Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータンの夜這い文化 Bhutan's Night Hunting (Girls)

    いつも真面目な記事が多いので、今日は軽めの話題を。
    Let me write about a fun and light topic this time.

    先日、ブータンでの夜這いについての週刊誌記事がネット上で話題になっていました。「日本人女性一晩6人から訪問される」というタイトルの週刊ポストの記事の一部を抜粋すると、
    Recently an article about Bhutan's Night Hunting gathered an attention among Japanese net surfers. "Night Hunting" refers to guys' action to visit a girl's house to sleep with her during the night.
    Here is an abstract of the article, "A Japanese woman visited by 6 Bhutanese guys in one night":


    2度のブータン旅行経験を持つノンフィクション作家・片野ゆか氏が語る。

    「ある地方でお祭りがあって、そこに国王もいらっしゃっていた。それで私のホテルにも、政府随行員と思われる役人たちが泊まっていてね。夕方5時ぐらいかしら。トントントンってドアがノックされたんです」

    片野氏が部屋を間違ったのかと思いドアを開けると、初対面の男が立っていた。「入ってもいいかい?」と突然いわれ、片野氏はもちろん「ノー!」。が、30分後、またドアがトントン……。

    「一晩で6人きたこともありました。最後は呂律が回らない酔っ払いのおじさんもやってきた(笑い)」

    Yuka Katano, a novelist who has visited Bhutan twice, shared her experience:

    "When I visited a festival in a rural village, the King was visiting there as well. In my hotel, many government officials accompanying the King were staying.

    At 5pm, somebody knocked my door. When I opened it, a stranger was there, asking "May I come in?"
    Of course I said, "No!"
    But after 30 minutes, another guy came and knocked the door...

    6 guys came to my room in one night. The last one was a drunken middle-age man lol"


    (元記事) http://www.news-postseven.com/archives/20111129_72628.html

    いかにも週刊誌っぽい記事で「本当?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「ブータンに夜這いはあるのか?」と聞かれれば、答えはイエスです。
    Some may wonder if the article is really true. If you ask a question, "Is there such night hunting culture in Bhutan?," the answer is Yes.

    首都のティンプーで育った人はさすがに経験がないようですが、地方出身の友人に聞くといつになく雄弁に武勇伝を語ってくれます。ブータン人の男達が一番盛り上がる話題ですね(笑)。
    Guys who grew up in the capital city of Thimphu seem to have no experience, but most of guys from rural areas have tried it. Bhutanese guys suddenly get excited when they are asked about the night hunting experience

    同世代の男性(30歳前後)で地方出身の場合、彼らが10代の頃から、年上の兄弟や村の先輩に連れられて何らかの経験をしたことがある人が多いみたいです。
    Guys my age (around 30 years old) from rural villages started night hunting when they were teenagers, led by their older brothers or senior friends in the villages.

    話のネタになるのは失敗談の方が多いので、いくつか紹介すると、、、
    Funny stories are mostly about their failures. Let me introduce some episodes:


    「僕の村では、民家にはたいてい居間が一つしかなくてそこで親と娘たちが一緒に寝てるから、気づかれないように忍び込むのは一苦労だったよ。
    ある夜お目当ての女の子の家に忍び込んだら、部屋の端っこにろうそくがついてて困った。音を立てないようにろうそくをまず消しに行って、うまく行ったと思って後ろを振り返ると女の子の父親が立っててビックリ!
    必死に逃げたけど、その父親がでっかい石を投げてきて、、、間一髪だったよ」
    "In my village, most houses has only 1 big room where both parents and their daughters sleep. It was very difficult to sneak into the room without making a sound.
    When I managed to enter a room of a girl whom I liked, I found a candle on the other side of the room which light would disturb my attempt. I managed to blow the candle, but the father of the girl was standing right behind me...
    I ran away from the house, but the father threw a big stone against me. It almost hit my head!"

    「父親は夜這いの一番の障害だよね。自分じゃなくて友人の話だけど、うまくお目当ての子の布団に忍び込んだと思ったら、それが娘の振りをした父親だったってことがあったらしいよ(笑)」
    "A father is always the biggest obstacle for night hunting. When a friend of mine managed to sneak into a futon of a girl he wanted, he realized that the person in the futon was her father who pretended to be his daughter. lol"

    「自分も娘の父親に見つかって追い出されて腹が立ったから、逆に玄関の戸を外から鍵をかけて復讐したよ。次の日の朝、家の外にあるトイレに行けなくて困ったらしい(笑)」
    "Once I got upset by a father who kicked me out from his house, so I locked the door of the house from outside as a revenge. Later I heard that he struggled to go to a toilet located outside the house next morning. lol"

    「母親が厄介なときもある。僕の村にいた母子家庭の家では、家に忍び込もうとするたびにわざと母親が薪に火をつけるからチャンスがなくて参ったよ。」
    "Sometimes a mother is troublesome. In my village, a single mother was living with her daughter. Whenever I tried to enter their house, the mother deliberately made a fire. It was so frustrating!"

    「僕は兄貴に連れられて一度だけチャレンジしたけど女の子に断られちゃって、それからは勇気がなくてやらなかったよ。。。」
    "I tried night hunting once with my older brother, but I was refused by the girl I wanted. I never tried after that as I lost my courage..."

    「なかには4,5時間歩いて隣町まで夜這いに行く奴もいたよ。」←周りの友人「絶対それお前の話だろ!」の突っ込み(笑)
    "Some guys walked for 4 or 5 hours to reach other villages for night hunting!"
    When a colleague of mine said this, immediately other colleagues told me "That is his own experience!" lol

    「まだ10代の頃の話だけど、川の向こう岸にある家で、母親は出かけてて父親は酔っぱらって寝てるって情報が入ってきたから、友達と川を渡って忍び込もうとしたんだ。屋根にのぼって中に入ろうとしたときに父親が気づいて大声を出して、びっくりした友人は何と屋根から川に落ちちゃったんだ!

    暗い中探すと向こう岸から声がして、助かったのは分かったんだけど、何と悪霊に取りつかれたみたいで、意味不明なことを口走ってて怖かった。。。こんなこと言っても信じてもらえるか分からないけど。。。」
    "When I was still a teenager, one night we heard that in a house across the river a mother was away and a father fell asleep since he got drunk. We thought it's a great chance to sleep with the daughter in the house, so a friend and I went across the river.
    When we were about to enter the house from a rooftop, the father noticed us and shouted loudly. My friend got surprised and slipped from the rooftop into the river!
    I searched him in the river under the darkness. After a while, fortunately I heard his voice from the other side of the river.

    But when I reached him, his behavior was weird. He was saying something strange... You may not believe, but it seemed he got possessed by an evil spirit..."


    夜這いも命懸けですね(笑)あんまり悪いことはできないようです。
    It seems you need to put your life in danger when conducting night hunting. lol
    Buddha would punish you if you misbehave.

    P1070307.jpg
    (こういう家に必死に忍び込んでいたわけですね。。。まぁ、地方の家はもうちょいシンプルだと思いますが
    Guys have tried to sneak into this kind of house... I guess houses in rural areas are simpler though.)

    P1060024.jpg
    (軒先の魔除けのポーには、夜這いに来る男達を戒める役割もあったのかも?
    The phallus on the wall might have been put to avoid not only evil spirits but also guys coming for night hunting??)

    夜這いと聞くと野蛮なイメージがあるかもしれませんが、農村では結婚へのステップとして機能していた慣習です。ブータンは伝統的に女系社会の地域が多く、男が「嫁ぐ」のが習わしだったので、夜這いの後で父親が受け入れてくれた場合はそのまま結婚、という流れがあったようです。
    Some from other countries may find night hunting barbarous, but it was a custom in farming villages as a procedure for marriage. In Bhutan's many regions, land and assets are traditionally inherited to daughters not sons. A guy could get married only when a father of the daughter accepted the guy's visit for night hunting.

    女の子と昼間の農作業中に意思疎通をしておくことも多く、その場合は夜家に着いたときに、女の子がトイレに行く振りをして戸を開けて迎えてくれたのだとか。
    昼間の確認なしで夜に訪れる場合も、きちんと女性の合意を確認するのがルールです。
    It was common for a boy to get an agreement in advance from a girl during daytime at farming fields. In that case, the girl opened the door and welcomed the boy into her house, pretending to just to go to a toilet outside.
    If you haven't got the agreement beforehand, you need to get a girl's consent before doing anything.

    皆が一様に言うのは、「電気が来れば夜這いの文化は廃れる」ということです。現在政府は2013年6月までに地方電化100%を目指しているので、そうなると暗さをたよりにした夜這いは難しくなるとのこと。近代化が伝統的な風習の衰退に繋がるひとつの例ですね。
    Everybody says that the culture of night hunting will die soon when electricity reaches remote villages. The government's 5-year plan targets 100% electricity coverage by June 2013.
    It is an example of losing traditional custom by modernization.

    Below two are other funny readings about night hunting, but they are written only in Japanese.
    夜這いについては、前任者のブログでのブータン人男性二人へのインタビューがめっちゃ面白いです。
    http://d.hatena.ne.jp/Bhutan_Tamako/20101117

    あと、糸井重里さんと南伸坊さんがブータンを訪問されたときのお話も面白い。
    http://www.1101.com/tasogare_bhutan/2011-10-31.html

    ブータンに来られる方は、興味があればガイドの男性に話を振ってみれば喜んで語ってくれると思いますよ~
    ちなみに英語では「ナイトハンティング」です(笑)
    If you get a chance to visit Bhutan, why don't you ask your guide about his night hunting experience. He will surely talk about it with excitement!
    スポンサーサイト
    2011/12/11(日) 17:50:06 ブータン夜這い Bhutan Nighthunting Trackback::0 Comment::3
    <<ブータン国王 慶応大学講演全文 Speech at Keio University of the King of Bhutan | ホーム | ブータン映画 Bhutanese film: "Travellers & Magicians">>

    Comment:

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    1. 2011/12/15(木) 08:36:38 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    こんにちは〜〜。ナス話の番組わたしも見て気になってたんですょねぇ(笑)あ〜〜ガイドさんに聞けば良かったな〜〜☆30代同士(笑)なんで思い出さなかったんだろぅ。電気で伝統が薄れてしまうのは残念ですが、受け継いで欲しいですね勇敢な男性たち(笑)
    1. 2011/12/16(金) 15:54:34 |
    2. URL |
    3. Uz #-
    4. [ 編集]

    Uzさんへ

    ナスの話、テレビでもやってたんですね!夜這いの意思確認にナスを渡すのかブータン人に聞いても、そんな話は聞いたことがないそうです。
    昨日、京大に留学してたブータン人が夜這いについての論文を書いたというのをたまたま知ったので、今度読んで面白ければブログにアップしますね~
    1. 2011/12/17(土) 15:47:23 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #uY8Y/eXA
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/24-78747042
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。