Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    朝日新聞「ひと」に掲載「猛烈会社員からブータンの首相補佐官に転じた」 Featured at a Japanese newspaper

    5月22日火曜日の朝日新聞朝刊の「ひと」の欄で取り上げて頂きました!
    見出しは「猛烈会社員からブータンの首相補佐官に転じた」。「猛烈会社員」っていう響きが何故か昭和の匂いがしますね(笑)
    朝日新聞朝刊が770万部発行されていると知って、ブータンの人口70万人の11倍であることに驚きました。
    I was featured in one of the biggest Japanese newspaper, Asahi Shimbun, which sells 7.7 million copies. Isn't is astonishing to know that the number of prints is about 11 times of Bhutanese population (700,000)?
    コピー ~ asahi-2012-5-22

    ブータン人や海外の友人に「訳して!」とリクエストを受けたので、英訳したいと思います。
    Here is the translation in English as requested by my friends in Bhutan and abroad.


    "Changing his career from a businessman to Bhutan's Prime Minister's Fellow"

    "I won't live a life that I would have regretted when I die."
    This is the conviction Takao Takahashi acquired through his experience to work in Bhutan as Prime Minister's Fellow.

    After receiving the bachelor degree of Law from Kyoto University, Takao worked like crazy for a management consulting company, McKinsey, for 4 and a half years. He focused on financial sector projects in countries such as Libya and Egypt. The work was interesting, but he was questioning the business world without much contribution to the social impact.

    He quit the company and went to the US to study Development through Master of Science in Foreign Service from Georgetown University. When his savings were evaporating by tuition, he got to know the opportunity to work in Bhutan. The term is for 1 year with the salary of USD 250 a month (12,500 Bhutanese Ngultrum). His father worried about his financial situation and he himself debated for a week. However, he couldn't resit the opportunity to work for a country he has been interested in for its goal of GNH (Gross National Happiness).

    Takao goes to work in the Bhutanese traditional cloth, Gho, every day. He is working for RMA (Royal Monetary Authority), the Central Bank of Bhutan, to promote Financial Inclusion for the poor people through various interventions such as Microfinance, Mobile phone Banking, and Financial Literacy Program. Bhutanese people are very kind and caring to others, but when it comes to money, they tend to go for an expensive car and luxury items without much care for their income level. To teach the importance of financial planning, he is developing a TV serial to raise awareness of people especially among the youth.

    When he was 10 years old, he lived in Manila, the Philippines, because of his father's job in import/export promotion. Takao was shocked to see children his age were selling flowers on the street without going to a school. That's when he started pursuing his dream in poverty alleviation.

    "Gross National Happiness is how to balance between material and spiritual well-being. I want to spread the philosophy of GNH to the world." With such an aspiration in his heart, he will start working for IFC in the World Bank Group from September.



    この朝日新聞の記事は、色んなご縁が繋がって実現しました。
    きっかけはクーリエ・ジャポンという雑誌の5月号「日本の『明日』の話をしよう」。
    The trigger for the article was a Japanese magazine called Courrier Japon.


    ツイッター上でこの雑誌が非常に評判が良かったのでブータンに取り寄せて、真っ先に読んだのはマザーハウスの山口絵理子さんのインタビュー。
    バングラデシュとネパールで貧困削減のためにカバン、衣服を製造するマザーハウス(http://www.mother-house.jp/)が「ブータンにも来てくれないかな」とツイッターで呟いたところ、クーリエ・ジャポンから「ちょうど山口さんの記事を担当した編集者が明日ブータンに着きますよ」との返事。
    I liked one of the interviews of a Japanese woman my age, Eriko Yamaguchi, who started her social enterprise ("Mother House") to manufacture bags and clothes in Bangladesh and Nepal with the purpose of poverty alleviation.
    In Twitter, I tweeted "I wish if Mother House considered setting up a factory in Bhutan."
    Then I got a reply immediately from Courrier Japon, saying "The editor who interviewed Eriko Yamaguchi will visit Bhutan tomorrow."
    Wow, what a coincidence!

    あまりの偶然に驚きながら、翌日編集者の方に会いにホテルに行くと、ブータン訪問の目的は「日本ユニセフ協会の親善大使、アグネス・チャンさんの視察の同行」だとのこと。クーリエ以外にも、大手新聞社の記者の皆さんが来られていて、「今GNH委員会の首相フェローとして働いていること」を告げると、「立ち話も何なので」、とお茶を飲みながらGNHについての質問を受けました。
    The editor was visiting Bhutan to cover the visit of Dr. Agnes Chan, a UNICEF Goodwill Ambassador who supports the Japan Committee for UNICEF.
    There were several reporters accompanying Dr. Agnes. One of them was the reporter from the newspaper, Asahi Shimbun.

    その中にいた朝日新聞の記者の大久保さんが、僕のこれまでの経歴自体に興味を示して、「朝日新聞の『ひと』で取り上げたい」と言って下さったんです。
    The reporter got interested in not only my work in Bhutan but also my life and career. That's why she proposed to cover me in the article.

    ブータンは世間が狭いので、こういう偶然が面白いように起こります。
    今回の記事を友人、親戚など多くの方が読んで下さり、「刺激になった」というメッセージを頂きました。本当に有難いと思うとともに、背筋が伸びる想いです。
    これからも少しずつでも前に進んで行けるように精進したいと思います。
    It was such an honor to be covered by the well-known newspaper. A lot of friend and relatives told me that the article inspired them.
    I will continue doing my best to contribute to Bhutan and the world.

    ブータンの首相フェローへの応募に関心がある方は、前回のブログの最後の方にあるリンクを確認してみて下さい。
    If you are interested in applying to the Prime Minister's Fellowship, check:
    http://www.gnhc.gov.bt/bhutan-prime-minister-fellowship/

    Facebookやツイッターでもブータン情報を流しているので宜しくお願いします。
    You can also follow me in Twitter. (Facebook page below is only in Japanese)
    https://www.facebook.com/taktaktictac
    https://twitter.com/#!/taktaktictac
    スポンサーサイト
    2012/05/24(木) 21:53:11 首相フェローの仕事 (PM's Fellow) Trackback::1 Comment::0

    ブータンおすすめ本(3):西水美恵子「あなたの中のリーダーへ」 Book recommendation for Japanese readers (3)

    (English updated)
    (お知らせ)5月22日火曜日の朝日新聞朝刊の「ひと」の欄で取り上げて頂いたので、是非見てみて下さい。見出しは「猛烈会社員からブータンの首相補佐官に転じた」とあります。

    The first moment I got interested in Bhutan was about GNH, Gross National Happiness.
    Then a book written by Mieko Nishimizu, a former Vice President of the World Bank for South Asia, stimulated my interest even more.
    She just published a new book written in Japanese, "To a leader in yourself" (by my translation).
    国民総幸福(GNH)を知ったのをきっかけに興味を持ったブータン。
    その興味に火をつけてくれたのが、元世界銀行副総裁、西水美恵子さんの著書「国をつくるという仕事」でした。
    そんな西水さんの新著が出ることを知り、一時帰国の際に入手。
    タイトルは「あなたの中のリーダーへ」。

    Not many people know that Japan was the recipient country of the World Bank's aid after the World War II.
    For example, the famous bullet train in Japan was financed by the World Bank.
    世界銀行は貧困削減を目指す国際機関であると同時に、途上国に資金を貸し付ける銀行でもあります。
    かつて、戦後の日本に援助をしていたことも。新幹線も、世銀の支援によって実現したことを知る人は多くないかもしれません。「グリーン車」の名付け親に関する記述はとても興味深い。

    As a huge organization, there is no wonder why the World Bank became bureaucratic.
    The book describes Mieko's effort to reform the organization and change the behavior s of staff toward poverty alleviation.
    そんな歴史のある世界銀行ですが、巨大な組織が官僚的になってしまうのは世の常。
    その組織にメスを入れ、スタッフの貧困削減への意識を「本気」にするための改革が、多彩なエピソードとともに書かれた本です。
    副総裁時代は南アジアを担当したこともあって、ブータンの雷龍王、特に第4代国王(昨年来日した第5代の父君)のリーダーシップも多く触れられています。

    There are a lot of descriptions about the leadership of the 4th King of Bhutan as Mieko had meaningful interactions with His Majesty from heart to heart.
    hismajestythefourth.jpg
    (王位を継いで間もない頃の第4代国王 His Majesty the 4th King when he just succeeded from his father. The 3rd King passed away suddenly when the 4th King was just 16 years old.)

    hismajestythefourthwithk5.jpg
    (幼い第5代国王と、第4代国王。The young 5th King and the 4th King.
    ともに写真は
    https://www.facebook.com/pages/Jigme-Singye-Wangchuck-the-Fourth-Dragon-King-of-Bhutan/45203079512)

    Mieko's leadership is distinctive in a sense that she shares everything with her team, including her failures, weaknesses, and emotions.
    Because her words are truly sincere, she gains trust from people even who were originally against the reform.
    She says " A true leader has his/her brain and heart connected."
    西水さんのリーダーシップで最も心を打たれるのは、自分の弱さも包み隠さず自分をさらけ出していること。
    組織改革には痛みを伴います。当然反対勢力も出てくる。
    そんなとき、綺麗事を並べるだけでは人はついてきません。
    改革への本気の想いを、自分の真摯な言葉で語る。
    自分が失敗したとき、自分の弱さに直面したとき、それを部下や仲間と共有することで、壁のない信頼関係を築く。
    エピソードの中では、何度も西水さんが「泣いた」場面が出てきます。悲しいときも、嬉しいときも。
    そんな自分も本の中でさらけ出せるのは、西水さんが「頭とハートが繋がった」リーダーだからでしょう。

    Her leadership style is exactly what I learned about leadership from McKinsey, a global consulting firm I worked for. You need to disclose yourself if you want to gain trust from your client and team members. But it requires a lot of courage.
    僕の前職のマッキンゼーでは「リーダーシップ」についての研修や議論も多くありましたが、そこで学んだのが「チームやクライアントの信頼を得たかったら、まず自分の弱さを語ることが大切」ということ。西水さんはそれをまさに本気で実行したのが凄い。言うのは簡単ですが、とても勇気の要ることです。

    She also expresses her concerns on Japan, where it's been long since leaders lost the trust from their people.
    For example, women empowerment is still very low in Japan. You rarely see female politicians or management at top companies.
    She says it's not sufficient to improve working conditions for women.
    Companies need to improve the benefit and facilities for both women and men since fathers should also be engaged in raising children.
    People should be happy at both home and workplace, which reminds me the situation of my Bhutanese colleagues.
    本書では改革が遅々として進まない日本への憂いもひしひしと伝わってきます。
    その一つの例が、女性の社会進出の問題。
    女性の重用を進めたい企業は女性の待遇に注目しがちですが、西水さんはそれは違うと説きます。
    育児の負担は、母親だけでなく父親も抱える問題。誰もが働きやすく、働くことが幸せに思える環境を整えることが、結果的に優秀な女性を集めることに繋がるのです。
    本書の中で何度か出てくる「職場でも、家庭でも幸せな環境を目指す」という考え方は、まさにブータンの進める国民総幸福に重なります。
    ブータン人の同僚は仕事と家庭のバランスの取り方が絶妙なのです。

    この本が発表されたとき、タイトルが一目で気に入りました。
    東日本大震災の後にブータンに来て、GNH委員会の長官に言われハッとさせられた言葉に重なるからです。
    I like the title, "To a leader in yourself."
    It resonates with the words of my Boss, the Secretary of GNHC (Gross National Happiness Commission).
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
    (長官の語る国民総幸福)

    The Secretary told me that the goal of education is to form a society where every individual commits to his/her own leadership.
    Bhutan as a monarchy until 2008 relied much on the King's leadership. Now democracy started, so the individuals need to stand up.
    長官は「ブータンの教育が目指すのは、国民一人一人がリーダーシップを発揮できる社会。ブータンは国王のリーダーシップに頼ってきた面があるが、民主主義が始まった今、国民一人一人が自立してリーダーシップを取らなければならない」と語りました。

    When the massive earthquake and Tsunami occurred in Japan last year, I expected the Japanese politics to change. Unfortunately, the reform didn't happen at all.
    But hearing the words of the Secretary, I realized that I was irresponsible to expect someone to change Japan.
    I need to show my leadership to change my own country even if impact I can make is tiny to start with.
    東日本大震災の後、僕は政治が変わることを期待しましたが、それは淡い期待に終わりました。
    しかし長官の言葉を聞いたとき、「日本は政治家が変えるべき」と考えて他人任せにしてきた自分に気づきました。
    現状を打破し、日本を、そして世界を良くして行きたいのであれば、自分が動いて、自分がリーダーシップを取って行かなければならないのです。例えそれが小さな始まりに過ぎなくても。

    「あなたの中のリーダーへ」というタイトルに、西水さんが抱く熱い想いが込められていることを感じます。


    I never met Mieko in person, but she gives me candid advice as she got to know me through this Bhutan blog.
    西水さんとはお会いしたことはありませんが、ブータンがご縁で時折叱咤激励を頂いています。
    本書を読まれた方は、Facebookで感想を寄せてほしい、とのことです。
    https://www.facebook.com/nishimizu

    まだ読まれていない方は、前作「国をつくるという仕事」もお勧めです。
    詳しい内容は以前のブログ記事をご参照ください。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-26.html


    Royalties she would gain are all donated to the NGO, Tarayana Foundation in Bhutan.
    The money is used for education of poor children.
    両著作とも、印税はすべてブータンのNGOタラヤナ財団に寄付されています。貧しい家庭の児童の教育費等に充てられるとのこと。
    P1080256_20120522042448.jpg
    I deal with Tarayana Foundation for my microfinance project. The NGO is one of the most respected organizations in Bhutan for its sincere work dedicated to the poor people.
    The Secretary General of Tarayana told me that the royalties from Mieko's book help funding of the NGO significantly.
    仕事上、タラヤナ財団と関わる機会は多いのですが、ブータンで最も尊敬を集めるNGOの一つです。
    先日、事務局長のチミさんとお話した際、「NGOとして安定した財源がなく苦労している中、ミエコの本からの寄付は本当に助かっている」と感謝されていました。

    Royalties from Mieko's previous book were donated to a Japanese NGO for disaster relief.
    ちなみに「国をつくるという仕事」の昨年分の印税は、東日本大震災の復興活動に従事するシビックフォースへ寄付されたそう。
    印税と同額を上乗せして寄付した英治出版も素晴らしい。
    しかも使い道を限定せず、「シビックフォースが思うように使ってください」という姿勢が、復興支援という難しい活動への理解を示しているように思います。
    http://www.eijipress.co.jp/blog/2012/03/02/11799/

    「あなたの中のリーダーへ」では、「日本でいちばん大切にしたい会社」という本も度々紹介されます。従業員の幸福を第一にすることで増収増益を続ける会社のこと、ブータンとも非常に通じるので読んでみたいと思っています。


    My next career step is to work for IFC, International Finance Corporation, in the World Bank Group.
    I'm excited to work for the World Bank Group which Mieko once worked for.
    I will do my best to be a leader whose brain and heart are connected.
    僕のブータン後の進路は、西水さんがいた世界銀行グループの中のIFC(国際金融公社)に決まりました。これもブータンで繋がった不思議なご縁、ブータンで言うカルマかもしれません。
    「頭とハートが繋がった」リーダーになれるように、少しずつでも精進していきたいと思っています。

    By the way, the government of Bhutan is looking for the next Prime Minister's Fellow after me.
    Why don't you check the details out from the link?
    ちなみにブータン政府は次の首相フェローを募集しています。職務経験を生かしてブータンに貢献できる専門知識があり、英語に問題のない若手の方は是非考えてみて下さい!日本に限らず世界に門戸を開いているので、狭き門ではありますが、やりがいは非常に大きいです。
    給料など詳細はGNH委員会のサイトで:
    http://www.gnhc.gov.bt/bhutan-prime-minister-fellowship/

    You can also check out my blog on the Prime Minister's Fellowship.
    首相フェローについての詳細は以前のブログ記事をご参照下さい:
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

    Facebook「ブータン首相フェロー日記」はブログより頻繁に更新しています:
    https://www.facebook.com/taktaktictac 2012/05/20(日) 23:14:27 ブータンオススメ本・映画 Trackback::1 Comment::3

    ブータンおすすめ本(2):本林靖久「ブータンと幸福論」高野秀行「未来国家ブータン」 Book recommendation for Japanese readers (2)

    (Sorry, this article is only in Japanese since I write about books on Bhutan written in Japanese.)
    (お知らせ)日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)にエッセイを寄稿しました。
    「ブータンで幸せの意味を考える1年~リスクは自分への投資」と題し、これまでのキャリアの転機について書いています。ご笑覧ください。
    http://japangap.jp/essay/2012/05/post-25.html

    今回はブータンオススメ本を2冊紹介したいと思います。

    1.本林靖久「ブータンと幸福論」
    雑誌月刊望星5月号「ブータンvsニッポン シアワセ対決!」(http://www.tokaiedu.co.jp/bosei/contents/1205.html
    で僕は「ブータンという人柄」というエッセイを寄稿させて頂きましたが、そのブータン特集で巻頭記事を担当されていたのが本林靖久さんです。
    「『小さな幸福』と『大きな幸福』のあいだ」というタイトルの記事では、文化人類学者であり浄土真宗の僧侶でもある本林さんの目から見たブータンの姿が語られています。

    日本人の読者に反響が大きかったらしいのが、お墓を建てないというブータン人の死生観。
    火葬の後、遺灰や骨のほとんどは川に流します。輪廻転生の中で死後四十九日で来世に生まれ変わると信じられているので、墓を建てて供養し続ける必要がないのです。

    肉親が亡くなるのは悲しいことですが、四十九日で次の生命に生まれ変わると信じれば、残された家族も悲しみを引きずらずにすむ気がします。
    先日、日本人の友人の肉親が亡くなってしまったのでこの話をしたところ、「気持ちが少し軽くなった」と言ってくれました。

    ちょうどこの望星が日本で発売されたときに、ブータンでバッタリ本林さんにお会いしました。首都ティンプーですら非常に小さい町なので、ブータンではこういう偶然がしょっちゅうあるんです。
    雑誌を通じてお互い名前を聞いていたので、思いがけない出会いに感激しました。
    僕は地元が大阪で、本林さんも大阪大学で非常勤講師を務めていらっしゃるので、「大阪でブータン関連のイベントができるといいね」と話が盛り上がりました。


    本林さんが以前出版された本が、「ブータンと幸福論」。
    僕自身はまだ拝読できていませんが、宗教の観点から、ブータン人の幸福感の背景が描かれているようです。


    本林さんのブータン観を知るにはこの記事もオススメです:
    http://www.nttcom.co.jp/comzine/no104/wise/index.html

    その本林さんが、明日5月13日日曜日のテレビでブータンの宗教観を日本仏教との関わりも含めてお話するそうなので、是非ご覧ください。


    番組内容:「ブータンの人々が幸福を感じているのは真剣に死と向き合っているから」と宗教人類学者で僧侶の本林靖久さんはいう。ブータンを見つめ続けて見えてきたものとは何か?

    [ 番 組 名 ]   こころの時代 ~宗教・人生~ 「幸せの形と向き合う」
    [チャンネル]   NHK Eテレ/Eテレ3
    [ 放送日時 ]  2012年5月13日(日)午前5:00~午前6:00(60分)
    [ 番組詳細 ]  http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20120513-31-16733



    2.高野秀行「未来国家ブータン」
    最近はブータン本ブームですが、この本は特に面白い!!
    普段忙しくてなかなか本を読めないのですが、この本は寝る間も惜しんで一気に読んでしまいました。
    筆者高野さんのブータン訪問の目的は、何と「雪男を探すこと」。
    最近まで電気も通らない僻地が多かったブータンは土着信仰も盛んで、不思議なことも起こります。雪男を見たことがある人々がいても違和感がないのがブータンです。

    事前にゾンカ語を勉強して来られただけあって、ブータン人と深い交流をする様子が面白く、住んでいる僕でも知らないブータンの事柄がいくつも登場します。

    エピソードがいちいち面白いのですが、少し紹介すると、
    ・世間の狭さを利用するブータン人
    ブータンは本当に世間が狭いので、みんな知り合いという感じで、首都ティンプーを歩くと必ず知り合いに出くわします。
    高野さんが旅の相棒ツェンチョ君と買い物に行った際のエピソード:


    ツェンチョ君は店の人(両替商)に「やあ」と親しげに挨拶し、実際よりやや良いレートで換えてもらった。
    「ツェンチョ君は顔が広いから助かるね」と私が言うと、ツェンチョ君はくすっと笑った。「ほんとは僕はあの店の人、知らないんです」
    「え?」
    「ブータンは顔見知りが多いでしょ?でも顔や名前をいちいち覚えていないことが多い。だから僕はときどき知り合いのふりをするんです。すると、相手は『誰だか思い出せないけど、知り合いだろう』って思って、まけてくれるんです。」


    世間の狭さを逆手に利用するしたたかさが面白い(笑)。

    ・イクラを食べたがらないブータン人


    ブータン人の友人が日本に来たとき、妻は一緒に寿司屋に言った。彼は「うまい、うまい」と言って寿司をぱくぱく食っていたが、数の子やイクラといった魚卵と白魚だけは「食べられない」と顔をしかめたという。
    ブータン人にとって、大きくても小さくても命は命。だからマグロやタイといった大型の魚を何人かで分けると罪悪感が減るが、一人で何十もの卵や小魚を食うというのは大量虐殺みたいな気分になるらしい。
    さらに、これまた妻の話だが、ブータンの人達に「どの肉が好き?」と質問したところ、「牛肉」という答えが圧倒的だったという。理由は「大きいから」。妻は味の好みを訊いていたつもりが殺生の話にすりかわっていたのだ。


    この話をブータン人の同僚にしたところ、「牛も鶏も結局は殺してるんだから同じだ」という意見もありました。
    ただ、それぞれの動物が雑食か草食かは大事だそうです。草食の牛なら生き物を食べないのでOKだが、例えば魚は色んな生き物(プランクトンとか??)を食べるのでそれを食べるのは罪悪感が高まるのだとか?
    ブータン人によっても言うことは変わります。適当なところもブータン人らしさです。

    高野さんは、ブロクパという遊牧民が住むメラ・サクテンも訪れます。
    メラ・サクテンは、僕がブータンに来て1週間しか経たないときに出張で訪問した思い出深い場所。1日10時間近く歩かないと辿り着けない秘境です。
    P1060205.jpg
    一度訪れた場所なので、そこの文化や人々の様子を興味津々で読み進めました。
    メラ・サクテンで高野さんを世話したレキくんは僕らを去年世話してくれた若者と同一人物な気がします。
    P1060404.jpg
    (記憶が正しければ、左から2番目がレキくん。父親が祈禱師とは知らなかった)

    メラ・サクテンのブログ記事はこちら:
    メラへのトレッキングhttp://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
    メラからサクテン、そしてゴールへhttp://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

    当時は高山病が心配でお酒飲まなかったのですが、本来は地元の女性が訪問客に浴びるようにアラ(地酒)を飲ませるのがメラ・サクテン流の歓迎。
    高野さんのように飲みまくれば、僕のメラ・サクテン体験も全く違ったものになったでしょうね。

    ブータンの魅力ってつまるところは「人」だと思うので、ブータン人の生き方や考え方が伝わるこの本は貴重。
    笑いが随所に散りばめられつつ、ブータンが「世界でいちばん幸せな国」である真の理由も示唆深く考察されていて、オススメの1冊です。


    ブータンおすすめ本として以前紹介した「国をつくるという仕事」の著者、西水美恵子さんの新著「あなたの中のリーダーへ」が5月8日に発売になりました。
    先日一時帰国した際に先行販売で入手したので、読むのが楽しみです。


    「あなたの中のリーダーへ」Facebook公式ページはこちら。西水さんが、皆さんの感想を是非Facebookに書き込んでほしいと仰っていました。
    https://www.facebook.com/nishimizu

    先日、世界銀行東京事務所での講演「ブータンの貧困と金融問題」に来て下さった方、Ustreamでご覧頂いた方有難うございました。
    ちょっと早口だったみたいですみません。内容を欲張って詰め込みすぎたかもしれません。
    Ustreamで録画を見れますが、マイクの音が割れているので聴きづらいです。すみません。。。
    http://www.ustream.tv/channel/pic-coffee-hour

    Facebook「ブータン首相フェロー日記」はブログより頻繁に更新しているので、是非フォローして下さい。
    https://www.facebook.com/taktaktictac
    ツイッターでもブータンのことを呟いています。
    https://twitter.com/#!/taktaktictac 2012/05/12(土) 12:34:30 ブータンオススメ本・映画 Trackback::0 Comment::2
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。