Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    メラ・サクテンへの旅(3)メラからサクテン、そしてゴールへ Trip to Merak & Sakten: Merak~Sakten~Goal

    We continued sightseeing in Merak.
    This is how Merak village looks like. Houses are built more densely than I thought.
    メラでの観光の続きです。
    メラの町並みはこんな感じ。思っていたよりも、家は密集して建てられています。

    P1060382.jpg

    Fortunately, the locals let us enter the temple. In principle, foreign tourists are not allowed to enter temples in Bhutan since temples are the sacred places for Bhutanese people to pray and worship. Even when a temple allows you to visit, you are not supposed to take a photo inside.
    幸運にも、お寺に入らせていただくことができました。ブータンでは基本的に、外国人観光客が寺院の中に入ることは禁止されています。ブータンの人々にとって、寺院は真摯な信仰の対象なので、観光客が好奇心で大勢押しかけることは歓迎しないのです。お寺によっては参拝を許可してくれますが、その場合も中での写真撮影は厳禁です。

    There are some differences between Bhutanese and Japanese temples. Bhutanese temples have more colorful statues and ornaments. The praying gestures are also different. In Bhutan, you put your hands together in front of your forehead, mouth, and chest (which represent mind, speech, and body respectively). Then you kneel down and bow on the ground. You repeat this 3 times.
    You give small money offering. When the monk gives you sacred water, you take with your hand, then take a little in your mouth and put onto your head and body.
    ブータンの寺院と日本の寺院にはいくつか違いがあります。ブータンの寺院の仏像や装飾は、日本のものよりも非常にカラフルです。お参りの仕方も違い、ブータンでは五体投地礼を行います。額、口、胸の前の順に両手を合わせた後(心、言葉、体をそれぞれ表す)、土下座をするように頭を床につけ、両手を差し出します。それを3回繰り返します。
    お賽銭を渡し、僧侶の方から聖水を勧められたら手のひらで受け、口に含み頭や体に振り掛けます。

    P1060331.jpg

    In Merak, there are a few small shops targeting local people not tourists. Local clothes were available upon inquiry. In a shop, owners let us try wearing their local clothes and take photos. Adults and children gathered around us, watching our fashion show with curiosity. It was a lot of fun!
    メラでは、地元の人を対象とした商店が数軒だけありました。売っているのは日用品で、民族衣装などの民芸品は聞かないと用意されていません。お店の人達が、民族衣装を試着して、写真を撮るのを許してくれました。僕達が試着をしてファッションショーをしていると、近所の老若男女が興味津々に集まってきました。写真いっぱい撮ってもらってめっちゃ楽しかった!
    P1060346.jpg

    We headed to a primary school. On the way, we ran into students going home. In Bhutan, classes are taught in English except for a few classes such as history. This policy started in 1980s in order to educate people to stand up on equal terms with other countries in international relations.
    次は小学校に向かいました。帰宅途中の生徒達に遭遇。ブータンでは、歴史や国語などを除いて、すべての授業は英語で行われます。1980年代に始まったこの政策は、国際関係において他国と対等に渡り合える人材を育成することを目指しています。

    Boys' school uniforms follow the traditional style.
    男の子の制服は、民族衣装に習っています。
    P1060379.jpg

    Girls wear uniforms like this.
    女の子の制服はこんな感じ。
    P1060381.jpg

    The school has more than 200 students. Some are from other villages and stay at a dormitory.
    There was a garden called "school nature park" newly created to plant greens to teach the importance of environment conservation, which is one of the four pillars of GNH.
    メラの学校には200人以上の生徒がいるそうです。他の村から来ている子供も多く、その子供達は宿舎で生活しています。
    最近作られた「自然菜園」と名付けられた庭では、様々な緑が植えられており、GNHの4つの柱の一つである「環境保全」の重要性が教えられています。
    P1060390.jpg

    The school has big solar panels. Merak has solar electricity, thanks to the government's rural electrification project. In 1 or 2 months, the village will be connected to electricity grid. The arrival of stable electricity will likely change people's lifestyle significantly. With access to information through TV or internet, people will be interested in owning more electronics and advanced goods. The electricity is certainly beneficial to improve standards of living, but the traditional culture will be lost and in the long run Merak may become similar to other villages in Bhutan.
    学校には大きなソーラーパネルが設置されていました。政府の促進する地方電化プロジェクトのおかげで、メラの各家では太陽電池による小規模な電力が利用できます。1,2か月後には村全体が電力網に接続される予定で、安定した電力供給が到達すれば、人々のライフスタイルが劇的に変わることが予想されます。テレビやインターネットを通じた情報に刺激され、電化製品や、最新の商品が欲しくなるのは自然なことです。
    電力は生活水準を向上するのに確実に役立ちますが、その一方で遊牧民の伝統的な文化は失われ、長期的にはメラもブータンの他の村と同じようになってしまうかもしれません。

    Socio-economic development and culture preservation are the other two pillars of GNH (The fourth pillar is Good governance). Balancing these core values of GNH is a difficult job for the government without a right answer.
    「社会経済開発」と「伝統文化の保存」は、GNHの4つの柱のうちの2つです(4つ目は腐敗などのない「良い統治」)。GNHのそれぞれの価値同士が対立したときにどうバランスを取るかは、政府にとって正しい答えのない難しい課題です。
    P1060395.jpg

    The students were playing volleyball after school. They welcomed me to join their game!
    生徒達は放課後にバレーボールで遊んでいました。勢いで飛び入り参加させてもらいました!
    P1060399.jpg

    They were my teammates! It was fun to play with them!
    彼らが一緒に遊んだチームメイトです。楽しかった~
    P1060401.jpg

    On the next day, we departed Merak around 6:30am to head to Sakten. When we started walking, the wild dog who were sleeping around our guesthouse followed us. Is he saying good-bye to us?
    次の日、サクテンへ向けてメラを朝6時半頃に発ちました。歩き始めると、宿泊先の周りで寝ていた野良犬がついてきます。お別れを言ってくれているのでしょうか?
    P1060420.jpg

    The track from Merak to Sakten was the most beautiful one. With the beautiful sunny weather, we were as if walking in the sky.
    メラからサクテンへの道は、最も景色の美しいコースでした。晴天の中、まるで空の中を歩いているようです。
    P1060438.jpg

    P1060454.jpg


    The view was breath-taking... The clouds were flowing below us. Having an opportunity to see this scenery is rewarding for hard and long trekking.
    雲が我々の下を流れていて、息を飲むような美しい景色が広がります。長く厳しいトレッキングも、この景色を見ると報われます。
    P1060446.jpg

    We arrived at the highest point on the track after 2.5 hours. It is 4140 meters according to my guidebook. Above 4,000 meters, you have a chance to get altitude sickness. Indeed we met a local man who got it and came down to a lower site to rest and recover. Even the locals get it, so tourists need to be really careful. Fortunately none of us got the sickness, maybe thanks to glucose. Our Bhutanese colleague told us tips to take glucose frequently to avoid altitude sickness. I think it really helped to avoid having a headache. Make sure you bring glucose when you go trekking to high altitude!
    メラを出発して2時間半で、トレッキングコースの中で最高地点となる峠に到着!地球の歩き方によると、標高は4140メートルだそうです。4000メートルを越えると高山病の危険性があります。実際、軽い高山病にかかったために低地の休憩所に下りてきて休んでいる地元の人に会いました。地元の人でもかかるのですから、観光客は特に注意が必要です。
    幸い、僕達は誰も高山病にはかかりませんでした。ブータン人の同僚が教えてくれたコツが効いたのかもしれません。それは、ブドウ糖を頻繁に摂取するというものです。軽い頭痛がきたな、と思ったときにブドウ糖をなめると、確かに頭痛がすっきり消えました。高地へトレッキングに行くときは、ぜひ市販のブドウ糖(グルコース)をブータンのスーパーなどで入手して持参してください!
    P1060467.jpg

    After passing the highest point, it was a steep downhill. It started raining, and the rocky paths were very slippery and the muddy paths were quite difficult to walk. You need to step on stones otherwise you fall down into deep mud.
    峠を越えると、今度は急な下り坂です。雨が降り始め、岩の道は滑りやすく、また泥の道は歩くのもままなりません。飛び石をうまく渡らないと、深い沼にはまってしまうことになります。
    P1060609.jpg

    Finally we saw the village of Sakten. We were drenched to the skin and felt so cold and tired.
    It took about 8 hours from Merak.
    沼の道を辟易しながら歩き、ようやくサクテンの町が遠くに見えてきました。降り続く雨のせいで、レインジャケットを着ていたにも関わらず体はびしょ濡れ。
    メラからサクテンまでは8時間かかりました。
    P1060505.jpg

    When I warmed up my body with fire in Sakten, I found a leech on my cloth! I thought it was just on the cloth and took it out, but my friend said, "Your neck is bleeding!"
    Indeed my neck was bleeding and the collar of my shirt was red... It seemed the leech I took already enjoyed my blood a lot...
    However, I was surprised by that there was no pain at all. The leech I had was smaller type. I heard the bigger type would be more troublesome.
    If you wanna avoid leeches, put lemongrass spray all over your body!
    サクテンでようやく暖を取ると、服にヒルがついているのを発見!最初は服についていただけと思い、振り払って安心していると、友人が「首から血が出てるよ!」
    確かに首を触ると血が流れていて、襟も血で汚れています。さっき払ったヒルが既にいっぱい血を吸っていたらしい。。。意外と全然痛くなくてびっくり。ちなみに僕が咬まれたのは小さいタイプのヒルで、大きいタイプだと厄介だそうです。
    ちなみにヒルには次の日にも、今度は腹部をやられました。。。
    ヒルを避けるには、レモングラスのスプレーを体に噴きつけておくのがいいらしいので、お忘れなく。
    P1060511.jpg

    The dog came all the way with us to Sakten. I'm amazed by him, considering the tough road and the fact that he had a small injury with his leg. I don't know why he followed us all the way, but I felt like he was protecting us along the trip.
    My friend who had visited Bhtuan once told me a story about a dog who led the way to Taktsang Monastery, which is located in the cliffside. I was reminded the story when the dog followed my way.
    メラの野良犬は、結局サクテンまでずっとついてきました!道が悪く、しかも犬は当初から足に少しケガを抱えてるようだったのに、驚きです。なぜこの犬が僕達についてきたのかは分かりませんが、何となく守り神のようでブータンらしいな、と思っていました。
    ブータンに来たことのある友人から、崖の上にあるタクツァン僧院へ行く道をずっと犬が先導してくれた不思議な話を聞いたことがあったので、すごくそれに近い気がして。
    P1060482.jpg

    On the next day, we walked around Sakten in the morning. Sakten was more developed than Merak in terms of housing structures.
    次の日の朝は、サクテンの町を散策。メラよりも、家の構造や町全体は発展しています。
    P1060530.jpg

    The long prayer flags, Darshing, are blowing in the wind. In Bhutan, 108 flags are raised to pray for a person who passed away. However, it may damage the nature if people cut trees every time somebody pass away. Therefore the government now limits the number of trees to provide for Darshing to 27 and encourages recycling used ones.
    祈りの旗、ダルシンが風にたなびいています。ブータンでは亡くなった人のために、108本のダルシンを立てて成仏をお祈りするそうです。
    ただ、人が亡くなる度に新しく木を切っていたのでは環境が破壊されるため、現在は1人のために27本の木のみが政府の許可のもと与えられるとのこと。それ以外は以前に使われていた木を再利用します。
    P1060532.jpg

    The government also encourages to use the horizontal flags (like the photo I put before) which do not require cutting trees.
    木を切らずにすむ、以前紹介したルンタと呼ばれる横に繋げた旗を政府は推奨しているそうです。
    P1060002.jpg

    We departed Sakten to head to Joenkhar. The dog started following us again, but our horse conductor threw a stone to send him back to Sakten...Hmm Maybe staying in Sakten is better for the dog to get food...
    ジョンカルという次の町へ向けてサクテンを出発すると、また犬がついてきました。ただ、この日の馬引きは石を投げて犬を追い返してしまいます。。。サクテンにいた方が食いっぱぐれずにすむので、いいのかもしれませんが。。。

    On the way, there was a big beautiful rock revealing and being prayed.
    道中には、祈りの対象となっている大きな岩が露わになっていました。
    P1060564.jpg

    Some paths were as muddy as the ones of the previous day, but other paths were pleasant with beautiful trees and stones covered with moss.
    前日と同じような泥道も続きますが、苔に覆われた緑が続く美しい道もあります。
    P1060590.jpg

    When we finished our lunch at a hat, we found the dog waiting for us! It seemed he followed us secretly! I had been feeling attached to him and had been sad when he had been thrown a stone, so it was a happy surprise that he still followed us.
    小屋の中で昼食を済ませて外に出ると、何と例の犬が待っていてびっくり!こっそり後をつけてきていたみたいです。前日ずっと一緒に歩いた犬には感情移入していて、石を投げられたのを可愛そうに思っていたので、思いがけず嬉しい再会です。
    P1060585.jpg

    We met a local family and we walked together. The older sister was carrying her little brother all the way. The brother looked very happy!
    途中、地元の家族に合流し、一緒に歩きました。お姉ちゃんが小さな弟をずっとおんぶしています。弟はずっと嬉しそう!
    P1060601.jpg

    We arrived at Joenkhar after 7-hour trekking.
    The students were very shy when they faced a camera. You see a girl hiding in the back?
    ジョンカルに、7時間のトレッキングの後到着です。
    地元の学生は、カメラを向けると恥ずかしがって顔を背けます。後ろの方に隠れている女の子がいるの分かりますか?
    P1060621.jpg

    We were sooooo happy when we found a hot shower in the guesthouse. We hadn't taken a shower in the past 4 days. It was so refreshing!
    ゲストハウスに熱いお湯が出るシャワーがあるのを発見して、一同大喜び!毎日汗をかいているにも関わらず、4日間シャワーを浴びられていなかったので。。。

    Trekking on the last day was only 2.5 hours from Joenkhar to Phong Me (which is about 1-hour drive from Trashigang). Finally we reached the goal! It was the longest trekking I ever had in my life. I was so relieved that I managed to complete it without altitude sickness and injury! Do I wanna have the trekking with the same length? Hmmm, not in the near future!
    次の日、最終日のジョンカルからポンメまでのトレッキングは2時間半でした(ポンメからタシガンは車で1時間弱)。ようやく、トレッキングのゴールに到着です!人生で一番長いトレッキングでした。高山病やケガなく終えられて、本当にほっとしました。
    また同じようなトレッキングに行きたいか?しばらくは勘弁です。。。

    Overall trekking was beautiful and pleasant, but one thing I noticed was plastic rubbish thrown on the way. The rubbish seems to be thrown by local people who are not aware that plastics are not bio-degradable. Before almost everything they had (e.g., fruits, vegetables) was degradable, so they have a habit of throwing things on the way. Awareness raising is needed to protect the environment.
    トレッキングは全体としてとても景色が良く快適だったのですが、一つ気になったのは、プラスチックのゴミがあちこちに落ちていたことです。これは、プラスチックが自然にもどらないことを知らない(もしくは気にしていない)地元の人達によって捨てられているとのこと。最近まで、果物の食べかすなど彼らの捨てるものは全て自然にかえるものだったため、その感覚で物を捨ててしまっているようです。景観と自然を守るためには、ゴミの処理に関する啓発が必要なようです。

    Another thing to note was the culture of returning a favor. My Bhutanese colleague was always thinking about what to give back to kind hospitality of the local officers or the horse conductors who supported our trip.
    We returned their courtesy by small gifts we had. This culture is very similar to Japan's culture to return the favor.
    他に今回の旅で気付いたのは、「お返し」の文化に関するブータンと日本の共通点です。同行したブータン人の同僚は、行く先々でお世話になった地元の関係者や馬引きにどんなお礼をするかについて、常に頭を悩ませていました。彼らのおもてなしに感謝して、持ち合わせのものでわずかながらもお礼をしたのですが、贈り物や親切に対してお返しをする日本の文化に非常に似ていて、地理的には近くない国なのに非常に近しいものを感じました。

    I conclude this trekking report with the photos of beautiful flowers!
    このトレッキング旅行記、途中で出会った綺麗な花の写真で締めくくります。
    P1060427.jpg

    P1060490.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/09/23(金) 17:36:10 ブータン観光・お祭り Bhutan sightseeing & festivals Trackback::0 Comment::0
    <<ティンプーのドムチェ・仮面舞踊 Thimphu Dromche: Mask dance | ホーム | メラ・サクテンへの旅(2)メラへのトレッキング Trip to Merak & Sakten: Trekking to Merak>>

    Comment:

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/11-aea69202
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。