Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ついにブータン到着!Arrived at Bhutan!

    Finally I arrived at Bhutan on Thursday! I took Druk Air, the airline of Bhutan, from Bangkok. The plane departed Bangkok at 6:50am (Bangkok time), and arrived at Paro, Bhutan at 10:15am (Bhutan time. It's 11:15am in Bangkok time). On the way, the plane stopped at a town in India for about 20 minutes for some passengers to get off.

    遂にブータンに今週木曜日に到着しました!ドゥク・エアというブータンの航空会社の飛行機で、タイのバンコクを朝6:50(バンコク時間)に出発し、ブータンには10:15(ブータン時間。バンコク時間では11:15)に到着しました。途中でインドのある町で20分ほど寄り、数人の乗客を降ろしていました。

    Drukair

    During the flight, a Bhutanese guy next to me talked to me in Dzongkha, the local language. He thought I was a Bhutanese from my appearance. It is said that Bhutanese people look like Japanese, so it was not a big surprise. I was kinda happy to be recognized as a Bhutanese. Anyway, my face is always mistaken to be locals' in other Asian countries such as Korea and China.
    飛行機で隣に座ったブータン人には、ブータンの国語であるゾンカ語で話しかけられました。僕の見た目から、てっきりブータン人だと思ったとのこと。ブータン人は日本人に良く似ているとは聞いていたので、間違われても驚きではありませんでしたが。ブータン人に見えると言われると、逆にちょっと嬉しかったり。ま、そもそも僕は韓国なら韓国人、中国なら中国人に間違われる顔つきなんです。

    They are performers of Bhutan's folk music. They went to Taiwan to perform.
    彼らはブータンの伝統音楽・伝統舞踊の担い手で、台湾まで2か月ほどパフォーマンスに行っていたとのことでした。
    Performers

    Even the duty free magazine is named "Happiness." lol
    免税品を扱う機内誌も、「Happiness」のタイトルがつけられています(笑)。
    Happiness

    I couldn't get the window seat on the left side, from which we could see beautiful Himalayan mountains. But I saw beautiful rice field from the window on the right side.
    バンコクからブータンへの飛行機では、左側の窓の席からヒマラヤの絶景が見れるそうです。残念ながら僕がチェックインしたときは左側は全て埋まっていました。代わりに取った右側の窓からは、綺麗な棚田の様子が見られました。平地の少ないブータンでは、棚田が圧倒的に多いそうです。
    From airplane 1

    飛行機が降下する中、山と尾根の風景が続きます。
    From airplane 2

    And finally I landed at Bhutan! The first thing I found was the beautiful airport buildings in traditional style.
    いよいよブータンに着陸です!まず目に入ったのは、伝統様式の空港の建物でした。
    Airport

    The sky is so blue...I've never seen this blue in Japan or other countries.
    そして、空の青さに圧倒されます。こんなに青い空は、日本や他の国では見たことがありません。
    P1050798.jpg

    The pictures of the kings welcomed us. The first king is on the left, and the current 5th king is on the right. They are all handsome!
    タラップを降りると、歴代の国王の写真が歓迎してくれます。一番左が第1代の国王で、一番右が現在の第5代国王です。みんなイケメンですね。
    P1050800.jpg

    The ad of Bhutan Telecom is saying "Welcome to the land of GNH."
    ブータンの電話会社の広告も、「GNHの国へようこそ」と謳います。
    P1050803.jpg

    The officers at the immigration wear traditional clothes, Gho. The law in Bhutan requires people to wear the traditional clothes. Bhutan appeals its uniqueness one after another since the very first moments of arrival!
    入国審査の係員も、民族衣装のゴを着用しています。ブータンでは、法律で民族衣装の着用が義務付けられているのです。到着早々、ブータンらしさを次から次へ見せつけられる感じです。
    P1050813.jpg

    The road from the airport to Thimphu, the capital city, is a winding road along small mountains.
    空港のあるパロから首都ティンプーへの道は、小高い山に沿ったくねくね道です。けっこう酔う、という噂を聞いていたのですが、ここ数年で整備が進んだのか、ドライブは非常にスムーズでした。政策によって保護されている豊かな自然が、夏の日差しに美しく映えます。
    P1050818.jpg

    The houses are built in traditional style and scattered. Very different from Japan where houses are built densely. The population in Bhutan is about 700,000, so no wonder the density is different.
    家も伝統的なスタイルで建てられています。家が密集して建てられている日本とは違い、家はまばらです。ま、何せ人口が約70万人ですからね。
    P1050824.jpg

    Welcome to Thimphu! It is about 1-hour drive from the airport.
    首都ティンプーに到着!空港から約1時間でした。
    P1050827.jpg

    The first thing to welcome me in Thimphu was the Buddhist stupa called Chorten. Bhutan is a very dedicated Buddhist country.
    ゲートをくぐると、チョルテンと呼ばれる仏塔がまず目に入ります。さすが敬虔な仏教国。
    P1050828.jpg

    There is a construction boom in Thimphu. The driver lamented that there were beautiful rice fields 10 years ago where hotels and apartments are constructed now.
    首都では建設ラッシュが起きていました。運転手は、「10年前はこの辺りは美しい田園風景が広がっていたのに、、、」と嘆いていました。
    P1050830.jpg

    The government found me a very nice house to live. The landlord families live next to my house, and they grow a lot of fruits and vegetables organically in the garden. They welcomed me with their apples :)
    早速これから一年住むところに連れて行ってもらいましたが、政府は、とても素敵な家を住居としてあてがってくれました。大家の家族がすぐ隣に住んでいて、庭では様々な種類の果物を有機栽培しています。早速、庭で取れたりんごで歓迎してくれました。
    P1050833.jpg

    The colleagues my age welcomed me at the house and drove me to go shopping. They speak English fluently and are very friendly. The first day in Bhutan went very happily, seeing traditional culture and great nature supported by the GNH policy, and feeling great hospitaly of Bhutanese people. I look forward to the year ahead in Bhutan!
    同僚となる同年代の政府の官僚が家まで様子を見に来てくれ、車を出して必要なものの買い出しに付き合ってくれました。彼らは英語を堪能に話し、非常にフレンドリーです。
    ブータンでの初日は、GNH政策に保護される伝統文化や豊かな自然との出会いと、ブータンの人々の温かいもてなしのおかげで、とても幸せに迎えることができました。これからの一年が非常に楽しみです!
    スポンサーサイト
    2011/08/26(金) 02:02:38 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::4

    パパラギ:「開発」は何を目指すべきか?What should "Development" aspire to?

    最近読んだ「パパラギ - はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集」という本は、ブータンへ赴任するにあたって非常に大切な視点を与えてくれました。

    The book I recently read, The Papalagi, gave me an important insight before going to Bhutan.

    この本は1920年に出版されたもので、サモアの酋長が訪問したヨーロッパについて、彼が島の仲間たちに聞かせた演説で構成されており、その内容は痛烈な文明批判になっています。ちなみに「パパラギ」はヨーロッパ人(もしくは先進国の人々)を指した言葉です。

    This book issued in 1920 contains speeches given by a Samoan chief named Tuiavii to his fellows about his trip to Europe. He criticizes acutely the way of life in European civilization. "Papalagi" refers to Europeans, or people living in developed countries.

    絵本版から一部内容を抜粋すると、
    Let me make some extracts (Sorry about my poor translation!)

    「パパラギの小屋は石でできていて、きっちりした箱のかたちをしている。
    たいていの小屋には、サモアのひとつの村と同じくらい、たくさんの家族が入っている。
    それぞれの家族は、壁一枚を隔てて隣り合っているのに、他の家のことは何も知らない。
    彼らはほとんどお互いの名前も知らず、入口で会ったとしても、いやいや頭を下げるか、怒った虫のような、低いうなり声をかわすだけだ。一緒に住んでいることが、よほど面白くないらしい」

    Papalagi's cottages are made of stones, and formed in rigid boxes.
    Most of cottages accomodate as many families as a village in Samoa could have.
    The families live with only a wall in between, but they don't know each other at all.
    They don't know even others' name. Even when they pass each other, they just bow hesitantly or greet with angry voices. They seem not happy at all about living together.


    「パパラギはこう言う。『この椰子は私の物だ』。
    椰子が彼の小屋の前に生えているからそう言うのだ。まるで椰子の木を自分で生やしたように。
    椰子は誰の物でもない。自然の大きな力が作った物ではないか。
    百枚のむしろを持っていても、持たない者に一枚もやろうとしない。それどころか、持っていないことをその人のせいにしたりする。
    誰かひとりがたくさんの物を持つのは大自然の心ではない。」

    Papalagi says, "This palm tree is mine."
    He says so because the tree grows in front of his cottage as if he had raised the tree himself.
    The tree is of nobody. The great nature raised it.
    Papalagi who owns 100 mattings does not give even 1 matting to those who do not own. He even blames the one for not owning anything.
    The great nature does not want someone to own too many things.


    「パパラギがとりわけ好きなのは、手には持てないけれど、そこにあるもの - 時間である。
    パパラギは時間に満足しないで、神様に不平を言う。『どうしてもっと時間をくれないのです』。
    あるパパラギは、使用人が約束の時間よりほんの少し遅れてきただけで、目をむいて、頭が破裂したみたいに赤くなったり青くなったりした。
    『おまえは私の時間をいっぱい盗んだ。時間を大切にしないやつは生きている資格がない』
    こう言って使用人を追いだしてしまった。
    私は彼らに教えてやりたい。日の出から日の入りまで、ひとりの人間には使いきれないほどたくさんの時間があることを。」

    Papalagi particularly like what they don't own but there is - Time.
    Papalagi are never satisfied by time. They complain to their god - "Why don't you give more time to me?"
    One Papalagi got upset, turning his face red and blue when his maid came late a little bit.
    "You stole my time a lot! You are not worth living if you don't treasure time."
    He kicked out the maid by shouting the words.
    I want to tell them that one human being has plenty of time from sunrise to sunset that he/she cannot even use up.


    酋長ツイアビの言葉は、先進国の私達が普段大きな疑いもなく追求している文明の発達について、本当にそれが目指すべき方向性なのか、疑問を投げかけています。

    The words by the chief Tuiavii question the direction of civilization we in developed countries pursue without much doubts.

    私はジョージタウン大学の外交政策大学院で「開発」を専攻しましたが、この本を読んだとき、必修の授業だった「開発学理論」の第1回の授業で教授が投げかけた質問を思い出しました。

    I studied Development at MSFS (Master of Science in Foreign Service) at Georgetown University. This book reminded me the question my professor raised at the first meeting of the class, Development Orthodoxes.

    その教授は、経済発展段階に応じた「低開発国、発展途上国、先進国(Underdeveloped, Developing, Developed)」というカテゴリーを黒板に書き出し、「果たして開発の道は、このように単純に一直線のものなのだろうか?」と問いました。
    教授は答えは与えてくれませんでした。学生が在学中および卒業してからもこの問いを考え続けることを期待したのだと思います。

    The professor wrote the different status of development on the white board, "Underdeveloped, Developing, Developed." and asked "Is Development path unilinear?" He questioned if the path of development is as simple as these categories can classify.
    He did not give us an answer. I thought he was expecting the students to continue thinking about this question even after graduation.

    「開発」の業界では、貧困削減を大きな目標として、低開発国や途上国の経済水準を最終的に先進国並みに引き上げることが政策立案の前提にあることが多いですが、それはアメリカ的で画一的な生活を押し付け、伝統的な文化や生活様式の破壊を結果的に促すような、グローバリゼーションの負の側面を助長する危険性を孕んでいます。

    In the arena of Development, we often target raising the standard of living in underdeveloped and developing countries to the level in developed countries, having poverty alleviation as the ultimate goal. However, pursuing this target always involves the risk of negative consequences of globalization, which is to push American/Western way of living and destroy the indigenous and traditional culture.

    ブータンが長い間鎖国状態を続けて、単純な近代化から距離を取ってきた姿勢は、サモアの酋長ツイアビの姿勢に少し重なるところがあります。そんなブータンも、首都を中心に急速な近代化が進みつつあり、国としての岐路に立たされているように見えます。GNHを骨格に、ブータンが他国のような直線的な開発とは違った近代化の形を示せるのか、今が正念場のような気がします。中国が経済成長と引き換えに環境を破壊し、日本が国としての目標を見失い、欧米が制度疲労を起こしてしまっている今だからこそ、ブータンには「幸せ」を軸とした新たな国づくりに成功してほしいと思います。

    Bhutan's past policy to close the country to foreign influence and distance from simplified modernization has something similar to the attitude of the Samoan chief.
    Even Bhutan is now facing rapid modernization centered in the capital, Thimphu. The country seems to be at the turning point of development, trying hard to show the alternative way of modernization based on GNH (Gross National Happiness).

    Now China has been degrading environment severely in exchange for the rapid growth. Japan is losing the direction of development. The US and Europe are facing crisis due to the systemic fatigue. Because these developed and emerging countries are struggling now with their traditional approach, I hope Bhutan will succeed in the new way of development ensuring people's happiness.

    ブータンで仕事をする上では、決して先進国側の論理で「こうあるべき」というものを押し付けることなく、ブータンの人達が進みたい方向に進むことをサポートすることが肝要だと思っています。

    In the next 1 year I work in Bhutan, I believe it is important for me not to push the theories of developed countries but support the way Bhutanese people want to pursue.

    ちなみに「パパラギ」は、開発業界における大先輩である慶長寿彰さんが世銀プロというサイトのインタビューで推薦されていたのを見て、手にしてみました。
    世銀プロは、世界銀行で働くことに興味のある学生や若手を対象とした情報発信が行われているウェブサイトで、私自身大変参考にさせていただいています。
    http://www.wbpro.jp/
    I read The Papalagi because the senior Japanese staff at the World Bank, Toshiaki Keicho, recommended the book at his interview. I would love to be like him in the future who can provide advice and mentoring to young professionals interested in development.

    慶長寿彰さんは八戸市役所から世界銀行へ転職された経歴をお持ちで、国際公務員になるためのアドバイスを、ご自身のサイトやブログを通じて早くから発信されていました。私の周囲の同世代にも、慶長さんのサイトを通じて開発や国際機関への道を志した人が少なくありません。
    彼の経歴はこちらのインタビューに詳しく載っています。
    http://www.wbpro.jp/interview/toshiaki_keicho.html

    奇遇にも慶長さんは世銀でブータンを担当されており、お会いしてお話を聞かせていただきました。ブータンを何度も訪問された様子が書かれたブログを今読ませていただいているところです。
    He happens to be in charge of Bhutan in his job, so I have met him in DC and got some advice. I have been reading his blog to learn what he has done and seen in Bhutan.
    http://ameblo.jp/keicho/

    国際公務員を目指している方は、彼のサイトもオススメです。
    http://www.keicho.com/

    「パパラギ」は、このブログを書いている途中で実は(おそらく)フィクションだと言うことが判明したのですが、それでも貴重な視座を与えてくれることに変わりはありません。
    I got to know when I was writing this blog that The Papalagi is fictional. Still I believe that the book gives us interesting insights.(Link for English version follows at the end)


    絵本版はこちら。


    English version available in the US:

    2011/08/20(土) 02:13:07 途上国の開発 (Development in general) Trackback::0 Comment::0

    幸せの定義 How do you define happiness?

    In Bhutan, one of my objectives is to understand how Bhutan defines GNH, Gross National Happiness, and how the country implements policies to promote GNH. There must be some lessons Japan and other countries can learn from Bhutan's approach.

    ブータンでは、ブータン政府がGNH(国民総幸福)をどう定義し、そして促進しているのかを理解することが私自身の大きな目的の一つになります。日本や、他国が学べることが何かあるはずです。

    I traveled in Brazil in July, and encountered a very interesting exhibition related to happiness.
    The exhibition is called "6 billion others."
    先月、大学院卒業後にブラジルを旅行していた際、「幸せ」に関連する興味深い展示に遭遇しました。世界中を巡回しているその展示は、「60億人の他人」というものです。

    The project conducted video interviews with 5000 people in 75 countries, asking the fundamental questions about the family, love, fears, dreams, and happiness.
    そのプロジェクトでは、75カ国で5000人にビデオインタビューが行われ、家族、愛、恐れ、夢、そして幸せなどに関する根本的な問いへの答えが集められました。

    The example questions include: "What have you learnt from your parents? What do you want to pass on to your children? What difficult circumstances have you been through? What does love mean to you?"
    質問の例としては、「親から学んだことは何ですか?」「次の世代に伝えたいことは?」「人生で直面した困難な経験とは?」「愛はあなたにとってどんな意味を持ちますか?」などがあります。

    One of the questions is "Are you happy? How do you define happiness?"
    Before seeing the others' answers, why don't you try to come up with your own answer?
    質問の一つは、「あなたは幸せですか?あなたは幸せをどう定義しますか?」というものでした。下のビデオはこの質問に関する世界中の人々の答えを集めたものですが、ビデオを見る前に自分なりの答えを考えてみて、比べてみると面白いと思います。

    Here is the video with answers from all over the world:



    As we can easily see, the definition of happiness varies significantly by individuals. Some think happiness is hardly attainable, and others think they can be happy every day.
    このビデオからも分かるように、「幸せ」の定義は人それぞれです。幸せを手に入れるのはとても難しいという人もいれば、幸せは毎日感じられる、という人もいます。

    Because everybody has a different idea about happiness, setting happiness as a policy goal is a very challenging task. I think the Bhutan's former King, Jigme Singye Wangchuck, was very brave when he proposed GNH back in 1970s. I will write more about how Bhutan defines GNH under the latest policy as I find it out.
    幸福に関する考え方が個人で違う現実において、幸福を政策目標とするのは非常に難しい課題です。GNHを1970年代に提唱したブータンの先代国王は、本当に勇敢だと思います。
    ブータンが現在GNHをどう定義しているかについては、また今後書きたいと思います。

    By the way, I myself think we can be happy every day. I think happiness is largely related to how we perceive life and the world. And I don't deny that material, environmental, and relationship (family, love, friends etc) status would influence the conditions of oneself to perceive happiness.
    私自身は、幸せは日々感じられるものだと思っています。人生や世界をどう捉えるか、心の持ちようによるのではないでしょうか。もちろん、物質面、自然環境、家族や友人等の人間関係などの面が満たされているかどうかで、心の持ちようが影響されてしまうとは思います。

    The recent experience I felt happiness was when I traveled with my parents to Tohoku. Seeing my dad enjoying Japanese traditional dance and my mom excited by seeing beautiful butterflies and dragonflies made me very happy.
    何だか話が固くなってしまったので、最近幸せを感じた瞬間を最後に紹介すると、東北に両親と旅行に行った時に、炭坑節の盆踊りを踊って楽しむ父や、大阪では見られないような色とりどりの蝶やとんぼを見てはしゃぐ母を見たとき、「幸せやな~」と感じました。

    上記で紹介した展示は、下記のウェブサイトで詳細を見ることができます(英語ですが)。
    More information about the exhibition is available in
    http://www.6milliardsdautres.org/

    他のテーマのビデオを見たい場合は、6bO TESTIMONIESをクリックして、thematic moviesを選んでください。
    You can see the video interviews with other themes by:
    Click 6bO TESTIMONIES, and then thematic movies

    ここに他に興味深いビデオを貼りつけてきます。
    Herewith I attach other interesting themes:
    Theme: Meaning of life (人生の意味)

     
    Theme: Love (愛)

    2011/08/11(木) 16:29:12 ブータンGNH (Bhutan GNH) Trackback::0 Comment::0
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。