Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    パパラギ:「開発」は何を目指すべきか?What should "Development" aspire to?

    最近読んだ「パパラギ - はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集」という本は、ブータンへ赴任するにあたって非常に大切な視点を与えてくれました。

    The book I recently read, The Papalagi, gave me an important insight before going to Bhutan.

    この本は1920年に出版されたもので、サモアの酋長が訪問したヨーロッパについて、彼が島の仲間たちに聞かせた演説で構成されており、その内容は痛烈な文明批判になっています。ちなみに「パパラギ」はヨーロッパ人(もしくは先進国の人々)を指した言葉です。

    This book issued in 1920 contains speeches given by a Samoan chief named Tuiavii to his fellows about his trip to Europe. He criticizes acutely the way of life in European civilization. "Papalagi" refers to Europeans, or people living in developed countries.

    絵本版から一部内容を抜粋すると、
    Let me make some extracts (Sorry about my poor translation!)

    「パパラギの小屋は石でできていて、きっちりした箱のかたちをしている。
    たいていの小屋には、サモアのひとつの村と同じくらい、たくさんの家族が入っている。
    それぞれの家族は、壁一枚を隔てて隣り合っているのに、他の家のことは何も知らない。
    彼らはほとんどお互いの名前も知らず、入口で会ったとしても、いやいや頭を下げるか、怒った虫のような、低いうなり声をかわすだけだ。一緒に住んでいることが、よほど面白くないらしい」

    Papalagi's cottages are made of stones, and formed in rigid boxes.
    Most of cottages accomodate as many families as a village in Samoa could have.
    The families live with only a wall in between, but they don't know each other at all.
    They don't know even others' name. Even when they pass each other, they just bow hesitantly or greet with angry voices. They seem not happy at all about living together.


    「パパラギはこう言う。『この椰子は私の物だ』。
    椰子が彼の小屋の前に生えているからそう言うのだ。まるで椰子の木を自分で生やしたように。
    椰子は誰の物でもない。自然の大きな力が作った物ではないか。
    百枚のむしろを持っていても、持たない者に一枚もやろうとしない。それどころか、持っていないことをその人のせいにしたりする。
    誰かひとりがたくさんの物を持つのは大自然の心ではない。」

    Papalagi says, "This palm tree is mine."
    He says so because the tree grows in front of his cottage as if he had raised the tree himself.
    The tree is of nobody. The great nature raised it.
    Papalagi who owns 100 mattings does not give even 1 matting to those who do not own. He even blames the one for not owning anything.
    The great nature does not want someone to own too many things.


    「パパラギがとりわけ好きなのは、手には持てないけれど、そこにあるもの - 時間である。
    パパラギは時間に満足しないで、神様に不平を言う。『どうしてもっと時間をくれないのです』。
    あるパパラギは、使用人が約束の時間よりほんの少し遅れてきただけで、目をむいて、頭が破裂したみたいに赤くなったり青くなったりした。
    『おまえは私の時間をいっぱい盗んだ。時間を大切にしないやつは生きている資格がない』
    こう言って使用人を追いだしてしまった。
    私は彼らに教えてやりたい。日の出から日の入りまで、ひとりの人間には使いきれないほどたくさんの時間があることを。」

    Papalagi particularly like what they don't own but there is - Time.
    Papalagi are never satisfied by time. They complain to their god - "Why don't you give more time to me?"
    One Papalagi got upset, turning his face red and blue when his maid came late a little bit.
    "You stole my time a lot! You are not worth living if you don't treasure time."
    He kicked out the maid by shouting the words.
    I want to tell them that one human being has plenty of time from sunrise to sunset that he/she cannot even use up.


    酋長ツイアビの言葉は、先進国の私達が普段大きな疑いもなく追求している文明の発達について、本当にそれが目指すべき方向性なのか、疑問を投げかけています。

    The words by the chief Tuiavii question the direction of civilization we in developed countries pursue without much doubts.

    私はジョージタウン大学の外交政策大学院で「開発」を専攻しましたが、この本を読んだとき、必修の授業だった「開発学理論」の第1回の授業で教授が投げかけた質問を思い出しました。

    I studied Development at MSFS (Master of Science in Foreign Service) at Georgetown University. This book reminded me the question my professor raised at the first meeting of the class, Development Orthodoxes.

    その教授は、経済発展段階に応じた「低開発国、発展途上国、先進国(Underdeveloped, Developing, Developed)」というカテゴリーを黒板に書き出し、「果たして開発の道は、このように単純に一直線のものなのだろうか?」と問いました。
    教授は答えは与えてくれませんでした。学生が在学中および卒業してからもこの問いを考え続けることを期待したのだと思います。

    The professor wrote the different status of development on the white board, "Underdeveloped, Developing, Developed." and asked "Is Development path unilinear?" He questioned if the path of development is as simple as these categories can classify.
    He did not give us an answer. I thought he was expecting the students to continue thinking about this question even after graduation.

    「開発」の業界では、貧困削減を大きな目標として、低開発国や途上国の経済水準を最終的に先進国並みに引き上げることが政策立案の前提にあることが多いですが、それはアメリカ的で画一的な生活を押し付け、伝統的な文化や生活様式の破壊を結果的に促すような、グローバリゼーションの負の側面を助長する危険性を孕んでいます。

    In the arena of Development, we often target raising the standard of living in underdeveloped and developing countries to the level in developed countries, having poverty alleviation as the ultimate goal. However, pursuing this target always involves the risk of negative consequences of globalization, which is to push American/Western way of living and destroy the indigenous and traditional culture.

    ブータンが長い間鎖国状態を続けて、単純な近代化から距離を取ってきた姿勢は、サモアの酋長ツイアビの姿勢に少し重なるところがあります。そんなブータンも、首都を中心に急速な近代化が進みつつあり、国としての岐路に立たされているように見えます。GNHを骨格に、ブータンが他国のような直線的な開発とは違った近代化の形を示せるのか、今が正念場のような気がします。中国が経済成長と引き換えに環境を破壊し、日本が国としての目標を見失い、欧米が制度疲労を起こしてしまっている今だからこそ、ブータンには「幸せ」を軸とした新たな国づくりに成功してほしいと思います。

    Bhutan's past policy to close the country to foreign influence and distance from simplified modernization has something similar to the attitude of the Samoan chief.
    Even Bhutan is now facing rapid modernization centered in the capital, Thimphu. The country seems to be at the turning point of development, trying hard to show the alternative way of modernization based on GNH (Gross National Happiness).

    Now China has been degrading environment severely in exchange for the rapid growth. Japan is losing the direction of development. The US and Europe are facing crisis due to the systemic fatigue. Because these developed and emerging countries are struggling now with their traditional approach, I hope Bhutan will succeed in the new way of development ensuring people's happiness.

    ブータンで仕事をする上では、決して先進国側の論理で「こうあるべき」というものを押し付けることなく、ブータンの人達が進みたい方向に進むことをサポートすることが肝要だと思っています。

    In the next 1 year I work in Bhutan, I believe it is important for me not to push the theories of developed countries but support the way Bhutanese people want to pursue.

    ちなみに「パパラギ」は、開発業界における大先輩である慶長寿彰さんが世銀プロというサイトのインタビューで推薦されていたのを見て、手にしてみました。
    世銀プロは、世界銀行で働くことに興味のある学生や若手を対象とした情報発信が行われているウェブサイトで、私自身大変参考にさせていただいています。
    http://www.wbpro.jp/
    I read The Papalagi because the senior Japanese staff at the World Bank, Toshiaki Keicho, recommended the book at his interview. I would love to be like him in the future who can provide advice and mentoring to young professionals interested in development.

    慶長寿彰さんは八戸市役所から世界銀行へ転職された経歴をお持ちで、国際公務員になるためのアドバイスを、ご自身のサイトやブログを通じて早くから発信されていました。私の周囲の同世代にも、慶長さんのサイトを通じて開発や国際機関への道を志した人が少なくありません。
    彼の経歴はこちらのインタビューに詳しく載っています。
    http://www.wbpro.jp/interview/toshiaki_keicho.html

    奇遇にも慶長さんは世銀でブータンを担当されており、お会いしてお話を聞かせていただきました。ブータンを何度も訪問された様子が書かれたブログを今読ませていただいているところです。
    He happens to be in charge of Bhutan in his job, so I have met him in DC and got some advice. I have been reading his blog to learn what he has done and seen in Bhutan.
    http://ameblo.jp/keicho/

    国際公務員を目指している方は、彼のサイトもオススメです。
    http://www.keicho.com/

    「パパラギ」は、このブログを書いている途中で実は(おそらく)フィクションだと言うことが判明したのですが、それでも貴重な視座を与えてくれることに変わりはありません。
    I got to know when I was writing this blog that The Papalagi is fictional. Still I believe that the book gives us interesting insights.(Link for English version follows at the end)


    絵本版はこちら。


    English version available in the US:

    スポンサーサイト
    2011/08/20(土) 02:13:07 途上国の開発 (Development in general) Trackback::0 Comment::0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。