Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    日本ブータン国交25周年 Japan-Bhutan 25th Anniversary of Diplomatic Relations

    (奉祝曲のビデオを、フルバージョンのものに変更しました。I replaced the video to longer version)
    今年は、1986年に日本とブータンの国交が樹立されてから記念すべき25周年。ブータンでは、25周年というのは20周年や30周年より重要だそうです。夫婦関係でいう銀婚式の感覚でしょうか。
    This year marks the 25th anniversary since Japan and Bhutan started diplomatic relations in 1986. 25th is more important than 20th or 30th in Bhutan. Maybe similar to silver wedding anniversary?

    先週末、これを記念して首都ティンプーでいくつか式典が催されました。
    金曜日にはホテルでの晩餐会。外務省主催で、在留邦人としてお招きに預かりました。ブータンにいる日本人の方々やブータン関係者とお知り合いになれる良い機会でした。
    Commemorative events were held last weekend in Thimphu.
    On Friday, I was invited to a reception at Taj Tashi hotel. It was a great opportunity to meet other Japanese working in Bhutan and Bhutanese working for Japan-related issues.

    ずっと色んな人から名前をよく聞いていたのに会えていなかった日本人とも、その場でようやく初対面。彼は何と高校生のときにブータンに初めて来て、かれこれ10回以上、旅行や仕事で訪れているとのこと。
    海外が長い点、現在個人としてブータンで働いてる点も共通しているので、良い友人になれそうです。
    There is a Japanese guy working here and having visited Bhutan for more than 10 times since his first visit during his high-school days. I heard his name so many times from my Bhutanese friends in the past 2 months, but finally I managed to meet him at the reception.
    We get along very well since we have common points like we both have been living abroad for long and now work in Bhutan as an independent contractor.

    次の日土曜日には、ティンプーの中心にある時計台広場での公開イベント。
    幕開けはJICA(国際協力機構)の青年海外協力隊を中心とした方々によるよさこい!ダイナミックでめちゃくちゃ迫力があって、ブータン人も見とれていました。
    知ったのが直前でなければ、練習から参加して一緒に踊りたかったのに残念!
    On the next day (Saturday), a public event was held at the clock tower located at the center of Thimphu.
    The opening was Yosakoi Japanese Dance performed by volunteers from JICA (Japan International Cooperation Agency).
    Yosakoi is a modern rendition of Awa Odori, a traditional summer dance. The performance was really energetic and dynamic! I wish if I had known about it early enough to join their practice and performance.
    P1070753.jpg
    ちなみにJICAのボランティアや援助活動は一般のブータン人にも本当によく知られていて、新しいブータン人に会って日本人だと自己紹介すると、必ず「JICAから来てるの?」と聞かれます。
    JICA is a government agency similar to USAID of the US, to provide foreign aid to developing countries. Its activities and volunteers are widely known by Bhutanese general public. Whenever I introduce myself, Bhutanese ask me "Are you from JICA?"

    続いては、日本からこのために来られた書家、山本祐司さんによる書道の披露。
    山本さんはヨーロッパや南米など、世界各国でこれまで書道を披露してきたそうです。
    The next was Japanese calligraphy demonstration by Yuji Yamamoto.
    He came to Bhutan just for this commemoration. He has demonstrated his calligraphy in several countries such as Lithuania and Chile.
    DSC00492.jpg

    この日のテーマや、ブータンの風景に合わせた歌を新古今和歌集などから選んで、滑らかかつ大胆に筆を走らせます。
    He wrote Japanese classic poems that match the theme of the event and scenery of Bhutan. His brush strokes were bold and smooth.
    P1070760.jpg

    この日一番大きな作品は、「雷龍」。
    ブータン人はブータンのことをソンカ語で「雷龍の国」を意味する「ドゥルック・ユル」と呼びます。
    The biggest work of the day was "Thunder Dragon," as Bhutanese people refer their country as the country of Thunder Dragon.
    DSC00497.jpg

    続いては、観客から書いてほしい言葉のリクエストを受け付けるコーナー。
    GNH(国民総幸福)の国だけあって、「Happiness」がやっぱり出ました。
    「しあわせ」をあえて平仮名で書くところが粋ですね。
    Then Mr. Yamamoto asked audience which words they wanted him to write.
    One of the guests requested "Happiness" as you could expect from the country of GNH (Gross National Happiness).
    DSC00498.jpg

    中には「Fat man(太った男)」という変なリクエストも。。。どうするのかと思いきや、山本さんは「豊」という文字で解釈されました。さすが芸術家。
    One person threw a difficult request, "Fat Man"... But Mr. Yamamoto nicely interpreted the word as "Wealth." Good choice.

    最後のリクエストは、「Relationship」。「関係」って書くのかな、でもそれだと何となくイマイチと思っていると、山本さんが書いた文字は「絆」。うまいですね~
    国交25周年に何てふさわしい文字なのでしょうか。
    The last request was "Relationship." Japanese character chosen was "Kizuna (絆)," which means bond. What a suitable character for the event!
    DSC00504.jpg
    山本さんのホームページはこちらです。http://www.geocities.jp/sho_art_jp/

    イベントでは、ブータンの民族舞踊も。
    Bhutanese traditional dance was also performed.
    P1070773.jpg

    楽器の名前は。。。分かる方教えてください。
    Does anybody know the name of these instruments?
    P1070777.jpg

    日本から柔道指導が入っていることもあり、ブータン人による柔道の披露もありました。
    これは受け身。懐かしい~。日本人の男子はみんな学校でやりましたよね。
    Judo was also shown as there is a Japanese expert teaching Judo at a school. In Japan, every man learns Judo at schools.
    This picture's scene is about "Ukemi," how to defense when you are thrown.
    P1070792.jpg

    これは大きくジャンプしての受け身。だんだん飛び越えるための人が増えてました。
    This is "Ukemi" with a big jump. They increased the number of people to overjump.
    P1070789.jpg

    ステージの前を犬がお構いなしに幾度となく通るのがブータンらしいところ(笑)。
    Dogs pass on the stage so many times without being bothered... This is so Bhutan! lol
    P1070785.jpg

    音楽学校に指導教官として来られている神谷桂二郎さんが第5代国王のご成婚のために作曲し、大阪在住の北前佐枝子さんが作詞をした奉祝曲もお披露目されました。
    タイトルは、「Happy Chant in Unity(歓喜の唱和)」。
    結婚式前に、日本の新聞でニュースとして取り上げられていた曲です。
    http://www.yomiuri.co.jp/job/wlb/topics/20111004-OYT8T00255.htm?from=tw
    Keijiro Kamiya, the teacher at a music school in Thimphu, performed with his students a song he composed to commemorate the Royal Wedding. The title is "Happy Chant in Unity."
    P1070795.jpg

    以前アップしたものよりも長い動画が手に入ったのでアップします。曲が最初から最後まで聞けます。
    This is the video of the song.


    自然の厳しさと美しさの中で育まれた王国の気品を表現し、切なくも強さを感じるこの曲、かなり好きです。
    小さな子供達が一生懸命歌ってて可愛かった~
    I really like this song expressing the elegance of the kingdom supported by the beauty and strengths of its nature.
    The children singing the song were very cute.

    Here is the lyrics written by Saeko Kitamae from Osaka.
    英語の歌詞を送っていただいたので、許可を得た上で掲載します。

    Happy Chant in Unity
    -Bhutan on Wings of Song-

    (Verse 1)
    Come together today
    Let’s share the light
    Of the long-awaited day
    And spread delight
    Come and sing side by side
    Their love abides
    All over the land

    (Bridge 1)
    The sky over mountains
    And silver fountains
    Singing one song
    For this auspicious day
    Wind over green fields
    Dewdrops on green leaves
    Singing with sons
    And daughters today

    (Chorus)
    With the love of our King and Queen
    Our love will shine eternally
    Let’s join the joyful throng
    All are happy as our King and Queen
    A happy chant in unity
    Bhutan on wings of song

    (Verse 2)
    Come together today
    And hear the voice
    Of the world in refrain
    All do rejoice
    Come and sing side by side
    May peace abide
    To the ends of the earth

    Bridge 1 Repeat
    Chorus Repeat

    (Bridge 2)
    In the world of change
    Many glide away but there remain
    The bonds of love
    The power of love
    From above
    Reminds us of the light
    It guides us
    Provides delight
    For all to share

    (Chorus)
    Together with the love of our King and Queen
    Our love will shine eternally …

    日本とブータンの関係を語る上で、欠かせないのが西岡京治さん。通称ダショー西岡です。
    まだ国交もなく日本人の訪問者がゼロに近かった1964年に、彼は農業指導のためにブータンに入国。
    当時インド人が政府機関で幅を利かせる中、必ずしも日本人として歓迎されない環境において、生産性の高い農場を作って成果を示すことで少しずつ信頼を得ます。
    When we talk about the relationship between Japan and Bhutan, we cannot miss mentioning Keiji Nishioka, known as "Dasho Nishioka."
    The Japanese came to Bhutan in 1964 when there were no diplomatic relations between the two countries.
    The purpose of his visit was to transfer knowledge in farming. However, there were quite a few Indians working in the government of Bhutan back then and Nishioka was not welcomed well.
    He started with a small farm and managed to gain trust through results in improved productivity.

    彼の大きな成果の一つは、並木植え(縦と横の一定間隔で苗を植える方法)を導入したことによって、ブータン人の主食であるコメの生産性を大きく上げたことでしょう。
    その他にも大きなプロジェクトを成功させ国王から絶大な信頼を得た西岡さんは、その貢献を評価されて「ダショー」の称号(官僚トップや県知事レベルしかもらえない称号)を得ます。
    計28年間をブータンの農業の発展に捧げたダショー西岡は1992年にブータンで亡くなりました。その葬儀は国葬として行われ、何と5000人のブータン人が弔問に訪れたそうです。
    One of his big achievements was that he increased productivity of rice significantly, which is staple food of Bhutanese. He achieved it by introducing the way of planting out rice with certain distances between each seedling.
    Nishioka also made other successful agricultural projects in different regions of the country. Gaining the credit from the king, Nishioka received the knighthood of Dasho, which is usually given to only the highest-ranked officials such as the Secretary of Ministries.
    Dasho Nishioka dedicated 28 years of his life to Bhutanese agriculture and passed away in Bhutan in 1992. His funeral was held as a state funeral, gathering 5,000 people from all over Bhutan.

    死後20年近く経つ今も、多くのブータン人に「ダショー・西岡」は知られています。これほどまでに一つの国の国民の記憶に残る日本人が、果たして何人いるでしょうか。
    彼の業績は雲の上の存在ですが、彼の意志を少しでも継げるような仕事をしたいと思っています。
    Almost 20 years have passed since his death, but Bhutanese still talk about and respect Dasho Nishioka.
    How many Japanese are there to be remembered and respected by people of a country at this level?
    The amount of his efforts and the contributions he made are beyond my imagination. I will do my best to contribute to Bhutan, learning from his dedication.

    彼の詳しいストーリーはこのサイトに詳しいので、興味を持った方は是非お読みください。
    http://www.ifsa.jp/index.php?kiji-sekai-nishioka.htm

    日本・ブータン国交25周年の晩餐会の後に、ブータン人の友人がオープンしたバーにお祝いに行ったのですが、そこで客として来ていたブータン人(20代前半の男性)が、
    「農業省で1年働いたとき、様々な農村を訪れる中で、日本の農業への貢献を肌で感じた。これまで日本がブータンにしてきてくれたことに、ブータン人を代表してお礼を言いたい」
    と熱く語ってくれました。日本とブータンの強い絆を象徴するかのような言葉に、先人の日本人達の努力を思い胸が熱くなった夜でした。
    After the reception I wrote at the beginning, I went to a bar opened by my Bhutanese friend. A Bhutanese young guy I met there shared his thoughts on Japan:
    "When I worked for Ministry of Agriculture for a year and visited villages across Bhutan, I realized how big Japan's contribution has been to Bhutan's agriculture. I would like to thank you on behalf of all Bhutanese on what Japan has been doing for Bhutan."
    His passionate and honest words toward Japan really touched me. What a symbolic word to hear in the night of Japan-Bhutan 25th Anniversary...
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/11/10(木) 00:37:06 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::3
    <<民家泊でブータンのおもてなし Hospitality of Bhutan in Farm stay | ホーム | ブータン初のショッピングモール 1st shopping mall in Bhutan>>

    Comment:

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    1. 2011/11/14(月) 13:51:19 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    ワンちゃんが可愛い!!
    素敵です。こんな空気感♪書家の方も招待されたりするんですね。こんな素敵なblogがあるなんて、しらなかったです。またお邪魔させて下さいね。
    1. 2011/11/19(土) 11:25:06 |
    2. URL |
    3. ミムラスジョイ #-
    4. [ 編集]

    犬(笑)

    ミムラスジョイさん、
    犬のマイペースぶりが可愛いですよね(笑)
    ブログは週1くらいで更新しているので、たまに読んでいただけると嬉しいです!
    1. 2011/11/19(土) 11:37:06 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #uY8Y/eXA
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/18-0eb99f3a
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。