Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータンの年末年始 A Happy New Year from Bhutan!

    皆様明けましておめでとうございます。
    A Happy New Year 2012!

    2011年は、思いがけずブータンブームが巻き起こった年になりました。
    国王のご成婚、訪日、そして日本ブータン国交25周年という記念すべき年にブータンで働けたことを嬉しく思っています。
    In 2011, a big Bhutan boom occurred in Japan after His Majesty, the King's visit. I'm happy I had a chance to work in Bhutan during the memorial year with the King's wedding.

    気づけば8月末にブータンに赴任してから早くも4か月が過ぎ、首相フェローとしての1年の任期は3分の1が過ぎてしまいました。
    この国の発展に貢献し、少しでも成果を残せるように、仕事も加速させて行きたいと思っています。
    Already 4 months have passed since I arrived at Bhutan late August. It means 1/3 of my Prime Minister's Fellowship has finished. I need to accelerate my work in order to bring an impact on Bhutan's development.

    さて、年越しはブータンで過ごしました。
    ブータンに来る前に留学していたワシントンDCは日本から遠かったので、ここ何年も年末年始は日本で過ごしておらず、本音を言うと久々に日本で年を越したかったのですが...
    ブータン-日本を往復すると飛行機代だけで現在ブータンの公務員として頂いているお給料の半年分くらい飛んでしまうので、諦めました。。。
    I spent New Year's Eve & Day in Bhutan.
    I wanted to spend in Japan since it's a tradition to spend with your family during New Year holidays. I haven't managed to do so in the past couple of years.
    However, the flight cost from Bhutan to Japan is more than my half-year salary here. I needed to give up...

    首都ティンプーの年末年始がどんな感じだったかというと、特に何もありません(笑)。
    仏教国なのでクリスマスはお祝いしませんし、旧暦でお正月は2月なので、日本のような厳かな年越しもありません。
    There was no particular cultural event in Thimphu, the capital city, around New Year's Day.
    People don't celebrate Christmas at all. New Year in Thimphu's calender lies in February, so Dec 31 & Jan 1 are nothing special here.

    とはいえ、何もなかったわけではなく。
    クリスマスに同僚の家に遊びに行くと、国際機関で働いている奥さんが、国王からクリスマスケーキをもらったとのこと!
    国王は国際機関のオフィスや病院などにクリスマスケーキをプレゼントしたそうです。粋ですね~
    However, at least some things were happening here.
    When I visited one of my colleague's house on Dec 25, his wife offered us a Christmas cake, which the King gave as a present to her office.
    His Majesty, the King, sent the cake to every office of International Organizations and hospitals. How caring and charming!
    P1080895.jpg
    パッと見、日本のショートケーキのようですが、実際はフルーツケーキを砂糖でコーティングしたものでした。保存が効いていいですね。

    雪だるまに喜ぶ、同僚の息子。
    A son of the colleague was happy with the snowman.
    P1080906.jpg

    大晦日の夜は、日本人の皆さんや日本になじみの深いブータン人の皆さんと晩御飯を一緒に食べて、ブータン時間の午後9時、日本時間の0時に、日本の年越しを祝って乾杯しました。この団体(JAAB: JICA Alumni Association of Bhutan)は保健省の元事務次官の方が代表を務められていて、この年越しイベントはもう10年近く続けているそうです。日本から遠く離れたブータンで日本の年越しを祝ってくれていたなんて素敵ですよね。
    On New Year's Eve, I joined a dinner event held by JAAB, JICA Alumni Association of Bhutan. After dinner, we celebrated the moment of Japan's New Year (0am in Japan, 9pm in Bhutan). JAAB is led by the former Secretary of Health. This New Year's Eve event has been held for 10 years. It's wonderful that Bhutan, far away from Japan, has been celebrating Japan's New Year for so long.

    大晦日はブータンでは友達とどんちゃん騒ぎをするのが最近の流行のようで、首都ティンプーのクラブ(ディスコ)はどこも行列。
    入場料は何とどこも1500円、1番人気のクラブSpaceの入場料は0時以降は3000円近くにまで吊り上げられていたとか。ブータンの給料レベル(ざっと日本の10分の1くらい)を考えると信じられない価格。僕は値段聞いて、入るのやめました(笑)。
    とにかくみんな酔っぱらったみたいで、次の日年が明けると、高速道路はフェンスが壊れたり、柱が折れたりで大変だったとか。ブータン人の皆さん、飲酒運転は止めましょう。。。

    On New Year's Eve, it seems a trend for young Bhutanese people to go out for parties & clubbing. The entrance fee was 20USD for every club. I heard that the most popular club called Space charged 40USD after midnight! It's unbelievably high considering the local income level.
    I went to the entrance of a club, but decided not to go after hearing the price. lol

    Anyway it seemed people had a crazy party. I heard the next day, the highway saw a lot of bent fences and fallen pillars... Please don't drive when you are drunk, my Bhutanese friends!!

    ティンプーのお正月は2月なのですが、地域によって暦が違って、パロの村では12月下旬に新年が来ました。
    友人が「自分の村の新年のお祭りはユニークだから是非見に来てほしい」と誘ってくれたので、そのときの写真を紹介したいと思います。
    Although Thimphu's New Year's Day will be in February, some regions in Bhutan had their New Year's Day in December. One of my friends from Paro invited me to his village's new year festival on Dec 24.

    パロのチャンナンカという村(ホテル、ウマパロの近く)で行われた、満月にちなんだ新年のお祭り。
    確かに他のツェチュ(お祭り)で見た仮面とは違います。
    The village is Chang Nangkha near the hotel Uma Paro. The festival is called Nangkha Daw, related to full moon.
    The friend told me the festival was very unique. Indeed the mask was very different from the ones I saw in other Tshechu (festivals).
    P1080678.jpg

    男性器ポーで観客を盛り上げる道化役のアツァラも、ちょっと見た目が違う気が。
    Atshara, a clown to entertain crowds with Pho (Phallus), looked different, too.
    P1080673.jpg

    おぉ、何かでかいのがお寺から出てきました。これは地元の守り神だそうです。
    Something big came out from the temple! It is a local deity.
    P1080694.jpg

    でかいのに器用にぐるぐる回る。友人いわくめっちゃ重いらしい。
    The big deity dances. According to my friend, it's very heavy to wear.
    P1080696.jpg

    チベットの方角を向いてのお祈り。実はこのお祭りは、チベットとの戦争を模したもの。かつてブータンとチベットは何度も戦をしました。
    The villagers prayed toward Tibet. This festival performs a war with Tibet. In the past, many conflicts occurred between Bhutan and Tibet.
    P1080724.jpg

    これも戦いの儀式。This is a ritual related to the war.
    P1080738.jpg

    老若男女、守り神からご利益をいただきます。もちろん僕もしてもらいました。
    We got blessed by the deities.
    P1080755.jpg

    役目を終えた守り神はお寺に返されるのですが、年に一度しかない外の光を浴びる機会なので、中に入るのをしぶります。兵士たちがやっとのことでお寺に押し込んでました。
    The deities needed to go back to the temple, but they refused since it is the only once-in-a-year opportunity for them to be out.
    P1080779.jpg

    村の小さなお祭りなので、お昼時はお祭りも休憩。
    友人の家族のピクニックにお呼ばれ。写真に写ってるの、みんな家族・親戚です。ブータンは親戚づきあいが濃いから大家族。一家の長であるお母さんがご飯を取り分けます。
    During lunch time, the festival was suspended.
    I joined my friend's family's picnic. The people in the photo are all from the same family! Because ties among relatives are very strong in Bhutan, a family tends to be quite big. The mother, who is the head of the family, served the food.
    P1080805.jpg

    すごいご馳走! What a treat!
    P1080812.jpg
    上の写真、メニューは手前下から時計回りに、干した牛肉、干した豚肉、鶏肉の照り焼きみたいなもの、魚のフライ、ほうれん草、そしてご飯に乗ってるのは野菜のダツィ(チーズ煮込み)と、ブータン料理の定番エマ・ダツィ(唐辛子のチーズ煮込み)です。
    Beef, Pork, Chicken, Fish, Vegitables, and of course, Chili...so yummy!

    昼食後にお祭りが再開。
    ブータンの法要の踊りでは、跳躍が多く用いられるのが特徴。
    The festival continued after lunch. Bhutanese ritual dances use a lot of high jumps.
    P1080816.jpg

    下は、高貴な男性と女性の仮面。法要は伝統的に男性のみが行うので、女性の仮面も男性が演じています。
    Below are Noble Man and Woman. Because Buddhism rituals need to be conducted by men, the Woman's mask was played by a man.
    P1080840.jpg

    お祭りでは小さい女の子も民族衣装キラでおめかし。A cute girl dressed in Kira.
    P1080854.jpg

    男の子も一張羅のゴ。A boy also wears special Gho for the festival.
    P1080772.jpg

    小さな出店で買ってもらったテニスのおもちゃで友達と法要のすぐ横で遊んでました(笑)。
    He was playing tennis just next to the rituals. lol
    P1080783.jpg

    決して有名なお祭りではないのですが、こういった地元の小さなお祭りを訪れてみるのもブータン観光の楽しみだと思います!
    The festival was different from a big and famous Tshechu, but I think it's interesting for a tourist to visit such a local festivity!

    ちなみに元旦は、JICAの青年海外協力隊、シニアボランティアや専門家の皆さんと餅つきをして、お雑煮を食べて、焼酎を嗜みました。何やかんやで日本人らしいお正月を迎えています。
    On New Year's Day, I spent with Japanese volunteers to celebrate the special day in Japanese culture. We pounded Mochi (rice cake) and enjoyed Sake. Happy to welcome 2012 in Japanese style!

    2012年は龍の年。雷龍の国であるブータンがますます飛翔し、幸せに溢れますように!
    2012 is a year of Dragon. I wish Bhutan, the country of Thunder Dragon, to further flourish with full of happiness!
    関連記事
    スポンサーサイト
    2012/01/03(火) 19:10:44 ブータン観光・お祭り Bhutan sightseeing & festivals Trackback::0 Comment::2
    <<ブータン首相フェローとは? What is Bhutan Prime Minister's Fellow? | ホーム | ブータンおすすめ本(1):西水美恵子「国をつくるという仕事」今枝由郎「ブータンに魅せられて」など Book recommendation for Japanese readers (1)>>

    Comment:

    ブータンの王様の訪日を機にブログを楽しく拝見しております。
    本当に凛々しく、教養・慈悲に溢れ、謙虚な若い王様がおられるんだと感動しました。
    ブログとても楽しみにしています。
    日本に無い価値観や文化を教えて頂いてありがとうございます。
    いつもたくさん書いて写真もたくさんUPして頂いてるので、書くのも大変でしょうね。
    英語もちょっと勉強してるので、ためになります。
    どうぞお身体に気をつけてご活躍下さい。
    1. 2012/01/04(水) 10:07:56 |
    2. URL |
    3. yoko #-
    4. [ 編集]

    yokoさんへ

    コメントありがとうございます!
    日本語と英語で書くのはかなり時間がかかるので、コメントを頂けると励みになります。

    友人に「長い!」と言われるので今年からはもう少しさらっと書こうと思っていたのですが、結局長くなってしまいました。

    クリスマスケーキの下に、大晦日の夜のディナーについて追記したのでもし良ければご覧ください。

    これからもたまに読みに来てくださいね!
    1. 2012/01/04(水) 10:39:06 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #uY8Y/eXA
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/27-6846b12c
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。