Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータン初のショッピングモール 1st shopping mall in Bhutan

    前回の記事で写真を載せたショッピングモールは、ブータンで初めての本格的なショッピングモールです。9月初めにオープンしたのですが、たまたま友人の家族が出店するということで、オープン初日に遊びに行ってきました。
    I put the photo of the Bhutan's first shopping mall in the previous entry. It opened early September. I went there on the opening day since my friend's sister opened a store inside the mall.

    先日の国王の結婚式の日のNHKのニュースでは、近代化の象徴としてこのショッピングモールが紹介されていたと聞きました。
    ショッピングモールと聞くとブータンらしくない、とがっかりする人もいるかもしれませんが、おしゃれをしたり、買い物を楽しみたいと思うのはブータン人も同じです。
    I heard that NHK, the Japanese national broadcasting channel, introduced this mall as a symbol of modernization when it was broadcasting the news on the Royal Wedding.
    Some people might get disappointed to hear about the shopping mall as it may not suit to their image of Bhutan. However, there is no difference between Bhutanese and other people in interests in dressing up nicely or enjoying shopping.
    P1050904.jpg
    モールの名前はシェアリースクエア。
    オープン記念で風船があったり、ステージで歌手が歌ったりと華やか。
    The name of the mall is Shearee Square. The opening had a big celebration with colorful balloons and a stage with famous singers.
    P1050892.jpg

    入口を入ると、国王と王妃の写真がお出迎え。ちょうど結婚式の1か月前くらいでした。
    The picture of the Royal couple welcomed us at the entrance. It was just a month before the wedding.
    P1050893.jpg

    友人によると、エスカレーターはブータンで初めてだとか。小さい子供たちが上ったり下りたりを繰り返して遊んでました(笑)。
    According to my friend, it is the first escalator in Bhutan. Small children were enjoying climbing up and down lol.
    P1050882.jpg

    エレベーターも、ブータンではまだまだ珍しい。
    Elevators are also still not common in Bhutan.
    P1050881.jpg

    お店はというと、民族衣装のキラを扱っている店もあれば、
    Regarding the tenants, some shops offer traditional clothes, Kira,
    P1050888.jpg

    おしゃれな洋服を揃えている店もあります。
    and others offer fashionable western clothes.
    P1050887.jpg

    輸入品の食材を扱う店も。下の写真、ポッキーかと思いきや「ホッキー」(笑)。メイド・イン・タイで、なぜかカタカナで「ビスケット」と書いてます。
    There are shops selling imported grocery. The below photo is not Pocky but Hockey lol. It is made in Thailand.
    P1050910.jpg

    別の店は、日本でもおなじみの韓国ラーメン「辛」の専門店!ブータンの料理は唐辛子がメインでどれもめっちゃ辛いので、韓国料理は受けがいいはず!
    The other shop was dedicated to Korean food such as "Shin" instant noodle, which is popular in Japan. Since Bhutanese love chili, Korean food with a lot of chili could become very popular here. The owner got a promising business idea!
    P1050908.jpg

    おっちゃん、いいところに目をつけましたね。彼のような起業家(マイクロ・アントレプレナー、零細起業家)が増えれば、ブータンの民間セクターも活性化するので、マイクロファイナンスなどを通じて支援できればと思っています。
    こないだ、街中の人気喫茶店で「ラーメン」のメニューを見つけたので日本のラーメンか聞いたら、「韓国の『辛』だ」という返事が返ってきたので、このおっちゃんが営業したのかもしれません(笑)。
    Increasing micro-entrepreneurs like him is important to develop Bhutan's private sector. I hope to support them through microfinance.
    I found "Ramen" (Noodle soup in Japanese) in a menu of a popular coffee shop in town (Karma's Coffee) the other day, so I asked if the offered Ramen was really Japanese dish. The staff answered the Ramen was "Shin" from Korea.
    Maybe the microentrepreneur in the mall marketed the product to the coffee shop!
    P1050909.jpg

    友人の義理の妹さんが出した店は、女性向けのハンドバッグのお店。
    The store my friend's sister-in-law opened offers handbags for women.
    P1050883.jpg

    シャネルなど、ブランド物のハンドバッグがずらり。気になるお値段は日本円で4000~5000円で、ネパールから仕入れたとのこと。本物のブランド品なのかどうかはあえて追求せず。。。
    It had a full range of brand bags such as CHANEL. The price of the bags was around USD50. She purchased them from Nepal.
    P1050885.jpg

    この日が開店ということで、家族や親戚、友人が次から次へと訪れて、封筒に入ったご祝儀と、カダと呼ばれる白い絹のスカーフを渡していました。
    カダは結婚式のときなど、お祝い事では必ず捧げられるようです。先日国王と王妃がパレードをしたときも、皆カダを差し出していました。全員から受け取るとキリがないので、国王は触れて感謝を示していました。
    Her families and friends visited her shop one after another to celebrate the opening of the shop by money envelopes and the white silk scarf called “Khadhar.”
    Khadar is offered at every celebration such as wedding. When the king and the queen walked in Thimphu at their wedding, people offered Khadar to the couple. Since the king could not take Khadar from everybody, he appreciated by touching it.
    P1050905.jpg

    そして、お祝い事に同じく欠かせないのがスジャと呼ばれるバター茶と、甘く炊いたサフランライス。
    先日GNHCの同僚と社員旅行に行ったときも、最初にスジャとサフランライスでお祝いしました。
    Other key items for celebration are Suja (Butter tea) and Dresi (Sweet Saffron Rice).
    When I went to a retreat with my colleagues from GNHC, we also enjoyed the two items at the beginning of the trip.
    P1050906.jpg

    ショッピングモールにはゲームセンターもあれば、バンドの生演奏が聴けるバーも。
    今回紹介したシェアリー・スクエアは中心地から少し遠いのですが、近いうちに街中にももう1軒ショッピングモールができるそうです。
    The shopping mall had amusement arcade with video game machines and a bar with live band music.
    Shearee Square is a bit far from the main town, but I heard there was another mall opening soon near the center of Thimphu.
    P1050911.jpg

    実はブータン人には浪費家の側面があります。日本人のように貯金はせず、むしろ銀行からローンを借りて日本車を買ったり、ブランド品を買ったりしている人も珍しくありません。首都には車が溢れて、常に駐車スペースに困る状態です。
    Actually, Bhutanese has a face of spendthrift. Contrary to Japanese, Bhutanese don't save much. It is not uncommon to borrow from banks to buy cars and brand goods. Thimphu has so many cars that it is difficult to find a parking space.

    貨幣経済の歴史が比較的浅いブータン。中央銀行では、ブータン人の金融リテラシー(Financial Literacy)を向上し、収入に見合った財政プランを立て、貯蓄を促すためのキャンペーンを行っています。僕も、マスメディアや学校教育を通じた金融リテラシー向上プロジェクトをお手伝いしています。
    The experience in money economy is relatively recent in Bhutan. RMA, the central bank of Bhutan, is conducting Financial Literacy program to educate general public on financial planning in accordance with their income level and to promote savings. I help RMA to design the program using different mass media and school education.

    先日、Ajahn Jayasaroという仏教の高僧(イギリス人)のお話を聞きに行ったのですが、そこで消費社会に関する話題がありました。
    「ブランド品を買うのは物質主義と言う人がいますが、私に言わせればその行動は物質主義ではありません。何故なら、本当に物質の機能を純粋に追求するのなら、もっと安くて丈夫な物を買うはずです。ブランド品を買うのは、他人よりも良く見えたいと言う欲求です。
    イギリスでこんな実験がありました。『自分の月給が50ポンド増えて、他の皆の月給が100ポンド増える』のと、『自分の月給が30ポンド増えて、他の皆の月給が20ポンド増える』という二つの選択肢がある場合、ほとんどの人が後者を選びました。絶対額では後者の方が少ないにも関わらず、人は自分が優位に立てる状況を好むのです。」
    The other day I went to a talk by Ajahn Jayasaro, a Buddhist lama from the United Kingdom. The lama talked about consumeristic society.
    "Some say that buying brand goods is materialistic. However, I think such a behavior is not materialistic enough. If one pursues the best materialistic values, he/she must go for non-brand products with cheaper price and better quality. People buy brand goods because they want to feel superior to others.
    There was an experiment in the United Kingdom to ask people which of the following situations they would prefer: [1] Your income increases by £50 and others' income increases by £100. [2] Your income increases by £30 and others' income increases by £20. Most people chose the latter although the choice had smaller income increase for themselves."

    このお話は、近代化の過程でのブータン人の幸せに示唆を与えていると思います。
    今日ブータン人の友人と話をしていたのですが、彼いわく「収入や所有しているモノを比べて競争が激しい首都ティンプーよりも、限られたモノの中で生活をしている農村の方が、人々はずっと幸せそうにしている」。
    This episode has an implication for Bhutanese people's happiness in the process of modernization.
    My Bhutanese friend told me today, "People look much happier in rural villages although they have very limited goods. People in Thimphu look less happier, facing the competition in what they have."

    この講演でブータン人の女性が、高僧に対して興味深い質問をしていました。
    「私は敬虔な仏教徒ですが、ブランド品のバッグを持つのが好きです。『足るを知る』のが仏教だとは分かっていますが、一生懸命努力して稼いだお金で贅沢をするのはいけないことなのでしょうか?ジレンマに悩みます。」
    A Bhutanese woman raised an interesting question to the lama during the talk.
    "I practice Buddhism sincerely, but I like having brand handbags. I know Buddhist should not want too much, but at the same time, I work hard and want to use the disposable income gained through my hard work. How should I deal with this personal dilemma?"

    高僧はこう答えていました。「富の蓄積自体は仏教ではまっとうなことと捉えています。しかし、他人を押しのけたり傷つけてまで富を追い求めるべきではないし、得られた富は思慮深く使われる必要があります。まず自分、家族の基本的なニーズを満たし、その上で余裕がある場合は何らかの形で社会に還元すべきです。富の奴隷になってはいけません。」
    The lama answered: "Acquisition of wealth is legitimate in Buddhism. However, there are boundaries. People should not accumulate wealth by harming others. The wealth should be used wisely. Meet you and your families' basic needs first, then give back to society. Don't be a slave of your wealth."

    仏教的価値観と経済的発展。ブータンはこの難しいジレンマのバランスをうまく取って、GNH(国民総幸福)を維持・向上できるのか。国としての模索は続きます。
    Buddhism values and economic development. How can Bhutan balance the two and pursue GNH (Gross National Happiness)? The country is striving after the right balance.
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/11/01(火) 20:00:11 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::5
    <<日本ブータン国交25周年 Japan-Bhutan 25th Anniversary of Diplomatic Relations | ホーム | ブータンのマイクロファイナンス Microfinance in Bhutan>>

    Comment:

    Thanks for your excellent report on the new mall! It is also interesting to hear your thoughts on saving/spending in Bhutan. When I first visited Bhutan as a tourist, I explained to people I met that I saved up my money for two years in order to pay for the trip. People were so shocked. Later, I came to understand that few people are in the habit of saving up for anything even if they get a windfall. Interesting!
    1. 2011/11/02(水) 01:04:04 |
    2. URL |
    3. Andrea #-
    4. [ 編集]

    Thanks!

    Andrea, thanks for your interesting insights! Yes, it seems Bhutanese people do not have have a habit of savings except for a few people. Let's see how media and education campaign can change people's tendency.
    1. 2011/11/02(水) 23:17:57 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #uY8Y/eXA
    4. [ 編集]

    Thank you very much for sharing your observations!

    Please keep up your blog. Even if you may have just a handful of readers, I'd like to assure you your first hand accounts of all things Buthanese are highly appreciated!
    1. 2011/11/04(金) 02:52:10 |
    2. URL |
    3. Derek #3NcfsveA
    4. [ 編集]

    Thank you

    Dear Derek,

    Thank you for encouraging me to keep up my blog.
    I really appreciate your reading as it takes some efforts and time to write up.

    By the way, may I ask if you are Derek from MSFS or another new reader?
    1. 2011/11/04(金) 10:45:11 |
    2. URL |
    3. taktaktictac #uY8Y/eXA
    4. [ 編集]

    ブータンへ・・びっくりしました

    兄からブログを聞きメールしました。
    新潟のボランティアグループがブータンへの支援活動を大分前から行っています。
    結婚式の模様はテレビで放送されました。
    国王の評判は大変いいみたいです。
    新潟は現在12時ですが、ブータンは何時なんでしょうね?
    では、また。
    1. 2011/11/08(火) 21:05:46 |
    2. URL |
    3. Kenji #R8A42JoY
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/17-6bddcb17
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。