Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    メラ・サクテンへの旅(3)メラからサクテン、そしてゴールへ Trip to Merak & Sakten: Merak~Sakten~Goal

    We continued sightseeing in Merak.
    This is how Merak village looks like. Houses are built more densely than I thought.
    メラでの観光の続きです。
    メラの町並みはこんな感じ。思っていたよりも、家は密集して建てられています。

    P1060382.jpg

    Fortunately, the locals let us enter the temple. In principle, foreign tourists are not allowed to enter temples in Bhutan since temples are the sacred places for Bhutanese people to pray and worship. Even when a temple allows you to visit, you are not supposed to take a photo inside.
    幸運にも、お寺に入らせていただくことができました。ブータンでは基本的に、外国人観光客が寺院の中に入ることは禁止されています。ブータンの人々にとって、寺院は真摯な信仰の対象なので、観光客が好奇心で大勢押しかけることは歓迎しないのです。お寺によっては参拝を許可してくれますが、その場合も中での写真撮影は厳禁です。

    There are some differences between Bhutanese and Japanese temples. Bhutanese temples have more colorful statues and ornaments. The praying gestures are also different. In Bhutan, you put your hands together in front of your forehead, mouth, and chest (which represent mind, speech, and body respectively). Then you kneel down and bow on the ground. You repeat this 3 times.
    You give small money offering. When the monk gives you sacred water, you take with your hand, then take a little in your mouth and put onto your head and body.
    ブータンの寺院と日本の寺院にはいくつか違いがあります。ブータンの寺院の仏像や装飾は、日本のものよりも非常にカラフルです。お参りの仕方も違い、ブータンでは五体投地礼を行います。額、口、胸の前の順に両手を合わせた後(心、言葉、体をそれぞれ表す)、土下座をするように頭を床につけ、両手を差し出します。それを3回繰り返します。
    お賽銭を渡し、僧侶の方から聖水を勧められたら手のひらで受け、口に含み頭や体に振り掛けます。

    P1060331.jpg

    In Merak, there are a few small shops targeting local people not tourists. Local clothes were available upon inquiry. In a shop, owners let us try wearing their local clothes and take photos. Adults and children gathered around us, watching our fashion show with curiosity. It was a lot of fun!
    メラでは、地元の人を対象とした商店が数軒だけありました。売っているのは日用品で、民族衣装などの民芸品は聞かないと用意されていません。お店の人達が、民族衣装を試着して、写真を撮るのを許してくれました。僕達が試着をしてファッションショーをしていると、近所の老若男女が興味津々に集まってきました。写真いっぱい撮ってもらってめっちゃ楽しかった!
    P1060346.jpg

    We headed to a primary school. On the way, we ran into students going home. In Bhutan, classes are taught in English except for a few classes such as history. This policy started in 1980s in order to educate people to stand up on equal terms with other countries in international relations.
    次は小学校に向かいました。帰宅途中の生徒達に遭遇。ブータンでは、歴史や国語などを除いて、すべての授業は英語で行われます。1980年代に始まったこの政策は、国際関係において他国と対等に渡り合える人材を育成することを目指しています。

    Boys' school uniforms follow the traditional style.
    男の子の制服は、民族衣装に習っています。
    P1060379.jpg

    Girls wear uniforms like this.
    女の子の制服はこんな感じ。
    P1060381.jpg

    The school has more than 200 students. Some are from other villages and stay at a dormitory.
    There was a garden called "school nature park" newly created to plant greens to teach the importance of environment conservation, which is one of the four pillars of GNH.
    メラの学校には200人以上の生徒がいるそうです。他の村から来ている子供も多く、その子供達は宿舎で生活しています。
    最近作られた「自然菜園」と名付けられた庭では、様々な緑が植えられており、GNHの4つの柱の一つである「環境保全」の重要性が教えられています。
    P1060390.jpg

    The school has big solar panels. Merak has solar electricity, thanks to the government's rural electrification project. In 1 or 2 months, the village will be connected to electricity grid. The arrival of stable electricity will likely change people's lifestyle significantly. With access to information through TV or internet, people will be interested in owning more electronics and advanced goods. The electricity is certainly beneficial to improve standards of living, but the traditional culture will be lost and in the long run Merak may become similar to other villages in Bhutan.
    学校には大きなソーラーパネルが設置されていました。政府の促進する地方電化プロジェクトのおかげで、メラの各家では太陽電池による小規模な電力が利用できます。1,2か月後には村全体が電力網に接続される予定で、安定した電力供給が到達すれば、人々のライフスタイルが劇的に変わることが予想されます。テレビやインターネットを通じた情報に刺激され、電化製品や、最新の商品が欲しくなるのは自然なことです。
    電力は生活水準を向上するのに確実に役立ちますが、その一方で遊牧民の伝統的な文化は失われ、長期的にはメラもブータンの他の村と同じようになってしまうかもしれません。

    Socio-economic development and culture preservation are the other two pillars of GNH (The fourth pillar is Good governance). Balancing these core values of GNH is a difficult job for the government without a right answer.
    「社会経済開発」と「伝統文化の保存」は、GNHの4つの柱のうちの2つです(4つ目は腐敗などのない「良い統治」)。GNHのそれぞれの価値同士が対立したときにどうバランスを取るかは、政府にとって正しい答えのない難しい課題です。
    P1060395.jpg

    The students were playing volleyball after school. They welcomed me to join their game!
    生徒達は放課後にバレーボールで遊んでいました。勢いで飛び入り参加させてもらいました!
    P1060399.jpg

    They were my teammates! It was fun to play with them!
    彼らが一緒に遊んだチームメイトです。楽しかった~
    P1060401.jpg

    On the next day, we departed Merak around 6:30am to head to Sakten. When we started walking, the wild dog who were sleeping around our guesthouse followed us. Is he saying good-bye to us?
    次の日、サクテンへ向けてメラを朝6時半頃に発ちました。歩き始めると、宿泊先の周りで寝ていた野良犬がついてきます。お別れを言ってくれているのでしょうか?
    P1060420.jpg

    The track from Merak to Sakten was the most beautiful one. With the beautiful sunny weather, we were as if walking in the sky.
    メラからサクテンへの道は、最も景色の美しいコースでした。晴天の中、まるで空の中を歩いているようです。
    P1060438.jpg

    P1060454.jpg


    The view was breath-taking... The clouds were flowing below us. Having an opportunity to see this scenery is rewarding for hard and long trekking.
    雲が我々の下を流れていて、息を飲むような美しい景色が広がります。長く厳しいトレッキングも、この景色を見ると報われます。
    P1060446.jpg

    We arrived at the highest point on the track after 2.5 hours. It is 4140 meters according to my guidebook. Above 4,000 meters, you have a chance to get altitude sickness. Indeed we met a local man who got it and came down to a lower site to rest and recover. Even the locals get it, so tourists need to be really careful. Fortunately none of us got the sickness, maybe thanks to glucose. Our Bhutanese colleague told us tips to take glucose frequently to avoid altitude sickness. I think it really helped to avoid having a headache. Make sure you bring glucose when you go trekking to high altitude!
    メラを出発して2時間半で、トレッキングコースの中で最高地点となる峠に到着!地球の歩き方によると、標高は4140メートルだそうです。4000メートルを越えると高山病の危険性があります。実際、軽い高山病にかかったために低地の休憩所に下りてきて休んでいる地元の人に会いました。地元の人でもかかるのですから、観光客は特に注意が必要です。
    幸い、僕達は誰も高山病にはかかりませんでした。ブータン人の同僚が教えてくれたコツが効いたのかもしれません。それは、ブドウ糖を頻繁に摂取するというものです。軽い頭痛がきたな、と思ったときにブドウ糖をなめると、確かに頭痛がすっきり消えました。高地へトレッキングに行くときは、ぜひ市販のブドウ糖(グルコース)をブータンのスーパーなどで入手して持参してください!
    P1060467.jpg

    After passing the highest point, it was a steep downhill. It started raining, and the rocky paths were very slippery and the muddy paths were quite difficult to walk. You need to step on stones otherwise you fall down into deep mud.
    峠を越えると、今度は急な下り坂です。雨が降り始め、岩の道は滑りやすく、また泥の道は歩くのもままなりません。飛び石をうまく渡らないと、深い沼にはまってしまうことになります。
    P1060609.jpg

    Finally we saw the village of Sakten. We were drenched to the skin and felt so cold and tired.
    It took about 8 hours from Merak.
    沼の道を辟易しながら歩き、ようやくサクテンの町が遠くに見えてきました。降り続く雨のせいで、レインジャケットを着ていたにも関わらず体はびしょ濡れ。
    メラからサクテンまでは8時間かかりました。
    P1060505.jpg

    When I warmed up my body with fire in Sakten, I found a leech on my cloth! I thought it was just on the cloth and took it out, but my friend said, "Your neck is bleeding!"
    Indeed my neck was bleeding and the collar of my shirt was red... It seemed the leech I took already enjoyed my blood a lot...
    However, I was surprised by that there was no pain at all. The leech I had was smaller type. I heard the bigger type would be more troublesome.
    If you wanna avoid leeches, put lemongrass spray all over your body!
    サクテンでようやく暖を取ると、服にヒルがついているのを発見!最初は服についていただけと思い、振り払って安心していると、友人が「首から血が出てるよ!」
    確かに首を触ると血が流れていて、襟も血で汚れています。さっき払ったヒルが既にいっぱい血を吸っていたらしい。。。意外と全然痛くなくてびっくり。ちなみに僕が咬まれたのは小さいタイプのヒルで、大きいタイプだと厄介だそうです。
    ちなみにヒルには次の日にも、今度は腹部をやられました。。。
    ヒルを避けるには、レモングラスのスプレーを体に噴きつけておくのがいいらしいので、お忘れなく。
    P1060511.jpg

    The dog came all the way with us to Sakten. I'm amazed by him, considering the tough road and the fact that he had a small injury with his leg. I don't know why he followed us all the way, but I felt like he was protecting us along the trip.
    My friend who had visited Bhtuan once told me a story about a dog who led the way to Taktsang Monastery, which is located in the cliffside. I was reminded the story when the dog followed my way.
    メラの野良犬は、結局サクテンまでずっとついてきました!道が悪く、しかも犬は当初から足に少しケガを抱えてるようだったのに、驚きです。なぜこの犬が僕達についてきたのかは分かりませんが、何となく守り神のようでブータンらしいな、と思っていました。
    ブータンに来たことのある友人から、崖の上にあるタクツァン僧院へ行く道をずっと犬が先導してくれた不思議な話を聞いたことがあったので、すごくそれに近い気がして。
    P1060482.jpg

    On the next day, we walked around Sakten in the morning. Sakten was more developed than Merak in terms of housing structures.
    次の日の朝は、サクテンの町を散策。メラよりも、家の構造や町全体は発展しています。
    P1060530.jpg

    The long prayer flags, Darshing, are blowing in the wind. In Bhutan, 108 flags are raised to pray for a person who passed away. However, it may damage the nature if people cut trees every time somebody pass away. Therefore the government now limits the number of trees to provide for Darshing to 27 and encourages recycling used ones.
    祈りの旗、ダルシンが風にたなびいています。ブータンでは亡くなった人のために、108本のダルシンを立てて成仏をお祈りするそうです。
    ただ、人が亡くなる度に新しく木を切っていたのでは環境が破壊されるため、現在は1人のために27本の木のみが政府の許可のもと与えられるとのこと。それ以外は以前に使われていた木を再利用します。
    P1060532.jpg

    The government also encourages to use the horizontal flags (like the photo I put before) which do not require cutting trees.
    木を切らずにすむ、以前紹介したルンタと呼ばれる横に繋げた旗を政府は推奨しているそうです。
    P1060002.jpg

    We departed Sakten to head to Joenkhar. The dog started following us again, but our horse conductor threw a stone to send him back to Sakten...Hmm Maybe staying in Sakten is better for the dog to get food...
    ジョンカルという次の町へ向けてサクテンを出発すると、また犬がついてきました。ただ、この日の馬引きは石を投げて犬を追い返してしまいます。。。サクテンにいた方が食いっぱぐれずにすむので、いいのかもしれませんが。。。

    On the way, there was a big beautiful rock revealing and being prayed.
    道中には、祈りの対象となっている大きな岩が露わになっていました。
    P1060564.jpg

    Some paths were as muddy as the ones of the previous day, but other paths were pleasant with beautiful trees and stones covered with moss.
    前日と同じような泥道も続きますが、苔に覆われた緑が続く美しい道もあります。
    P1060590.jpg

    When we finished our lunch at a hat, we found the dog waiting for us! It seemed he followed us secretly! I had been feeling attached to him and had been sad when he had been thrown a stone, so it was a happy surprise that he still followed us.
    小屋の中で昼食を済ませて外に出ると、何と例の犬が待っていてびっくり!こっそり後をつけてきていたみたいです。前日ずっと一緒に歩いた犬には感情移入していて、石を投げられたのを可愛そうに思っていたので、思いがけず嬉しい再会です。
    P1060585.jpg

    We met a local family and we walked together. The older sister was carrying her little brother all the way. The brother looked very happy!
    途中、地元の家族に合流し、一緒に歩きました。お姉ちゃんが小さな弟をずっとおんぶしています。弟はずっと嬉しそう!
    P1060601.jpg

    We arrived at Joenkhar after 7-hour trekking.
    The students were very shy when they faced a camera. You see a girl hiding in the back?
    ジョンカルに、7時間のトレッキングの後到着です。
    地元の学生は、カメラを向けると恥ずかしがって顔を背けます。後ろの方に隠れている女の子がいるの分かりますか?
    P1060621.jpg

    We were sooooo happy when we found a hot shower in the guesthouse. We hadn't taken a shower in the past 4 days. It was so refreshing!
    ゲストハウスに熱いお湯が出るシャワーがあるのを発見して、一同大喜び!毎日汗をかいているにも関わらず、4日間シャワーを浴びられていなかったので。。。

    Trekking on the last day was only 2.5 hours from Joenkhar to Phong Me (which is about 1-hour drive from Trashigang). Finally we reached the goal! It was the longest trekking I ever had in my life. I was so relieved that I managed to complete it without altitude sickness and injury! Do I wanna have the trekking with the same length? Hmmm, not in the near future!
    次の日、最終日のジョンカルからポンメまでのトレッキングは2時間半でした(ポンメからタシガンは車で1時間弱)。ようやく、トレッキングのゴールに到着です!人生で一番長いトレッキングでした。高山病やケガなく終えられて、本当にほっとしました。
    また同じようなトレッキングに行きたいか?しばらくは勘弁です。。。

    Overall trekking was beautiful and pleasant, but one thing I noticed was plastic rubbish thrown on the way. The rubbish seems to be thrown by local people who are not aware that plastics are not bio-degradable. Before almost everything they had (e.g., fruits, vegetables) was degradable, so they have a habit of throwing things on the way. Awareness raising is needed to protect the environment.
    トレッキングは全体としてとても景色が良く快適だったのですが、一つ気になったのは、プラスチックのゴミがあちこちに落ちていたことです。これは、プラスチックが自然にもどらないことを知らない(もしくは気にしていない)地元の人達によって捨てられているとのこと。最近まで、果物の食べかすなど彼らの捨てるものは全て自然にかえるものだったため、その感覚で物を捨ててしまっているようです。景観と自然を守るためには、ゴミの処理に関する啓発が必要なようです。

    Another thing to note was the culture of returning a favor. My Bhutanese colleague was always thinking about what to give back to kind hospitality of the local officers or the horse conductors who supported our trip.
    We returned their courtesy by small gifts we had. This culture is very similar to Japan's culture to return the favor.
    他に今回の旅で気付いたのは、「お返し」の文化に関するブータンと日本の共通点です。同行したブータン人の同僚は、行く先々でお世話になった地元の関係者や馬引きにどんなお礼をするかについて、常に頭を悩ませていました。彼らのおもてなしに感謝して、持ち合わせのものでわずかながらもお礼をしたのですが、贈り物や親切に対してお返しをする日本の文化に非常に似ていて、地理的には近くない国なのに非常に近しいものを感じました。

    I conclude this trekking report with the photos of beautiful flowers!
    このトレッキング旅行記、途中で出会った綺麗な花の写真で締めくくります。
    P1060427.jpg

    P1060490.jpg
    スポンサーサイト
    2011/09/23(金) 17:36:10 ブータン観光・お祭り Bhutan sightseeing & festivals Trackback::0 Comment::0

    メラ・サクテンへの旅(2)メラへのトレッキング Trip to Merak & Sakten: Trekking to Merak

    After staying at Trashigang for 1 night to rest well and be ready for trekking, we woke up around 6am to drive for 1.5 hours to reach the starting point of trekking.
    タシガンに1泊してトレッキングに備えて十分休んだ後、午前6時に起床し、1時間半ドライブしてトレッキングのスタート地点へ向かいました。

    There was a family living at the starting point. The house had the poster to promote women's voting. In Bhutan, the first general election was held in 2008, merely 3 years ago. Contrary to the Middle East where general public needed to fight against the authoritarian regime in order to achieve democracy, democracy in Bhutan was proposed by the monarchy itself. The 4th king recongnized that the politial system to rely on an individual from the royal family was vulnerable in the long term.
    スタート地点に住んでいる家族の家には、女性の投票を促すポスターが貼ってありました。ブータンでは、初の総選挙が3年前の2008年に行われたばかりです。中東で民衆が民主主義を勝ち取るために独裁体制に立ち向かうのとは対照的に、ブータンでは前国王自身が民主主義を提唱、導入しました。第4代国王は、皇室の一人の人間に頼る政治体制では、長期的に脆弱性があることを危惧したのです。

    The country is still in a learning process for democracy, and the impacts of the new political system on GNH and people's life are yet to be seen.
    ブータンはまだ民主主義を取り入れるプロセスの過渡期にあり、この新しい体制がGNHや国民の生活にどのような影響を与えていくのかは、まだ分かりません。
    P1060051.jpg

    The grandpa at the starting point sent us off with a big smile.
    トレッキングに出発する僕達を、おじいちゃんが笑顔で見送ってくれました。
    P1060052.jpg

    It was such a relieving news that the bags and stuff would be carried by ponnies. It eased my stress about the survival in trekking.
    We could not get a local guide, so the horse conductor was the only one accompanying us and leading the way.
    大きな荷物は馬が運んでくれるというのを知り、かなりトレッキングへの不安が和らぎました。ほぼ手ぶらで歩けるのであれば、長時間でも何とかなるんじゃないかと。
    ローカルのガイドは手配できなかったので、馬引きのみが僕達に同行し、リードしてくれることになりました。
    P1060068.jpg

    We ran into local people living in the villages along the way. It was exciting to see their native costumes. Every man was carrying a big knife to avoid the wild animals or cut the branches disturbing the way.
    道の途中では、地元の村の人達とすれ違いました。彼らの独特な民族衣装を見られるのは楽しいものです。男性は皆、野生の動物を避けたり、枝などを切って歩いたりするための短刀を腰にしたがえていました。
    P1060094.jpg

    It started raining during lunch break. During our trekking, it rained almost every afternoon. It was quite unpleasant to walk under the rain, which brought slippery paths and cold temperature.
    The very young boy who helped us was already skillful in handling horses and binding the stuff.
    昼食の休憩の最中に雨が降ってきました。。。今回のトレッキングでは、ほぼ毎日、午後に雨が降りました。雨で寒い中、滑りやすい道を歩くのはかなり疲れます。
    男の子が雨の中、馬に荷物を載せるのを手伝ってくれましたが、幼いのに非常に手馴れていて感心しました。
    P1060097.jpg

    We needed to cross the river a few times with such a simple bridge.
    このようなシンプルな橋などを使い、川を何度もわたります。
    P1060130.jpg

    We walked and walked under the rain, but the horse conducter kept saying "Merak is still far away"... The only refreshment was a smile of children passing by.
    雨の中ひたすら歩き続けましたが、馬引きは「メラはまだまだ先だ」と繰り返すばかり。。。一体いつになったら着くのか。唯一、旅を盛り上げてくれるのはすれ違う子供たちの笑顔です。
    P1060146.jpg

    After 9 hours of trekking, we finally arrived at Merak just before sunset! Merak was such an idyllic village with nomad people.
    9時間のトレッキングを経て、ようやくメラに到着しました!日没ぎりぎりに間に合って助かりました。
    メラはまさに牧歌的というにふさわしい、遊牧民の暮らすのどかな村です。
    P1060157.jpg

    We heard that tourists usually took 2 days to reach Merak, so we were proud of our achievement. However, the locals surprised us by telling that they usually took only 3.5 hours for the same journey. 3.5 hours??? Unbelievable, but indeed the pace of the locals we passed by was quite fast. There was a local woman who accompanied us for a few hours, and she was knitting while walking on the slippery road! Probably our pace was too slow for her.
    観光客は通常メラへの道に二日かけると聞き、1日でやり遂げた自分たちを誇りに思うのもつかの間、何と地元の人達は3時間半で歩いてしまうと聞き、空いた口がふさがりません。自分たちは9時間もかかったのに、3時間半??信じがたいですが、確かにすれ違う地元の人々は早いペースで歩いていました。
    地元の女性が途中数時間一緒に歩いてくれたのですが、彼女は何と歩きながら編み物をしていました。岩などで足元が悪いと言うのに。。。彼女にしてみれば、よっぽど僕達の歩くペースはゆっくりだったのでしょう。
    P1060085.jpg

    The family welcomed us in Merak. The kids really look like Japanese, don't you think?
    メラでは家族が出迎えてくれました。子供たちの顔、日本人にそっくりと思いません?
    P1060159.jpg

    The building we stayed had Bukhari, the traditional wood-burning stove, with which we could warm our bodies and cook dinner. Kewa Datsi, the potato chilli dish, was very tasty after such a long trekking. Because we could not expect food to be sold in Merak and Sakten, we brought rice and vegetables for cooking. If you are traveling in a tour arranged by agents, you would have a cook accompanying you for the whole trekking trip.
    僕達が宿泊させていただいた施設にはボカリという、伝統的な薪ストーブがあり、雨で冷えた体を温めることができました。ボカリを使ってケワ・ダツィという、じゃがいもと唐辛子を使った夕食を作って食べました。さんざん運動した後のご飯は美味しいものです。
    メラやサクテンでは食糧が入手できるか分からないため、トレッキングには米や野菜を数日分持ってきています。僕達は地元の人に料理を手伝ってもらいましたが、旅行代理店を通じたツアーの場合は、コックがずっと同行して料理してくれることになります。
    P1060178.jpg

    Because of fatigue, we went to bed around 8pm.
    疲れがたまっていたこともあり、この日は20時には眠りにつきました。

    It was freezing when we woke up on the next day. Merak is located at 3,500 meters, so it gets really cold in the morning.
    翌朝は寒さで目が覚めました。メラは3500メートルに位置しているので、朝はかなり冷え込みます。

    This is the camping site in Merak. Tourists would stay in a tent as there are no hotels in Merak so far.
    メラのキャンプ場はこんな感じです。メラには今のところホテルはないので、観光客はテントで寝ることになります。
    P1060186.jpg

    We decided to stay at Merak for 1 day instead of directly heading to Sakten. Nomad people in Merak and Sakten are called Brokpa, and talk their own language.
    サクテンに移動するのは一日先延ばしにし、この日はメラを観光することにしました。メラ、サクテンにはブロクパと呼ばれる遊牧民が住んでいて、独自の言語を話しています。

    Women in Merak wear very colorful clothes and necklesses. They typically wear red and white silk ponchos, red silk jackets decorated with animal designs, and red wool capes. It is interesting that nomad people in other countries such as Mexico or Peru also wear similar colorful clothes although Bhutan and Latin America are far away.
    メラの女性はカラフルな服、首飾りをつけています。赤と白の絹のポンチョに、動物のデザインがほどこされた赤い絹のジャケットなどを羽織っています。以前訪れたメキシコやペルーの先住民も同様のカラフルな服を着ていたことを思い出します。ブータンと南米は遠く離れていますが、遊牧民が同じような文化を共有しているのは興味深いものです。

    The most unique feature of their outfit is the felt hat made from yak hair.
    Each hat has five tail-like "spouts" that allow water to drain and the head to stay dry.
    ブロクパの人々の最もユニークな特徴は、ヤクの毛でできた帽子です。
    5つの房がついていて、雨が流れるようになっています。
    P1060205.jpg

    The men wear leather pants under big, white wool trousers and red wool jackets.
    男性は赤いジャケットの下に白い半ズボンや革のズボンを履いています。
    P1060339.jpg

    This is Yak. They supply milk and meat for Brokpa families. Very hairy!
    これがヤクで、ミルクや肉を提供します。毛がすごい!
    P1060217.jpg

    This is Yak baby. Very cute!
    これがヤクの赤ちゃんです。可愛い~
    P1060220.jpg

    I saw many children helping housework. The people seem to be very diligent since they are a small child.
    子供が家事を手伝っているのを何度も目にしました。ブロクパは小さいときから、勤勉さを身に着けているようです。
    P1060248.jpg

    We walked to a village called Gengou, the village next to Merak.
    ゲンゴウという、メラの隣町まで歩きました。
    P1060262.jpg

    I found the "symbol" even here. Although Brokpa's way of living is very different from other Bhutanese, their religious belief in Buddhism seems quite similar.
    ここでも、例のシンボル「ポー」を発見です!ブロクパの生活は他のブータンとはだいぶ違うとはいえ、仏教に基づく信仰は非常に近いようです。
    P1060272.jpg

    Although we could not communicate in the same language, this old lady seemed to be inviting us to her house. We declined her offer as a courtesy for a few times since you should not accept people's offers immediately in Bhutan. It is expected to show the gesture of declining offers for a few times before accepting them.
    By the way, the drawing on the door is grandpa?? lol
    このおばあちゃん、言葉は通じないんですが、どうやら僕達を家に招いてくれているようです。ブータンでは、何か誘われたときや差し出されたときはまずは数回断るのが礼儀とされているので、それにならい最初は断ります。
    ちなみに、玄関のドアにある落書きはおじいちゃんでしょうか(笑)
    P1060273.jpg

    Because it seemed she really wanted us to come in, we finally said "Yes" to her offer. To be honest, I was very curious about how Brokpa's house looks like inside.
    The house was very simple but cozy and warm with Bukhari in the middle.
    でもおばあちゃんは本当に来てほしそうなので、僕達もお言葉に甘えることにしました。正直、ブロクパの家の中を見たくて興味津々でした。
    中は、シンプルだけどボカリを中心としてとても温かく、心地よい空間が広がっていました。
    P1060280.jpg

    She showed this stone to us, but we could not understand what it is for and why she showed it to us...
    おばあちゃんはこの石を見せてくれたのですが、この石が何の石でどんな意味があったのかは良く分かりません。。。
    P1060283.jpg

    She kindly offered us Suja, the traditional butter tea. We had only chocolates to share, but she seemed to like it very much. Though we could not communicate well, it was such a special treatment for us to spend the moment with her in her house full of her family's long history.
    親切にも、バター茶を出してくださいました。僕達はチョコしか持ち合わせがなかったのですが、おばあちゃんは気に入ってくれたようです。
    言葉は通じなくても、家族の歴史が詰まった家に招いていただいたのは、最高のおもてなしでした。
    P1060286.jpg

    ブータン 2011/09/19(月) 02:13:26 ブータン観光・お祭り Bhutan sightseeing & festivals Trackback::0 Comment::0

    メラ・サクテンへの旅(1) ブムタンとタシガン Trip to Merak & Sakten: Bumthang & Trashigang

    I visited Merak and Sakten, the villages located in the far East of Bhutan, where nomad people live their traditional ways of living. It was planned as an official inspection tour to monitor the tourist facilities in the area as the trekking course was newly opened to tourists a year ago.
    ブータンの東の果てに位置する、メラ、サクテンという遊牧民が伝統的な生活を送る村を訪問してきました。この地域は1年前にトレッキングコースが観光客に開放されたばかりなので、観光施設の視察を目的にした訪問です。

    Merak and Sakten are not accessible by cars, so we needed to do trekking for long hours to reach the villages. Including the road trip from the capital, Thimphu, to the East, the whole tour took 9 days in total.
    メラ、サクテンは道路が通じていないので、村にたどり着くには長時間、険しい道をトレッキングする必要があります。首都のティンプーから東の果てまで行くロードトリップを合わせると、合計9日間の長旅となりました。

    In this entry, I will write about the road trip through Bumthang and Trashigang before the trekking.
    今回は、トレッキングに至る前の、ティンプーからブムタン、タシガンという町へのロードトリップについて書きたいと思います。

    The first thing we encountered on the way from Thimphu was the landslide blocking the road. It is very common during rainy season. There was already a loading shovel clearing the rocks.
    首都を出発して数時間後にまず遭遇したのは、地滑りの現場でした。ブータンでは雨季には頻繁に起こるそうで、既にショベルカーが到着して岩石の除去を行っていました。

    P1050958.jpg

    Our car was the first one to be there, so the landslide must have happened just 5-10 minutes before we reached the point.
    It is pretty scary to imagine what if the landslide had happened when we were crossing the point... Look at the huge rock in the photo below!

    我々の車が最初に足止めをくらった車だったので、地滑りは恐らく5分か10分前に起こったばかりなはず。。。もしもう少し早めに現場を通過していて、地滑りの瞬間に遭遇していたらと思うと恐ろしくなります。下の写真の岩の大きさを見てください。。。

    P1050969.jpg

    However, our Bhutanese friend was not scared at all. According to her, "It didn't happened to us, so I'm sure it won't happen in the future, too! Nothing to be scared about."
    That's Bhutanese optimistic mentality coming from Bhuddism... Everything happens for a reason, so certain things do not happen for a reason.
    でも、ブータン人の友人は全く動じていません。彼女いわく、「私達の身に起こらなかったんだから、この先も絶対起こらないよ。何も怖がることなんてないよ!」
    これが、仏教の「カルマ」の考え方から来るブータン人の楽観主義でしょうか。起こったことは起こるべくして起こったことなので、逆に起こらないことは起こらない。。。

    One interesting fact I heard about the landslide is that prices in Thimphu soar up when landslide blocks the road between Thimphu and Phuentsholing, the town next to India where almost all the imports come through. Indeed landslide happens most frequently on the road from Phuentsholing.
    ところで地滑りについて興味深い話を聞きました。プンツォリンというインドに接するブータン第2の町とティンプーの間の道路で地滑りが起こって道が数日不通になると、ティンプーの物価が急上昇するそうです。ブータンは物資を輸入に多く依存していて、ほとんどの輸入品がプンツォリンを通して入ってきます。しかも、プンツォリン・ティンプー間の道路が一番地滑りが起こりやすいそうです。

    Anyway the road was cleared within 20 minutes, thanks to the efficient (and probably experienced) shovelling.
    とにかく、おそらく経験豊富なショベルカーのテキパキとした仕事のおかげで、20分ほどで道路は開通して先へ進むことができました。

    We passed Trongsa, the town with the beautiful dzong. Dzong is a fortress architecture with temples and administrative offices of local municipalities inside.
    かなり行くと、トンサという町の美しいゾンを通り過ぎました。ゾンは、寺院と地方自治体の行政機能を兼ね備えた要塞で、各県の中心的施設となっています。
    P1050978.jpg

    Finally we reached Bumthang after 8-9 hour driving from Thimphu. The hotel we stayed was quite comfortable, betraying my expectation in a positive way.
    ようやく、ティンプーから8,9時間かけてブムタンという中間地点に到着です!ホテルは思っていた以上に綺麗で快適でした。ブータンの地方のホテルにはあまり期待していなかったので、いい意味で期待を裏切られました。
    P1050982.jpg

    Kaila Choenzem Guest House is highly recommended if you visit Bumthang.
    ブムタンを訪問される際は、Kaila Guest Houseオススメです。
    http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g469426-d456028-Reviews-Kaila_Choenzem_Guest_House-Bumthang_Bumthang_District.html

    When we started driving next morning, we saw beautiful scenery of the valley in Bumthang. Especially the buckwheat flowers were shining under the morning sunlight.
    We, Japanese, eat noodles made of buckwheat called Soba. Here in Bhutan they make pancakes out of buckwheat.
    I heard that some farmers stopped raising buckwheat as its market values as cash crops are low. As a Japanese, I hope they will find ways to increase its values and continue farming buckwheat!
    次の日の朝早く出発すると、ブムタン地方の谷の美しい光景が広がっていました。中でも朝の光を浴びるソバの花は一際輝いています。ソバの花がこんなに綺麗だとは知りませんでした。
    ブータンではソバはパンケーキにするのが典型的な料理です。ただ、換金作物としての価値が低いので、ソバをやめて他の野菜に切り替える農家も多いそうです。日本人としては、ソバ文化を是非継承してほしいです。
    P1050989.jpg

    Soon we passed the highest point on the course. 12,400 feet means 3779.5 meters. Wow, it is just higher than Mt.Fuji in Japan! The highest mountain in Japan is 3776 meters.
    しばらくすると、周辺道路での最高地点に到着しました。12,400フィートということは3779.5メートルなので、ちょうど富士山より高いことになります!
    P1050998.jpg

    There and also everywhere along the road, we saw a lot of prayer flags. They are inscribed with auspicious symbols, prayers, prints of Buddhist protectors and enlightened beings. Prayer flags are raised outside homes, hung on bridges, hilltops, and places of spiritual importance. It really shows how religious Bhutanese people are.
    If you are interested in more details about Bhutanese prayer flags, check out this page:
    http://www.bhutantravelportal.com/miscellaneous/prayer_flags.php

    この要所および、道中の至るところで、ルンタと呼ばれる祈りの旗を多く目にしました。ルンタには仏教の経文が、縁起にいいシンボルなどとともに刻まれています。ルンタは家の外、橋の上、丘の頂上、その他スピリチュアルなスポットに掲げられていて、風に吹かれる度に、経文を一度読んだのと同じご利益があると信じられています。
    ブータン中で風にたなびくルンタは、ブータンの人々の仏教に対する敬虔さを表しています。

    P1060002.jpg

    P1060006.jpg

    So many cows were walking along the road, and our car needed to slow down or stop for quite often. But our driver rarely blew a horn and just waited with patience and carefully avoided hitting them. I heard that the Prime Minister ordered not to make roads in Bhutan straight in order to prevent cars from getting on a high speed and hitting animals.
    道路では、しょっちゅう牛がのほほんと道を遮っていました。でも運転手はめったにクラクションなど鳴らさず、根気強く牛がどくのを待ち、ぶつからないように避けて運転します。
    ブータンには直線道路がほとんどないのですが、それは首相が、「直線道路を作るとスピードの出しすぎで牛などの動物が轢かれてしまう」ので、あえて山の形に沿った昔ながらの曲線道路をキープさせているのだそうです。

    P1060008.jpg

    There were many beautiful waterfalls along the way.
    綺麗な滝も、道中にいくつも見かけました。
    P1060010.jpg

    We had lunch at a town, Mongar. Behind the old town, there were many new apartments being constructed, reflecting the growing economy and construction bubble.
    途中、モンガルという町で昼食をとりました。古い町並みの後ろには、アパートの建設ラッシュが起きていました。ここでも経済成長と建設バブルの影響が感じられます。
    P1060018.jpg

    So many chilis were being dried in the sun... Yes, chilis are the main vegetable in Bhutanese dish.
    こんなにたくさんの唐辛子が軒先で天日干しされています。。。そうです、ブータン料理のメインの野菜は唐辛子なんです。
    P1060022.jpg

    And this big men's symbol was drawn on the wall of the shop next to the restaurant we had lunch! I realized that there were so many houses and buildings with this symbol on their wall.
    昼食をとったレストランの横の店の壁に、男性のシンボルが描かれているのを発見!よく見ると、他の家の壁にもいっぱい描かれています。
    P1060024.jpg

    Traditionally this symbol in Bhutan has been intended to drive away the evil eye and malicious gossip. Actually some Japanese shrines also worship the same symbol.
    「ポー」と呼ばれるこのシンボルは、ブータンでは伝統的に魔除けの効果があると信じられていて、絵や彫刻などの形でそこら中に飾られています。日本でも確かに、祀ってある神社がありますよね。
    P1060027.jpg

    After about 8-hour drive from Bumthang, we arrived at Trashigang, from where we can start trekking.
    Trashigang is located 550km east from Thimphu. Trashigang is the center of the most east dzongkhag (prefecture), which has the biggest population outside Thimphu.
    ブムタンからこの日も約8時間のドライブを経て、ようやくトレッキングの起点となるタシガンに到着です。ティンプーから東に550kmに位置するタシガンは、首都以外で最も多く人口を抱える県の県庁所在地となっています。
    P1060038.jpg

    There was a big Mani wheel near the hotel. People spin the prayer wheel clockwise to accumulate wisdom and merit (good karma) and to purify negativities (bad karma). Why is it necesary to be clockwise? It's because the mantras are written clockwise and the movement of the sun across the sky is clockwise.
    ホテルのすぐ前の広場の真ん中には、マニ車がありました。マニ車を時計回りに回すと、ご利益を積み、悪行を清めることができると信じられています。なぜ時計回りかというと、経文がその方向に書かれているのと、太陽が空を回る方向から来ているそうです。

    P1060037.jpg

    I also spun the Mani wheel, praying for the safe trekking trip. To be honest, I was quite nervous if I could survive the long trekking without getting altitude sickness or injury.
    僕もトレッキングの無事を祈って、マニ車を回しました。正直、ブータンに来て間もないのに高山病やケガなくトレッキングを終えられるかかなり不安だったんです。。。

    How did the 5-day long trekking trip go? Stay tuned... :)
    5日間にわたるトレッキングがどのようなものになったかは、次のお楽しみに!
    ブータン 2011/09/17(土) 03:48:03 ブータン観光・お祭り Bhutan sightseeing & festivals Trackback::0 Comment::3
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。