Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータンのマイクロファイナンス Microfinance in Bhutan

    いつも観光のことばかり書いているせいで、友人に「本当に働いてるの?」といぶかしく思われ始めたので(笑)、今回は仕事のことについて書きたいと思います。
    Let me write about the work I do in Bhutan since my friends are questioning if I'm working or just enjoying sightseeing here lol

    ブータンで首相フェローとして働いていることと、そのプログラムの内容については以前書きました。
    I already wrote before that I had been working here as Bhutan Prime Minister's Fellow.
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

    ブータンに来る前は、ワシントンDCにあるジョージタウン大学で開発学(途上国の経済開発)に関する修士コースで2年間勉強し、特にマイクロファイナンスや、広く貧困層の金融サービスへのアクセスについて学んだので、ブータンでもその分野に取り組んでいます。
    Before coming to Bhutan, I studied Master of Science in Foreign Service (MSFS) at Georgetown University in Washington DC for 2 years. The program is similar to Master in International Relations. My concentration was Development, particularly on Microfinance and Access to Finance. Therefore I work here in Bhutan to improve access to finance among the poor people.

    マイクロファイナンスとは、低所得者層の家庭や零細業者を対象とした小口融資(マイクロクレジット)や小口預金などの少額の金融サービスの総称です。この分野では、ノーベル平和賞を取ったムハマド・ユヌス氏がバングラデシュで始めたグラミン銀行が有名です。
    マイクロファイナンス機関にはNGO、営利金融機関などいくつかの形態がありますが、「貧困削減」という社会的な目標と、コストを利益でカバーすることによる「事業の持続可能性」の両方を目指しているのが特徴です。
    Microfinance refers to financial services such as Microcredit and Microsavings targeting the low-income households or Microenterprises. In this field, Grameen Bank in Bangladesh established by Muhammad Yunus, the Nobel Peace Prize winner, is well known.
    Microfinance Institutions (MFIs) can be in the form of NGOs or commercial banks, but their feature is the dual mission in both poverty reduction and profitability (commercial viability).

    P1020569.jpg
    (昨年の夏にインターンで訪れたインドネシアのマイクロファイナンス機関のグループ・ミーティング。顧客である借り手は女性が中心で、このようにグループで借りることが多い。)
    (Photo from a group meeting of a MFI in Indonesia I visited last summer. Typically customers are women borrowing as a group.)

    途上国の低所得者層は銀行口座などを持たず、金融サービスへのアクセスがないことが一般的です。では彼らに金融へのニーズがないかと言うとそれは逆で、不定期な収入で不定期な支出(家族の病気、冠婚葬祭、自然災害への対応など)をやり繰りするために、親戚・友人に頼ったり、高利貸しからお金を借りたりすることが日常茶飯事です。
    金融サービスへのアクセスは、小口融資を通じて高利貸しなどの比較的高コストなサービスを使う必要をなくし、預金や保険商品などを通じて資産運用を可能にします。
    小口融資によってビジネスを始め、追加的な収入を得ることで生活水準を向上させることも可能です。
    Generally people at the low-income segment in developing countries do not have access to financial services. However, it doesn't mean they do not need financial services. In reality, they are the one who need the financial services most as they need to handle emergency cash needs (e.g., illness, marriage/funerals, natural disaster) with their irregular income. They often resort to family and friends or loan sharks who charge exploitative interest rates.

    マイクロファイナンスは万能薬ではなく、貧困削減に本当に効果があるのかどうかは現在議論が分かれるところです。僕自身の意見では、直接すぐに貧困削減に繋がらなくても、ポジティブな波及効果は非常に大きいと思っています。日々のキャッシュフロー(お金の貸し借りや収支)を不安定なものから比較的安定的なものにすることによって生活を安定させたり、タンス預金などのリスクの高い方法から口座を使った安心度の高い方法へ資産を移したり、女性がビジネスを始めることによって家庭内や社会での地位を向上させたりと、挙げればきりがありません。
    Microfinance is not a panacea. There is a big debate going on if Microfinance really leads to poverty reduction. In my opinion, Microfinance brings significant positive impact even if it does not directly lead to poverty reduction. I cannot stop listing the merits such as stabilizing the cashflow and smoothing consumption of the poor, changing the storage of savings from risky places (e.g., under mattress in a house) to safe bank accounts, and empowering women in a family or society by allowing them to start a business on their own.

    さて、中南米やインドなどではブームとも言えるほどの発展を見せるマイクロファイナンスですが、ブータンではまだまだ始まったばかりです。
    「ブータン開発銀行」という商業銀行がグループ・ローンを提供しているのと、一部のNGOが農村の生活向上プロジェクトの一環としてローンを少し提供している程度で、他の国に見られるような専門的なマイクロファイナンス機関は存在していません。
    Microfinance has been growing rapidly in Latin America and India etc, but it is still quite small in Bhutan.
    Bhutan Development Bank, previously an agriculture bank but now a commercial bank, is providing group loans, and some NGOs provide microcredit under their rural development projects. But there are no MFIs purely focusing on Microfinance.

    金融サービスにアクセスのない人々を取り込むことを英語でFinancial Inclusion、日本語訳で金融包摂と呼びますが、ブータンの中央銀行RMA(日本で言う日銀ですね)では、現在金融包摂に関する政策を立案していて、来年の早い段階を目処に関連する規制などを整備して、マイクロファイナンスを促進することを目指しています。
    僕も先日から中央銀行にデスクをもらって、その政策立案やプロジェクトの実行をお手伝いしています。
    Royal Monetary Authority (RMA), the central bank of Bhutan, is developing Financial Inclusion Policy and related regulations to promote Microfinance.
    I started working for RMA to help their policy planning and implementation.

    ブータンでのマイクロファイナンスには特有の課題があります。人口の密集しているインドやバングラデシュに比べ、山が多く人口密度が極端に低いブータンでは、金融サービスを提供するコストが非常に高いのです。先ほど述べたブータン開発銀行の融資担当者が村々を訪れるのに、車や徒歩で数時間かけなければいけないことはざらにあります。
    ブータンは携帯電話の普及率が非常に高いので、モバイルバンキングを用いた低コストのサービスは可能性があるかもしれません。
    Microfinance in Bhutan has unique challenges. Compared to India and Bangladesh where population density is quite high, Bhutan's population is scattered due to mountainous structures. The operation cost to offer financial services is significantly high as loan officers need to spend for hours to reach remote villages by a car or walk.
    Since mobile phone penetration is high in Bhutan, low-cost mobile banking may have a potential to improve access to finance.
    P1060719.jpg
    (山の斜面に作った棚田の間に、家がぽつりぽつりと並ぶ農村の風景 Houses are scattered across terraced paddy fields)

    ブータン政府の2008年から2013年の第10次5か年計画では、貧困率を23.2%から15%に削減することを目指しています。
    ブータンの「貧困」がどんなものかというと、元々自給自足の農家が多いので、アフリカで見られるような飢餓はほとんどありません。
    以前は物々交換を中心に生活し、貨幣経済に接する必要が少なかったのですが、近代化に伴い子どもの教育(教育自体は無料ですが、衣服など何かと出費が要ります)にお金がかかりますし、地方電化とテレビの普及に伴って、モノへの欲求と現金の必要性が高まっています。
    現金収入を得るためには、自給自足型の農業から脱却して換金作物を栽培したり、生産性を向上させる必要がありますが、そのための資金(ローン)や技術へのアクセスが不足しているのが現状です。
    そこに10%近いインフレが重なり、自給自足の昔よりも貧困を実感する状況は増していると言えます。
    Bhutan's 10th 5-year plan is targeting to reduce poverty rate from 23.2% in 2008 to 15% in 2013.
    What does "poverty" in Bhutan look like? Because most households were traditionally subsistence farmers, hunger like in Africa is rare in Bhutan.
    The economy was based on barter trade, so people did not need to engage in money economy.
    However, modernization in the last decade increased needs for cash as information people can get from TV makes people want more goods and education requires more cash. (Education itself is mostly free in Bhutan, but clothes/materials for children or higher education abroad/in other towns costs significantly.)

    To acquire cash, farmers need to transform from subsistence farming to commercial farming with cash crops, but they lack access to capital or technology to improve productivity.
    Inflation almost 10% annually is worsening the situation, which makes people realize poverty more than before.
    P1070296.jpg
    (パロの美しい田園風景 The beautiful paddy field in Paro)

    ブータンの金融全体で資金が不足しているのかと言えば実はそうではなく、建設・不動産業界には資金が多く流れ、バブルの様相を呈しています。
    農村部からの移住が続く首都ティンプーで住宅が不足しているのは確かなのですが、現在の建設ラッシュが本当に需要を見越しているのかは、バブルを経験した日本人としては不安になります。
    Liquidity in Bhutan's overall financial sector is not lacking. Significant portion of lending is going into construction and housing sectors, which is heating the economy.
    The housing in Thimphu faces shortages as more people migrate from rural areas, but the construction rush makes me worry as a Japanese having experienced a big bubble crush in the past.
    P1060840.jpg
    (最近オープンした、ブータン初のショッピングモール The first shopping mall in Bhutan recently opened)

    一方で雇用の約60%を抱える農業は、銀行貸出全体の2%以下を占めるにすぎません。現在アクセスの限られている農業や零細・中小企業への貸し出しを増やすことは、より生産的な部門へ資金を回すことで過熱気味の経済のバランスを取ることへも繋がります。
    Contrary to the construction sector, agriculture accounts less than 2% of commercial lending although it hires 60% of labor force.
    Increasing access to finance for underserved sectors, namely agriculture and MSMEs (Micro, Small and Medium Enterprises) would help cooling down the heating economy by allocating more resources to the productive sectors.

    マイクロファイナンスはそのための一つの取り組みでしかありませんが、まずは確実にその分野でブータンの持続可能かつバランスの取れた開発に貢献できるように努力したいと思っています。
    Microfinance is just one way to resolve the situation, but I'll do my best to contribute to Bhutan's sustainable and balanced development.

    P1060726.jpg
    コスモスが咲き乱れた秋も深みを増し、先週末からは一気に朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。近くの山の上にはもう雪がうっすら積もり始め、長い冬の始まりを告げています。
    Autumn colored by cosmos passed by quickly, and it got really colder since last weekend. There is snow covering the top of a mountain nearby, telling the beginning of the long winter.
    スポンサーサイト
    2011/10/25(火) 00:29:07 首相フェローの仕事 (PM's Fellow) Trackback::0 Comment::1

    ブータン結婚披露宴(祝賀会) Bhutan Royal reception

    前回書いたプナカでの結婚式が行われた木曜日の夜、首都ティンプーの様子。
    翌日にロイヤルカップルが移動してくるのに備え、イルミネーションが街中を彩ります。街には交通規制が敷かれ、日本から援助された消防車がメインロードのゴミを洗い流していました。いつもこんなに綺麗だといいんですが。
    After the wedding in Punakha I wrote, Thursday evening in Thimphu, the capital city, was illuminated to celebrate the special day. To welcome the royal couple on the next day, cars are restricted to enter the main road. The fire cars donated by Japan were washing trash away from the road. I wish if Thimphu were always clean like this.
    P1070460.jpg

    On the next day, I woke up early to join my friend working for the government to receive the king at Dochula pass, the beautiful spot 40-minute drive from Thimphu. You can see the red carpet waiting for the king.
    次の日は朝早く起きて、ティンプーから車で40分ほど離れた所にある美しいドチュラ峠へ。政府で働く友人がここで国王をお迎えするというので、参加させてもらいました。
    レッドカーペットがお寺の前に敷かれているのが分かるでしょうか。
    P1070464.jpg

    However, when we arrived, we were told that the setting had changed and they needed only the high-rank officials to receive the king. I got disappointed by missing an opportunity to receive the couple...
    楽しみにしていたのも束の間、到着すると、「予定が変更して、国王をお迎えするのは高官のみとなった」とのこと。う~ん、ガッカリですが仕方ありません。
    P1070479.jpg

    I came back to Thimphu to wait for a parade of the couple in the capital city. The king and the queen started to walk from Simtokha, the edge of Thimphu, around 3:30pm. I heard that they skipped lunch at Dochula as they got to know people were already waiting for them.
    They don't use a car for the parade. They walk slowly to greet people along the way.
    気を取り直して、首都ティンプーでのパレードを待つことにします。
    ロイヤルカップルは午後3時半頃にシムトカという、ティンプーの端に位置する町を歩き始めました。人々が既にティンプーで列をなして待っていると聞いて、ランチも食べずにドチュラ峠を出発されたそうです。パレードとは言っても車を使わないところが、ブータンの国王らしいところ。
    Facebook4.jpg
    (Picture: Facebook: http://www.facebook.com/KingJigmeKhesar?ref=ts)

    Several gates were constructed just for the parade.
    ティンプーではパレードのためだけに立派なゲートがいくつも建てられました。
    P1070493.jpg

    I went to downtown around 5pm, but the couple had not arrived yet. People prepared beautiful offerings to welcome the couple.
    そろそろ中心街に到着するかな、と思い午後5時頃に家を出て中心に向かいますが、お二人はまだのようです。
    人々は特別な飾り付けなどをして国王と王妃の到着を心待ちにしています。
    P1070502.jpg

    People looked restless, waiting for them.
    みんなソワソワして落ち着きません。
    P1070496.jpg

    More and more people were gathering, but the couple had not come to the main road... The clock was already 7:30pm. I was invited to the dinner event at the Central Bank to celebrate the wedding, so I gave up seeing the king and went to dinner...
    人々はどんどん集まって溢れかえっていますが、なかなか国王は到着せず、既に時計は午後7時半。
    僕は中央銀行で結婚の祝福を兼ねたディナーに招待されていたので、仕方なく諦めてディナーに向かいます。。。
    P1070504.jpg

    However, I didn't want to miss this rare opportunity to see the couple. I came out from the dinner event around 9pm and finally managed to see them!
    They seemed to try to talk to as many people as possible in a personal manner.
    The king found a person he knew in the crowd, so he called the person to come close to him and said "Whenever you need me, feel free to stop by." I was impressed by his accessibility.
    He also talked to tourists, worrying about if they had dinner yet. He was the one who hadn't had even lunch, but how selfless he is.
    The queen was following him, casting warm eyes on people. Their inner beauty was making people happy.
    When the couple finished the walk, it was almost midnight. They knew how people wanted to see and celebrate them. No wonder why the king is so popular.
    しかし、国王を間近で見るまたとない機会を逃したくないので、ディナーを少し抜け出して、午後9時頃ようやくお二人を見ることができました!
    国王は出来る限り多くの人に話しかけようと努めていらっしゃるようでした。
    群衆の中に知っている顔を見つけた国王は彼を呼び出し、「私が必要なときはいつでも気軽に立ち寄りなさい」との言葉。その親しみやすい態度に驚かされます。
    観光客に向かっては、「もう夕食は済まされましたか」と心配の声を。ご自身は昼食さえ取らずに歩き続けているのに、私心のない姿に頭が下がります。
    王妃は少し後ろを歩いて、人々を温かい目で見守っていました。お二人の美しい内面が皆を幸せに包んでいます。
    二人が歩き終わったのは、夜中の12時近く。人々がどれだけこの機会を心待ちにしていたかを気遣っていたのでしょう。国王が何故絶大な人気を誇るのかが窺えます。

    The students were told by their school to wait from 10am. The ones in the photo below were located at the end of the parade course, so they waited for more than 12 hours. Respects go to both the couple and the students!
    学生達は、朝10時から待機するように学校から言われていたそうです。
    この写真の彼らはパレードの最後の方に位置していたので、12時間以上待っていたことになります。
    国王・王妃も凄いけど、彼らもお疲れ様でした!
    P1070500.jpg

    The next day, Saturday, the big reception was held at the Changlimithang Stadium. I went there at 5:30am to block the seat. Surprisingly, the stadium was already almost full! It seemed the stadium closed the gate around 7am to restrict the new entrants.
    The weather was perfectly cloudy to avoid the strong sunlight. I thought the deities were protecting this special occasion.
    次の日、土曜日は盛大な披露宴(祝賀会)がチャンリミタン・スタジアムで開かれました。
    席を確保するため、友人と朝5時半に待ち合わせして会場入り。その段階で席はほとんど埋まっていてビックリ。7時頃には完全に満席になって、入口は閉鎖されたようです。
    気温は温かく、それでいて雲がかかって陽射しが強くなく、最高のお天気。きっと仏様も祝福してくださっていたのでしょう。
    P1070523.jpg

    By the way, a Bhutanese woman I met on the previous day told me "I have a special Gho (traditional cloth) I made for my son, so please wear it for the reception!" She came to my house at 5am to help me wear the Gho properly. Bhutanese people are really kind and helpful from the first meeting. I was very happy to wear the festive dress for the special day.
    Her Gho was beautifully handwoven, very different from my machine-made Gho. A woman sitting close to me at the stadium praised my Gho.
    ちなみに前日知り合ったばかりのブータン人が、「私の息子のために作ったゴ(民族衣装)があるから、披露宴にはそれを着ていきなさい!」と言ってくれ、朝5時にわざわざ僕の家に来て着つけまでしてくれました。ブータン人は、初めて会っても本当に優しい。大事な日に晴れ着を着させていただいて有難いです。
    僕が普段来ている機械織りとは違う、手織りのとても綺麗なゴで、スタジアムでも近くに座っていたおばさんに褒められました。
    P1070586(2).jpg

    The couple arrived at 10am, and opened the ceremony by unveiling the thongdroel (or thongdrol), the large silk applique, constructed as a wedding gift. The thongdroel features Guru Rinpoche, measures 36 meters by 27 meters, and weighs about a tonne. Usually thongdroels are displayed only for a few hours a year before sunrise on the last day of Tshechu. We were so lucky to see it during the day.
    This thongdroel is said to symbolize the king and queen to empower the country and be the leader of peace in the world.
    国王と王妃は10時に到着し、トンドルと呼ばれる、大掛仏画をご開帳されました。グル・リンポチェを描きシルクでできたこのトンドルはご成婚をお祝いするために特別に作られ、幅27メートル、高さ36メートルで重さは1トンに及ぶ巨大なもの。
    通常トンドルは、それぞれの町でツェチュ(お祭り)の最終日の日の出前、数時間しかご開帳されません。日中に目にすることができたのは非常に珍しいこと。
    このトンドルには、国王と王妃が国をより良くし、世界平和をリードしていくことへの思いが込められているそうです。
    P1070544.jpg P1070546.jpg
    (Left)The thongdroel was being unveiled.
    (左写真)トンドルのご開帳の瞬間。

    The woman is praying for the thongdroel and the couple sincerely.
    このおばあちゃんは、トンドルを有難く拝んでいます。
    P1070554.jpg

    The king provided an opening remark with appreciation to his people. The audience was laughing with his humor. His royal family was listening from behind.
    国王はスピーチを行い、人々へ感謝。ユーモアまじりの言葉で人々を笑わせます。第4代国王をはじめとするロイヤルファミリーは後ろの席から見守ります。
    P1070560(1).jpg

    Suddenly he asked the audience if he could kiss the queen! Of course the audience answered "Yes," and he kissed the queen in public!
    突然国王は、王妃にキスをしてもいいか観客に尋ねました。答えはもちろん「イエス!」そして本当に皆の目の前でキス!
    BBS.jpg
    (Picture: BBS: http://www.bbs.com.bt/bbs/?p=6754)

    First to her cheek, and then her lips, and her cheek again. It was a big surprise to everybody in the stadium, but the most surprised must have been the young and innocent bride.
    最初は頬に、続いて唇に、そしてまた頬に。スタジアムにいた皆にとってサプライズでしたが、一番驚いたのは若くあどけない王妃でしょうね(笑)
    AP Photo Kevin Frayer
    (Picture: AP)

    The performances started to celebrate the wedding. The performers included school children, villagers and monks from all over Bhutan. It was very nice to see sacred mask dances from different regions, which we usually cannot see without actually visiting the regions' Tshechu (festival).
    続いて、結婚を祝福する演目が次々と披露されます。演じるのは、学生や、ブータン中から集まった人々や僧侶たち。各地のツェチュを訪れないと見られないような仮面舞踊を見ることもでき、とても貴重です。

    The ethnic dances were also featured. This one is from nomad people living in the north near Himalaya.
    各地の民族舞踊も披露。これは北部ヒマラヤの近くに住む遊牧民の踊りです。
    P1070564.jpg

    This dance is from southern Bhutan, featuring Nepali culture. Its music is completely different from other Bhutanese traditional music. It shows how diverse the Bhutanese culture is.
    この踊りは南ブータン、ネパール系民族のもの。音楽は他のブータン伝統音楽とは全く違います。ブータンの文化圏が多様であることを表しています。
    P1070576.jpg

    Some big moving devices entertained us as well.
    色々と動く装置まで登場しました。
    P1070563.jpg

    This is a moving Guru Rinpoche. Amazing!
    これは動くグル・リンポチェです。こんなものまで作ってしまうとは凄い!
    P1070575.jpg

    The highlight of the performances was the dance by Members of Parliament, Ministers including the Prime Minister. I cannot imagine Japan or other countries' politicians perform a dance in front of the public! The bigger surprise was that the 5th king joined the dance!! The crowd was laughing hard by watching the king dancing with some mistakes. What a charming person!
    演目のハイライトは、首相を含めた大臣達と、国会議員によるダンス。日本や他の国で政治家が踊りを披露するなんて想像できません。
    さらに驚きは、国王が飛び入り参加したこと!踊りを間違える国王の姿に、観客は大爆笑でした。本当に愛すべきキャラクターです。
    P1070566.jpg
    The middle person in the above photo is the king.
    上の写真の手前真ん中で踊っているのが国王です。

    The king and the Prime Minister seemed to have enjoyed the memorial dance.
    国王、首相ともに踊りを終えて満足そう。
    Facebook3.jpg
    (Picture: Facebook: http://www.facebook.com/KingJigmeKhesar?ref=ts)
    Here is a link for the video of the kiss and dance of the king:
    国王のキスとダンスの動画はこちら:


    Later, the king and the queen came and talked to the audience.
    My friend from Switzerland went to the toilet just before the king started walking around, so another friend of mine and I were joking each other, "Maybe she will run into the king lol."
    After a while, she came back to our seats with excitement, saying "The king talked to me!!!"
    "He asked me, "Where are you from?" "How old are you?" "What do you do in Bhutan?" "Oh, that's an important job for Bhutan" etc...!"
    Happily excited her was saying "It's a pity the king is already married!" That's an inappropriate comment at the event lol
    I told her "The king can have more than 1 wife like his father"
    その後、国王と王妃は観客席に足を運んでくださいました。
    スイス人の友人がちょうどトイレに立ったときだったので、別の友人と「トイレに行く途中で国王とバッタリ会っちゃうかもね」と冗談を言い合います。
    しばらくして帰ってきた友人は興奮気味に、「国王に話しかけられた!!!」
    国王に、『どこから来られたのですか』『おいくつですか』『ブータンでは何をされてるんですか?』『それはブータンにとってとても大事な仕事ですね』などと話しかけられたとのこと!
    舞い上がった彼女は「国王が結婚したなんて残念!」なんて不謹慎なことを言ってました(笑)
    「国王がその気なら、前国王みたいに二人以上奥さんもらえるよ」って慰めておきましたが

    How fortunate she was! I think it was her Karma (destiny in Buddhist sense) to have the opportunity.
    Later the couple came to the crowd near us, and had a seat at just 3-row in front of us! They enjoyed seeing the performances with the people for a while. TV camera was broadcasting them and also us in the crowd in the evening news.
    The king gave us so many surprises, all embodied by the love and dedication to his people.
    それにしても何て幸運!きっとこれは彼女のカルマ(仏教で言う運命)だったのでしょう。
    その後国王と王妃は我々の座っていた近くに来て、ちょうど3列前のところで席を取って暫く皆と一緒に演目を見物されました。テレビカメラはその様子を映しており、夜のニュースで我々もはしっこにちょっと映っていました(笑)。
    国民への愛と献身から、国王は色んなサプライズを与えてくれます。
    Facebook1.jpg
    (Picture: Facebook: http://www.facebook.com/KingJigmeKhesar?ref=ts)

    Now the wedding ceremony is over, so the next interest of the people is their child... They both love children, so no doubts that they will enjoy having a big family!
    3日間にわたる結婚関連のお祝いが終わり、早くも人々の関心はお二人の子どもがいつ授かるかに移っています。
    お二人とも子ども好きなので、きっと大家族になることでしょう。
    AP.jpg
    (Picture: AP) 2011/10/15(土) 21:56:10 国王の訪日とご成婚 King's Japan visit & Royal wedding Trackback::0 Comment::5

    ブータン国王の結婚式 Royal Wedding of the King of Bhutan

    (王妃の名前の表記を「ジェツン」から「ジツェン」に修正しました。外務省の公式文書では「ジツェン」になっていて、発音はそちらが近いそうです。)
    本日ブータンでロイヤルウェディングが行われ、第5代国王であるジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王とジツェン・ペマさんがご成婚されました!
    Today, Royal wedding was held in Bhutan!
    His Majesty, the 5th King, and Jetsun Pema got married! Congratulations!!!
    320602_10150343367173260_43817623259_8048815_466013511_n.jpg
    The person on the left is the 4th king, the father of the 5th king. He must be proud of his son's marriage.
    上記の写真の左にいるのは現国王の父にあたる第4代国王です。ご子息の結婚を、さぞかし誇らしげに思っていらっしゃることでしょう。

    The venue was the grand Kuenra (congregation hall) of Punakha dzong, which has witnessed epoch making events that shaped Bhutan’s religious, cultural and political history.
    式はプナカという町にあるゾンで行われました。ブータンの宗教的、文化的、政治的な歴史を形作ってきた重要な拠点です。
    The royal couple attends the  purification ceremony performed by His Holiness the Je Khenpo
    I wanted to visit Punakha just to experience the atmosphere of the celebration, but I couldn't get the route permit as there were too many guests and people visiting there. I just enjoyed the ceremony on TV.
    This morning Thimphu was very silent with all the people staying at home watching TV. The rituals started as early as 4am.
    式自体への招待状はなくとも、プナカを是非訪れて外の会場で雰囲気を味わいたかったのですが、計画がぎりぎりだったこともあり通行許可が取れず断念。国中、そして世界中から訪問客が殺到しているので仕方ありません。式典はテレビで楽しみました。
    今朝、首都のティンプーは皆が家でテレビに釘付けになっていたため、街中は閑散としていたそうです。
    一連の儀式は早朝4時から始まりました。

    The couple staring at each other during the rituals... Seems they are truly in love and enjoying this happy moment.
    儀式の最中、見つめあう二人。本当に仲睦まじそうですね。
    wedinatorcom.jpg

    When His Majesty bestowed the crown of the Druk Gyal-tsuen upon the royal bride, she was proclaimed as the Queen of Bhutan, Her Majesty the Queen, Jetsun Pema Wangchuck.
    国王が冠を授けた瞬間に、ジツェンさんはワンチュク王家の一員として正式に王妃になりました。
    320602_10150343367183260_43817623259_8048816_785716507_n.jpg

    The king is 31 years old, and the queen is 21 years old. The age gap is 10 years. When the king visited a primary school recently, he joked that he had told his fiancee to imagine if he was 5-year younger and she was 5-year older. "Then we would be the same age." He has a charming personality.
    国王は31歳、王妃は21歳で10歳の年の差婚です。国王が最近小学校を訪問した際、学生たちに「フィアンセに、『僕が5歳若くて、君が実は5歳年上だと想像してごらん。同い年になるだろ?』って言ってるんだ」と冗談を飛ばしたそうです。何ともお茶目な国王です。
    DSC_6552.jpg

    His father, the 4th king, had 4 wives from the same family (they were sisters), but the 5th king is committed to only Jetsun Pema.
    彼の父、第4代国王は4姉妹を4人の妻として迎えましたが、現国王はジツェンさんだけを「一生愛し続ける」と誓っています。
    Royal wedding

    The couple will move to Thimphu tomorrow (Friday) and attend a big celebration in the stadium in the capital city on Saturday. The city is getting ready to welcome the couple with their photos everywhere.
    お二人は明日金曜日に首都ティンプーへと移動して、土曜日にはスタジアムで行われる盛大な祝典に出席します。ティンプーでは至るところにお二人の写真が飾られ、受け入れ態勢が整えられています。
    289764-bhutan-royal-wedding.jpg

    The Royal Monetary Authority has printed commemorative banknotes and minted silver coins to commemorate the Royal Wedding.
    中央銀行からは記念の紙幣と硬貨が発行されています。
    Note-Coin_Royalwedding.gif

    According to Business Bhutan (http://www.businessbhutan.bt/?p=6077),
    Jetsun Pema was born on June 4, 1990, as the second eldest child of the five children. She pursued her studies at Regents College, UK, majoring in International Relations as well as a minor in Psychology along with a minor in Art History.

    Jetsun Pema’s father, Dhondup Gyaltshen was a pilot for 22 years with DrukAir and is now flying for Bahrain Airways. Her mother, Aum Sonam Chuki is related to the Royal family.
    While at the high school, Jetsun Pema captained the school basketball team where she was a keen player and still participates in tournaments in Thimphu. A frequent visitor at art museums in London, she appreciates modern and renaissance art.
    She shares the interest in photography with his Majesty the King.
    ashi-final-slideshow.jpg
    ジツェンさんは、1990年6月4日に5人兄弟のうちの次女として生まれました。イギリスのリージェンツ大学で国際関係と美術史を専攻。
    お父様はブータン国営航空のドゥック航空のパイロットを22年務め、現在はバーレーンエアウェイズに勤務。
    お母様はブムタン谷の名家のご出身で、王家とも遠戚にあたるとのこと。
    ブータンでの学生時代にはバスケットボールのキャプテンも務め、最近までティンプーのトーナメントリーグに参加されていたそうです。
    ルネサンスと現代美術に興味があり、留学中はロンドンの美術館を頻繁に訪問。
    また、写真が第五代国王との共通の趣味だそうです。
    11oct13queen.jpg

    Surprisingly, the king proposed when she was just seven years old. The royal couple met when aged 17 and 7 respectively at a family picnic in Thimphu.
    The then-prince got down on his knees and said "when you grow up, if I am single and not married and if you are single and not married, I would like you to be my wife, provided we still feel the same."
    What a romantic episode!!
    (Source: http://bit.ly/oMkaqg)
    驚きなのが、国王はジツェンさんがまだ7歳のときにプロポーズしていたという事実!二人はそれぞれ17歳と7歳のときに家族のピクニックで出会いました。
    そのとき王子はひざまずき、こう言ったそうです。
    「もし大人になって、僕も君もまだ結婚していなかったら、そしてまだ二人が同じ気持ちなら、僕の伴侶になってほしい。」
    う~ん、素敵なエピソードです。

    The couple will visit Japan within a month, so the trip will be their honeymoon. I really hope they will enjoy their stay in Japan.
    お二人は近いうちに来日予定で、それが実質的な新婚旅行になります。日本の滞在を楽しんで頂けるといいですね。
    http://bhutan.fan-site.net/news.htm

    45966-original.jpg

    How beautiful and photogenic they both are! Wish you everlasting love and happiness!
    美男美女で、本当に絵になるカップル。改めておめでとうございます。末永くお幸せに!
    289825-bhutan-royal-wedding.jpg

    (Photos are from Kuensel Online: http://www.kuenselonline.com/2010/
    and Official site of the Royal Wedding: http://www.royalwedding.bt/) 2011/10/13(木) 11:57:30 国王の訪日とご成婚 King's Japan visit & Royal wedding Trackback::0 Comment::2
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。