Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    Let's visit Tohoku! 東北、岩手の魅力紹介

    (English follows)

    前回は被災地の様子を中心に書いたので、今回は観光で訪れた岩手の魅力を書きたいと思います。
    I wrote about the affected area by Tsunami in the last blog entry. This time I'd like to talk about attractive features of Tohoku, particularly Iwate prefecture I visited.

    まず一泊目は花巻温泉に泊まりました。花巻温泉郷は岩手の空の玄関である花巻空港から車で少し行ったところにあります。
    そこの愛隣館という旅館に宿泊しました。
    http://www.airinkan.com/

    First night, we stayed at Hanamaki Onsen. Onsen means hot spring in Japanese. Hanamaki Onsen is located near the Hanamaki airport. The name of the traditional hotel we stayed is Airinkan.
    岩手0


    まず、この旅館は温泉が充実してます!
    川の湯、森の湯、南部の湯と3か所の大浴場があり、それぞれ露天風呂が川のすぐそばや景色のいい場所に数ヵ所設置されています。内風呂も種類が豊富で、貸し切りの露天風呂もあります。

    The public bath facilities were excellent in the hotel. If you love hot springs, this hotel is highly recommended.

    それに、夕食もかなり凝っています。
    有名な前沢牛など地元の食材を使った料理に加えて、食べ放題のハーフバイキングがつきます。ハーフバイキングは豚の角煮、キムチチゲ、ビーフシチュー、窯焼きピザ、自家製プリンなど、それだけでもお腹がいっぱいになります!

    Dinner was also great. Addition to the set meal with full of local food, they offer all-you-can-eat dishes such as beef stew, pizza, pudding etc. You can be really full!

    This photo is part of the set meal:
    岩手1

    追加で前沢牛ステーキも注文しちゃいました。柔らかくて霜降りでめっちゃ美味しかったです。こんなに美味しいのに、岩手産の牛肉は放射性物質のせいで全面出荷停止になってしまいました。食品の安全は大切ですが、検査済みの牛肉は出荷を許可するようにしないと、ただでさえ疲弊している東北の経済は立ち直れません。復興を目指して奮闘している矢先に出荷停止の命令を受けた酪農家、農家の方々の気持ちを思うと、いたたまれません。

    I ordered beef steak, too. It was as tasty as Kobe beef!! Although the beef tastes so good, the Japanese government banned selling beef from Iwate since some beef from Iwate were found to be contaminated by nuclear radiation. I cannot imagine how painful it is for the farmers who tried hard to recover the economy of Tohoku but could not sell the beef/cows they raised with tremendous efforts.

    岩手2


    二日目は平泉を訪問しました。今年6月にユネスコの世界遺産に登録されたことは、東北にとってとても明るいニュースでした。
    On the second day, we visited Hiraizumi. The area got registered as UNESCO World Heritage in June 2011. It was a very good news to cheer up Tohoku.

    平泉観光のメインは、何と行っても中尊寺金色堂です。金をふんだんに使ったその装飾は想像以上の美しさでした。絢爛さでは、今まで見た日本建築の中で一番かもしれません。

    The main attraction in Hiraizumi is Chusonji temple's Konjikido. Konjikido is decorated with full of gold. It might be the most gorgeous Japanese architecture I've ever seen. Can you believe that it was built in 1124? Almost 900 years ago!!!

    岩手3

    It is not allowed to take a photo inside. I attach the photo below taken from the Konjikido homepage.
    金色堂

    金色堂の横にある宝物殿の出口付近では、1962年から1968年にかけて行われた大規模な修復工事の様子をおさめたビデオが上映されています。当時建立から850年が経過し、損傷の激しかった金色堂を建立当初の建築技法に基づいて忠実に再建する様子には感嘆させられます。緻密な作業はまさにプロジェクトXの世界です。中尊寺を訪問される方はこのビデオは必見です!!!

    There is a video shown in the museum next to Konjikido. The video is about the project to renovate Konjikido from 1962 to 1968. The detailed operations to repeat the artwork conducted 900 years ago are simply amazing. Don't miss the video if you visit Konjikido!

    岩手は松尾芭蕉がおくのほそ道で多くの句を詠んだ場所でもあるので、あちこちで歌碑を見かけました。
    Haiku Master, Matsuo Basho, made a lot of Haiku (Japanese poem) in Iwate.
    岩手4

    平泉では武蔵坊というホテルに泊まりました。
    観光に便利で、料理長もいくつか賞を取っているようです。
    The hotel we stayed at Hiraizumi is called Musashibo, which was very convenient for sightseeing.
    http://www.musasibou.co.jp/

    3日目は電車で3時間かけて、釜石へ。
    被災地の様子は前回のブログで紹介しましたが、釜石駅には中村屋という、お取り寄せで有名なお店があります。その中村屋が出している食堂が、駅前の建物の2階にあるまんぷく食堂です。ここで食べた生うに丼は美味しかった!

    On the next day, we took a train for 3 hours to visit Kamaishi, the affected area. We had great seafood at Manpuku Shokudo near the station. Uni-don (Donburi with urchin) was so yummy!!!

    生うに丼

    あわびといくらを使った海宝漬はお取り寄せができるようなので、東北に行く暇はないけど東北の応援をしたい方は是非試してみてください!
    海宝漬

    そして釜石から快速で1時間内陸に戻り、昔話で有名な遠野で宿泊。
    Then we took the train again for 1 hour to visit Tohno, which is well known by folk tales.

    遠野には、岩手独特の曲り家という伝統家屋がところどころで保存されています。写真は伝承園のものです。
    Traditional houses are preserved in Tohno.
    曲り家

    遠野はカッパでも有名で、カッパ淵という観光名所もあります。
    カッパ

    遠野は昔話、民話を語り継ぐ場所として有名なので、観光スポットでは語り部の方が方言で昔話を聞かせてくれます。駅舎にはタダで語りが聞けるところがあり、ボランティアでされている年配の方が素敵な語りを聞かせてくださいました。
    語りは必ず「むか~し、あったずもな。」で始まり、「どんどはれ。」で終わります。私達に語りをしてくださった語り部の方は、400もある遠野に伝わる昔話のうち、150~160を暗記されているそうです。

    Tohno is a spot you can listen to folk tales. In the station, there is a volunteer who tells you folk tales in local dialect. The old lady we had remembers 150-160 folk tales. Unbelievable!

    ここでは、駅の裏側にある民宿とおのに泊まりました。
    http://www.minshuku-tono.com/
    We stayed at Minshiku Tono. Japanese traditional B&B. Here is website in English:
    http://www.minshuku-tono.com/wp/?page_id=1066

    この民宿の向かいに、民宿とおのの若旦那の要太郎さんが建てたレストラン&宿が凄かったんです!!
    昔ながらの古民家を移築して作られ、レストランと、1組だけ泊まれる宿が併設されています。
    宿の方はまだ完成していなかったのですが、レストランの方はちょうど私達が行った日がオープンの日で、記念すべき第1号の客になりました!

    The restaurant in front of the B&B was a great surprise. Yotaro, the young son of the owner of the B&B, constructed the building using the traditional residence. The restaurant opened on the day we visited, so we were the very first customer of the restaurant!!

    オープン記念なのか、それとも生粋のおもてなし精神なのかは分かりませんが、まさに舌鼓を打つような絶品が10品も出てきました。要太郎さんは日本全国で修行してきた板前だけあって、料理の腕はハンパないです。

    There were 10 dishes in the course menu. It was one of the best Japanese meals I've ever had!!!

    一部を紹介すると、、、

    やまめ
    やまめ

    伊勢海老、甘鯛、スズキの刺身
    Sashimi
    刺身

    アワビ(こんなに厚いの食べたことない!)
    あわび

    遠野の地ビールも、ドイツ風のヴァイツェンで本格的でした。
    ラベルが、復興への意気込みをユーモラスに表していて心強いです。
    また、この宿は自家製のどぶろくも有名で、酒好きにはたまりません。
    The local beer from Tohno was as tasty as German beer. The label, saying Re-fermenting Japan, was quite funny and encouraging.
    遠野地ビール

    このレストランの名前は「要」(よう)になるそうです。
    そのレストランに併設している宿も見せていただいたのですが、茶室までついている本格的な宿で、一組しか泊まれないというのは贅沢な限りです。古民家の素材や岩手の伝統の南部鉄器などを細部に生かし、日本人でも外国人でも存分に日本文化を堪能できる宿になっています。風呂も風情のある檜風呂です!!
    私と同世代の30歳の要太郎さんが、ここまで日本文化に精通して、伝統文化を守るために情熱を注いでいる姿は大きな刺激になりました。

    先ほどのレストランでの食事込みで宿泊が一人21,000円の価格設定を予定しているそうです。貸し切りの宿であることと料理の内容を考えると破格なので、宿が完成した暁にはすぐに評判で予約が埋まることでしょう。
    岩手を訪れる際には、この宿、断然オススメです!!!

    The same building is planning to have rooms to stay for 1 couple, and the rooms will be in traditional style and even have a tea ceremony room. It was great to meet Yotaro, who is my age but already familiar with Japanese traditional culture and working hard to preserve the local culture and architecture.

    This special cottage will be open soon. If you visit Iwate, it is highly recommended to stay there! It will be 21,000 yen per person including the delicious dinner I mentioned above. You can inquire about this cottage to Minshuku Tono.

    私は岩手県の観光局の関係者でも何でもないですが、東北を元気づけるためにも沢山の人に是非旅行に訪れてほしいと思っています。
    私自身初めての東北でしたが、その魅力にすっかりハマってしまいました。
    東北には、古き良き日本がまだ残っていると思います。豊かな緑の中に、伝統文化、民俗文化が息づいています。
    そして何より素敵だったのは、もてなしてくれる地元の方々の人柄です。とても素朴で純粋で、あたたかさに満ちていました。
    泊まった3つの町は全て内陸でしたが、皆さん口をそろえて、「内陸の私達が沿岸の被災地を支えて行きたい」とおっしゃっていました。それを聞いたとき、時間はかかっても東北は必ず復興する、と感じました。
    是非皆さんも東北の良さをじかに感じに行ってください!

    I hope many people will visit Tohoku to encourage people and the economy there.
    It was my first visit, but I am already fascinated by the beautiful region.
    I think Tohoku still maintains the good old Japan. Tohoku offers rich traditional culture embedded in rich nature.
    And the most attractive feature is the people's character. Tohoku people are very warm, simple and honest. The three towns/villages I stayed were located inland, and people there all told me that "We want to support the affected people in the coastal areas." When I heard the words, I was convinced that Tohoku would recover.

    Please visit and feel Tohoku yourself!!!
    スポンサーサイト
    2011/08/03(水) 02:31:01 日本 Japan Trackback::0 Comment::1

    釜石の被災地訪問: Visit to Kamaishi, the affected area in Tohoku

    (English follows)

    両親と東北の岩手に旅行に行ってきました。
    人生で初めての東北です。花巻温泉、平泉、遠野でそれぞれ一泊しましたが、それぞれに全く違う魅力がありました。
    その魅力は次のエントリーで書くとして、今回は訪問した被災地・釜石の様子について書きたいと思います。

    I'm just back from a trip with my parents to Iwate prefecture in Tohoku, the north area. It's my first time to visit Tohoku. I will write about the charms of Tohoku in the next entry. Here I'd like to post some photos from Kamaishi, one of the port towns hit severely by Tsunami.

    釜石は遠野から快速で1時間ほどの港町です。
    駅を降りると、まず集められたがれきの山が目に入りました。
    The first thing we noticed was a huge amount of rubble outside the train station of Kamaishi.
    釜石駅前のがれきの山

    市街地を歩くと、港に向かうに連れて津波の痕跡が強くなります。商店街の1階部分は、港から1キロ以上離れたところもほぼ全ての店で破壊されていました。
    As we walked toward the port, the impact of the Tsunami became stronger. The first floors of shops and houses were completely destroyed. A few are already cleaned, but most are not.
    歪んだシャッター

    The gas station is distorted.
    破壊されたガソリンスタンド

    Tsunami hit even 2nd, and 3rd floors at the area closer to the port.
    2階部分まで崩れた本屋

    It is unbelievable how strong Tsunami was to destroy cars and trucks.
    車、トラックも原型を留めていない

    車は引っくり返ったまま

    大型船すらも津波で港に乗りあげられたままです。
    Even the big ship was brought onto the land by tsunami.
    大きな船が乗りあげられている

    町には人はほとんど歩いていません。空いていたコンビニでは、「頑張ろう釜石」の旗が掲げられていました。
    There were few people walking on the street. The convenience store was one of the few stores open, and it had a sign with the slogan, Ganbaro Kamaishi (Cheer up, Kamaishi).
    がんばろう釜石

    地元の方の話によると、未だに港には遺体が打ち上げられるそうです。
    被災地の様子初めて目の当たりにし、改めて津波の破壊力の強さを見せつけられました。恐ろしいのは、他の陸前高田などの町は、釜石よりももっと被害が深刻だったという事実です。釜石は1階部分や2階部分は破壊されていたものの、建物自体は残っているところがほとんどのようでした。陸前高田などは、建物ごと町が完全に海に飲まれたと聞いています。そこに居合わせた方々の恐怖は想像を絶します。

    According to the local, even now dead bodies are washed ashore.
    As it was the first time for me to visit the affected area, I was stunned by the devastating power of Tsunami. The scaring fact is that other towns such as Rikuzen Takada had much more significant damages than Kamaishi. The buildings were still there in Kamaishi although 1st or 2nd floors were destroyed. In Rikuzen Takada, buildings were completely washed away. I cannot imagine how frightening it was to be on the spot.

    釜石では被災者の方々の仮設住宅への入居が進み、避難所は閉鎖されるようですが、被害のひどかった気仙沼では、未だに仮設住宅の抽選が当たらずに、避難所での生活に強いストレスを抱えている方が多いそうです。
    In Kamaishi, affected people got into temporary housing built by the local government, so the evacuation centers will be closed soon. However in other towns hit more severely such as Kesen-numa, people are still waiting to win the draw for the temporary housing. The people are feeling strong stress due to the long period living in the evacuation center without privacy.

    遠野に泊まっていた昨晩、夜中にM6.4の地震がありました。遠野での震度は3くらいで、福島などに比べると弱かったようですが、それでも地震の起きた瞬間は両親とともに大きな不安にかられました。
    私自身は震災当時アメリカに留学していたので、実際に東日本大震災の余震を体験するのは今回が初めてでした。地元の方は少しくらいの余震ではもう驚かないとおっしゃっていましたが、それでもその瞬間はその地震がどれくらいの規模になるかは誰にも想像できないため、余震が続くストレスは相当なものだと思います。

    Last night I experienced the M6.4 aftershock during the night. The intensity at my place was not so strong, but my parents and I were a bit scared...
    Since I was studying in the US until recently, last night was the first time for me to experience the aftershock. The locals told me that they would not be surprised by small aftershocks anymore, but I'm sure their stress to cope with the fears of aftershocks on a daily basis is significant.

    被災地はまだまだ支援を必要としています。震災から5か月近く経ち、テレビが原発以外のことを取りあげることが少なくなってしまった今こそ、被災していない自分たちに何ができるかを考えることが必要だと感じました。
    The affected areas still need significant support. Almost 5 months have passed since the earthquake and TV news is now focusing on nuclear issues. It is important for us to think about what we can do to support the area and the people affected.
    One simple way is donation. JEN is one of the most trusted NGOs operating in the affected area, and you can donate by credit card:
    http://www.jen-npo.org/en/index.html 2011/07/31(日) 21:47:35 日本 Japan Trackback::0 Comment::0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。