Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    民家泊でブータンのおもてなし Hospitality of Bhutan in Farm stay

    ブータンの国王と王妃が来日されて、日本では報道が盛り上がっているそうですね。
    ブータンのことを多くの人に知っていただけるのはとても嬉しいです。
    Their Majesties, the king and the queen of Bhutan, are visiting Japan for the first time. Japanese media is broadcasting about them and the country as a top news. I'm very happy that Japanese people are getting more interested in Bhutan.

    今母が日本から訪ねてきているので、休暇を取って中央ブータンにあるブムタンを中心に5日間の国内旅行に出かけてきました。
    ブムタンではツェチュ(お祭り)や裸踊り(!)を見たり、ポプジカでは絶滅危惧種のオグロヅルを目にすることが出来たり、と書きたいことはいっぱいあるのですが、今回はブータンの良さを再発見できた民家泊の体験について書きたいと思います。
    Now my mother is visiting Bhutan. We just had a 5-day trip to Bumthang, Phobjikha, and Punakha.
    I have so many things I want to write from the trip as I saw Tshechu (festival) and the naked dance in Bumthang and Black-necked cranes in Phobjikha. This time, let me write about my farm-stay experience which made me reaffirm the attractiveness of Bhutan.

    訪ねたのは、ブムタン県にあるナンシフェルという村。
    そもそもこの村を訪れることになったのは、友人との酒の席がきっかけでした。
    GNHC(GNH委員会)の同僚数人と飲みに行ったときに、近くに住んでいる同僚の友人、ソナムも来てくれました。
    「今度母が来るのでブムタンに旅行に行く予定」という話をすると、「自分はブムタン県にある村の出身だから、是非僕の村に寄ってください!僕の実家に泊まってくれれば、家族も喜びます。」と熱く誘ってくれたのです。
    The village I visited is called Nang Sey Phel (or Nasphel) located in Bumthang Dzongkhag.
    The plan of the visit was initiated at the drinking session with my friends.
    When I was drinking with my colleagues from GNHC (Gross National Happiness Commission), Sonam, a friend of my colleague, also joined us at the local bar.
    I told him "I'm visiting Bumthang soon with my mother." Then Sonam passionately replied "I'm from Bumthang, so please visit my village! My family will be happy to have you stay at our house."

    せっかくならホテルだけじゃなくて民家泊もしてみたいと思っていたので、(酒の勢いもあり)会ったばかりのソナムの言葉に甘えることにしました。
    I was interested in "Farm stay" very much, so I took the kind offer of this Bhutanese guy I just met, driven a bit by the good amount of alcohol.

    ブムタン県の中心部からそんなに遠くはない、と聞いていたのですが、いざ向かってみると全く辿り着く気配がありません。
    歩いている人に聞くと、その家は「この道の終点」にあるとのこと。農道で舗装されていないので、車の中で縦に横に激しく揺られる道をひたすら進み、小高い山を二つくらい越え、辺りも暗くなり途方に暮れ始めた頃にようやく目的地に到着しました。
    聞いたところによると、北に数日歩けば中国との国境に辿り着くほどの場所に位置しているそうです。
    He told me that his village was not too far from the center of Bumthang, but we couldn't reach there at all when we headed there.
    The local person we asked the way told us "The house is at the end of the road." Because the farm road was not paved, we needed to drive through such a bumpy road... :-( The car passed a few small mountains and villages, but the road did not end... When it got dark and we started to get worried, finally we reached the destination.
    We heard that we could reach the border with China by a few-day walk toward north from the village.
    P1080119.jpg

    首を長くして待っていてくれていたソナムの家族は、温かく迎えてくれました。
    着いてお茶をいただいて一息ついた途端に停電が起きて皆さんやきもきしていましたが、幸い電気は20分ほどで回復。ちなみに電気が来たのはほんの6か月前とのことです。
    Sonam's family welcomed us warmly by saying "We have been looking forward to your visit!"
    Once we entered the house and enjoyed a cup of tea, power was cut and the family got worried... Fortunately the power got recovered after 20 minutes.
    The electricity came to the village merely 6 months ago.

    一家はご両親に4人の実子(長女、次女、ソナム、三女の順の4人)と一人の養子。男の子が一人だった(正確には、もう一人の男の子は数か月で亡くなった)ので、養子の男子をもらったそうです。他に、離婚して独り身になった叔父さんや、両親を幼くして亡くした従妹も住んでいました。ブータンでは家族親戚が助け合うので、基本的に孤児が見捨てられるということはありません。
    ソナムは首都ティンプーで働いているので、今回の旅行は同行していません。遠いのでなかなか実家には帰れないようです。
    The family consists of the parents and 4 children (3 daughters and 1 son, Sonam) and 1 adopted son. The parents adopted him because another son died when he was very small.
    In addition, there were an uncle who were alone due to the divorce and a cousin sister whose parents passed away when she was small.
    In Bhutan, you rarely see orphans as family and relatives support each other.

    Sonam, the friend I talked about, did not join the trip as he had a job in Thimphu. He cannot visit his family very often as it is far away.

    シェラプツェ大学というブータン随一の名門大学に入り、首都にある政府機関で仕事を得た息子のことを、「さぞかしご両親は誇りに思っていらっしゃるでしょう」と聞いたら、お姉さんたちが「ソナムは家族みんなの誇りです」と即答してくれました。そうやって言い切れるのって素晴らしい。
    I asked the parents if they were proud of her son having graduated from Sherubtse College, the top university in Bhutan, and getting a great job in the government in Thimphu. Before the parents answering my questions, the sisters answered, "We all are proud of Sonam. Not only the parents."
    It is very nice that the whole family is proud of the son's success.

    三女の方は何と日本に行ったことがあるらしく、写真を見せてくれました。8年前、12歳のときに日本の二川小学校というところを訪問したそうです。こんな地方の村から日本を訪れていたなんて、これも縁ですね。
    The youngest sister has visited Japan 8 years ago when she was 12! What a coincidence and "Karma" that the family from this remote village had a child having visited Japan!
    P1080068.jpg

    薪ストーブ「ブカリ」を囲んで、歓談しながら料理。
    We enjoyed cooking while chatting around the wood stove, Bukhari.
    P1080071.jpg

    小麦をこねて何か作っています。
    They were making something out of wheat flour.
    P1080075.jpg

    うどんのようなものを作ってゆでて、それに山椒をからめてあっさりとした味でいただきました。
    They made noodles similar to Japanese Udon. We enjoyed it with Chinese pepper.
    P1080080.jpg

    家族は酪農で生計を立てているのですが、その他の重要な収入源が、漢方の生薬である冬虫夏草。冬虫夏草は健肺、強壮効果、抗がん効果などがあると言われています。以前はブータンでの採取は禁止されていたのですが、数年前から許可を得た農家だけが採取できるようになりました。非常に高値で売買されるので、ソナムの家族の暮らしも助かっているようです。
    夏に1,2か月、お母さんと次女のペマが高地でテント生活をして採集に行きます。地面に這いつくばって探さないといけない、難しい作業だそうです。
    Their main livelihood is dairy husbandry, but another important source of income is Cordyceps. It was banned in Bhutan to collect Cordyceps before, but now only licensed farmers are allowed to collect them. This medicinal plant is said to be good for cancers, lung problems and general health status. It's traded at a high price, so the income is a good help for the family's life.
    The mother and the daughter (Sonam's older sister) spend 1-2 months in a tent in Summer to collect Cordyceps in mountains. Cordyceps are very difficult to find, so it is a tough work to crawl in the mountains to collect them.
    P1080081.jpg

    そんな貴重な冬虫夏草を、地酒のアラに入れて振る舞ってくださいました!何て有難い。
    熱い卵酒にしたアラは、冷えた体を温めてくれます。
    They offered us such a precious plant with Ara, the local drink similar to Sake. How nice!
    Hot Ara with eggs warmed our body.
    P1080084.jpg

    家族が食事を作る間、お父さんはずっとお経を唱えていました。
    朝も3時か4時に起きて、1時間ほど必ずお祈りされるそうです。すごく穏やかな表情をされていますね。
    While the daughters were cooking, their father was chanting a Buddhism prayer.
    He wakes up around 3-4 am every day to pray for an hour. His face is so peaceful.
    P1080089.jpg

    それぞれの干支の話(ブータンも干支があるようです)などお喋りに夢中になっているうちに晩御飯が完成!
    こちらはブータンの代表的料理エマ・ダツィ。唐辛子をチーズで煮込んだ料理で、めちゃめちゃ辛いです。
    The food was ready while we were enjoying the conversation about Oriental Zodiac (animal symbols), which both Japanese and Bhutanese believe.
    This dish is Ema Datsi, the most common dish in Bhutan, made with chili and cheese. It is so spicy!!
    P1080102.jpg

    こちらは干した豚肉の皮と脂の部分を使っています。高カロリーですが、香ばしくて美味しい典型的なブータン料理。
    This dish uses dried pork's belly and skin part. It has high cholesterol, but very tasty.
    P1080103.jpg

    これは蕪の炒め物。
    This is turnip.
    P1080104.jpg

    にんじんのチーズ煮込み。
    Carrots with cheese.
    P1080105.jpg

    カリフラワーと豆の煮物。ほとんどが地元で取れた有機野菜で、すごく甘くて美味しい。
    Cauliflower and beans. Most of the vegetables are organically grown at their farms, so very sweet and tasty.
    P1080106.jpg

    お腹が満腹になった後は、ブータンの伝統的な焼き石風呂「ドツォ」が待っていました。
    水をためた木製の浴槽に焚き火で熱々にした石を入れて、お湯を沸かします。石も薬効のあるものを探してくれたそうです。ヨモギなどの薬草も加えるので、香りが立って健康にもすごくいい。
    After the dinner, the traditional hot stone bath was waiting for us.
    You boil the water by putting hot stones warmed up by fire. They gathered stones that had a lot of minerals and medicinal effect. They also put a lot of herbs in the hot water, so it is very healthy to take the bath.
    P1080118.jpg

    普段ティンプーの家ではシャワーを浴びるだけなので、日本人としてお風呂に入れるのはめっちゃ癒されます。
    僕が入っていると運転手のリンチェンが、地ビールのレッド・パンダを持ってきてくれました。う~ん、最高!
    下の写真の左がリンチェンで、右は軍隊に入っている養子の息子さん。「ゆっくり入った方が効果がある」と言って、リンチェンは1時間近く入ってました。
    Japanese love hot baths, so it was such a heavenly experience for me, especially because I cannot take a bath (but only shower) at my house in Thimphu.
    My driver, Rinchen, brought a bottle of local beer, Red Panda, while I was enjoying the bath. Good job, Rinchen!!
    The left person in the photo below is Rinchen, and the right person is the adopted son of the family who works for army.
    Rinchen took almost an hour in the bath, saying the effect would be stronger if we take the bath longer.
    P1080109.jpg

    泊まらせていただいた部屋はこんな感じ。質素な中に温かみがあります。4代目国王の写真が飾ってありますね。
    The room we stayed was like this. It is simple but cozy and comfortable. You can see the photo of the 4th king in the room.
    P1080115.jpg

    朝は牧場を散歩。牛と伝統家屋が何とも牧歌的。
    In the morning, we enjoyed a walk in their farms. The cow and the traditional house are so idyllic.
    P1080140.jpg

    子牛が人懐こくて可愛い~。
    This baby cow is so cute!
    P1080153.jpg

    家には、ブムタン伝統のヤタ織りの織り機も。農閑期の女性の仕事でしょうか。
    The family has a handloom for Yatra weaving, which is traditional in Bumthang region. I guess it is women's work during agricultural off-season.
    P1080161.jpg

    朝ごはんのときには、バター茶もご馳走してくださいました。下の写真の筒で、お茶とバターをかき混ぜます。
    They offered us butter tea at the breakfast. They mix up tea and butter in the tube below.
    P1080173.jpg

    長女のキンガさんが近くの小学校で先生をしているので、「是非私の生徒たちに会って行ってほしい」とのこと。子供たちに会いたかったので、もちろん快諾しました。
    The eldest dauter, Kinga, is a teacher at the primary school nearby. She kindly invited us to her school to meet their students. I was curious to meet Bhutanese children at the remote areas.
    P1080187.jpg

    各クラスで挨拶をして、少しだけお話をさせていただきました。
    「日本という国を知っていますか?」との質問に、高学年の子は「アジアの国です!」と元気良く答えてくれました。
    両国は顔が似ていたり、着物文化があったり、仏教徒であったりと、共通点が非常に多いことを紹介。将来日本好きになってくれたら嬉しい。
    I greeted and had a small talk at each class.
    To my question, "Do you know about Japan?", one of the students answered, "It is one of the Asian countries!"
    I introduced that Japan and Bhutan have so many common points such as wearing similar traditional clothes, having similar face structures, and being Buddhists.
    I'm happy if they will like Japan as they grow up.
    P1080235.jpg

    この小学校には、幼稚園から小学6年生までが勉強していて、全校生徒84人、先生は5人です。
    都市部と違って人数が限られているので、いくつかの学年はまとめて教えられています。
    The community school has students from the age of kindergarten to 6th grade. There are 84 students with 5 teachers. Some classes are taught to multi-grades.
    P1080201.jpg

    GNHC(GNH委員会)で働いているので、GNH(国民総幸福)についても聞いてみましたが、低学年の子は恥ずかしがって誰も答えません。
    高学年の子は、「GNHには4つの柱があります。」と説明してくれました。自分の国の重要な政策を誇りを持って語れるのは素晴らしい。
    Since I work for GNHC, I asked about GNH. Smaller children were too shy to answer, but the older students explained that "GNH has 4 pillars!"
    It is wonderful that they could talk about the country's policy proudly.
    P1080258.jpg

    この男の子は気取ってますね(笑)
    This boy tries to be cool lol
    P1080259.jpg

    この男の子はカメラを向けられて満面の笑み。
    This boy gave a huge smile to the camera.
    P1080263.jpg

    このクラスの子達は、習いたての英語の歌を披露してくれました。
    These students performed an English song they just learned.
    P1080224.jpg

    こちらが動画です。Here is the video I took.

    「お腹が痛くなってお医者さんに手術してもらって元気になった、お医者さんありがとう」という歌詞を先生が作ったそうです(笑)
    I will try uploading the video of the song. Kinga, the teacher, made the funny lyrics like "I have a stomachache, but the doctor cured it by the operation. Thank you, Doctor. " lol

    キンガ先生と子ども達。優しく温かい人柄なので、きっと生徒たちに慕われていることでしょう。
    Kinga and her students. She is such a kind and warm-hearted person, so the students must be loving her.
    P1080230.jpg

    この村では近く首相肝入りのGNH関連のプロジェクトが行われるので、来年には道路も整備されてアクセスが良くなるそうです。
    他者への心からのおもてなしと、家族の強い絆。首都ティンプーでは近代化・都市化によってGNHが岐路に立たされていますが、ブータン人の幸せの根源は、ここにあるのだと感じました。これをどう守っていけるのかが、政府の大きな課題です。
    This village will have a project related to GNH supported by the Prime Minister, so the road will be paved and access will be improved next year.
    Although GNH is facing challenges in Thimphu by modernization and urbanization, I found that the origin of GNH lies in the life in the villages: Warm hospitality to others and strong ties among family members.
    It is a big task for the government to maintain these characteristics of good Bhutan under rapid development.

    民家泊に興味があり、少し遠い距離を行くことを厭わない方は、是非ソナムの実家での滞在をご検討ください。Farm House No.3, Pema Lhazomが彼らの家です。僕に連絡(taktak525の後に@gmail.com)をいただければ、連絡先をお伝えします。
    If you are visiting Bhutan and interested in Farm stay, please consider visiting Sonam's family. Their house is "Farm House No.3, Pema Lhazom." Feel free to contact me to know their contact. Highly recommended!!
    P1080184.jpg

    ブータン
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/11/17(木) 16:28:32 ブータン観光・お祭り Bhutan sightseeing & festivals Trackback::0 Comment::0
    <<ブータン国王の国会演説全文:ブータン国王・王妃の初来日(1) The King and the Queen of Bhutan's visit to Japan (1) | ホーム | 日本ブータン国交25周年 Japan-Bhutan 25th Anniversary of Diplomatic Relations>>

    Comment:

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/19-ce8dddd0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。