Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    ブータンシンポジウムのお知らせ 2012年12月16日(日) Symposium on Bhutan (in Japan)

    (Sorry, written in Japanese only)
    習慣とは恐ろしいもので、ブータンにいる間は当たり前のように更新していたブログが、一度切らしてしまうと3か月以上経ってしまいました。
    ある種強い責任感が働いていたのだな、とも振り返って思います。
    発信するということは元来得意ではないのですが、ブータンで1年やってみると、そこから広がる思いがけない出会いがあり、そして自分の考えや知識も整理することができ、メリットが沢山ありました。
    どんな形でも「発信」は続けていきたいな、とは思います。

    さて、12月16日に大きなブータンシンポジウムが開催されるので、そのお知らせです。以前ブログで紹介したティンプー市役所でゴミ問題に取り組む友人、中島民樹くんも出席します。(ブログ記事はhttp://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-35.html



    第1回ブータンシンポジウム「変わるブータン、変わらぬブータン ―GNHへの挑戦―」
    主催:日本ブータン友好協会
       シンポジウム特設サイト http://japan-bhutan.org/symposium/

    【概要】
    日時:2012年12月16日(日) 13:00開場
       13:30-17:00 本会議(基調講演、パネルディスカッション)
       17:30-19:30 懇親会(ブータン・ナショナルディ パーティ)

    場所:国際協力機構研究所(JICA研究所)2階 国際会議場
       〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5
    定員:200人(先着)
    会費:本会議 日・ブ協会会員、学生1,000円(一般1,500円)
       懇親会 日・ブ協会会員、学生4,000円(一般5,000円)


    【テーマ】
    「変わるブータン、変わらぬブータン ―GNHへの挑戦―」
    昨年11月の国王訪日を機に、日本国内において、にわかにブータンへの注目が高まっている。
    このような社会環境の中、創立30周年を迎えた日本ブータン友好協会には、ますます、「ブータンに関する情報発信の機関」としての役割が求められてきている。
    本シンポジウムを通して、単なる「幸せの国」ではない、ブータンの真実の姿を知っていただくと共に、第5代国王の即位、民主化、情報化、といった激動のときを迎えたブータンの、新しい国づくりを展望していく。

    【登壇者】
    =基調講演=
    草郷 孝好(関西大学教授)
    ウィスコンシン大学マディソン校にてPh.D.(開発学)取得。
    世界銀行、国連開発計画、大阪大学を経て、現在関西大学社会学部教授。
    「人間開発アプローチに基づく内発的地域社会形成手法の開発」を主要テーマに、GNHに関する研究成果を積極的に発信している。
    主要著作(共著)『GNH(国民総幸福)―みんなでつくる幸せ社会へー』海象社(2011年)。

    =パネルディスカッション=
    草郷 孝好(関西大学教授)
    中島 民樹(ティンプー市役所環境課勤務)
    西田 文信(秋田大学准教授)
    脇田 道子(慶應義塾大学社会学研究科 博士課程)

    【お申込】
    =お申込み方法=
    以下のいずれかの方法を用いて、「氏名」、「日・ブ友好協会会員、非会員の別」、「会社名・学校名」、「職業」、「連絡先(電話番号・メールアドレス)」および「懇親会の出欠」を明記の上、お申込下さい。
    メール:sympo@japan-bhutan.org
    FAX:03-3945-3396

    =お問合せ先=
    日本ブータン友好協会 http://www.japan-bhutan.org
    〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-18-402
    TEL:03-3945-3396



    日本にいれば絶対出たいのですが、今はワシントンDC勤務なので叶わず残念です。
    他にも色々と書きたいことはあるのですが、取り急ぎ上記をアップします。また更新しますね。
    スポンサーサイト
    2012/12/04(火) 11:04:25 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::0

    ブータン遺産ウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾン続報 More on Wangduephodrang Dzong

    先日お伝えしたウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾン全焼のニュースの続報をお伝えします。
    前回記事をご覧になっていない方はそちらからご覧ください:
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
    As I wrote before, Wangduephodrang Dzong, one of the oldest heritages in Bhutan, got destroyed by fire. If you haven't read about it, check out my blog link above.

    昨年国王とともに来日した王室メディア担当のドルジ・ワンチュクさんが、彼のブログで火災の翌日に訪れた様子を写真とともにアップしています。
    Dorji Wangchuk from Royal Media portraits vividly the disaster when he visited the site 1 day after the fire.
    DSC_8843.jpg

    少し引用させていただくと、
    Let me take a few quotes from his blog:


    It was the worst fire disaster in over sixty years. The last incident was the destruction of Drukgyal Dzong in Paro in 1951.
    1951年に火災にあったパロのドゥゲ・ゾン以来、過去60年で最悪の災害となった。

    Army personnel and fire fighters, on the other hand, were simply too tired. They had been working since the fire broke out the earlier afternoon. “We brought the fire under control around 3am in the morning,” one fire officer told me. “It was dangerous but we had to do that at night or else by morning strong winds would blow again and the fire could spread to the rest of the town.” Yes, the wind. Wangdue was known for that.
    軍と消防隊員は疲れ切っていた。火災が発生した当日の午後から働き始め、「夜中の3時にようやく火を抑えた」と消防隊員は語る。「危険だったが、夜の間に炎を抑えないと朝の強風で町にまで火が広がってしまう」
    そう、風だ。ウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾンは風の強さで有名な場所だった。

    Although dead tired from the long day, I found it difficult to sleep – still disturbed by what I saw. So I lazily switched on the TV, which was just in time to catch some statements by His Holiness the Je Khenpo on BBS TV. “Tragedies happen and that's fate. But we are fortunate that all important nangten (relics) were saved and no human casualties were reported.”
    Hearing those words, I felt a lot better.

    長い一日を終えて疲労困憊だったにも関わらず、目にしたものが頭から離れず寝つけなかった。
    仕方なくテレビをつけると、ちょうどジェ・ケンポ(大僧正、ブータン仏教界のトップ)が国民に語りかけているところだった。
    「悲劇は起こり、その運命に逆らうことはできません。しかし、重要な仏教の遺物が持ち出され、犠牲者が一人も出なかったことは本当に幸運です。」
    その言葉でずっと気持ちが楽になった。


    他にも、彼のブログで多くの写真から被害の深刻さが伺えます:
    Check out his blog for more stories and the photos:
    http://dorjiwangchuk.blogspot.com/2012/06/wangdue-day-after.html

    火災が発生したのは6月24日ですが、第5代国王と父上の第4代国王はすぐに現場にかけつけました。
    国王の公式フェイスブックから、翌日25日も現場に残って陣頭指揮をとる国王の写真をいくつか転載します。
    His Majesty the 5th King and the 4th King rushed to the Dzong when the fire occurred on June 24th.
    Let me share some photos from his official facebook page:
    https://www.facebook.com/KingJigmeKhesar


    まだ煙のくすぶるゾンで、かろうじて持ち出された経典の損傷を確かめる国王。
    His Majesty inspects recovered sacred scriptures in what remains of the Wangduephodrang Dzong.
    540768_10150961327838260_583371390_n.jpg

    消防にはブータンの軍隊も参加。
    The Royal Bhutan Army (RBA) personnel involved in firefighting efforts at the Wangduephodrang Dzong fire tragedy.
    269316_10150961314093260_965368479_n.jpg

    軍と消防隊員(災害救援のトレーニング済みのボランティアで、登録制で緊急時に徴集されます。オレンジの服を着た人々)が協力して、仏像を運び出します。
    RBA personnel and De-Suups safely transporting the sacred relics from the scene to the Central Monastic Body in Wangduephodrang.
    525859_10150961315198260_1918688607_n.jpg

    運び出された仏像を国王と王妃が検証。
    His Majesty inspects recovered sacred relics.
    487149_10150961327118260_560920902_n.jpg

    ジェ・ケンポ(大僧正)が運び出された経典や仏具を清める儀式を行いました。国王は自ら数百もの神聖な仏像や経典の捜索・検証に取り組んだそうです。
    His Holiness conducts purification rites of the recovered relics. His Majesty was personally involved in recovering the hundreds of sacred artifacts, including many invaluable statues and scriptures.
    539793_10150961327273260_991128644_n.jpg

    ゾンの南側の崖の上で隊員達を指揮する国王陛下。24日の消防には113人の隊員が参加し、翌25日にはさらに多くの隊員が仏像等の救出に関わりました。
    こうした緊急時にでも前線でリーダーシップを発揮できるのがブータン国王の凄いところです。緊急時に何をすべきかを優先順位をつけて判断でき、現場で動く国民の信頼も得ているからこそ指揮を取れる。果たして日本のリーダーはどうでしょうか。
    His Majesty with the De-Suups on the steep southern ridge on which Wangduephodrang Dzong was built. About 113 De-Suups were involved in containing the fire on the 24th of June. More De-Suups turned up on the 25th to help in recovering the sacred relics.
    wangduephodrangandk5.jpg



    火災から約2週間後の7月7日づけのクエンセル紙では、状況証拠から火災の原因はやはり漏電だと結論づけられるとのこと。
    具体的に何の漏電だったかは、全てが灰になってしまったため検証が難しいそうです。
    Circumstantial evidences and investigations so far confirmed short circuit as the cause of the fire that razed the dzong.
    “We can’t prove that it’s caused by electricity nor can we prove otherwise because all that we investigated are ashes now,” Chhejay Wangdi said. “But if the investigations has found short circuit, then we should accept it.”
    ソース記事:http://www.kuenselonline.com/2011/?p=33513

    火災の当日海外出張中だった首相は国民向けに下記の声明を発表しました。
    要約すると、
    「かつてのゾンの威光を胸に深い悲しみにくれるブータン人に、今回の火災はこの世の諸行無常を改めて想い起こさせました。
    神聖なタクツァン僧院が焼失してしまった際の悲しみに劣るものではありません。
    しかしタクツァン僧院も見事に修復され、今では過去にも勝る輝きをはなっています。
    ウォンディ・フォダン・ゾンが損傷を受けたのも決して初めてではありません。
    私達はこの誇るべき遺産をより素晴らしいものに再建する機会を得ることができたのです。」
    The Prime Minister was out of Bhutan when the fire happened. He sent a message to fellow citizens on the day.
    以下全文


    All Bhutanese are joined in grief as we try to reconcile with the images of the great Wangdue Phodrang Dzong consumed by flames and billowing smoke. Of all the fires that have reminded us of the impermanence of life and its manifestations, this has pierced our hearts no less painfully than the terrible sense of loss we endured when, Paro Taktsang, the holiest of our shrines was also destroyed by fire.

    But Taktsang has been fully restored and it is no less sacred or significant. It is in fact, more cherished and revered today because the fire awakened all of us to the fragility and vulnerability of this most precious heritage. It gave to many of us the opportunity to contribute to its full and embellished restoration. In so doing, our nation and its people were blessed with great merit (sonam).

    Wangdue Phodrang Dzong did not succumb for the first time to the reality and inevitability of destruction. It was destroyed before and it will be destroyed again by forces beyond our control. What we must remember is that it was rebuilt and it always stood as the Dzong that Zhabdrung Ngawang Namgyal built until the day before. We the people of Bhutan have not lost but gained another opportunity to renew and further enrich our proud heritage. The people of Shar Dhar Gye will have their dzong again. So, like the indomitable will of the Bhutanese people and the fame of Palden Drukpa, Wangdue Dzong will rise again with greater glory and magnificence.

    By the wisdom of our King, all the relics that were gifted by Zhabdrung himself are intact. The monks that filled the monastery will continue with their prayers and the Dzongkhag will continue to function in the name of the great people of Wangdue Phodrang. We must seize the opportunity to build a stronger, more durable and glorious Dzong in the name of Zhabdrung Ngawang Namgyal and by the will of His Majesty the King.
    ソース記事:http://www.kuenselonline.com/2011/?p=32966


    6月28日に帰国した首相は真っ先に現場に向かいました。
    再建するゾンは耐震性・耐火性に優れ、伝統建築様式を取りながらも木の使用を少な目にし、火災報知器やスプリンクラーを設置したいと述べました。
    When the Prime Minister came back to Bhutan on June 28th, he rushed to the Dzong.
    He told to dzongkhag officials and gewog leaders that the new Wangduephodrang dzong would be earthquake and fire resistant.
    He said the government would also be looking into using less timber, but maintaining its architectural aesthetics, as well as installing fire detectors and sprinklers.
    pm8-300x225.jpg
    ソース記事:http://www.kuenselonline.com/2011/?p=33115

    ブータン内務文化省文化局の試算によると、再建の予算は約10億円から15億円に上るとのこと。局長は再建は早くても2016年まではかかると見ています。
    The reconstruction of the Wangdue Dzong will be an expensive affair with the estimated reconstruction cost to be between Nu 700 mn to Nu 1bn according to Director General, Dorji Tshering of the Department of Culture (DoC) under the Ministry of Home and Cultural Affairs (MoHCA). The construction time period according to him may be up to 2016 if not before that.
    ソース記事:http://www.thebhutanese.bt/wangdue-dzong-reconstruction-may-cost-up-to-nu-1bn-and-take-till-2016/

    内務大臣「これはブータンにとって大きな損失です。ブータンは非常に小さな国。国内予算だけでは、同じ規模のゾンを再建するのは非常に難しい。」
    Minjur Dorji, the Home Miniser, said "It is a big loss. Bhutan is a very small, tiny country. To reconstruct the same old structure at this point is going to be very difficult for our internal revenues to support."
    ソース記事:http://articles.cnn.com/2012-06-26/asia/world_asia_bhutan-dzong-fire_1_minister-jigmi-y-thinley-tiger-s-nest-kuensel/2?_s=PM:ASIA

    日本からの寄付については、特定非営利活動法人の国連友好協会がお見舞金の受付をしています。国連友好協会はブータン王国名誉総領事の徳田ひとみさんが代表を務めています。
    集めた寄付金をブータンにどのように渡すのかについて伺ったところ、「ブータンの受け皿につきましては現在ナムゲル大使にご指示を仰いでいるところです。」とのお返事を頂きました。毎日寄付をお寄せいただいている方々からブータンへの励ましのメッセージが届いている、とのことです。
    Japan-UN Friendship Associations opened an account in Japan to accept donations to rebuild the dzong.
    http://japan-un-friendship-associations.org/fund-raising/index.html

    追記:国連友好協会を通じてゾン再建のために集まったお見舞金が7月18日現在で8,556,487円に達しているということです。
    Donations for the Wangdue Phodrang Dzong gathered from Japanese people through the Japan-UN Friendship Associations are 85,56,487 yen (about 61,30,000 Nu) as of July 18. Japanese people show appreciation for the support given by the Bhutanese people during the Tsunami disaster last year.
    http://japan-un-friendship-associations.org/media/201207_1.html

    海外からの寄付の送金については、国営放送BBSもページを特設して受け付けています。
    下のリンクで、Japanese Yenをクリックして下さい。
    http://www.bbs.bt/news/bbsfundraisingprogramme/?page_id=92
    International donations are organized by BBS (Bhutan Broadcasting Service) as well. Pick up your convenient currency from the link above.

    前回もお伝えしたブータン人の若者が再建を目指して立ち上げたフェイスブックページは、7月11日時点で3万1千人以上が参加しています。英語のできる方でフェイスブックをされている方は、このグループに参加されてはいかがでしょうか。
    In Facebook, "Citizens' Initiative to Rebuild Wangduephodrang Dzong" group has been launched by young Bhutanese. Already 31,000 people have joined the group (as of July 11).
    https://www.facebook.com/groups/486111118071401/

    上記のページで日本人のKunihiko Morohashiさんが国連友好協会が寄付の受付を始めたことをお知らせしたところ、多くのブータン人から日本へのお礼のメッセージが届いています。一部を紹介すると:
    When Kunihiko Morohashi, one of Japanese, introduced the fund raising initiative by the Japan-UN Friendship Associations, many Bhutanese commented in the facebook to thank Japanese.
    Let me introduce a few comments here:


    Passang Dorji: "Thank you very much. We Bhutanese are very proud of our Japanese friends."
    パサン・ドルジ:「ありがとうございます。私達ブータン人は日本の友人達のことがとても誇らしいです。」

    Tshering Kinden: "Friend in need is friend indeed. Thanks a lot and appreciation to all the Japanese friends. Hats off for you all."
    ツェリン・キンデン:「困ったときの友こそ真の友と言います。全ての日本人の友人に感謝申し上げます。皆様に敬意を表します。」

    Ugyen Wangdi, Member of Parliament: "We would like to thank the people of Japan who are supporting Bhutanese through organization of fund raising activity for the reconstruction of Wangdiphodrang Dzong which was razed by fire. Such solidarity shall immensely strengthen our relationship between the two countries and its people. Once again thank you for the support."
    国会議員のウゲン・ウォンディ:「全焼したウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾンの再建のための資金集めを通じてブータン人を支援して下さっている日本の皆様に感謝いたします。このような絆は二国間と人々の関係を大いに強化するでしょう。重ね重ね御礼申し上げます。」



    再建には課題が山積していますが、日本の人々からの支援にブータン人も勇気づけられています。
    東日本大震災の後に即座に支援をしてくれたブータンに、今回のゾンの件に限らずとも、一人一人が恩返しの形を考えて行ければと思います。
    Bhutan showed strong support after Japan's earthquake and tsunami last year. Now it is Japan's turn to show our support to Bhutan.

    追記:
    地元大阪のカルチャースクール毎日文化センターで、来月の帰国時に講座を持つことになりました。
    「ブータンの目指す幸福 ~仏教と経済の観点から~」

    【講 師】
    大谷大学・佛教大学・大阪大学等講師、本林靖久
    ブータン政府2代目首相フェロー、高橋孝郎

    【開講日】①8月10日 ②8月24日 ③8月31日 各金曜15:30~17:00

    【受講料】全3回6,300円、各1回2,310円(入会金不要)

    ①8月10日 「ブータンの経済と開発」講師:高橋孝郎(ブータン政府2代目首相フェロー)
    ②8月24日 「ブータンの仏教と伝統」講師:本林靖久(大谷大学・佛教大学・大阪大学等講師)
    ③8月31日 「ブータンと幸福論~仏教と経済の観点から~」対談:本林靖久&高橋孝郎

    【詳細・申し込み】
    http://www.maibun.co.jp/wp/?p=14792

    共に講師を務めていただく本林靖久さんのことは、以前ブログで紹介しました。NHK Eテレの番組「こころの時代」をご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
    仏教と経済という全く違う要素が幸福論にどう影響しているのか、本林先生との議論を楽しみにしています。

    Facebook「ブータン首相フェロー日記」(mainly in Japanese)https://www.facebook.com/taktaktictac
    ツイッター Twitter(in both Japanese & English): https://twitter.com/#!/taktaktictac 2012/07/09(月) 15:53:34 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::0 Comment::0

    ブータン遺産ウォンディ・フォダン(ワンデュ・ポダン)・ゾンが全焼 Wangduephodrang Dzong destroyed by fire

    (お知らせ:続報を新たなブログ記事で書いたので、そちらもご覧下さい:http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-54.html)
    6月24日、ブータンを悲劇が襲いました。
    1638年に建立され、ブータンで3番目に古いゾンであるウォンディ・フォダン・ゾン(地球の歩き方の表記ではワンデュ・ポダン・ゾン)が火災にあい、ほぼ全焼したのです。(1番古いのはシムトカ・ゾン、2番目はプナカ・ゾン)
    ゾンとはかつての要塞で、日本でいう城郭です。現在は各県の県庁として行政を担うとともに、寺院の機能も共存する建物です。
    A national tragedy hit Bhutan yesterday, June 24th.
    Built in 1638, the dzong is the third oldest dzong in the country after the Semtokha and Punakha dzongs.
    Dzong is a fortress, now used by regional administration and monk body.
    484193_352165054855153_1482508920_n.jpg

    374年の歴史を持つ遺産が、わずか5時間で灰となってしまいました。
    最も神聖な仏具・遺物が納められた箱がかろうじて持ち出された以外は、大事な経典や国勢調査の書類など全てが失われてしまったそうです。
    火災は、電気系統のショート・漏電による出火が原因と見られています。
    The fire burnt away 374 years of history in five hours.
    Except for the safe boxes containing the sacred relics (ngangtens) that were dropped from the roof into the nearby cacti undergrowth, nothing could be saved.
    The fire is suspected to have started from a short circuit, but it is yet to be confirmed.
    (More details: http://www.kuenselonline.com/2011/?p=32934)
    WangdueDzongFire.gif
    (写真 Photo:BBS http://www.bbs.bt/news/?p=14477)

    3月末にウォンディ・フォダン・ゾンを訪問して撮った写真が、皮肉にも最後の威光を収めるものとなってしまいました。
    I visited the dzong late March this year. I didn't imagine then that the photos I took would become the last pictures capturing its historical authority.
    P1100521.jpg

    伝統的な板葺き屋根のゾンはここしか残っていなかったそうです。
    I heard that the dzongs with traditional wooden roof were only here.
    P1100525.jpg

    ちょうど修復作業が行われていて、6月の時点で約40%の修復が完了していましたが、その作業も失われたことになります。
    The renovation was going on when I visited. As of June, 40% of renovation was completed.
    P1100527.jpg

    第5代国王、そして父君の第4代国王も現場にかけつけたそうですが、そのときには火の勢いが強く、近づける状態ではありませんでした。
    His Majesty the 5th King and the fourth Druk Gyalpo rushed to the scene following news of the fire, but it seemed the fire was already too strong for them to get closer to the dzong.
    P1100529.jpg

    川沿いの丘に威風堂々とそびえていた美しいゾンを襲った悲劇。
    政府はこの悲劇の翌日を国全体で喪に服す日として、政府機関をはじめ全てを閉める休日としました。死者が出なかったことが不幸中の幸いです。
    The dzong was beautiful and glorious on the hill above the river.
    The government declared the next day as "Day of Mourning," closing all the offices across the country.
    tbt_2060.jpg
    (写真 Picture: http://eng.yuko-travel.ru/gallery/49/49047/)
    このゾンの名前には由来があります。ブータンを統一したことで今も崇められるシャブドゥンが、この地の川に着いたときに、少年が砂の城を作っているのを目にしました。少年の名前を尋ねたところ、「ウォンディ」との答え。そこで、この地に建てるゾンを「ウォンディの宮殿」を意味する「ウォンディ・フォダン」と名付けたそうです。
    The popular story has it that the Shabdrung arrived at the river and happened to see a boy building a sand castle. He asked for the boy's name, which was Wangdue, and thereupon decided to name the Dzong Wangdue Phodrang or 'Wangdue's Palace.'

    ツイッター上でもブータン人が皆悲嘆にくれていたのですが、そんな中、20歳の女の子がつぶやいた言葉が心に残りました。
    「ウォンディ・フォダン・ゾンほど威厳があり、壮大で、不朽のものが灰になってしまうのを目にして、私達は諸行無常こそが唯一の真実であることを思い知らされる」
    若いブータン人にも仏教の根本的な教えが根付いていることを窺わせる言葉です。
    One tweet from a young Bhutanese ( @ThujeePLhamo ) struck my mind:
    "As something as Majestic, Mighty & Timeless as the Wangdue Phodrang Dzong turns to ash, we are reminded that impermanence is the only truth."
    wangdue1.jpg
    (写真 Picture: http://www.trekearth.com/gallery/Asia/Bhutan/Central/Wangdi_Phodrang/Wangdue_Phodrang/photo520683.htm)

    追記:火災から一夜明けたゾンの写真を、ゾンの近くで勤務する青年海外協力隊の友人が送ってくれました。上の写真と見比べると、本当に心が痛みます。
    The photo below is the dzong today, 1 day after the fire. It is so painful to compare with the photo above.
    532406_2909805043422_892574826_n.jpg

    追記:カナダ人の友人が今日現場に向かったらしく、現地の写真をシェアしてくれたのですが、疲れ果てて途方に暮れる人々の姿が切なすぎます。
    Another photo from the dzong, shared by my Canadian friend who went there today.
    I can't imagine how devastated the firemen are...
    553324_10151028458646311_1726264907_n.jpg

    追記:特定非営利活動法人の国連友好協会がワンデュ・ポダン・ゾン火災へのお見舞金の受付を日本の口座で始めました。
    ブータン王国名誉総領事の徳田ひとみさんが代表を務めています。活動報告を見るとブータン国連大使とも会談をされていますね。
    Japan-UN Friendship Associations opened an account in Japan to accept donations to rebuild the dzong.
    http://japan-un-friendship-associations.org/fund-raising/index.html

    追記:ブータン人の若者が再建を目指して立ち上がり、フェイスブックページを立ち上げました。既に2万1千人(6/27時点)のブータン人が参加しています。英語のできる方でフェイスブックをされている方は、このグループに参加されてはいかがでしょうか。
    In Facebook, "Citizens' Initiative to Rebuild Wangduephodrang Dzong" group has been launched by young Bhutanese. Already 21,000 Bhutanese have joined the group (as of June 27).
    I will let you know in this blog once the details for donation are decided.
    https://www.facebook.com/groups/486111118071401/

    ブータン側の寄付の受け入れ口座が以前紹介した口座から下記に変更になったそうです。以前の口座に振り込まれたものはこちらに転送されるとのこと。
    Below is the Bhutanese bank account which is gathering donation:
    A/C No. 0000066467015,
    Account Name: OFFERINGS TO DRUK KHAMSUM WANGDI CHOKI PHODRANG DZONG( HIS MAJESTY'S KIDU FOUNDATION)
    Branch: BNB, Thimphu.
    All your contributions will be acknowledged with your names in the media by the Gyalpoi Zimpoen Office.

    追記:続報を新たなブログ記事で書いたので、そちらもご覧下さい:
    I wrote another blog entry on the following story of this incident:
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

    Facebook「ブータン首相フェロー日記」(mainly in Japanese)https://www.facebook.com/taktaktictac
    ツイッター Twitter(in both Japanese & English): https://twitter.com/#!/taktaktictac 2012/06/25(月) 16:06:03 ブータン一般 (Bhutan in general) Trackback::2 Comment::6
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。