Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    メラ・サクテンへの旅(2)メラへのトレッキング Trip to Merak & Sakten: Trekking to Merak

    After staying at Trashigang for 1 night to rest well and be ready for trekking, we woke up around 6am to drive for 1.5 hours to reach the starting point of trekking.
    タシガンに1泊してトレッキングに備えて十分休んだ後、午前6時に起床し、1時間半ドライブしてトレッキングのスタート地点へ向かいました。

    There was a family living at the starting point. The house had the poster to promote women's voting. In Bhutan, the first general election was held in 2008, merely 3 years ago. Contrary to the Middle East where general public needed to fight against the authoritarian regime in order to achieve democracy, democracy in Bhutan was proposed by the monarchy itself. The 4th king recongnized that the politial system to rely on an individual from the royal family was vulnerable in the long term.
    スタート地点に住んでいる家族の家には、女性の投票を促すポスターが貼ってありました。ブータンでは、初の総選挙が3年前の2008年に行われたばかりです。中東で民衆が民主主義を勝ち取るために独裁体制に立ち向かうのとは対照的に、ブータンでは前国王自身が民主主義を提唱、導入しました。第4代国王は、皇室の一人の人間に頼る政治体制では、長期的に脆弱性があることを危惧したのです。

    The country is still in a learning process for democracy, and the impacts of the new political system on GNH and people's life are yet to be seen.
    ブータンはまだ民主主義を取り入れるプロセスの過渡期にあり、この新しい体制がGNHや国民の生活にどのような影響を与えていくのかは、まだ分かりません。
    P1060051.jpg

    The grandpa at the starting point sent us off with a big smile.
    トレッキングに出発する僕達を、おじいちゃんが笑顔で見送ってくれました。
    P1060052.jpg

    It was such a relieving news that the bags and stuff would be carried by ponnies. It eased my stress about the survival in trekking.
    We could not get a local guide, so the horse conductor was the only one accompanying us and leading the way.
    大きな荷物は馬が運んでくれるというのを知り、かなりトレッキングへの不安が和らぎました。ほぼ手ぶらで歩けるのであれば、長時間でも何とかなるんじゃないかと。
    ローカルのガイドは手配できなかったので、馬引きのみが僕達に同行し、リードしてくれることになりました。
    P1060068.jpg

    We ran into local people living in the villages along the way. It was exciting to see their native costumes. Every man was carrying a big knife to avoid the wild animals or cut the branches disturbing the way.
    道の途中では、地元の村の人達とすれ違いました。彼らの独特な民族衣装を見られるのは楽しいものです。男性は皆、野生の動物を避けたり、枝などを切って歩いたりするための短刀を腰にしたがえていました。
    P1060094.jpg

    It started raining during lunch break. During our trekking, it rained almost every afternoon. It was quite unpleasant to walk under the rain, which brought slippery paths and cold temperature.
    The very young boy who helped us was already skillful in handling horses and binding the stuff.
    昼食の休憩の最中に雨が降ってきました。。。今回のトレッキングでは、ほぼ毎日、午後に雨が降りました。雨で寒い中、滑りやすい道を歩くのはかなり疲れます。
    男の子が雨の中、馬に荷物を載せるのを手伝ってくれましたが、幼いのに非常に手馴れていて感心しました。
    P1060097.jpg

    We needed to cross the river a few times with such a simple bridge.
    このようなシンプルな橋などを使い、川を何度もわたります。
    P1060130.jpg

    We walked and walked under the rain, but the horse conducter kept saying "Merak is still far away"... The only refreshment was a smile of children passing by.
    雨の中ひたすら歩き続けましたが、馬引きは「メラはまだまだ先だ」と繰り返すばかり。。。一体いつになったら着くのか。唯一、旅を盛り上げてくれるのはすれ違う子供たちの笑顔です。
    P1060146.jpg

    After 9 hours of trekking, we finally arrived at Merak just before sunset! Merak was such an idyllic village with nomad people.
    9時間のトレッキングを経て、ようやくメラに到着しました!日没ぎりぎりに間に合って助かりました。
    メラはまさに牧歌的というにふさわしい、遊牧民の暮らすのどかな村です。
    P1060157.jpg

    We heard that tourists usually took 2 days to reach Merak, so we were proud of our achievement. However, the locals surprised us by telling that they usually took only 3.5 hours for the same journey. 3.5 hours??? Unbelievable, but indeed the pace of the locals we passed by was quite fast. There was a local woman who accompanied us for a few hours, and she was knitting while walking on the slippery road! Probably our pace was too slow for her.
    観光客は通常メラへの道に二日かけると聞き、1日でやり遂げた自分たちを誇りに思うのもつかの間、何と地元の人達は3時間半で歩いてしまうと聞き、空いた口がふさがりません。自分たちは9時間もかかったのに、3時間半??信じがたいですが、確かにすれ違う地元の人々は早いペースで歩いていました。
    地元の女性が途中数時間一緒に歩いてくれたのですが、彼女は何と歩きながら編み物をしていました。岩などで足元が悪いと言うのに。。。彼女にしてみれば、よっぽど僕達の歩くペースはゆっくりだったのでしょう。
    P1060085.jpg

    The family welcomed us in Merak. The kids really look like Japanese, don't you think?
    メラでは家族が出迎えてくれました。子供たちの顔、日本人にそっくりと思いません?
    P1060159.jpg

    The building we stayed had Bukhari, the traditional wood-burning stove, with which we could warm our bodies and cook dinner. Kewa Datsi, the potato chilli dish, was very tasty after such a long trekking. Because we could not expect food to be sold in Merak and Sakten, we brought rice and vegetables for cooking. If you are traveling in a tour arranged by agents, you would have a cook accompanying you for the whole trekking trip.
    僕達が宿泊させていただいた施設にはボカリという、伝統的な薪ストーブがあり、雨で冷えた体を温めることができました。ボカリを使ってケワ・ダツィという、じゃがいもと唐辛子を使った夕食を作って食べました。さんざん運動した後のご飯は美味しいものです。
    メラやサクテンでは食糧が入手できるか分からないため、トレッキングには米や野菜を数日分持ってきています。僕達は地元の人に料理を手伝ってもらいましたが、旅行代理店を通じたツアーの場合は、コックがずっと同行して料理してくれることになります。
    P1060178.jpg

    Because of fatigue, we went to bed around 8pm.
    疲れがたまっていたこともあり、この日は20時には眠りにつきました。

    It was freezing when we woke up on the next day. Merak is located at 3,500 meters, so it gets really cold in the morning.
    翌朝は寒さで目が覚めました。メラは3500メートルに位置しているので、朝はかなり冷え込みます。

    This is the camping site in Merak. Tourists would stay in a tent as there are no hotels in Merak so far.
    メラのキャンプ場はこんな感じです。メラには今のところホテルはないので、観光客はテントで寝ることになります。
    P1060186.jpg

    We decided to stay at Merak for 1 day instead of directly heading to Sakten. Nomad people in Merak and Sakten are called Brokpa, and talk their own language.
    サクテンに移動するのは一日先延ばしにし、この日はメラを観光することにしました。メラ、サクテンにはブロクパと呼ばれる遊牧民が住んでいて、独自の言語を話しています。

    Women in Merak wear very colorful clothes and necklesses. They typically wear red and white silk ponchos, red silk jackets decorated with animal designs, and red wool capes. It is interesting that nomad people in other countries such as Mexico or Peru also wear similar colorful clothes although Bhutan and Latin America are far away.
    メラの女性はカラフルな服、首飾りをつけています。赤と白の絹のポンチョに、動物のデザインがほどこされた赤い絹のジャケットなどを羽織っています。以前訪れたメキシコやペルーの先住民も同様のカラフルな服を着ていたことを思い出します。ブータンと南米は遠く離れていますが、遊牧民が同じような文化を共有しているのは興味深いものです。

    The most unique feature of their outfit is the felt hat made from yak hair.
    Each hat has five tail-like "spouts" that allow water to drain and the head to stay dry.
    ブロクパの人々の最もユニークな特徴は、ヤクの毛でできた帽子です。
    5つの房がついていて、雨が流れるようになっています。
    P1060205.jpg

    The men wear leather pants under big, white wool trousers and red wool jackets.
    男性は赤いジャケットの下に白い半ズボンや革のズボンを履いています。
    P1060339.jpg

    This is Yak. They supply milk and meat for Brokpa families. Very hairy!
    これがヤクで、ミルクや肉を提供します。毛がすごい!
    P1060217.jpg

    This is Yak baby. Very cute!
    これがヤクの赤ちゃんです。可愛い~
    P1060220.jpg

    I saw many children helping housework. The people seem to be very diligent since they are a small child.
    子供が家事を手伝っているのを何度も目にしました。ブロクパは小さいときから、勤勉さを身に着けているようです。
    P1060248.jpg

    We walked to a village called Gengou, the village next to Merak.
    ゲンゴウという、メラの隣町まで歩きました。
    P1060262.jpg

    I found the "symbol" even here. Although Brokpa's way of living is very different from other Bhutanese, their religious belief in Buddhism seems quite similar.
    ここでも、例のシンボル「ポー」を発見です!ブロクパの生活は他のブータンとはだいぶ違うとはいえ、仏教に基づく信仰は非常に近いようです。
    P1060272.jpg

    Although we could not communicate in the same language, this old lady seemed to be inviting us to her house. We declined her offer as a courtesy for a few times since you should not accept people's offers immediately in Bhutan. It is expected to show the gesture of declining offers for a few times before accepting them.
    By the way, the drawing on the door is grandpa?? lol
    このおばあちゃん、言葉は通じないんですが、どうやら僕達を家に招いてくれているようです。ブータンでは、何か誘われたときや差し出されたときはまずは数回断るのが礼儀とされているので、それにならい最初は断ります。
    ちなみに、玄関のドアにある落書きはおじいちゃんでしょうか(笑)
    P1060273.jpg

    Because it seemed she really wanted us to come in, we finally said "Yes" to her offer. To be honest, I was very curious about how Brokpa's house looks like inside.
    The house was very simple but cozy and warm with Bukhari in the middle.
    でもおばあちゃんは本当に来てほしそうなので、僕達もお言葉に甘えることにしました。正直、ブロクパの家の中を見たくて興味津々でした。
    中は、シンプルだけどボカリを中心としてとても温かく、心地よい空間が広がっていました。
    P1060280.jpg

    She showed this stone to us, but we could not understand what it is for and why she showed it to us...
    おばあちゃんはこの石を見せてくれたのですが、この石が何の石でどんな意味があったのかは良く分かりません。。。
    P1060283.jpg

    She kindly offered us Suja, the traditional butter tea. We had only chocolates to share, but she seemed to like it very much. Though we could not communicate well, it was such a special treatment for us to spend the moment with her in her house full of her family's long history.
    親切にも、バター茶を出してくださいました。僕達はチョコしか持ち合わせがなかったのですが、おばあちゃんは気に入ってくれたようです。
    言葉は通じなくても、家族の歴史が詰まった家に招いていただいたのは、最高のおもてなしでした。
    P1060286.jpg

    ブータン
    関連記事
    スポンサーサイト
    2011/09/19(月) 02:13:26 ブータン観光・お祭り Bhutan sightseeing & festivals Trackback::0 Comment::0
    <<メラ・サクテンへの旅(3)メラからサクテン、そしてゴールへ Trip to Merak & Sakten: Merak~Sakten~Goal | ホーム | メラ・サクテンへの旅(1) ブムタンとタシガン Trip to Merak & Sakten: Bumthang & Trashigang>>

    Comment:

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    トラックバック URL
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/tb.php/10-93099731
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。