Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータン国王・王妃 東日本大震災1周年のご祈祷 Their Majesties' prayers to mark 1-year anniversary of Japan's earthquake and tsunami

    もう先月の話になりますが、東日本大震災発生から1年となる2012年3月11日に、ブータン国王・王妃両陛下がティンプー市内の寺院で、被災者のための追悼のお祈りをして下さいました。
    Their Majesties, the King and the Queen of Bhutan, offered prayers at the 12th century Changangkha Lhakhang on March 11, 2012, in memory of some 20,000 victims of the devastating 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.

    12世紀から歴史のあるチャンガンカ寺院で営まれた追悼式に、国王はブータン在住日本人をお招き下さいました。当日は多くの日本人が集まり、僕も参加させて頂きました。
    His Majesty the King joined the Japanese community in Thimphu to observe the first anniversary of the earthquake and Tsunami that devastated the northeast coast of Japan. I joined the event, too.
    P1100137.jpg

    追悼のバターランプを一人一人灯し、、、
    Monks led Japanese people at the butter lamp ceremony.
    20120311-IMG_1069.jpg

    バターランプを灯す式にはティンレー首相も参加。財務大臣も参加して下さいました。
    Their Majesties were joined by the Prime Minister and Finance Minister. They offered solemn prayers and lit butter lamps.
    20120311-IMG_1047.jpg

    国王陛下は長い長いお祈りを捧げて下さいました。その想いの強さを感じ、そして犠牲者の方々、残された家族の皆さん、今も様々な困難を抱える皆さんを想い、胸に込み上げるものがありました。
    Their Majesties offered long prayers. Their strong compassion struck my heart and made me pray even stronger for the victims and the people who lost so many things in the disaster.
    20120311-IMG_4905.jpg

    お祈りの後、外では軽食が振る舞われました。
    His Majesty organised tea and snacks for us after the prayer ceremony.
    P1100138.jpg

    P1100140.jpg

    国王、王妃や首相は日本人の我々に優しくお声掛け下さいました。
    僕は国王陛下と直接お話する機会はありませんでしたが、王妃陛下とは少しだけお話する幸運に恵まれましたので、日本そして被災地への訪問への感謝を伝えさせて頂きました。
    王妃陛下は、福島を始めとして日本で出会った人々が温かく、小学校の子ども達も可愛くて本当に良い訪問だったと応えて下さいました。
    「昨年秋の結婚後に色んな国を訪問したけれど、日本訪問を一番楽しみました。次は桜の季節に訪れたいです」と仰って頂きました。実際にお会いした王妃陛下は、高貴だけれども飾らず、穏やかで優しい笑顔が印象的で、本当に素敵な方でした。
    The King and the Queen, and the Prime Minister kindly talked to Japanese people after the prayer.
    I didn't have a chance to talk to His Majesty the King personally, but received Her Majesty the Queen's company fortunately. I appreciated her visit and prayer to the devastated areas including Fukushima. She told me that the people she met in Fukushima and all over Japan were very kind and warm. The children at a school in Fukushima were very cute and she wants to meet them again.
    She kindly said, "I visited many countries after our wedding, but I enjoyed the visit to Japan the most. I'd love to go back there during cherry blossam (Sakura) season."
    She was a very sweet, lovely and sincere person. It was such a pleasure and honor to have a conversation with her.
    20120311-IMG_4923.jpg

    歓談の最中に国王陛下は皆に声をかけ、地震発生の瞬間に黙祷をすることを提案して下さいました。バターランプのお祈りに加えて黙祷もして下さり、日本への心からの想いを感じました。
    A minute of silence was also observed at 11.46am - the time when earthquake struck the north-east coast of Japan on March 11, 2011.
    20120311-IMG_1235.jpg

    ブータン国王陛下が天皇陛下に送られた手紙では、「日本はどんな困難からも必ず強く立ち上がる」という確信を伝えて下さったそうです。手紙では、「昨年、短くも濃密な旅を過ごした日本で出会った何千人の人々の瞳を見て、私はそう確信しました。」と綴られていたそうです。
    In a letter to the Emperor of Japan, His Majesty the King expressed confidence that Japan would rise stronger from any adversity.
    “It was humbling for me to confirm this in the eyes of thousands of people I came across as I travelled briefly, yet intensively, through Japan last year,” the letter stated.

    3月11日、ブータンのテレビは日本一色でした。ニュースは東日本大震災1周年のことをトップで扱い、日本大使のインタビューを取り上げ、昨年の国王訪日の特集番組も組まれていました。
    先日別件で小学校に訪問した際にも、幼い子ども達から地震・津波についての質問が多く寄せられました。
    大震災の際、国を挙げて日本を支援し、想いを寄せてくれたブータン。国王という国のリーダーの本気の想いが、国中に浸透している証拠だったのだと思います。
    日本人としてこのことを忘れることなく、一人一人ができる恩返しをしていけたらと思います。
    On March 11 this year, Bhutan's TV was covering Japan intensively. News program had the 1-year anniversary as top news and featured an interview of Japan's Ambassador to Bhutan. Another program was featuring Their Majesties' visit to Japan last year.
    When I visited a school recently, children asked me a lot of questions about the earthquake and tsunami.
    Last year when the earthquake happened, people in Bhutan showed strong solidarity with Japan and extended warm support across generations. I think the support showed that how the sincere prayer and feeling of His Majesty the King was shared by the people of Bhutan.
    We Japanese should never forget what Bhutan has offered, and think about what we can return as an individual and a country.

    昨年両陛下が日本を訪問された際の国会演説や小学校での龍の話は、以前のブログ記事をご参照ください。
    ブータン国王の国会演説全文:ブータン国王・王妃の初来日(1) The King and the Queen of Bhutan's visit to Japan (1)
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
    ブータン国王の龍の話など:ブータン国王・王妃の初来日(2) The King and the Queen of Bhutan's visit to Japan (2)
    龍の話については、お話の内容を最近入手した情報により少し更新しました。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
    ブータン国王 慶応大学講演全文 Speech at Keio University of the King of Bhutan
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

    皆様の感想はFacebookでも受け付けています。
    https://www.facebook.com/taktaktictac

    (Source of some facts:
    http://www.kuenselonline.com/2011/?p=28531
    Source of some photos:
    http://dorjiwangchuk.blogspot.com/2012/03/hopes-and-prayers-for-japan.html)
    スポンサーサイト
    2012/03/31(土) 01:09:15 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::0

    Child Finance Day in Bhutan チャイルド・ファイナンス・デー(子どもとお金の日)

    March 16th was Child Finance Day celebrated for the first time worldwide.
    Child Finance Day is introduced by Child and Youth Finance International (CYFI).
    http://childfinanceinternational.org/
    The purpose of the day is to promote understanding about money among children and youth in a fun way.
    3月16日金曜日は、世界で第一回目の「チャイルド・ファイナンス・デー」と呼ばれる日でした。
    これは上記のリンクの国際NGOが組織したもので、子ども達のお金に関する知識を楽しいイベントを通じて広めよう、という試みです。

    To join this meaningful global event, Bhutan's RMA (Royal Monetary Authority, Central Bank) decided to introduce our newly created comic book under Financial Literacy Program.
    ちょうどブータンの中央銀行RMAも金融リテラシー向上プログラムを実施しているので、この世界的イベントに参加することにしました。

    We held a presentation in front of 30 students of Class 6 at Early Learning Center (ELC, one of the private primary schools in Thimphu).
    具体的には、今作成中のお金に関するマンガをELCという私立の小学校の6年生の前で披露してきました。

    Before the event, I visited the classrooms to see how children are studying. This is a notebook from English class.
    イベントの前に、普段の授業風景を訪問。これは英語のクラスでのある生徒の作文です。
    P1100169.jpg

    He seems to be excited to have a visitor from Japan. Cute!
    日本人が来たことに彼は興奮してたみたい。可愛いですね。
    P1100172.jpg

    The young teacher had a wonderful dedication toward education.
    若い先生が情熱を持って指導していました。
    P1100175.jpg

    The great thing about this school is to let students think about what is GNH (Gross National Happiness). Students are encouraged to think about happiness in their own terms.
    この学校が素晴らしいのは、GNH(国民総幸福)について、先生が押し付けるのではなく生徒が自ら考える機会を提供していること。例えば下の写真では、「どんなときに幸せを感じるか」というのを生徒それぞれに考えさせています。
    P1100181.jpg

    We introduced the comic book about money through a role play (skit).
    イベントでは紙芝居のような形でスクリーンにマンガを映し、配役をして寸劇のようにプレゼンしました。
    IMG_9865.jpg

    Here is a few pages from the comicbook.
    マンガの一部を紹介します。主人公はある村に住むドルジ。母は働き者、父は飲んだくれ、姉は首都ティンプーで公務員として働いています。
    a1.jpg

    Dorji one day dreams about a tree on which money grows.
    怠け者のドルジは、ある日お金のなる木を夢に見ます。
    pg-2.jpg

    And Dorji meets an old wise man.
    歩いても歩いてもお金のなる木は見つからず。そんなとき、賢者の老人に遭遇します。
    pg-3.jpg
    The old man gives Dorji seeds for a money tree. Dorji puts efforts to grow it. The grown tree does not have money on it, but flowers and fruits from the tree provide Dorji a lot of money.
    However, Dorji saves the earned money in a box at home, which catches fire. Dorji loses everything....
    The old wise man comes to Dorji and tells the importance to save at a bank...
    老人はドルジに「金のなる木」の種を授けます。
    ドルジは一生懸命水をやり、やがて木が育ちますが、もちろんお金などなりません。
    しかし美しい花や美味しい実が評判を呼び、ドルジは大金を手にすることになります。
    その大金を家でタンス預金していたのですが、火事によって全てを失ってしまいます。
    落ち込むドルジのもとに賢者が再び現れ、銀行で預金することの大切さを教えます。

    ブータンではタンス預金を山火事などで失う人が少なくないので、こういう話が大事なのです。(もちろん田舎だと近くに銀行がない、という問題は別途解決する必要があります)

    The students enjoyed the comic.
    子ども達はマンガを熱心に聞き入っていました。
    IMG_9877.jpg

    After the comic reading, we conducted a quiz competition to test understanding of the students.
    マンガ紙芝居の後は、クイズ大会で子ども達の理解度を探ります。
    P1100196.jpg

    So many hands raised!
    手が一斉にあがって、積極的でいい!
    DSC03507.jpg

    The boy is thinking about the answer while raising his hand. lol
    右の男の子は手挙げながら答え考えてるのがバレバレですね(笑)
    IMG_0916.jpg

    A winner got a prize of stationary.
    いい答えを出した生徒には、文房具の賞品を配りました。
    IMG_0931.jpg

    Ms. Kueron was an excellent teacher to facilitate the discussion and give children an opportunity to think more deeply.
    このクエロン先生は本当に素晴らしい方で、議論をうまくリードして、子ども達が深く考えることを促していました。誰が答えたか、誰が答えていないかをちゃんと見ていて、恥ずかしがって手を上げない生徒に積極的に振って答えを聞き出していたのは流石。
    ブータンにもしこういう先生が多いのであれば、ブータンの将来は安泰だと感じましたね。
    P1100206.jpg

    After the quiz, I threw questions such as "Do you save?""Do you get allowances from your parents?"
    Surprisingly many students save at a piggy bank at home. A few students even had their own bank account opened by their parents.
    The answers would be very different if we conducted the same event at a school in rural areas.
    クイズの後は「みんな貯金してますか?」「お小遣いはもらってますか?」と疑問をぶつけてみました。
    ティンプーで親が比較的裕福だからか、お小遣いをもらって貯金箱で貯金している子供達は結構いました。数名は親が子供の名義で口座を開いているとも言ってました。
    これが地方の小学校であれば、だいぶ答えが変わってくるでしょうね。
    IMG_0924.jpg

    I also asked children's dream. They answered with excitement: Be a pilot, scientist, engineer, doctor, vet etc...
    I told them that financial plan and saving are important since they need to go to universities or get training to achieve their life dreams.
    子供達の夢も聞いてみました。
    「パイロットになりたい」「科学者」「エンジニア」「お医者さん」「獣医さん」などなど色んな夢を語ってくれました。
    夢を実現するためには、大学など良い教育を受ける必要があるから、ちゃんと計画的に貯金しようね、という話をしました。

    My colleague from RMA also enjoyed the event.
    中央銀行RMAの同僚も楽しんでました。
    IMG_0921.jpg

    I was happy to see my colleagues motivated by children's curiosity and started explaining various financial products in a simple way so that even children could understand.
    お金に関して子供達が好奇心を示しているのに喚起されて、同僚たちが子供達に分かりやすいように保険などの金融商品を説明する姿を見れたのも嬉しかったです。
    彼らの仕事へのモチベーションもこれまで以上に上がったかな?
    子どもに限らず、金融について国民に分かりやすく説明する役割が中央銀行にはあります。
    P1100213.jpg

    The reason RMA is conducting such Financial Literacy Program is because Bhutanese tend not to save. Their tendency to borrow and consume is similar to Americans...
    Bhutanese people seem to focus on present. But regarding money, this tendency turns out to be lack of Financial Planning for future.
    Because too huge borrowings and consumption will not be sustainable as an economy, RMA is trying to inculcate saving culture.
    これまで何度か書いていますが、中央銀行がこのような金融リテラシー向上プログラムを実行している背景には、ブータン人が貯蓄をしないことにあります。
    日本人は貯蓄率が世界的にも高いことで知られていますが、ブータン人は真逆です。消費性向で言えばアメリカ人に近いものがあります。
    ブータン人って「今を生きる」感じなので、特にお金に関してあまり後先考えないことがあります。車が急激に増えているのは、ローンで買っているからです。
    経済としては持続性が危ういので、中央銀行としては貯蓄の文化を広めたいと思っているのです。

    I wanted media to feature this event because the message is important to Bhutanese general public. With a short notice (just 1 day!), fortunately Kuensel newspaper and BBS (Bhutan Broadcasting Service) came to the event.
    このイベントはメディアに取り上げてほしい!と思い立って前日に最大手の新聞クエンセル紙と国営放送のBBS(日本で言うNHK)に連絡したところ、両方とも来てくれました。前日の連絡で来てくれるなんて、ブータンじゃないとあり得ないですね(笑)

    Kuensel, the most read newspaper in Bhutan, covered the event.
    クエンセルの取材に対応する同僚。
    IMG_9834.jpg

    Here is the article covered in Kuensel "Instilling saving culture in young":
    英語ですが、このリンクでクエンセル紙が書いてくれた記事が読めます。タイトルは「若者に貯金の大切さを学んでもらう」
    http://www.kuenselonline.com/2011/?p=28793

    BBS also covered the event as one of the top news. My colleague's interview was featured during Dzongkha news and my interview was featured at English news.
    BBSではこの日の夜にほぼトップニュースでこのイベントを取り上げてくれました。前回のブログで少し触れましたが、現在ブータンはインドルピーの金融問題に揺れているので、国民の金融リテラシーを上げるという話題は時事性が高かったのだと思います。
    BBSでは国語のゾンカ語のニュースと英語のニュースの時間があるのですが、前者では同僚のインタビューが、後者では僕のインタビューを取り上げてくれました。
    IMG_9857.jpg

    Thanks to BBS news, the comic book is gathering interests among teachers and parents across Bhutan.
    BBSがニュースで取り上げてくれたおかげで、他の学校の先生や親御さんたちからも問い合わせが来て、関心が高まったようです。

    The comic still needs a few modifications. When the printed version is ready, RMA is planning to send a few copies to every school in Bhutan.
    マンガはまだ細かい手直しが必要なのですが、完成した際にはブータン全国の学校に数部ずつ配布する予定にしています。

    One-day event would not be sufficient to inculcate saving culture and raise financial literacy. I'm hoping to collaborate with Ministry of Education to include financial concepts in subjects such as social studies and math.
    1度のイベントだけで子ども達の金融リテラシーを向上させ、貯金について行動してもらうのは無理な話です。
    今後は教育省と話をして、社会や算数の授業の中にお金の話を組み込みたいと思っています。

    To know more about worldwide Child Finance Day, visit this new website:
    http://www.wofcha.org/

    感想は是非Facebookでも!
    https://www.facebook.com/taktaktictac 2012/03/24(土) 16:16:26 首相フェローの仕事 (PM's Fellow) Trackback::0 Comment::0

    3/22(木)20:00~NHK総合「地球イチバン」でブータン特集 Japanese TV program on Bhutan

    (I'm writing about Japanese TV program in Bhutan. Sorry I haven't managed to write in English lately...)
    先日のウゲンさんのドキュメンタリー映画「思いを運ぶ手紙」のイベントにご参加下さった皆様、有難うございました!
    たくさんの方にお越しいただき、ウゲンさんからも喜びのメールが日本から届きました。

    皆さんからも素敵な感想を頂いたので一部を紹介すると、
    「あまりにも雄大な風景に息が止まりました。山の暮らしの中の幸せと、やはり苦労の部分と、どちらもフラットに見れた気がします。会場での質疑応答も、「開発と環境保護のギリギリのラインはどこ?」のようなものがあがり盛り上がりました。」

    「世銀の上映会に行きましたが、リンシに暮らす人々の生活がよくわかる映画でした。郵便配達員に焦点を当てた視点も面白いと思います。」

    「厳しい環境の中でも生涯仕事に誇りを持って働く主人公や、深い山々の美しさ、素晴らしかったです。」

    ウゲンさんの別の映画「学びへと続く道」の上映会もいつか企画できるといいですね。

    ところで僕の近況ですが、胃腸に来るウイルスにかかったようで、下痢と熱で寝込んでしまっていました。
    特に下痢が全然治らなかったのですが、「ブータンの下痢にはバナナが効く」と聞いて昨日の夜からバナナを食べ始めたところ、本当に治りました。
    やっぱり地元の知恵に従うのが一番なのでしょうか。たまたま治る時期と重なっただけかもしれませんが(笑)

    病み上がりとは言え本業以外にもやることはいっぱいあり。。。
    月刊「望星」という雑誌の5月号(4月15日発売)ブータン特集にエッセイを寄稿することになったので、昨日まではその原稿を書いていました。
    詳細が決まったらお知らせするので、是非楽しみにしていて下さい!

    明日はブータン在住日本人の夕食会で、今ブータン経済を揺るがしている「インドルピー問題」についてのプレゼンを依頼されました。
    これは、ブータンにおけるインドルピーの準備高が非常に少なくなってしまい、市中銀行からのルピーの引き落としに規制がかかったという問題です。
    ブータンの通貨ニュルタムとインドルピーは1対1で固定されており、これまでブータンの経済ではインドルピーで支払いをしても問題はなく、逆に銀行口座にニュルタムしかなくても、インドルピーで引き落とすことが可能でした。

    ブータンは生活物資の多くを輸入に依存しており、そのほとんどはインドから。
    インドルピーがこれまでのように自由に銀行から下ろせなくなったことは、輸入品の支払いに問題が生じることを意味します。長引けば全体として物資の供給が少なくなるためにインフレに繋がる可能性もありますし、経済成長が鈍化する可能性もあります。
    このルピー問題で中央銀行の中も緊急会合の嵐。
    この件は改めてブログ記事にしたいと思っています。

    おとといの夜は、以前ブログで紹介した「ブータンに魅せられて」の著者(http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-26.html)今枝由郎先生とお会いしてお食事してきました!
    「グッと地球便」に出演した中島民樹くんと3人の夕食会。
    今枝さんは日本人のほとんどいなかった80年代に10年間ブータンで働かれただけあって、ブータンに関して独自の見方をお持ちで、お話が本当に面白かったです!どんなお話が聞けたかは時間があればブログに書くかもです。

    さて本題ですが、日本時間の本日3月22日(木)20時から、NHK総合の番組「地球イチバン」でブータンが特集されます。
    俳優・時任三郎さんが幸せの本当の意味を探るためにブータンを訪問したそうです。
    詳しくはこちら↓
    http://www.nhk.or.jp/ichiban/
    また国民の97%が「私は幸せだ」と言ったという2005年の古いデータが参照されているのが気になりますが。。。

    いつも紹介しても僕は見れないのですが、是非Facebookで感想を教えてくださいね!
    https://www.facebook.com/taktaktictac

    ブータン人や海外の友人もこのブログ読んでくれてたのに、最近ブログに英語訳をする時間が全くなくて心苦しく思ってます。。。 2012/03/21(水) 23:13:30 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::0
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。