頂きました。実際にお会いした王妃陛下は、高貴だけれども飾らず、穏やかで優しい笑顔が印象的で、本当に素敵な方でした。
    The King and the Queen, and the Prime Minister kindly talked to Japanese people after the prayer.
    I didn't have a chance to talk to His Majesty the King personally, but received Her Majesty the Queen's company fortunately. I appreciated her visit and prayer to the devastated areas including Fukushima. She told me that the people she met in Fukushima and all over Japan were very kind and warm. The children at a school in Fukushima were very cute and she wants to meet them again.
    She kindly said, "I visited many countries after our wedding, but I enjoyed the visit to Japan the most. I'd love to go back there during cherry blossam (Sakura) season."
    She was a very sweet, lovely and sincere person. It was such a pleasure and honor to have a conversation with her.
    20120311-IMG_4923.jpg

    歓談の最中に国王陛下は皆に声をかけ、地震発生の瞬間に黙祷をすることを提案して下さいました。バターランプのお祈りに加えて黙祷もして下さり、日本への心からの想いを感じました。
    A minute of silence was also observed at 11.46am - the time when earthquake struck the north-east coast of Japan on March 11, 2011.
    20120311-IMG_1235.jpg

    ブータン国王陛下が天皇陛下に送られた手紙では、「日本はどんな困難からも必ず強く立ち上がる」という確信を伝えて下さったそうです。手紙では、「昨年、短くも濃密な旅を過ごした日本で出会った何千人の人々の瞳を見て、私はそう確信しました。」と綴られていたそうです。
    In a letter to the Emperor of Japan, His Majesty the King expressed confidence that Japan would rise stronger from any adversity.
    “It was humbling for me to confirm this in the eyes of thousands of people I came across as I travelled briefly, yet intensively, through Japan last year,” the letter stated.

    3月11日、ブータンのテレビは日本一色でした。ニュースは東日本大震災1周年のことをトップで扱い、日本大使のインタビューを取り上げ、昨年の国王訪日の特集番組も組まれていました。
    先日別件で小学校に訪問した際にも、幼い子ども達から地震・津波についての質問が多く寄せられました。
    大震災の際、国を挙げて日本を支援し、想いを寄せてくれたブータン。国王という国のリーダーの本気の想いが、国中に浸透している証拠だったのだと思います。
    日本人としてこのことを忘れることなく、一人一人ができる恩返しをしていけたらと思います。
    On March 11 this year, Bhutan's TV was covering Japan intensively. News program had the 1-year anniversary as top news and featured an interview of Japan's Ambassador to Bhutan. Another program was featuring Their Majesties' visit to Japan last year.
    When I visited a school recently, children asked me a lot of questions about the earthquake and tsunami.
    Last year when the earthquake happened, people in Bhutan showed strong solidarity with Japan and extended warm support across generations. I think the support showed that how the sincere prayer and feeling of His Majesty the King was shared by the people of Bhutan.
    We Japanese should never forget what Bhutan has offered, and think about what we can return as an individual and a country.

    昨年両陛下が日本を訪問された際の国会演説や小学校での龍の話は、以前のブログ記事をご参照ください。
    ブータン国王の国会演説全文:ブータン国王・王妃の初来日(1) The King and the Queen of Bhutan's visit to Japan (1)
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
    ブータン国王の龍の話など:ブータン国王・王妃の初来日(2) The King and the Queen of Bhutan's visit to Japan (2)
    龍の話については、お話の内容を最近入手した情報により少し更新しました。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
    ブータン国王 慶応大学講演全文 Speech at Keio University of the King of Bhutan
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

    皆様の感想はFacebookでも受け付けています。
    https://www.facebook.com/taktaktictac

    (Source of some facts:
    http://www.kuenselonline.com/2011/?p=28531
    Source of some photos:
    http://dorjiwangchuk.blogspot.com/2012/03/hopes-and-prayers-for-japan.html)
    関連記事
    スポンサーサイト
    2012/03/31(土) 01:09:15 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::0
    <<パロ観光:お祭り(ツェチュ)、タクツァン僧院など Paro Sightseeing: Tshechu (festival), Taktshang (Tiger's Nest) | ホーム | Child Finance Day in Bhutan チャイルド・ファイナンス・デー(子どもとお金の日)>>

    Comment:

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/41-931e7a16
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。