Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータン王妃・国王へお礼のメッセージ Essay to appreciate Their Majesties' visit to Japan

    (前回の記事はウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾンの火災のみにした方が良いと判断し、記事の後半をこちらに移しました。前回の記事にゾン復興へのお見舞金の振込先を追記したので、是非ご覧ください。http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
    I submitted an essay at the essay contest held at Her Majesty, the Queen of Bhutan's official facebook page to celebrate her birthday, June 4th.
    I got the award as I became the 10th in the contest!Seems I was the only foreigner in the top 10.
    A staff from the Royal Media office brought the award to my office. It was the beautiful picture of Their Majesties and the watch commemorating the Royal Wedding last year. They will be my lifetime treasure!
    先日6月4日がブータン王妃の誕生日だったのですが、それに合わせて王妃の公式フェイスブックでエッセイコンテストが開催されました。
    これまでに日本の皆さんから「国王と王妃に日本を勇気づけてくれてありがとうと伝えてほしい」と何度もお願いされていたので、これはいい機会と思い、国王夫妻の訪日のお礼をエッセイにして投稿しました。
    先日コンテストの結果が出たのですが、10位に入ることが出来ました。トップ10中唯一の外国人だったようです。投票して下さった皆さん有難うございます。
    上位10名には賞品があるということで、先週ロイヤルメディアの担当者が職場に賞品を届けて下さいました。
    額縁に飾られた国王夫妻の素敵なお写真と、ご成婚記念の腕時計です。一生の宝物にします。
    DSCF1025.jpg

    下記がそのエッセイです。
    国王夫妻の日本訪問へのお礼を言葉にしました。希望があれば日本語訳するかもです。
    Here is the essay I wrote:


    Dragon in your heart

    On March 11, 2011, the big earthquake and Tsunami hit Japan.
    Nearly 19,000 people died or are still missing.
    You can imagine how many people lost their families, friends and important ones.
    Even now, there are 340,000 evacuees from their original home. The number is almost half size of the Bhutanese population.

    Japanese people got devastated not only physically but also mentally.
    We didn’t know what to believe.

    In November 2011, Their Majesties of Bhutan visited Japan.
    They were flowers suddenly bloomed in the dry land.
    They were stars that showed direction to Japanese people who were in darkness.
    They were the true leaders that Japanese people have been longing for years.

    People had tears when Their Majesties prayed in Fukushima for the victims.
    People had tears when His Majesty gave an inspiring speech at the National Diet.
    The people’s tears were different from the sad tears they had when they lost their important ones from Tsunami.
    The tears were the happy ones to know that there were important leaders like Their Majesties to sincerely pray for Japan.

    Especially the story Their Majesties told at a primary school in Fukushima touched people’s heart.
    “Have you ever seen a dragon? Well, the Queen, and myself, we have both actually seen a dragon.
    A dragon is nothing but our personality. A dragon exists and lives in the heart of each one of us. A dragon thrives bigger and stronger as one grows older and accumulates experiences, and one must always be in control of one’s own dragon. I tell the children of my country to feed their own dragon. I hope you will feed your own dragon, too.”

    Not only the children at the affected area but also all the Japanese people were encouraged to know that even their tough experience would feed the growth of their personality.

    Their Majesties’ visit to Japan brought the two countries even closer than before.
    Many visitors are coming from Japan to Bhutan to appreciate Bhutanese people’s support to Japan.
    One college student from Akita, one of the prefectures in the north part of Japan, gathered “Thank you” messages from a few hundred people from the affected area.
    A Japanese artist who has been drawing dragons for years, painted a special dragon as a gift to Their Majesties.
    A 5-year old Japanese girl who got inspired by Their Majesties, brought “BHUTAN♥JAPAN” message card and gave it to Their Majesties at the Punakha Dzong. Now her dream is to be a wonderful person like Their Majesties.

    We, Japanese people, truly appreciate Their Majesties’ visit to Japan. I receive many requests from Japanese people to communicate their appreciation to Their Majesties and the people of Bhutan. Our dragons in our heart are growing thanks to Bhutan.

    We wish a very happy birthday with full of smiles, Your Majesty! Your dragon is getting bigger and stronger in your heart.



    また、今週発売のAERAがブータン特集になっています。取材協力をさせて頂いたので、本文に僕のコメントが載っています。
    記事を読みましたが、ブータン人の変わりつつある幸福感を過度に美化せず、過度に批判することもなく、バランス良く描かれた良い記事だと感じました。
    http://www.aera-net.jp/
    http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=13943
    「ブータンの日本人10人が見た素顔」の中でも写真つきで紹介されています。
    ティンプー市役所で働く友人、中島民樹さんや、前任の首相フェローの御手洗瑞子さんも載っています。
    Today I was featured at a Japanese magazine, AERA, as one of 10 Japanese living in Bhutan.
    aera20120702.jpg

    最後に、ブータン政府観光局に日本マーケット担当として菅茜さんが勤務を開始しました。
    彼女のブログや、オールアバウトでの記事もオススメです。
    ブログ:http://ameblo.jp/hello-bhutan/
    All Aboutの記事一覧:http://allabout.co.jp/gm/gl/23650/

    ウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾンの火災の続報や先日タラヤナ財団とともに行って来たサムツェ県出張の様子はまた後日アップします。

    Facebook「ブータン首相フェロー日記」(mainly in Japanese)https://www.facebook.com/taktaktictac
    ツイッター Twitter(in both Japanese & English): https://twitter.com/#!/taktaktictac
    スポンサーサイト
    2012/06/27(水) 23:08:59 国王の訪日とご成婚 King's Japan visit & Royal wedding Trackback::0 Comment::0

    ブータン遺産ウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾンが全焼 Wangduephodrang Dzong destroyed by fire

    (お知らせ:続報を新たなブログ記事で書いたので、そちらもご覧下さい:http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-54.html)
    6月24日、ブータンを悲劇が襲いました。
    1638年に建立され、ブータンで3番目に古いゾンであるウォンディ・フォダン・ゾン(地球の歩き方の表記ではワンデュ・ポダン・ゾン)が火災にあい、ほぼ全焼したのです。(1番古いのはシムトカ・ゾン、2番目はプナカ・ゾン)
    ゾンとはかつての要塞で、日本でいう城郭です。現在は各県の県庁として行政を担うとともに、寺院の機能も共存する建物です。
    A national tragedy hit Bhutan yesterday, June 24th.
    Built in 1638, the dzong is the third oldest dzong in the country after the Semtokha and Punakha dzongs.
    Dzong is a fortress, now used by regional administration and monk body.
    484193_352165054855153_1482508920_n.jpg

    374年の歴史を持つ遺産が、わずか5時間で灰となってしまいました。
    最も神聖な仏具・遺物が納められた箱がかろうじて持ち出された以外は、大事な経典や国勢調査の書類など全てが失われてしまったそうです。
    火災は、電気系統のショート・漏電による出火が原因と見られています。
    The fire burnt away 374 years of history in five hours.
    Except for the safe boxes containing the sacred relics (ngangtens) that were dropped from the roof into the nearby cacti undergrowth, nothing could be saved.
    The fire is suspected to have started from a short circuit, but it is yet to be confirmed.
    (More details: http://www.kuenselonline.com/2011/?p=32934)
    WangdueDzongFire.gif
    (写真 Photo:BBS http://www.bbs.bt/news/?p=14477)

    3月末にウォンディ・フォダン・ゾンを訪問して撮った写真が、皮肉にも最後の威光を収めるものとなってしまいました。
    I visited the dzong late March this year. I didn't imagine then that the photos I took would become the last pictures capturing its historical authority.
    P1100521.jpg

    伝統的な板葺き屋根のゾンはここしか残っていなかったそうです。
    I heard that the dzongs with traditional wooden roof were only here.
    P1100525.jpg

    ちょうど修復作業が行われていて、6月の時点で約40%の修復が完了していましたが、その作業も失われたことになります。
    The renovation was going on when I visited. As of June, 40% of renovation was completed.
    P1100527.jpg

    第5代国王、そして父君の第4代国王も現場にかけつけたそうですが、そのときには火の勢いが強く、近づける状態ではありませんでした。
    His Majesty the 5th King and the fourth Druk Gyalpo rushed to the scene following news of the fire, but it seemed the fire was already too strong for them to get closer to the dzong.
    P1100529.jpg

    川沿いの丘に威風堂々とそびえていた美しいゾンを襲った悲劇。
    政府はこの悲劇の翌日を国全体で喪に服す日として、政府機関をはじめ全てを閉める休日としました。死者が出なかったことが不幸中の幸いです。
    The dzong was beautiful and glorious on the hill above the river.
    The government declared the next day as "Day of Mourning," closing all the offices across the country.
    tbt_2060.jpg
    (写真 Picture: http://eng.yuko-travel.ru/gallery/49/49047/)
    このゾンの名前には由来があります。ブータンを統一したことで今も崇められるシャブドゥンが、この地の川に着いたときに、少年が砂の城を作っているのを目にしました。少年の名前を尋ねたところ、「ウォンディ」との答え。そこで、この地に建てるゾンを「ウォンディの宮殿」を意味する「ウォンディ・フォダン」と名付けたそうです。
    The popular story has it that the Shabdrung arrived at the river and happened to see a boy building a sand castle. He asked for the boy's name, which was Wangdue, and thereupon decided to name the Dzong Wangdue Phodrang or 'Wangdue's Palace.'

    ツイッター上でもブータン人が皆悲嘆にくれていたのですが、そんな中、20歳の女の子がつぶやいた言葉が心に残りました。
    「ウォンディ・フォダン・ゾンほど威厳があり、壮大で、不朽のものが灰になってしまうのを目にして、私達は諸行無常こそが唯一の真実であることを思い知らされる」
    若いブータン人にも仏教の根本的な教えが根付いていることを窺わせる言葉です。
    One tweet from a young Bhutanese ( @ThujeePLhamo ) struck my mind:
    "As something as Majestic, Mighty & Timeless as the Wangdue Phodrang Dzong turns to ash, we are reminded that impermanence is the only truth."
    wangdue1.jpg
    (写真 Picture: http://www.trekearth.com/gallery/Asia/Bhutan/Central/Wangdi_Phodrang/Wangdue_Phodrang/photo520683.htm)

    追記:火災から一夜明けたゾンの写真を、ゾンの近くで勤務する青年海外協力隊の友人が送ってくれました。上の写真と見比べると、本当に心が痛みます。
    The photo below is the dzong today, 1 day after the fire. It is so painful to compare with the photo above.
    532406_2909805043422_892574826_n.jpg

    追記:カナダ人の友人が今日現場に向かったらしく、現地の写真をシェアしてくれたのですが、疲れ果てて途方に暮れる人々の姿が切なすぎます。
    Another photo from the dzong, shared by my Canadian friend who went there today.
    I can't imagine how devastated the firemen are...
    553324_10151028458646311_1726264907_n.jpg

    追記:特定非営利活動法人の国連友好協会がワンデュ・ポダン・ゾン火災へのお見舞金の受付を日本の口座で始めました。
    ブータン王国名誉総領事の徳田ひとみさんが代表を務めています。活動報告を見るとブータン国連大使とも会談をされていますね。
    Japan-UN Friendship Associations opened an account in Japan to accept donations to rebuild the dzong.
    http://japan-un-friendship-associations.org/fund-raising/index.html

    追記:ブータン人の若者が再建を目指して立ち上がり、フェイスブックページを立ち上げました。既に2万1千人(6/27時点)のブータン人が参加しています。英語のできる方でフェイスブックをされている方は、このグループに参加されてはいかがでしょうか。
    In Facebook, "Citizens' Initiative to Rebuild Wangduephodrang Dzong" group has been launched by young Bhutanese. Already 21,000 Bhutanese have joined the group (as of June 27).
    I will let you know in this blog once the details for donation are decided.
    https://www.facebook.com/groups/486111118071401/

    ブータン側の寄付の受け入れ口座が以前紹介した口座から下記に変更になったそうです。以前の口座に振り込まれたものはこちらに転送されるとのこと。
    Below is the Bhutanese bank account which is gathering donation:
    A/C No. 0000066467015,
    Account Name: OFFERINGS TO DRUK KHAMSUM WANGDI CHOKI PHODRANG DZONG( HIS MAJESTY'S KIDU FOUNDATION)
    Branch: BNB, Thimphu.
    All your contributions will be acknowledged with your names in the media by the Gyalpoi Zimpoen Office.

    追記:続報を新たなブログ記事で書いたので、そちらもご覧下さい:
    I wrote another blog entry on the following story of this incident:
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

    Facebook「ブータン首相フェロー日記」(mainly in Japanese)https://www.facebook.com/taktaktictac
    ツイッター Twitter(in both Japanese & English): https://twitter.com/#!/taktaktictac 2012/06/25(月) 16:06:03 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::2 Comment::6

    サムツェ県出張(1) Field trip to Samtse (1)

    (I will write English later)
    急遽今日から10日間ほどサムツェ県に出張に行くことになりました。
    ブータンのNGO、タラヤナ財団と一緒に行きます。タラヤナ財団のことは、西水美恵子さんの「国をつくるという仕事」を紹介したときに「歩くタラヤナ」の章で触れました。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-26.html
    「国をつくるという仕事」も、最近出た西水さんの「あなたの中のリーダーへ」も、印税が全てタラヤナ財団に寄付されていることも先日ご紹介しました。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

    タラヤナ財団でブータン人にしては珍しく「働きすぎでは?」と思うほど一生懸命働いているソナムという同年代の女性がいるのですが、そのソナムに今日久々に連絡して「ブータンの貧困の現場を見たいんだけど、近く出張の機会はない?」と聞いたら「ちょうど明日からサムツェに行くよ!」との返事。

    実はサムツェ県には2月に、RENEWという別のNGOと一緒に訪れています。
    どんなところなのか、写真で紹介しますね。
    ちなみにRENEWは、もともとは家庭内暴力の被害者の女性支援から始まったNGOです。
    P1090658.jpg

    サムツェ県はブータンの中で南西の端にある、最も貧しい県の一つ。
    まだブータンの他の県からは道路が通じてないので、辿り着くにはプンツォリンというインド国境沿いの町から一旦インド側に入って2時間以上ドライブする必要があります。
    DSC_0155.jpg
    (プンツォリン国境の門)

    インド側に入った途端に人口密度が増えるので圧倒されます。
    DSC_0186.jpg

    前回の訪問の目的は、RENEWが始めようとしているマイクロファイナンスのニーズを調査すること。
    DSC_0297_20120612051705.jpg

    3か所の村で聞き取り調査を行いました。
    DSC_0301.jpg

    DSC_0307.jpg

    南に位置するサムツェは、ネパール系の民族がほとんどで、言語もネパール語を話します。
    DSC_0342.jpg

    ブータンと言えば仏教のイメージが強いと思いますが、南の方はヒンズー教徒です。
    P1090749.jpg

    これはドロハという町で、調査に協力してくれた人々と。皆それぞれの村から半日くらい歩いて来てくれました。
    DSC_0512.jpg

    ドロハに行く途中で道を聞いたおばあちゃん。
    DSC_0463.jpg

    サムツェのレストランでの兄弟たち。
    P1090788.jpg

    子どもの笑顔はどこへ行っても可愛い!
    P1090785.jpg

    サムツェは標高も低いので熱帯気候でじめじめしています。2月の時点でかなり温かかったので、今はかなり暑いらしい。
    出張中はネットへのアクセスが恐らくないのでツイッターも更新できないと思いますが、帰ってきたら報告しますね。

    ちなみに前回のブログで最後に紹介した5歳の女の子のお母さんが書いているブログで、僕とのエピソードを紹介して頂きました。
    「ブータンがつなぐ縁」
    http://ameblo.jp/onisibi/entry-11270350028.html
    この女の子は僕の新聞記事を見て、「大きくなったら、新聞に載りたい!」と言っているそうです。ブータンへの興味が色んな目標に繋がっていくと嬉しいですね。

    Facebook「ブータン首相フェロー日記」:
    https://www.facebook.com/taktaktictac 2012/06/12(火) 02:49:24 首相フェローの仕事 (PM's Fellow) Trackback::1 Comment::2
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。