Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータン映画 Bhutanese film: "Travellers & Magicians"

    前回のブログでは、ブータン人のレニーからの日本への温かいメッセージを紹介しました。
    ブログを更新したすぐ後に、ブータン映画「Travellers and Magicians」(旅人と魔術師)のDVDを見ていたのですが、ん?俳優の顔と名前に見覚えがある。。。
    良く見たら、レニーが登場しててビックリ!(下記の写真)
    In the previous blog entry, I introduced the warm message from a Bhutanese guy, Lenny, to Japanese people.
    Right after I wrote the blog, I watched a DVD of Bhutanese film, "Travellers and Magicians."
    One of the main actors looked familiar to me... Oh, it is Lenny!!!!!!!!(↓)
    Tashi.jpg
    レニーの本名はLhakpa Dorji。まだ実際には会っていなくて、メッセージをもらったのを機にフェイスブックで繋がっただけなので映画を見た時点では気付かなったのですが、DVDのメイキング映像でレニーが「My name is Lhakpa Dorji...」とインタビューに答えているのを見て、「あ~~~~!!!」と点と点が線で繋がりました。
    ブログでその人のことを書いたすぐ後に、たまたま見た映画にその人物が出演してるなんて。。。本当ブータンでしかあり得ないような偶然です。
    Lenny's real name is Lhakpa Dorji. I haven't met him in person but we were connected in facebook. First I didn't notice him when I was watching the film. When I started watching the interviews of the actors, the actor in the photo above said, "My name is Lhakpa Dorji..."
    Ahhhhhhh!! This is Lenny!
    What a coincidence that I find the person in the film right after I wrote about him in my blog. Such a coincidence would happen only in Bhutan...
    MPW-47239.jpg
    2003年に公開されたこの映画はブータン映画の中でも最も有名な作品の一つで、国際的な映画祭で賞も取っています。
    This film released in 2003 is one of the most famous films in Bhutan. It got some international film awards.

    ストーリーは、現代と過去の物語が交錯して展開されます。
    現代の主人公は、ブータンの田舎に派遣されたばかりの公務員、ドンドゥップ。政府の役人というのはブータンでは皆に羨ましがられる職業ですが、本人は農村での生活に嫌気がさし、アメリカでの生活に憧れます。
    思い切ってアメリカで仕事を見つけることを決意し、ビザを取るために首都ティンプーへ向かいますが、バスに乗り遅れたためにトラックをヒッチハイクする羽目になります。
    The story consists of the present and past scenes intertwined.
    The main character of the present story is Dondup, a civil servant just relocated to a rural village. Civil servant is one of the most dreamed jobs in Bhutan, but he is bored with the rural life. Dondup decides to move to the US to enjoy more entertaining life.

    He missed a bus to go to Thimphu to get a visa, so he was forced to hitchhike a truck.
    He met a girl from the village on the hitchhike. As he traveled together, he got attracted to her...
    ヒッチハイクのトラックで一緒になった、村の娘と一緒に旅をするうちに、次第に心が惹かれていくドンドゥップ。。。

    travellers_and_magicians.jpg

    ヒッチハイクの旅にはお坊さんも同行し、アメリカへと心がはやるドンドゥップに物語を聞かせます。それが、過去のストーリーとして展開するのですが、その主人公がレニー演じる若者、タシです。
    There was a monk on the trip to Thimphu. He started telling a story to Dondup who is rushing to escape from Bhutan.
    The story that happened in the past Bhutan is about a young guy called Tashi, acted by Lhakpa Dorji.

    タシはある日、弟が不思議な薬草を調合した地酒アラを飲んだことで幻覚状態に陥り、気づけば人里離れてひっそりと佇む民家に辿り着きます。
    そこには年老いた男と若い娘が奇妙な夫婦として暮らしていました。
    One day Tashi had Ara, Bhutanese local liquor, and started seeing illusions as his younger brother mixed magical herbs in the Ara.
    When Tashi got conscious, he arrived at a small hatch isolated in a forest.
    A strange couple of an old man and a young wife was living there.
    site_28_rand_1638709596_travellersmagicians_agay_627.jpg

    隣村へは山をいくつも越えて行かねばならず、一人では道が分からないタシは、その夫婦との同居生活を余儀なくされます。
    Tashi was forced to live with the couple as the next village was too far for Tashi to walk.
    Lhakpa dorji

    奥さんのディキのことが気になるタシ。。。
    Tashi couldn't help looking at the young wife...
    1990874,zDACrtY4SVZdshvuSJX0C8BPec0hD78YR8r9+W3_cYDQ8k052GTGbthTcnhL_6prJtddH59TWKTF3aQIVKP3zQ==

    映画では焼き石風呂ドツォに入るこんな場面も。
    ...even when she was taking a hot stone bath.
    dd_lhamo.jpg

    二人は次第に惹かれあって行きます。
    The two got closer and closer.
    travellerstashideki.jpg

    これ以上はネタバレになるので、是非機会があれば映画をご覧になってください。
    ちなみに上の写真にいるディキ役の女性は、中央銀行での同僚です!ブータンでは本業の片手間で俳優業をしている人が結構いるので、身近に映画俳優がいたりして面白い。
    Let me stop here as I don't want to disclose the whole plot. Please watch the film if you get a chance!
    By the way, the actress who acted the young wife above, is my colleague at RMA (Royal Monetary Authority, the central bank of Bhutan).
    In Bhutan, many actors engage in acting as a part-time job, so you encounter them in daily life quite often.

    映画ではブータンの雄大な自然や、民俗文化が美しく描かれています。
    撮影は欧米のクルーが大勢参加して行われたので、カメラワークも想像以上に綺麗です。(見る前はブータン映画にあんまり期待してなかったので。。。)
    The film captures beautiful scenery and traditional culture of Bhutan.
    Camerawork is also artful as the crews were experienced ones from the US and other countries.
    travellersandmagicians.jpg

    監督は、ブータン人の高僧Khyentse Norbuさん。Dzongsar Jamyang Khyentseというリンポチェとしても知られています。
    商業的な目的ではなく、仏教に基づいた価値観を表現するために制作された映画です。
    ティンプーや海外の都会に憧れる若者に、地元に根づく昔ながらの文化の美しさに気づいてほしい想いが込められているように思えます。
    The director is Khyentse Norbu, a high-rank monk also known as Dzongsar Jamyang Khyentse Rinpoche.
    He made this film not for commercial purpose but to express the beauty of Bhutanese Buddhism.
    It seems he wanted young Bhutanese dreaming of Thimphu or other countries to realize the beauty of rural life and culture they are living.
    41590_39306774654_1959_n.jpg

    映像はこちら。Here is a trailer.


    映画の公式サイトもあります。This is the official site of Travellers and Magicians.
    http://www.travellersandmagicians.com/travellers.html

    一応アマゾンのリンクを貼っておきますが、DVDの在庫はほとんどないようです。
    (左が日本のアマゾン)
    You can get the DVD in Amazon.com (Right)

    (Left: Amazon Japan) (Right: Amazon.com)

    DVDは日本では入手困難かもしれませんが、ブータンではティンプーの本屋やお土産屋さんで結構売ってるので、ブータンを訪問された際には是非探してみてください。
    You can buy DVDs at Thimphu's bookshops or souvenir shops, too.

    この映画のことをレストランで日本人の友人に話していたら、横のテーブルにいたブータン人が「同じ監督の第1作、"The Cup"の方がオススメだよ!」と教えてくれたので、今度そちらも見てみたいと思っています。
    When I was talking about the film at a restaurant, a Bhutanese on the next table told me that the same director's another film called "The Cup" is more interesting and recommended. I wanna check it out.

    (Left: Amazon Japan) (Right: Amazon.com)

    ちなみにこの監督は、「What Makes You Not a Buddhist」という本も出版しています。仏教徒を仏教徒たらしめるものは何かを分かりやすく説いた本で、現在読んでいるところなので、今度機会があればブログかツイッターで紹介しますね。
    By the way, the director also wrote a book called "What Makes You Not a Buddhist." It describes the essential beliefs you need to agree on to be a Buddhist. I'm currently reading the book, so I may write about it in this blog or twitter.

    (Left: Amazon Japan) (Right: Amazon.com)
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/12/06(火) 16:17:47 ブータンオススメ本・映画 Trackback::0 Comment::2
    <<ブータンの夜這い文化 Bhutan's Night Hunting (Girls) | ホーム | ブータン人から日本へのメッセージ Wishes to Japan from Bhutanese >>

    Comment:

    こんにちわ☆ずっ〜〜っと行きたかったブータンへ先月足を運んだばかりですが、また行きたいと思う不思議な気持ちでいっぱいです。実はブータン映画について知りつつも、興味は無かったのですが、blogをみて、見たくなってしまいました。思い切って買ってしまいました(笑)大事にしますね☆大切な何かを感じとりたいなと想います☆ありがとう☆blog楽しみに拝見してます(笑)
    1. 2011/12/13(火) 14:21:18 |
    2. URL |
    3. Uz #-
    4. [ 編集]

    Uzさんへ

    コメント有難うございます!コメントいただけるのは励みになります。

    先月ブータンに来られたんですね!ブータン旅行楽しまれましたか?

    また映画を見た感想も聞かせてください!
    1. 2011/12/13(火) 16:30:57 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #uY8Y/eXA
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/23-8131d948
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。