Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータン人から日本へのメッセージ Wishes to Japan from Bhutanese

    日本の皆さんからのブータン国王訪問についての感謝のメッセージを、前回の記事で掲載させていただきました。
    それをGNH委員会の同僚に流したところ、ある同僚の旦那さんレニーから、素敵なメッセージを頂きました。
    是非日本の皆さんに伝えてほしいとのことなので、詩的で美しい彼のメッセージを掲載させていただきます。
    In the previous entry, I introduced the messages from Japanese people to appreciate the visit of Their Majesties, the King and Queen of Bhutan.
    When I spread the messages to my colleagues at Gross National Happiness Commission (GNHC), a husband of my colleague kindly sent me a very touching message.
    He asked me to spread his message to Japanese people. so let me introduce his poetic and beautiful message here.
    P1070450.jpg



    レニーのメッセージ(Message from Lenny):
    I was so happy to read the wishes from the Japanese. We are so happy that our Majesties gave hope to the Japanese. Likewise our warm wishes are also with the Japanese. We wish nothing but the best for them.
    日本の皆様からのメッセージをとても嬉しく拝読しました。私たちの国王と王妃が日本に希望を与えたとのこと、本当に嬉しいです。私たちの祈りは日本人とともにあります。皆様の幸せを願ってやみません。

    This is what i wrote as my FB status after the Tsunami in Japan:
    以下のメッセージは、震災・津波の直後に書いたものです。
    To all the Buddhas and Boddhisatvas:
    May more alive persons be found in the rubbles,
    May the nuclear reactors cool down,
    May this not happen again in the future,
    May the sun of peace shine on the land of the rising sun,
    May my heart stop weeping as i write this.
    全ての仏様と菩薩様へ:
    瓦礫の中から、少しでも多くの生存者が見つかりますように。
    原子力発電所の原子炉の冷却が成功しますように。
    将来、このような悲劇が二度と起こりませんように。
    平和の太陽が、日の出づる国に降り注ぎますように。
    これを綴る私の心の涙が止まりますように。

    This is what I wrote as my FB status after our Majesties visit to Japan:
    以下のメッセージは、国王・王妃の訪日に際して書いたものです。
    How wonderful it is that our King and Queen visited Japan,
    How wonderful it is that the Japanese greeted our Majesties with all their hearts,
    How wonderful it is that our Majesties won the heart of all,
    How wonderful it is that we the citizens of both countries be part of such joyous occasion,
    How wonderful it is that we are the recipients of such joy,
    How wonderful it is that we are the beneficiaries of such love,
    How wonderful it is that our eyes are filled with tears of joy,
    How wonderful it is that our hearts are filled with love,
    How wonderful it is that the rising sun and thundering dragon are in perfect harmony,
    How wonderful it is that happiness is a place within Japan and Bhutan,
    How wonderful it would be if the Emperor and Empress could visit us.
    何て素晴らしいのでしょう。
    我々の国王と王妃が日本を訪問していること。
    日本の皆様が、心から二人を迎えて下さったこと。
    国王夫妻が、日本の皆様の心の琴線に触れたこと。
    両国の国民が、このような喜ばしい瞬間を分かち合っていること。
    我々が、そんな幸せを享受できること。
    我々が、そんな愛を享受できること。
    我々の目が喜びの涙で満たされていること。
    我々の心が愛で満たされていること。
    日の出づる国と雷龍の国が完全なる調和にあること。
    日本とブータンが、幸せのありかであるということ。
    天皇皇后両陛下がブータンを訪問する日を想像すること。
    何て素晴らしいのでしょう。

    This is what I wrote today:
    以下のメッセージは、日本の皆様からのメッセージを読んだ今日書いたものです。
    May peace prevail on earth,
    May there be peace in Japan,
    May there be no more earthquakes,
    May the sun of peace shine on the land of the rising sun,
    May the Japanese live in perfect harmony,
    May their hearts be filled with joy and hope,
    May their spirits fly high and never ever be dampened come what may,
    Thus I pray to all the Buddhas and Boddhisatvas.
    平和が地球に訪れますように。
    日本が平和でありますように。
    地震がこれ以上起こりませんように。
    平和の太陽が、日の出づる国に降り注ぎますように。
    日本の皆様が穏やかな「和」の中に暮らせますように。
    日本の皆様の心が喜びと希望で満たされますように。
    何が起きようとも、日本の皆様の心が常に空高くあり、決して傷つけられることがありませんように。
    そのために、仏様と菩薩様にお祈りいたします。

    Please spread this message of peace and friendship to all your Japanese friends, nice to meet you,
    この平和と友好のメッセージをどうか貴方の友人にお伝えください。お会いできて光栄です。



    震災の後に共に涙を流しながら祈りを捧げてくれたブータンの人達。
    国王と王妃の日本訪問に共に幸せを感じてくれたブータンの人達。
    この絆を一過性のものではなく、ずっと続くものにして行きたいと切に願います。
    Bhutanese people shared tears and prayed for Japanese after the earthquake and tsunami.
    Bhutanese people shared happiness when the King and the Queen visited and encouraged Japanese people.
    We, Japanese, should treasure this precious relationship forever. I sincerely hope so.
    P1080487.jpg
    スポンサーサイト
    2011/11/28(月) 17:40:34 国王の訪日とご成婚 King's Japan visit & Royal wedding Trackback::0 Comment::4

    ブータン国王の龍の話など:ブータン国王・王妃の初来日(2) The King and the Queen of Bhutan's visit to Japan (2)

    (更新:龍の話の英語とその日本語訳を更新しました。)
    ブータン国王夫妻の日本訪問は、日本中に大きな反響を巻き起こしましたね。
    このブログへも多くの方にご訪問いただき、感謝しています。前回は国王の国会演説を中心に前半の日程を綴ったので、今回は被災地と京都を訪問された後半の日程を紹介したいと思います。
    His Majesty the King and Her Majesty the Queen of Bhutan's visit created a huge positive impact all over Japan.
    The number of visitors to this blog increased dramatically. Thank you so much for visiting it.
    I wrote about the first half of their trip in the previous entry, so I write about the second half in this entry.

    2011年11月18日(18 November 2011):
    (以下NHK記事http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111118/k10014049971000.html
    国賓として来日しているブータンのワンチュク国王夫妻が東京を離れるのを前に、18日、東京・元赤坂の迎賓館で皇太子さまから別れのあいさつを受けました。
    迎賓館には、天皇陛下が入院中のため天皇皇后両陛下の名代を務める皇太子さまが午前10時に到着され、ワンチュク国王夫妻が玄関ホールで出迎えました。このあと皇太子さまと国王夫妻は、「朝日の間」で懇談されました。宮内庁によりますと、懇談は和やかな雰囲気で行われ、ワンチュク国王は「今回の訪問ではいろいろなお心遣いを頂き、感謝しています」とお礼のことばを述べたということです。これに対し、皇太子さまは「今回の訪問は広く報道され、ブータンが日本人にとってより近く感じられるようになったのが非常によかったと思います」と述べられたということです。
    The Crown Prince Naruhito on behalf of the Emperor of Japan, sent a farewell message to the king and the queen, who are leaving Tokyo to visit the affected area by the earthquake and tsunami.
    The Crown Prince said to the King and the Queen, "It is wonderful that Bhutan became much closer to Japanese people as the media widely broadcast your visit."
    japan26.jpg
    皇太子さまの仰る通り、本当にブータンが身近になりましたね。
    As the Crown Prince put, Bhutan as a country became very close to Japanese people's emotions.

    皇后さまも迎賓館を訪れ、国王夫妻と懇談されました。Emperess Michiko of Japan also visited the King and the Queen.
    深いお辞儀が敬意を示していますね。The deep bow shows the respect from the King to the Empress Michiko.
    japan28.jpg

    japan27.jpg
    (以上3枚の写真:msn産経ニュース)

    今回の訪問に同行されていたメディア担当のドルジ・ワンチュクさんは、ツイッターでリアルタイムで写真などをアップしてくださいました。
    彼のブログにいくつか素敵な写真・コメントが掲載されていたので今回の記事の中でいくつか転載します。(彼のツイッター、ブログへのリンクは最後に載せています。)
    Mr.Dorji Wangchuk, Director of the Royal Office for Media, accompanied the king'g visit and kindly gave tweets realtime at Twitter with nice photos. I'd like to introduce some nice photos and comments from his blog (Links to his twitter and blog are at the end).

    ドルジ・ワンチュク「一つの国を感動させた写真。皇居の前で、ブータンと日本の友好関係への敬意を示すために両国の国旗に深くお辞儀をする国王陛下。この光景はブータン人に誇りを与え、日本人に感動を与えた。」
    Dorji Wangchuk: "The photo that moved a nation. At the Guard of Honour in the Imperial Palace, His Majesty pays homage to Bhutan - Japan friendship by bowing down to the two flags. This scene made every Bhutanese proud and every Japanese totally moved."
    japan23.jpg
    (photo courtesy - Reuters)

    東京から被災地を訪問するために新幹線で福島に移動した国王夫妻は、駅で福島の人々の歓迎を受けました。
    The people of Fukushima greet His Majesty the King and Her Majesty the Queen at the train station. Their Majesties travelled to Fukushima by the Shinkansen (Bullet Train) from Tokyo. Their Majesties visited sites affected by the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami.
    japan151.jpg

    国王夫妻をお迎えするために、福島では多くの人が列をなしました。
    Thousands of people lined up along the streets in Fukushima to welcome Their Majesties.
    japan15.jpg

    子ども達の表情がいいですね。I like the facial expression of the children.
    japan16.jpg

    ドルジ・ワンチュク「福島の人々が示してくれた愛、心遣い、期待以上の歓迎に対して、国王陛下と王妃は感謝の意を表しました。」
    Dorji Wangchuk: HM King and Queen thanking the people of Fukushima for love and affection and the unexpected warm reception.
    japan24.jpg
    (photo courtesy - Hiroko Kobori)

    続いて夫妻は被災地の小学校を訪問しました。
    Next, the couple visited the primary school in the affected area.
    (以下NHK記事http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111118/k10014058591000.html
    東日本大震災で大きな被害を受けた福島県相馬市を訪れ、被災した子どもたちを激励したほか、ブータン国民を代表して犠牲者を追悼しました。
    ブータンのワンチュク国王は、結婚したばかりのジツェン王妃を伴って、東日本大震災で被災した福島県相馬市の桜丘小学校を訪問しました。ここに通う児童の中には、仮設住宅での生活を続けている子どもたちもいて、児童の代表は「私たちの中には不自由な暮らしをしている人がたくさんいます。しかし、きょうお目にかかれて励みになりました」とあいさつしました。これに対してワンチュク国王は、ブータンの国旗に描かれ国のシンボルともなっている「龍」の物語を引用しました。
    Among the students, some are still forced to live in a temporary housing. The student representative said, "Although some of us are still having an inconvenient life, your visit encouraged us to live forward."
    His Majesty the King answered to the students by introducing a story of Dragon, the symbol of Bhutan.



    Our National Flag has a dragon painted on it, and a dragon is the symbol of our country. Have you ever seen a dragon?
    ブータンの国旗には、国の象徴である龍が描かれていますが、皆さんは龍を見たことがありますか?

    Well, the Queen, and myself, we have both actually seen a dragon.
    わたしも王妃も、わたしたちは龍を実際に見たことがあります。

    A dragon is nothing but our personality. A dragon exists and lives in the heart of each one of us. A dragon thrives bigger and stronger as one grows older and accumulates experiences, and one must always be in control of one’s own dragon. I tell the children of my country to feed their own dragon. I hope you will feed your own dragon, too.
    龍というのは、人格のことです。
    ですから龍は、わたしたちの一人ひとり、誰の中にでも住んでいます。
    龍は、わたしたちが歳を重ねるにつれて、わたしたち一人ひとりの経験を糧にして、大きく強くなります。
    大切なことは、その龍をたえずコントロールすることです。
    わたしは、ブータンの子どもたちに、自分の龍を養い育てなさい、と言っていますが、皆さんも自分の龍を養い育てて下さい。


    (English Source: Bhutan Observer Issue 11 Vol VII March 23 2012 "The personality called Dragon" contributed by Yoshiro Imaeda
    日本語出典:岩波書店「図書」2012年4月号 今枝由郎「龍という人格」 この龍の話の背景、特に仏教的意味合いをお知りになりたい方は、是非今枝さんの記事をお読み下さい。とても興味深いです。http://www.iwanami.co.jp/tosho/758/tosho.html

    「人はどんな経験も糧にして、日増しに強くなることができる」というメッセージを子どもの心に響く言葉で伝えた国王。震災で心の疲弊した子ども達にとって、どれだけ励ましになったことでしょう。
    The king conveyed the message, "Any experience can make you stronger day by day," in a way to touch children's heart. How encouraging it must have been to the children who's heart was devastated by tsunami and the earthquake.

    国王は「今日の絆を大切にして、またこの学校に戻ってきたい。そのときは日本語を勉強してもっとたくさんの話をしたい」と話していたそうです。
    王妃も、「次回日本を訪問する際には必ずここに戻ってきたい」と仰っていました。
    The King said, "I want to come back to this school, building up on this relationship. I want to talk more stories by having learned Japanese by then."
    The Queen followed, "I definitely come back to this school when I visit Japan next time."
    japan17.jpg

    (追記:2012年4月10日のドルジ・ワンチュクさんのツイートによると、出会う日本人の一人一人から「龍の話に感動した」という声を聞くそうです。国王陛下が紹介した短い物語がこれほどのインパクトを与えたことに、ブータン人関係者も驚いています。)

    このあと国王夫妻は、天皇皇后両陛下も5月に訪れ黙礼された原釜・尾浜地区を訪れ、立谷秀清市長から被害状況の説明を受けました。この辺りは、震災から8か月が過ぎた今も津波の深い傷跡が残っています。
    国王夫妻は約30人のブータン政府関係者と共に犠牲者を追悼しました。祈祷は、被災地で祈りを捧げるために今回の訪問に同行した、ブータン仏教界で2番目に地位の高い高僧ドルジ・ロペンさんによって取り行われました。
    His Majesty offers prayers for the victims at ground zero of the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami in Soma City, Fukushima. He joins in for the prayer ceremony led by venerable Dorji Lopen - Bhutan's second highest monk.
    japan14.jpg
    ドルジ・ワンチュク「日本の人々のためにお祈りいたします。やっと被災地での祈祷が叶い、本望です。」
    Dorji Wangchuk: I am here to pray for the people of Japan. I am happy I've finally managed to do this.

    国王夫妻は津波被害で復旧途中の相馬港も訪問されました。
    ドルジ・ワンチュク「この場所に、活気ある魚市場があったと聞きました。現在の様子を見たときには泣きたくなりました。」
    Dorji Wangchuk: Was told there was a thriving fish market here. Wanted to cry when I saw this. Soma City Fukushima.
    japan13.jpg

    小学生との触れ合いが良く伝わるニュースの動画です。Video of the visit to the affected area (Only in Japanese).

    1日の訪問を終えたワンチュク国王は報道陣に対し、「ここに来ることができてとてもよかったです。私たちはこれからも祈り続けます」と話し、被災地を後にしました。
    The King left Fukushima, saying "It was wonderful to be able to visit here. We will continue praying."

    2011年11月19日(19 November 2011):
    (以下NHK記事http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111119/k10014075771000.html
    ブータンのワンチュク国王とジツン王妃は19日朝、金閣寺を訪れました。19日の京都は、時折、雨が強く降るあいにくの天気となりましたが、国王夫妻は紫と赤の和傘を差して、金色に輝く舎利殿を見たり、中に収められた如来像を参拝したりしました。報道陣のカメラ撮影のために並んで立ち止まったときには、国王は、案内した住職が雨にぬれないよう肩を抱き寄せて傘を差し出し、優しい気遣いを見せていました。ワンチュク国王は「ブータンにも庭園はあるが、金閣寺は建物と庭園がマッチしていてとても美しい」と感想を話し、住職も「ぜひ、もう一度、ゆっくりといらしてください」と応じたということです。有馬ライ底住職は「ぬれないように肩をギュッと抱いて傘を差し出されたときは、びっくりしました。国王夫妻はとても優しくて、日本が大好きなことがよくわかりました」と話していました。
    The King and the Queen visited Kinkakuji, the Golden Temple, in Kyoto, the ancient capital of Japan.
    Under the rain, the King kindly shared an umbrella with a monk who guided him, holding his shoulder. The monk said, "I was surprised when the King held my shoulder and shared the umbrella. But I truly felt his kindness and interests in Japanese culture."
    japan22.jpg
    金閣寺をバックに、住職に傘を差し出すお二人のこの写真素敵ですね。
    This photo is beautiful, showing the King and the Queen's kindness.

    続いて国王夫妻は歓迎行事に和服姿で出席し、関係者を喜ばせました。
    Then Their Majesties gave a nice surprise by showing up in Kimono, the traditional Japanese attire, for a banquet hosted by the city of Kyoto.
    (以下NHK記事http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111120/k10014079082000.html
    ワンチュク国王とジツェン王妃は、午後6時すぎから京都迎賓館で京都府や経済団体が開いた歓迎行事に出席しました。予定の時間を少し過ぎて茶の湯のもてなしの場に姿を見せた国王は、黒の紋付きにはかま姿、王妃は鮮やかな桃色に花をあしらった振り袖姿で登場しました。国王夫妻の和服姿は関係者に知らされていない、いわゆる「サプライズ」だったということで、待ち受けていた人たちから驚きと歓迎の声が上がっていました。歓迎行事では京都府の山田啓二知事が「日本の文化や国民のことを考えて下さる国王に感謝いたします」と述べワンチュク国王は、「京都で忘れられない1日を過ごすことができました。今後も両国の関係が進展していくことを期待しています」と答えていました。
    The King "I spent an unforgettable day in Kyoto. I hope the two countries' relationship will further evolve."
    japan18.jpg

    お茶会では、お互いのためにお茶をたてられた両陛下。王妃様が「おいしいです」と仰ると、「私の愛がこもっているからでしょう、妻がおいしいと言ってくれました」と仰っていたそうです。
    Her Majesty offers His Majesty a bowl of tea during a traditional Japanese tea ceremony in Kyoto.
    When the Queen said, "It's tasty," the King answered, "It's because I put my love in it."
    How sweet!
    japan19.jpg

    続いて京都伝統工芸館(京都市中京区)を訪れた国王は、震災の犠牲者を悼み仏像へのノミ入れを行いました。
    (以下読売オンライン記事http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111119-OYT1T00679.htm?from=tw
     同館には、東日本大震災の津波で倒れた岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」の松で制作中の大日如来坐像(ざぞう)が持ち込まれ、国王夫妻は、まだ粗削りの坐像の右ひざに順番にノミを入れて合掌、震災の犠牲者を悼んだ。坐像は被災地を巡回して約2200人がノミを入れてきた。
    国王は「被災者の皆さんと一緒に作業をすることができ、ありがたい」と話したという。
    Their Majesties are invited to make a honorary chisel imprint on a wooden buddhist statue in Kyoto.
    Already 2,200 people in the affected area made an imprint on the statue before the King.
    japan20.jpg

    仏像を熱心に観察される国王陛下。
    His Majesty inspects a Buddhist wood-crafted statue at a Japanese traditional school of art in Kyoto.
    japan21.jpg

    2011年11月20日(20 November 2011):
    出発日のこの日の朝は、京都市上京区の京都御苑敷地内にある仙洞御所を訪問。約30分かけて紅葉で色づき始めた庭園をゆっくりと歩いて回られました。
    池の前では2人が寄り添って記念写真を撮る場面もあったそうです。
    On the last day, the King and the Queen visited Gosho, the ancient Palace in Kyoto.
    They enjoyed a beautiful garden with colored trees.

    僕は大阪出身ですが大学の4年間を京都で過ごしたので、国王夫妻に秋の京都を楽しんでいただけたのは感激です。
    I'm originally from Osaka, but spent 4 years of my undergraduate education in Kyoto. I'm happy the King and the Queen enjoyed Kyoto's beautiful autumn.

    この日の国王は、それまでとは打って変わって灰色のスーツ姿。
    日本の大使館やメディア関係者ら見送りの人々と丁寧に別れのあいさつや握手を交わし、にこやかに旅立たれました。
    The King wore a pair of suits, very different from Gho he had been wearing during the trip.
    The King and the Queen departed with smiles, saying farewell to Japanese people.
    japan25.jpg
    (写真:msn産経ニュース)

    最終日のニュース動画です。Short video from the last day.


    同行のドルジ・ワンチュクさん「今回の日本への旅行は、公式訪問以上の意味を持つものでした。これは、『旅』だったのです。人生の、希望の、そして友情の『旅』。
    我々の母国語であるゾンカ語には、『さようなら』という言葉はありません。『また逢いましょう』という言葉を、この素晴らしい場所と素晴らしい人々に送ります。」
    Dorji Wangchuk: The trip to Japan was more than a state visit. It was a journey. A journey of life, hope and friendship. There is no goodbye word in Dzongkha, our national language. Only "see you again" and this really goes for this wonderful land and wonderful people.
    彼のツイッター His Twitterhttp://twitter.com/#!/Dorji_Wangchuk
    彼のブログ His bloghttp://dorjiwangchuk.blogspot.com/

    国王のみならず、同行されていたブータン人関係者にも思い出深い訪問となったようで、本当に嬉しい限りです。
    I am very happy to hear that the visit was memorable not only to Their Majesties but also to the Bhutanese people who accompanied them.

    今回、ツイッターやブログのコメントで、日本の皆さんからブータンへの感謝の言葉を多くいただきました。
    ブータン人の友人もこのブログを見てくれているので、英語訳を載せて感謝の意を伝えたいと思います。
    I received a lot of comments in Twitter and Blog from Japanese people moved by the King and the Queen's visit.
    I'd like to translate their messages here to my Bhutanese friends who read this blog.



    「どうかブータンの方々に国王が来日くださって、希望がもてましたと感謝の意をお伝えください。」
    "Please tell the Bhutanese people that we received hope from His Majesty's visit. We truly appreciate it."

    「ブータンの皆さんが、今のすばらしさを失うことなく発展されるのを祈っています。」
    "I wish all the best to Bhutan. Hope the country will develop without losing its wonderful characters."

    「素晴らしい演説で、涙がでました。希望をいただいたような気がします。」
    "The touching speech of His Majesty the King made me cry. I feel I got hope for the future."

    「ブータン王国国王ジグミ・ケサル陛下の演説は、私に限らず”日本人としての琴線”に触れる大変感動的な演説でした。東日本大震災への支援に対し大変親日的なブータンの方々への感謝の気持ちを伝えて頂けると幸いです。」
    "The speech of His Majesty the King was a very touching one that moved not only me but also other Japanese. Please communicate our appreciation to Bhutanese people for their generosity and kindness to support Japan's Disaster Relief."

    「ブータン国王陛下の国会での演説を毎日のように動画サイトで拝見拝聴しています。演説内容に感動するだけでなく、国王陛下の気高い気やオーラに触れることにより、魂が浄化されるような気が・・・国王陛下・王妃陛下に感謝していることをお伝え下さい。再来日が待ち遠しい」
    "I watch the speech of His Majesty the King almost everyday. Not only the contents of the speech but also the aura of the King move me and purify my spirit. Please tell that I appreciate very much the King and the Queen. I cannot wait for their next visit."


    東日本大震災や長引く不況と政治の混迷で自信を失っていた日本に、自分を信じること、誇りを持つことを思い出させてくれた国王夫妻の訪問。
    これを機会に、両国の友好関係が益々発展し、お互いを高めあえる関係になることを願ってやみません。
    Japan was losing its confidence because of the Disaster, economic depression and unstable politics. But the visit of the King and the Queen of Bhutan reminded us to believe ourselves and be proud of ourselves.
    I hope this visit will be the opportunity to further strengthen the two countries' friendship and we develop the relationship to raise each other up.

    これを機会に、ブータンに行ってみたいと思われた方も多いと思います。基本的にブータンへは旅行代理店を通じて訪問する必要があります。
    ブータンを扱う旅行代理店のリストは、ブータン政府観光局のページをご参照ください。
    http://www.travel-to-bhutan.jp/ (Japanese)
    If you got interested in visiting Bhutan, contact your local travel agency to arrange your trip.
    Or search Bhutan's travel agency at Tourism Council of Bhutan: http://www.tourism.gov.bt/ (English)

    このブログは週1回くらいのペースで更新し、ブータンの良さや近代化におけるGNHの課題などをマイペースに伝えていければと思っているので、どうぞ温かく見守ってください。
    I will try to update this blog on a weekly basis to write about Bhutan's charms and GNH's challenges in modernization. Thank you for reading!

    *写真は、特に記載のない場合は国王陛下および王妃の公式フェイスブックから転載しました。Photos are from the officlal facebook pages of Thier Majesties unless quoted specifically.
    フェイスブックを使われている方は、是非チェックしてみてください。
    国王陛下のページ King's Official Facebook:http://www.facebook.com/KingJigmeKhesar?ref=ts
    王妃のページ Queen's Official Facebook:http://www.facebook.com/QueenJetsun?ref=ts 2011/11/20(日) 11:30:23 国王の訪日とご成婚 King's Japan visit & Royal wedding Trackback::0 Comment::2

    ブータン国王の国会演説全文:ブータン国王・王妃の初来日(1) The King and the Queen of Bhutan's visit to Japan (1)

    若いブータン国王(31歳)と王妃(21歳)の初来日に、ブータンへの注目度が高まっているようですね。
    日本での報道をじかに見れないのは残念ですが、この記念すべき年にブータンで仕事ができることを幸運に思っています。
    In Japan, more and more attentions are gathered on Bhutan as the king and the queen are visiting the country for the first time.
    From Bhutan I cannot know how Japanese TV is talking about their visit, but I feel fortunate to be working in Bhutan during this special time for the two country's relationship.

    報道を見逃した方々や海外で読んでくださっている方に向けて、日本でのお二人の写真や記事、そして先日の国王による国会での感動的な演説の動画と全文を転載させていただきます。ゾンカ語でのお祈りの部分の訳や、原文の英語も載せています。
    I'd like to put photos of their visit and the script of the king's touching speech at the Japanese parliament.

    お二人は11月15日に日本に到着されました。毎日過密スケジュールの中、数々の行事をこなされています。
    They arrived at Japan on 15th of November and have been engaging in many activities since.

    2011年11月16日(16 November 2011):

    東京赤坂で野田首相と対談。
    His Majesty the King and Her Majesty the Queen granted an audience to the Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda, at the Akasaka Palace in Tokyo, Japan.
    japan2.jpg

    体調の優れない天皇陛下に代わり、皇太子殿下が皇居でブータン国王陛下、王妃を歓待。
    天皇陛下がお会いできなかったのは非常に残念です。
    His Majesty the King and Her Majesty the Queen were welcomed to the Tokyo Imperial Palace by the Crown Prince Naruhito on behalf of the Emperor of Japan, who could not attend because of the health issue.
    It is such a pity that the Emperor could not meet the king.
    japan3.jpg

    皇后陛下美智子様とのご対面。
    His Majesty the King and Her Majesty the Queen with Emperess Michiko of Japan.
    japan4.jpg

    この写真、気品の中に躍動感があって凄く好きです。
    I like this photo with dynamic aura in elegance.
    japan1.jpg

    夜は、皇居で開かれた宮中晩餐会にご出席。ちなみに晩餐会を欠席した大臣の残念なニュースがブータンの同僚の間でも話題になっていたので、国民は国王夫妻のことを熱く歓迎している、ということを伝えておきました。
    (以下NHK記事http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111116/k10014009881000.html
    国賓を迎えての晩餐会は、通常天皇皇后両陛下の主催で開かれますが、天皇陛下の入院で両陛下が出席を取りやめられ、名代の皇太子さまがワンチュク国王夫妻を出迎えられました。秋篠宮ご夫妻や、成年後初めての公務となる長女の眞子さまも出席されたほか、野田総理大臣など両国の関係者合わせておよそ150人が出席しました。初めに皇太子さまが「御成婚間もない国王王妃両陛下をお迎えできますことを、誠に喜ばしく思います。両国間の交流がますます活発になり、友好関係が一層進展していくことを望んでやみません」と天皇陛下のおことばを読み上げられました。天皇陛下はおことばの中で、東日本大震災のあと、ブータンから寄せられたお見舞いや、支援への感謝の気持ちも伝えられました。これに対し、ワンチュク国王は、日本への深い愛着から被災地への支援が多く集まったとしたうえで、「ブータン国民が日本と日本国民に対して抱く連帯と友好の精神に対する贈り物として、私に対するおもてなしを頂戴します」と挨拶しました。

    Their Majesties attended a State Banquet at the Tokyo Imperial Palace, held in honor of His Majesty.
    The Crown Prince Naruhito read the word by the Emperor who could not attend.
    The news about the Ministry who was absent at the State Banquet in order to attend his own ruling party's gathering was talked by my Bhutanese colleagues, too... I told them that Japanese general public was enthusiastically welcoming the king and the queen.
    japan5.jpg

    2011年11月17日(17 November 2011):

    まず17日朝は慶応大学を訪問し、GNH(国民総幸福量)の概念を世界に広めたことなどを評価され経済学の名誉博士号を授与されました。
    (以下NHK記事http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111117/k10014022091000.html
    集まったおよそ50人の学生を前に講演をした国王は「携帯電話に例えられるように世界は科学の進歩によって発展した。しかし、不公平な経済成長や環境破壊という課題が突きつけられている」と指摘したうえで、ブータンがGNH(国民総幸福)という、経済成長だけではなく伝統や文化を守り、国民の幸せを重視する国造りを進めていることに触れ、「私たちの世代は真の発展とは何なのかを考え直すことが求められており、そうすることで本当に持続可能な成長が実現できる」と述べ、学生たちに勉学や研究などに励むよう声をかけました。最後に国王夫妻は学生たちと握手やことばを交わし、学生の1人は「王様の手はとても温かくて力強かったです。日本と遠い国ですが、幸せとは何なのかを考えさせられました」などと話していました。

    His Majesty the King delivers the acceptance speech at the Keio University, where His Majesty was offered an honorary Doctorate in Economics by this premier Japanese University.
    He had a speech in front of 50 students, encouraging to study hard to rethink what development should be in this period of unfair economic growth and environment destruction.
    One of the students who shook hands with the king said, "The king's hand was very warm and strong. Bhutan is far away from Japan, but his talk made me think about what happiness truly is."
    japan6.jpg

    続いて、国王は衆議院本会議場で演説をされました。
    僕が好きなのは、「私は偉大なる叡智、経験および功績を持つ皆様の前に、ひとりの若者として立っております。皆様のお役に立てるようなことを私の口から多くを申しあげられるとは思いません。それどころか、この歴史的瞬間から多くを得ようとしているのは私のほうです。このことに対し、感謝いたします。」の部分。何て謙虚な君主なのでしょうか。
    (以下NHK記事http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111117/k10014027561000.html
    国王は演説の中で、「静かな尊厳と謙虚さを兼ね備えた日本国民から、世界は大きな恩恵を受けるだろう」と述べ、日本が国際社会で指導的な役割を果たすことに期待を示しました。
    東日本大震災については「日本国民は、最悪の状況下でさえも静かな尊厳、自信、規律、心の強さをもって対処した。このような不幸からより強く大きく立ち上がることができる国が1つあるとすれば、それは日本と日本国民だと確信している」と述べました。そのうえで「偉大な決断と業績をなしつつも静かな尊厳と謙虚さを兼ね備えた日本国民から、世界は非常に大きな恩恵を受けるだろう。ブータンは、国連安全保障理事会の議席拡大の必要性だけでなく、日本がその中で指導的な役割を果たさなければならないと確信している」と述べました。演説の最後にワンチュク国王は、母国語で日本の安寧を願う祈りのことばを述べました。

    His Majesty the King addresses the National Diet of Japan, the premier legislative institution which comprises of the House of Representatives, and the House of Councillors.
    I like how he started the speech: "I stand here before you – a young man in the presence of great wisdom, experience and achievement - in an institution of such eminence and consequence in world history. There is little that I can say to be of much use to you. On the contrary, it is I who shall take away so much from this historic moment. For this I am grateful."
    What a humble king he is!!
    Please see the full script of the speech at the end of this blog entry. It's worth reading!
    japan7.jpg

    国会議員はスタンディングオベーションで国王の演説に盛大な拍手を送っていました。涙を流した議員もいたと聞いています。
    Japanese parliamentarians break into a standing ovation as His Majesty ends His Address.
    I heard some of them shed tears by the speech.
    japan8.jpg

    その後、親日家で知られ日本の伝統や文化に強い関心がある国王は、明治神宮を訪れました。国王夫妻は、大勢の観光客に笑顔で手を振って応え、参拝を行いました。
    Hundreds of people, including media personnel gathered to catch a glimpse of Their Majesties at the Meijijingu Shrine in Tokyo.
    japan9.jpg

    続いて、文京区の柔道の道場「講道館」を訪問し、講道館の上村春樹館長から初段の認定証と柔道着や黒帯を贈呈されました。国王は2年間の柔道経験があり、年内にブータンに柔道連盟を創設する意向を明らかにされています。
    (以下NHK記事http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111117/k10014032261000.html
    国王はシドニーオリンピック金メダリストの井上康生さんなどによる稽古を見学し、豪快な投げ技に見入っていました。また、およそ100人の子どもたちも稽古を披露し、ジツェン王妃は、子どもたちの一生懸命な姿を、ほほえみながら見学していました。国王夫妻は、子どもたちとの記念撮影にも応じ、ワンチュク国王は「私は柔道に憧れを持っています。しかし、この子たちのようにうまくできませんね」と言って、場を和ませていました。井上康生さんは「国王陛下の前でとても緊張しました。ことばをかけていただき、今後の励みになります」と話していました。また、小学5年生の男子児童は「王女さんはとてもきれいで、王様も格好よかったです。次は一緒に柔道がしたいです」と話していました。

    Their Majesties visited a local Judo school in downtown Tokyo. His Majesty is a keen Judoka (Judo player).
    He received a black belt and certificate. He watched practice of an Olympic gold medalist and 100 children. He was making children laugh by saying "I love Judo, but I cannot play as good as you do."
    japan10.jpg

    夜には、500人以上の日本人が参加した歓迎レセプションにご参加されました。
    More than 500 Japanese people attended the reception ceremony in Tokyo organized by well-wishers of Bhutan to honor the Royal visit.
    japan11.jpg

    福島県の被災地を訪問された18日以降の写真は、また後日アップします。
    I will update the photos from their visit to Fukushima, the affected area by the earthquake, on 18th.

    国王陛下の演説の動画はこちら。日本の友人の数人から、演説を聞いて涙したと聞きました。
    言葉の端々ににじむ国王の謙虚な姿勢と、日本への真摯な敬意と祈りが、日本人の琴線に触れたのだと思います。
    自らの言葉で思いを語れるリーダー、日本に欠けて久しいものです。それがこの演説が日本でこれほどの印象を与えた一つの理由でしょう。
    This is the video of the king's speech at the Diet.
    A few Japanese friends of mine told me that they shed tears from the speech. I think the king's humble attitude and sincere respect and prayers to Japan touched Japanese people's emotions.
    The leader who can speak his thoughts and visions with his own word. That's what Japan has been missing for long unfortunately. The king impressed Japanese public by his leadership.


    以下、演説の最後にゾンカ語でのお祈りの訳も載せています。
    演説全文:
    (English follows)

    天皇皇后両陛下、日本国民と皆さまに深い敬意を表しますとともにこのたび日本国国会で演説する機会を賜りましたことを謹んでお受けします。衆議院議長閣下、参議院議長閣下、内閣総理大臣閣下、国会議員の皆様、ご列席の皆様。世界史においてかくも傑出し、重要性を持つ機関である日本国国会のなかで、私は偉大なる叡智、経験および功績を持つ皆様の前に、ひとりの若者として立っております。皆様のお役に立てるようなことを私の口から多くを申しあげられるとは思いません。それどころか、この歴史的瞬間から多くを得ようとしているのは私のほうです。このことに対し、感謝いたします。

     妻ヅェチェンと私は、結婚のわずか1ヶ月後に日本にお招きいただき、ご厚情を賜りましたことに心から感謝申しあげます。ありがとうございます。これは両国間の長年の友情を支える皆さまの、寛大な精神の表れであり、特別のおもてなしであると認識しております。

     ご列席の皆様、演説を進める前に先代の国王ジグミ・シンゲ・ワンチュク陛下およびブータン政府およびブータン国民からの皆様への祈りと祝福の言葉をお伝えしなければなりません。ブータン国民は常に日本に強い愛着の心を持ち、何十年ものあいだ偉大な日本の成功を心情的に分かちあってまいりました。3月の壊滅的な地震と津波のあと、ブータンの至るところで大勢のブータン人が寺院や僧院を訪れ、日本国民になぐさめと支えを与えようと、供養のための灯明を捧げつつ、ささやかながらも心のこもった勤めを行うのを目にし、私は深く心を動かされました。

     私自身は押し寄せる津波のニュースをなすすべもなく見つめていたことをおぼえております。そのときからずっと、私は愛する人々を失くした家族の痛みと苦しみ、生活基盤を失った人々、人生が完全に変わってしまった若者たち、そして大災害から復興しなければならない日本国民に対する私の深い同情を、直接お伝えできる日を待ち望んでまいりました。いかなる国の国民も決してこのような苦難を経験すべきではありません。しかし仮にこのような不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日本国民であります。私はそう確信しています。

     皆様が生活を再建し復興に向け歩まれるなかで、我々ブータン人は皆様とともにあります。我々の物質的支援はつましいものですが、我々の友情、連帯、思いやりは心からの真実味のあるものです。ご列席の皆様、我々ブータンに暮らす者は常に日本国民を親愛なる兄弟・姉妹であると考えてまいりました。両国民を結びつけるものは家族、誠実さ。そして名誉を守り個人の希望よりも地域社会や国家の望みを優先し、また自己よりも公益を高く位置づける強い気持ちなどであります。2011年は両国の国交樹立25周年にあたる特別な年であります。しかしブータン国民は常に、公式な関係を超えた特別な愛着を日本に対し抱いてまいりました。私は若き父とその世代の者が何十年も前から、日本がアジアを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。すなわち日本は当時開発途上地域であったアジアに自信と進むべき道の自覚をもたらし、以降日本のあとについて世界経済の最先端に躍り出た数々の国々に希望を与えてきました。日本は過去にも、そして現代もリーダーであり続けます。

     このグローバル化した世界において、日本は技術と確信の力、勤勉さと責任、強固な伝統的価値における模範であり、これまで以上にリーダーにふさわしいのです。世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識してまいりました。これは神話ではなく現実であると謹んで申しあげたいと思います。それは近年の不幸な経済不況や、3月の自然災害への皆様の対応にも示されています。

     皆様、日本および日本国民は素晴らしい資質を示されました。他の国であれば国家を打ち砕き、無秩序、大混乱、そして悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民の皆様は最悪の状況下でさえ静かな尊厳、自信、規律、心の強さを持って対処されました。文化、伝統および価値にしっかりと根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは、我々の現代の世界で見出すことはほぼ不可能です。すべての国がそうありたいと切望しますが、これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく、何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。それは数年数十年で失われることはありません。そうした力を備えた日本には、非常に素晴らしい未来が待っていることでしょう。この力を通じて日本はあらゆる逆境から繰り返し立ち直り、世界で最も成功した国のひとつとして地位を築いてきました。さらに注目に値すべきは、日本がためらうことなく世界中の人々と自国の成功を常に分かち合ってきたということです。

     ご列席の皆様。私はすべてのブータン人に代わり、心からいまお話をしています。私は専門家でも学者でもなく日本に深い親愛の情を抱くごく普通の人間に過ぎません。その私が申しあげたいのは、世界は日本から大きな恩恵を受けるであろうということです。卓越性や技術革新がなんたるかを体現する日本。偉大な決断と業績を成し遂げつつも、静かな尊厳と謙虚さとを兼ね備えた日本国民。他の国々の模範となるこの国から、世界は大きな恩恵を受けるでしょう。日本がアジアと世界を導き、また世界情勢における日本の存在が、日本国民の偉大な業績と歴史を反映するにつけ、ブータンは皆様を応援し支持してまいります。ブータンは国連安全保障理事会の議席拡大の必要性だけでなく、日本がそのなかで主導的な役割を果たさなければならないと確認しております。日本はブータンの全面的な約束と支持を得ております。

     ご列席の皆様、ブータンは人口約70万人の小さなヒマラヤの国です。国の魅力的な外形的特徴と、豊かで人の心をとらえて離さない歴史が、ブータン人の人格や性質を形作っています。ブータンは美しい国であり、面積が小さいながらも国土全体に拡がるさまざまな異なる地形に数々の寺院、僧院、城砦が点在し何世代ものブータン人の精神性を反映しています。手付かずの自然が残されており、我々の文化と伝統は今も強靭に活気を保っています。ブータン人は何世紀も続けてきたように人々のあいだに深い調和の精神を持ち、質素で謙虚な生活を続けています。

     今日のめまぐるしく変化する世界において、国民が何よりも調和を重んじる社会、若者が優れた才能、勇気や品位を持ち先祖の価値観によって導かれる社会。そうした思いやりのある社会で生きている我々のあり方を、私は最も誇りに思います。我が国は有能な若きブータン人の手のなかに委ねられています。我々は歴史ある価値観を持つ若々しい現代的な国民です。小さな美しい国ではありますが、強い国でもあります。それゆえブータンの成長と開発における日本の役割は大変特別なものです。我々が独自の願望を満たすべく努力するなかで、日本からは貴重な援助や支援だけでなく力強い励ましをいただいてきました。ブータン国民の寛大さ、両国民のあいだを結ぶより次元の高い大きな自然の絆。言葉には言い表せない非常に深い精神的な絆によってブータンは常に日本の友人であり続けます。日本はかねてよりブータンの最も重大な開発パートナーのひとつです。それゆえに日本政府、およびブータンで暮らし、我々とともに働いてきてくれた日本人の方々の、ブータン国民のゆるぎない支援と善意に対し、感謝の意を伝えることができて大変嬉しく思います。私はここに、両国民のあいだの絆をより強め深めるために不断の努力を行うことを誓います。

     改めてここで、ブータン国民からの祈りと祝福をお伝えします。ご列席の皆様。簡単ではありますが、(英語ではなく)ゾンカ語、国の言葉でお話したいと思います。

    「(ゾンカ語での祈りが捧げられる)
    天皇陛下と皇后陛下が健康と幸福を享受されますように。美しい日本そして日本国民の上に平和と安定、繁栄の太陽が永遠に降り注ぎますように。」

     ご列席の皆様。いま私は祈りを捧げました。小さな祈りですけれど、日本そして日本国民が常に平和と安定、調和を経験しそしてこれからも繁栄を享受されますようにという祈りです。ありがとうございました。

    出典はhttp://getnews.jp/archives/152497
    ゾンカ語でのお祈りの訳は僕の拙訳です。

    Royal Address to the National Diet of Japan

    With my deep respects to His Majesty the Emperor, Her Majesty the Empress, and the People of Japan, I hereby accept with great humility this opportunity to address the Diet of the nation of Japan:

    Your Excellency the Speaker of the House of Representatives,
    Your Excellency the President of the House of Councilors,
    Your Excellency the Prime Minister,
    Excellencies, members of this august house,
    Ladies and Gentlemen,

    I stand here before you – a young man in the presence of great wisdom, experience and achievement - in an institution of such eminence and consequence in world history. There is little that I can say to be of much use to you. On the contrary, it is I who shall take away so much from this historic moment. For this I am grateful.

    Jetsun, my wife, and I also thank you for the kind invitation to Japan only one month after our wedding, and for the warmth with which we have been received. This is an extraordinary gesture that reflects the generous spirit with which you support the long friendship between our two countries.

    Your Excellencies, before I go any further – I must convey to you the prayers and good wishes of His Majesty Jigme Singye Wangchuck, the Government and people of Bhutan. The Bhutanese people have always held a strong affection for Japan and shared emotionally in the success of your great nation over the decades.

    Following the devastating earthquake and tsunami in March it was deeply moving to see so many Bhutanese visit temples and monasteries around the country offering butter lamps, in their humble yet genuine efforts to provide comfort and support to the Japanese people. I, myself, remember watching the news of the tsunami unfold – sitting helpless and unable to do anything. I have waited ever since to be able to say to you – that I am deeply sorry for the pain and suffering of families who lost loved ones – for those who lost their livelihoods – for the young whose lives have been completely altered – for the nation of Japan that must rebuild life after such great disaster.

    No nation or people should ever have to experience such suffering. And yet if there is one nation who can rise stronger and greater from such adversity – it is Japan and her People. Of this I am confident. On your path to rebuilding and restoring of lives, we the Bhutanese people stand with you – humble in our power to provide material assistance but heartfelt and true, in our friendship, solidarity and goodwill.

    Your Excellencies, we, in Bhutan, have always thought of the Japanese people as our fellow brothers and sisters. Our two Peoples are united by our commitment to - family, integrity and honour; to placing the aspirations of the community and country before one’s own desires – to raising the common good above the self.

    2011 is a special year in our relations – it marks the 25th anniversary of our diplomatic ties. Yet, the Bhutanese people have always had a special affection for Japan that goes beyond our formal ties. I know that my father and his generation watched with pride as Japan led Asia into the modern world decades ago – as you brought confidence and a sense of an Asian destiny to what was then a developing region – and as you inspired so many countries who have since followed Japan into the forefront of the world economy. Japan was and continues to be a leader. Even more so today – because in this globalized world Japan is an example of strength in technology and innovation, of hard work and commitment and of strong age-old values.

    The world always identified Japan as a people of great honour, pride and discipline – a people with a proud tradition in history – who approach everything with tenacity, determination and a desire to excel – a people of unity in thought and action; of brotherhood and fraternity and unfailing strength and fortitude.

    I must humbly state, that this is not a myth – this is a reality that was displayed in your response to the unfortunate economic recession of past years and to the natural disaster in March. You displayed the true qualities of Japan and her people. What would have shattered other nations and caused anarchy, chaos and lament - was met by the Japanese people with quiet dignity, confidence, discipline and strength of heart, even under the worst of circumstances. In our present world, this combination of excellence – with strong roots of culture, tradition and values – is almost impossible to find. Every nation aspires to it - yet it is an integral aspect of Japanese character. These values and qualities were not born yesterday – but were born from centuries of history. They will not disappear in a few years or decades. What a great future lies ahead for a Japan that possesses such strength.

    For this strength has seen Japan rise again and again, throughout history, from every setback to its status as one of the most successful nations in the world. And even more remarkable is the manner in which Japan has always, without hesitation, shared her success with people in all corners of the world.

    Your Excellencies, I speak from the heart, and on behalf of all Bhutanese. I am no expert or academic – just a simple man with a deep affection for Japan.

    All I am saying is that this world will benefit immensely from a Japan that defines excellence and innovation; from a Japanese people of great determination and achievement yet quiet dignity and humility; from a nation that other countries can look to as an example. And as Japan leads Asia and the world – as Japan’s presence in world affairs reflects the great achievements and history of the Japanese people, Bhutan will cheer and support you. Bhutan not only believes in the need to expand the United Nations Security Council, we are convinced that Japan must play a leading role in it. You have our full commitment and support.

    Bhutan is but a small Himalayan nation of about 700,000 people. The country's enchanting physical characteristics coupled with a richly compelling history defines every fiber of the Bhutanese character. It is a beautiful country and in spite of its geographical size across the length and breadth of its varied topography lie scattered, numerous temples, monasteries and forts, reflecting the spirituality of generations of Bhutanese. Our environment remains pristine and our culture and traditions, strong and vibrant. Bhutanese continue to live lives of simplicity and modesty that foster a deep sense of harmony among our people, as we have done so for centuries.

    Today, in this fast changing world, I'm most proud of the manner in which we live in a caring society where our people value harmony above all - where our youth have exceptional talent, courage and grace and are guided by the values of their forefathers. Our nation is in the able hands of our young Bhutanese. We are a youthful, modern nation with age-old values. A small beautiful country – but a strong nation too.

    Thus, Japan’s role in the growth and development of Bhutan is therefore very special. You have not only provided valuable aid and assistance but also been the source of strength and encouragement as we strive to fulfill our unique aspirations. Your generosity of spirit and the higher, greater natural bond between our two peoples that is un-definable and yet so deep and spiritual - ensures that Japan will always have a friend in Bhutan.

    Japan has been one of the most important development partners for Bhutan. Therefore, I am very happy to be able to thank the government and the people of Japan who personally lived in Bhutan and worked with us, for your steadfast support and goodwill for our Bhutanese people. I hereby pledge that it shall be my constant endeavor to further strengthen and deepen the bonds between our two people. Once again I convey the prayers and good wishes of the People of Bhutan to the People of Japan.

    With Your Excellency’s permission, I would like to say a prayer in my own language – “May Their Majesties the Emperor and Empress enjoy good health and happiness. And may the sun of peace, security and prosperity forever shine on the beautiful Nation and People of Japan.”

    Thank you, Your Excellencies!
    (End of the speech)

    国として日本とブータンは人口も経済も全く違い、ブータンのGNHがそのまま日本に当てはまるわけではありません
    。「97%が幸せ」という2005年の調査結果が良く取り上げられますが、その後急速に進んだ近代化で、首都に流入してきた若者の失業などブータンも色んな問題を抱えています。
    しかし、日本とブータンがお互いに学べることはきっと多いはず。それを考えさせるきっかけを与えるには十分な、素晴らしいスピーチでした。
    Japan and Bhutan as a country are very different in terms of population and development, but there must be many things we can learn from each other. The wonderful speech triggered us to think about it seriously.

    *写真は、特に記載のない場合は国王陛下および王妃の公式フェイスブックから転載しました。Photos are from the officlal facebook pages of Thier Majesties unless quoted specifically.
    フェイスブックを使われている方は、是非チェックしてみてください。
    国王陛下のページ King's Official Facebook:http://www.facebook.com/KingJigmeKhesar?ref=ts
    王妃のページ Queen's Official Facebook:http://www.facebook.com/QueenJetsun?ref=ts 2011/11/18(金) 23:56:30 国王の訪日とご成婚 King's Japan visit & Royal wedding Trackback::0 Comment::6
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。