Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータンのマイクロファイナンス Microfinance in Bhutan

    いつも観光のことばかり書いているせいで、友人に「本当に働いてるの?」といぶかしく思われ始めたので(笑)、今回は仕事のことについて書きたいと思います。
    Let me write about the work I do in Bhutan since my friends are questioning if I'm working or just enjoying sightseeing here lol

    ブータンで首相フェローとして働いていることと、そのプログラムの内容については以前書きました。
    I already wrote before that I had been working here as Bhutan Prime Minister's Fellow.
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

    ブータンに来る前は、ワシントンDCにあるジョージタウン大学で開発学(途上国の経済開発)に関する修士コースで2年間勉強し、特にマイクロファイナンスや、広く貧困層の金融サービスへのアクセスについて学んだので、ブータンでもその分野に取り組んでいます。
    Before coming to Bhutan, I studied Master of Science in Foreign Service (MSFS) at Georgetown University in Washington DC for 2 years. The program is similar to Master in International Relations. My concentration was Development, particularly on Microfinance and Access to Finance. Therefore I work here in Bhutan to improve access to finance among the poor people.

    マイクロファイナンスとは、低所得者層の家庭や零細業者を対象とした小口融資(マイクロクレジット)や小口預金などの少額の金融サービスの総称です。この分野では、ノーベル平和賞を取ったムハマド・ユヌス氏がバングラデシュで始めたグラミン銀行が有名です。
    マイクロファイナンス機関にはNGO、営利金融機関などいくつかの形態がありますが、「貧困削減」という社会的な目標と、コストを利益でカバーすることによる「事業の持続可能性」の両方を目指しているのが特徴です。
    Microfinance refers to financial services such as Microcredit and Microsavings targeting the low-income households or Microenterprises. In this field, Grameen Bank in Bangladesh established by Muhammad Yunus, the Nobel Peace Prize winner, is well known.
    Microfinance Institutions (MFIs) can be in the form of NGOs or commercial banks, but their feature is the dual mission in both poverty reduction and profitability (commercial viability).

    P1020569.jpg
    (昨年の夏にインターンで訪れたインドネシアのマイクロファイナンス機関のグループ・ミーティング。顧客である借り手は女性が中心で、このようにグループで借りることが多い。)
    (Photo from a group meeting of a MFI in Indonesia I visited last summer. Typically customers are women borrowing as a group.)

    途上国の低所得者層は銀行口座などを持たず、金融サービスへのアクセスがないことが一般的です。では彼らに金融へのニーズがないかと言うとそれは逆で、不定期な収入で不定期な支出(家族の病気、冠婚葬祭、自然災害への対応など)をやり繰りするために、親戚・友人に頼ったり、高利貸しからお金を借りたりすることが日常茶飯事です。
    金融サービスへのアクセスは、小口融資を通じて高利貸しなどの比較的高コストなサービスを使う必要をなくし、預金や保険商品などを通じて資産運用を可能にします。
    小口融資によってビジネスを始め、追加的な収入を得ることで生活水準を向上させることも可能です。
    Generally people at the low-income segment in developing countries do not have access to financial services. However, it doesn't mean they do not need financial services. In reality, they are the one who need the financial services most as they need to handle emergency cash needs (e.g., illness, marriage/funerals, natural disaster) with their irregular income. They often resort to family and friends or loan sharks who charge exploitative interest rates.

    マイクロファイナンスは万能薬ではなく、貧困削減に本当に効果があるのかどうかは現在議論が分かれるところです。僕自身の意見では、直接すぐに貧困削減に繋がらなくても、ポジティブな波及効果は非常に大きいと思っています。日々のキャッシュフロー(お金の貸し借りや収支)を不安定なものから比較的安定的なものにすることによって生活を安定させたり、タンス預金などのリスクの高い方法から口座を使った安心度の高い方法へ資産を移したり、女性がビジネスを始めることによって家庭内や社会での地位を向上させたりと、挙げればきりがありません。
    Microfinance is not a panacea. There is a big debate going on if Microfinance really leads to poverty reduction. In my opinion, Microfinance brings significant positive impact even if it does not directly lead to poverty reduction. I cannot stop listing the merits such as stabilizing the cashflow and smoothing consumption of the poor, changing the storage of savings from risky places (e.g., under mattress in a house) to safe bank accounts, and empowering women in a family or society by allowing them to start a business on their own.

    さて、中南米やインドなどではブームとも言えるほどの発展を見せるマイクロファイナンスですが、ブータンではまだまだ始まったばかりです。
    「ブータン開発銀行」という商業銀行がグループ・ローンを提供しているのと、一部のNGOが農村の生活向上プロジェクトの一環としてローンを少し提供している程度で、他の国に見られるような専門的なマイクロファイナンス機関は存在していません。
    Microfinance has been growing rapidly in Latin America and India etc, but it is still quite small in Bhutan.
    Bhutan Development Bank, previously an agriculture bank but now a commercial bank, is providing group loans, and some NGOs provide microcredit under their rural development projects. But there are no MFIs purely focusing on Microfinance.

    金融サービスにアクセスのない人々を取り込むことを英語でFinancial Inclusion、日本語訳で金融包摂と呼びますが、ブータンの中央銀行RMA(日本で言う日銀ですね)では、現在金融包摂に関する政策を立案していて、来年の早い段階を目処に関連する規制などを整備して、マイクロファイナンスを促進することを目指しています。
    僕も先日から中央銀行にデスクをもらって、その政策立案やプロジェクトの実行をお手伝いしています。
    Royal Monetary Authority (RMA), the central bank of Bhutan, is developing Financial Inclusion Policy and related regulations to promote Microfinance.
    I started working for RMA to help their policy planning and implementation.

    ブータンでのマイクロファイナンスには特有の課題があります。人口の密集しているインドやバングラデシュに比べ、山が多く人口密度が極端に低いブータンでは、金融サービスを提供するコストが非常に高いのです。先ほど述べたブータン開発銀行の融資担当者が村々を訪れるのに、車や徒歩で数時間かけなければいけないことはざらにあります。
    ブータンは携帯電話の普及率が非常に高いので、モバイルバンキングを用いた低コストのサービスは可能性があるかもしれません。
    Microfinance in Bhutan has unique challenges. Compared to India and Bangladesh where population density is quite high, Bhutan's population is scattered due to mountainous structures. The operation cost to offer financial services is significantly high as loan officers need to spend for hours to reach remote villages by a car or walk.
    Since mobile phone penetration is high in Bhutan, low-cost mobile banking may have a potential to improve access to finance.
    P1060719.jpg
    (山の斜面に作った棚田の間に、家がぽつりぽつりと並ぶ農村の風景 Houses are scattered across terraced paddy fields)

    ブータン政府の2008年から2013年の第10次5か年計画では、貧困率を23.2%から15%に削減することを目指しています。
    ブータンの「貧困」がどんなものかというと、元々自給自足の農家が多いので、アフリカで見られるような飢餓はほとんどありません。
    以前は物々交換を中心に生活し、貨幣経済に接する必要が少なかったのですが、近代化に伴い子どもの教育(教育自体は無料ですが、衣服など何かと出費が要ります)にお金がかかりますし、地方電化とテレビの普及に伴って、モノへの欲求と現金の必要性が高まっています。
    現金収入を得るためには、自給自足型の農業から脱却して換金作物を栽培したり、生産性を向上させる必要がありますが、そのための資金(ローン)や技術へのアクセスが不足しているのが現状です。
    そこに10%近いインフレが重なり、自給自足の昔よりも貧困を実感する状況は増していると言えます。
    Bhutan's 10th 5-year plan is targeting to reduce poverty rate from 23.2% in 2008 to 15% in 2013.
    What does "poverty" in Bhutan look like? Because most households were traditionally subsistence farmers, hunger like in Africa is rare in Bhutan.
    The economy was based on barter trade, so people did not need to engage in money economy.
    However, modernization in the last decade increased needs for cash as information people can get from TV makes people want more goods and education requires more cash. (Education itself is mostly free in Bhutan, but clothes/materials for children or higher education abroad/in other towns costs significantly.)

    To acquire cash, farmers need to transform from subsistence farming to commercial farming with cash crops, but they lack access to capital or technology to improve productivity.
    Inflation almost 10% annually is worsening the situation, which makes people realize poverty more than before.
    P1070296.jpg
    (パロの美しい田園風景 The beautiful paddy field in Paro)

    ブータンの金融全体で資金が不足しているのかと言えば実はそうではなく、建設・不動産業界には資金が多く流れ、バブルの様相を呈しています。
    農村部からの移住が続く首都ティンプーで住宅が不足しているのは確かなのですが、現在の建設ラッシュが本当に需要を見越しているのかは、バブルを経験した日本人としては不安になります。
    Liquidity in Bhutan's overall financial sector is not lacking. Significant portion of lending is going into construction and housing sectors, which is heating the economy.
    The housing in Thimphu faces shortages as more people migrate from rural areas, but the construction rush makes me worry as a Japanese having experienced a big bubble crush in the past.
    P1060840.jpg
    (最近オープンした、ブータン初のショッピングモール The first shopping mall in Bhutan recently opened)

    一方で雇用の約60%を抱える農業は、銀行貸出全体の2%以下を占めるにすぎません。現在アクセスの限られている農業や零細・中小企業への貸し出しを増やすことは、より生産的な部門へ資金を回すことで過熱気味の経済のバランスを取ることへも繋がります。
    Contrary to the construction sector, agriculture accounts less than 2% of commercial lending although it hires 60% of labor force.
    Increasing access to finance for underserved sectors, namely agriculture and MSMEs (Micro, Small and Medium Enterprises) would help cooling down the heating economy by allocating more resources to the productive sectors.

    マイクロファイナンスはそのための一つの取り組みでしかありませんが、まずは確実にその分野でブータンの持続可能かつバランスの取れた開発に貢献できるように努力したいと思っています。
    Microfinance is just one way to resolve the situation, but I'll do my best to contribute to Bhutan's sustainable and balanced development.

    P1060726.jpg
    コスモスが咲き乱れた秋も深みを増し、先週末からは一気に朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。近くの山の上にはもう雪がうっすら積もり始め、長い冬の始まりを告げています。
    Autumn colored by cosmos passed by quickly, and it got really colder since last weekend. There is snow covering the top of a mountain nearby, telling the beginning of the long winter.
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/10/25(火) 00:29:07 首相フェローの仕事 (PM's Fellow) Trackback::0 Comment::1
    <<ブータン初のショッピングモール 1st shopping mall in Bhutan | ホーム | ブータン結婚披露宴(祝賀会) Bhutan Royal reception>>

    Comment:

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    1. 2011/11/03(木) 14:12:07 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/16-49689d3e
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。