Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    釜石の被災地訪問: Visit to Kamaishi, the affected area in Tohoku

    (English follows)

    両親と東北の岩手に旅行に行ってきました。
    人生で初めての東北です。花巻温泉、平泉、遠野でそれぞれ一泊しましたが、それぞれに全く違う魅力がありました。
    その魅力は次のエントリーで書くとして、今回は訪問した被災地・釜石の様子について書きたいと思います。

    I'm just back from a trip with my parents to Iwate prefecture in Tohoku, the north area. It's my first time to visit Tohoku. I will write about the charms of Tohoku in the next entry. Here I'd like to post some photos from Kamaishi, one of the port towns hit severely by Tsunami.

    釜石は遠野から快速で1時間ほどの港町です。
    駅を降りると、まず集められたがれきの山が目に入りました。
    The first thing we noticed was a huge amount of rubble outside the train station of Kamaishi.
    釜石駅前のがれきの山

    市街地を歩くと、港に向かうに連れて津波の痕跡が強くなります。商店街の1階部分は、港から1キロ以上離れたところもほぼ全ての店で破壊されていました。
    As we walked toward the port, the impact of the Tsunami became stronger. The first floors of shops and houses were completely destroyed. A few are already cleaned, but most are not.
    歪んだシャッター

    The gas station is distorted.
    破壊されたガソリンスタンド

    Tsunami hit even 2nd, and 3rd floors at the area closer to the port.
    2階部分まで崩れた本屋

    It is unbelievable how strong Tsunami was to destroy cars and trucks.
    車、トラックも原型を留めていない

    車は引っくり返ったまま

    大型船すらも津波で港に乗りあげられたままです。
    Even the big ship was brought onto the land by tsunami.
    大きな船が乗りあげられている

    町には人はほとんど歩いていません。空いていたコンビニでは、「頑張ろう釜石」の旗が掲げられていました。
    There were few people walking on the street. The convenience store was one of the few stores open, and it had a sign with the slogan, Ganbaro Kamaishi (Cheer up, Kamaishi).
    がんばろう釜石

    地元の方の話によると、未だに港には遺体が打ち上げられるそうです。
    被災地の様子初めて目の当たりにし、改めて津波の破壊力の強さを見せつけられました。恐ろしいのは、他の陸前高田などの町は、釜石よりももっと被害が深刻だったという事実です。釜石は1階部分や2階部分は破壊されていたものの、建物自体は残っているところがほとんどのようでした。陸前高田などは、建物ごと町が完全に海に飲まれたと聞いています。そこに居合わせた方々の恐怖は想像を絶します。

    According to the local, even now dead bodies are washed ashore.
    As it was the first time for me to visit the affected area, I was stunned by the devastating power of Tsunami. The scaring fact is that other towns such as Rikuzen Takada had much more significant damages than Kamaishi. The buildings were still there in Kamaishi although 1st or 2nd floors were destroyed. In Rikuzen Takada, buildings were completely washed away. I cannot imagine how frightening it was to be on the spot.

    釜石では被災者の方々の仮設住宅への入居が進み、避難所は閉鎖されるようですが、被害のひどかった気仙沼では、未だに仮設住宅の抽選が当たらずに、避難所での生活に強いストレスを抱えている方が多いそうです。
    In Kamaishi, affected people got into temporary housing built by the local government, so the evacuation centers will be closed soon. However in other towns hit more severely such as Kesen-numa, people are still waiting to win the draw for the temporary housing. The people are feeling strong stress due to the long period living in the evacuation center without privacy.

    遠野に泊まっていた昨晩、夜中にM6.4の地震がありました。遠野での震度は3くらいで、福島などに比べると弱かったようですが、それでも地震の起きた瞬間は両親とともに大きな不安にかられました。
    私自身は震災当時アメリカに留学していたので、実際に東日本大震災の余震を体験するのは今回が初めてでした。地元の方は少しくらいの余震ではもう驚かないとおっしゃっていましたが、それでもその瞬間はその地震がどれくらいの規模になるかは誰にも想像できないため、余震が続くストレスは相当なものだと思います。

    Last night I experienced the M6.4 aftershock during the night. The intensity at my place was not so strong, but my parents and I were a bit scared...
    Since I was studying in the US until recently, last night was the first time for me to experience the aftershock. The locals told me that they would not be surprised by small aftershocks anymore, but I'm sure their stress to cope with the fears of aftershocks on a daily basis is significant.

    被災地はまだまだ支援を必要としています。震災から5か月近く経ち、テレビが原発以外のことを取りあげることが少なくなってしまった今こそ、被災していない自分たちに何ができるかを考えることが必要だと感じました。
    The affected areas still need significant support. Almost 5 months have passed since the earthquake and TV news is now focusing on nuclear issues. It is important for us to think about what we can do to support the area and the people affected.
    One simple way is donation. JEN is one of the most trusted NGOs operating in the affected area, and you can donate by credit card:
    http://www.jen-npo.org/en/index.html
    スポンサーサイト
    2011/07/31(日) 21:47:35 日本 Japan Trackback::0 Comment::0

    My very first blog! ブログ開始!&自己紹介

    (English follows)

    この度、人生で初めてブログを始めることにしました。
    次の仕事がブータンと決まった際に、多くの友人に「ブータンの様子をブログでアップしてほしい」と頼まれたことがきっかけです。

    プロフィールにも書いていますが簡単に自己紹介をすると、大阪出身で京都大学法学部を卒業後に、経営コンサルティング会社マッキンゼーに就職しました。
    1年余り東京で働いた後に、ドイツのフランクフルト支社に転勤。ドイツ語ができないためにドイツではなく、ヨーロッパ、中東での英語のプロジェクトを担当しました。当初転勤は1年の予定でしたが、新興国の経済に貢献する醍醐味と、様々な国籍の人と仕事をするダイナミズムに取りつかれ、結局3年間フランクフルト支社に勤務しました。
    その間、分野としては金融セクターを担当し、国としてはエジプト、リビア、サウジアラビア、台湾、ギリシャなどでプロジェクトに従事しました。

    しかし、元々興味のあった途上国開発にキャリアを変えるため、退職し、ワシントンDCにあるジョージタウン大学の外交政策大学院に留学し、開発学を専攻。今年の5月に卒業して、今に至ります。在学中には、世界銀行、IFC、米州開発銀行などでインターンをしました。

    卒業後の進路を考えている際にブータンでの首相フェローという仕事を見つけ、幸いにも採用していただくことができ、9月より1年間働くことになりました。

    留学経験や海外でのコンサル経験などは、おいおい機会を見つけて書いて行ければと思います。

    このブログの目的は、大きく3つあります。

    1.訪問することが未だに容易でないブータンという国の様子を、現地からレポートすること。世界から注目されているGNH(国民総幸福度)の概念・政策をはじめ、何気ない人々の日常などを伝えられればと思います。

    2.開発、ひいては国際的なキャリアに関心を持っている学生や若手の方に、キャリアを考えるのに参考となる情報などをシェアすること。ゆくゆくは気軽に質問にも答えられればと思っています。

    3.内省の機会を意識的に持つことで自分自身の考えを整理し、深め、そして発信すること。

    海外に友人が多くいるので、ブログは日本語と英語の両方で行います。それぞれをどういうバランスにするか、ブログをどれくらいの頻度で更新するか等は、やりながら自分のペースを見つけて行きたいと思っているので、どうぞ温かく見守ってください。ブログを書くルールみたいなものは全然分かっていないので、経験者の方がいればぜひご指導ください!

    Dear all,

    I decided to start a blog for the first time in my life.
    When I got an offer from the government of Bhutan, my friends asked me to write about the life in Bhutan.

    Let me introduce myself.

    I'm originally from Osaka, Japan. After obtaining a bachelor degree from Kyoto University, I entered McKinsey, a management consulting company.

    After 1 year in Tokyo, I moved to the Frankfurt office. Because I don't speak German, I was assigned to English-speaking projects in Europe and the Middle East. The original plan was to go back to the Tokyo office after a year, but I ended up working for the Frankfurt office for 3 years as I was fascinated by the emerging economies and the excitement to work with people from different countries.
    During the period, I focused on the financial sector, and worked in Egypt, Libya, Saudi Arabia, Taiwan, Greece etc.

    To change my career to development, I quit the company and started studying International Development at the MSFS program (Master of Science in Foreign Service) at Georgetown University in Washington DC.
    I just graduated in May. During the program, I interned at the World Bank, IFC, and Inter-American Development Bank.

    When I was doing job-hunting, I found the Prime Minister Fellow position with the government of Bhutan. Fortunately I got an offer, so I will start working in Bhutan from September.

    I am planning to write about my study and consulting experiences as well.

    This blog has 3 objectives:

    1. Report the latest situation in Bhutan, where not so many people can visit. I will write about various things from concept and policies related to GNH (Gross National Happiness) to people's daily life.

    2. Share information to students or young professionals interested in careers in development

    3. Step back, reflect and deepen my thought and communicate

    I haven't decided yet how much I write in Japanese and English. I'm not sure how often I update the blog. I will get my pace as I go on.
    Any advice is welcome especially on my English grammatical mistakes. Thanks!!! 2011/07/27(水) 21:54:42 自己紹介・日記 (Profile, diary) Trackback::0 Comment::2
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。