Appreciate Happiness ブータン・ブログ

    ブータン政府で首相フェローとして働いた日本人のブログ。Bhutan Blog by a Japanese worked as Bhutan Prime Minister's Fellow.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

    講演のお知らせ:「ブータンで本当の幸せについて考えてみました。『足るを知る』と経済成長は両立するのだろうか?」を基に東京(9/7)と京都(9/11)で講演します

    (Sorry, this article is only in Japanese)
    先日出版された拙著、「ブータンで本当の幸せについて考えてみました。『足るを知る』と経済成長は両立するのだろうか?」を多くの方に手にとって頂き有難うございます。
    アマゾンをはじめとして、いくつかポジティブな感想を頂き、嬉しく思っています。
    http://amzn.to/19YbAlC


    この本を基にした講演を、東京と京都で行いますので、ブータンや「幸せ」に関心のある方は是非お越し下さい。
    現在、海外に在住しているため、夏の一時帰国を利用して、お話させて頂くことになりました。

    東京講演:出版記念講演(GNH研究所 2013年9月東京定例会合)「ブータンから考える『お金』と『しあわせ』の関係」
    日時:2013年09月07日(10時~13時 受付:9時30分~)
    於:早稲田大学 早稲田キャンパス 12号館201教室
    (東京都新宿区西早稲田1-6-1)
    主催:
    GNH研究所(http://www.gnh-study.com/)、
    Act for Happiness(https://www.facebook.com/groups/334472173282250/)
    内容:近著「ブータンで本当の幸せについて考えてみました。『足るを知る』と経済成長は両立するのだろうか?」の内容に触れながら、首相フェローとしてブータンに滞在した経験、そして、現在の世界銀行グループ勤務という経済のスペシャリストとしての実績を踏まえて、お金としあわせの関係(お金があれば幸せ?
    お金がなくても幸せ? 経済とGNHは関係ない? etc)について、これから日本が考えるべきこと、学ぶべきことを議論します。
    詳細と申し込み:
    http://kokucheese.com/event/index/107888/

    京都講演:「ブータンのGNH(国民総幸福)政策の詳細と現状」
    日時:9月11日(水) 13時~14時30分
    於:京都大学稲盛財団記念館3F中会議室
    京都市左京区吉田下阿達町46: 川端近衛東南角(荒神橋東詰)
    概要:ブータンはGNH(国民総幸福)をスローガンに留まらせず、具体的な政策に反映させるために幾つもの施策を講じている。本ワークショップでは、元ブータン首相フェローの高橋孝郎さんにお越し頂き、GNH委員会で学んだ政府の取り組みの詳細と、GNH調査から読み取れるブータンの現状について語って頂く。また、与野党が逆転する結果となった7月の総選挙の背景にある経済問題についても議論する。
    詳細:
    http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/jp/Bhutan/index.php
    1120052_499454496807494_1098937615_o.jpg
    ちなみに、ブータンとは直接関係なかったのですが、現在の仕事について、先日大阪でキャリアセミナーを行いました。
    お越し頂いた皆さん有難うございました。
    http://go.worldbank.org/PB2I3EXO90
    私はワシントンDCの本社での1年の勤務を終え、9月中旬からはインドネシアのジャカルタにあるオフィスに転勤になります。
    急成長する大国の現場でマイクロファイナンス等を通じて貧困削減に取り組めることを楽しみにしています。

    Twitter (@taktaktictac): http://twitter.com/#!/taktaktictac
    Facebook ブータン首相フェロー日記: http://www.facebook.com/taktaktictac
    スポンサーサイト
    2013/08/31(土) 10:14:00 ブータンオススメ本・映画 Trackback::0 Comment::2

    ブータンで本当の幸せについて考えてみました。 「足るを知る」と経済成長は両立するのだろうか?

    (English follows)
    (本の訂正箇所、目次を追記しました)
    ご無沙汰しています。
    新年以来の投稿になります。気づけば2013年も半分が過ぎてしまいました。
    ここ半年ほど忙しくしていた一つの理由は、ずっとブータンについての本を書いていたことです。
    先日ようやく書きあげることができ、出版が7月18日に決まりました。

    タイトルは、
    ブータンで本当の幸せについて考えてみました。
    「足るを知る」と経済成長は両立するのだろうか?

    です。
    はい、長いタイトルです(笑)

    ブータンカバー

    以前、ブログでも紹介したブータン仏教に詳しい本林靖久さんとの共著になっています。
    http://thanks2happiness.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

    ブータンの幸せに関する本は、正直既に多く出版されています。
    そのため、当初は本を書くことを躊躇しました。
    しかし、日本のメディアのブータン報道を見ていると、実態が正しく伝えられていないことにもどかしさを感じることがありました。
    1年という短い期間ではありますが、ブータンに実際住み、首相やGNH委員会長官の近くで働いたからこそ学べたことを伝えたい。
    特に、ブータン経済の最新状況から、経済成長と幸福の関係について探ることは興味深いテーマになると思い、筆をとりました。

    本林靖久さんには、ブータン仏教の伝統的価値観について書いて頂きました。
    急速な近代化によって、まさに過渡期にあるといえるブータンが、伝統的な価値観に基づいた幸せを維持していけるのか。
    「足るを知る」という価値観は経済成長の中で失われていないのか。
    翻って、日本が高度経済成長を経て、今人口減少の低成長時代に突入した中で、どんな生き方が幸せに結びついていくのか。
    そんなことをこの本では語っています。

    第1章 GNH(国民総幸福)の考え方 高橋孝郎
    第2章 「足るを知る」国で消費が拡大した理由── ブータン経済の今 高橋孝郎
    第3章 ブータンの仏教と伝統的価値観 本林靖久
    第4章 ブータンと幸福論── 日本が学べることは? 対談:本林靖久+高橋孝郎

    という構成になっています。
    下記のアマゾンのリンクで予約が始まっていますので、読んで頂けると嬉しいです。
    http://amzn.to/19YbAlC


    追記1:ブータンで2008年の民主化以降第2回となる総選挙が行われ、与野党が逆転しました。いくつかの問題を抱える経済や、GNHの現状への不満、そしてインドと中国を巡る外交政策などの要因から、変化を求める国民の声が高まったようです。
    http://on.fb.me/17hw190

    追記2:本書の中で一か所訂正の必要な箇所を発見しました。
    206ページ
    誤「髙橋:つまり、ブータン人が日本人に学べるとすれば、」
    正「髙橋:つまり、日本人がブータン人に学べるとすれば、」
    ご了承ください。

    追記3:目次が出版社のウェブサイトでご覧になれます。
    http://books.hankyu-com.co.jp/list/detail/1225/

    また、当ブログ、ツイッターやフェイスブックでお知らせしていきますので、宜しくお願いします。
    Facebook「ブータン首相フェロー日記」https://www.facebook.com/taktaktictac
    ツイッター Twitter: https://twitter.com/#!/taktaktictac

    Dear all,
    I'm publishing a book in Japan in mid July.
    The title is
    "What is true happiness? Thoughts from Bhutan"
    Direct translation of the Japanese title would be "In Bhutan, we thought about what is true happiness - Can economic growth and Buddhism contentedness live together? "
    It is written in Japanese, so I'm sorry that English speakers cannot read this book.
    I'll try to write some essence of the book in a future blog entry. 2013/07/01(月) 07:39:06 ブータンオススメ本・映画 Trackback::0 Comment::2

    A Happy New Year 2013! 2013年明けましておめでとうございます

    (日本語は下にあります)
    A happy new year, dear my friends! The last year 2012 was a life-changing year having such a rare opportunity to work in Bhutan, learning what is important to life and meeting wonderful people from various background. I believe that I should not keep this experience as merely a beautiful memory but practice what I learned on a daily basis and give back to society in one way or another.

    My new job at IFC (International Finance Corporation, private sector development arm of the World Bank group) since last September has been very smooth, supported by great leaders and colleagues. As I get used to the job, I want to work more proactively pursuing out-of-the-box solutions. I will be rotated to one of the developing/emerging countries for 1 and a half years from this Fall.

    My new year's resolution is to improve self-awareness (or spiritual well-being). I'm just inspired by a book written by a Japanese football player on how he practices Self-awareness for higher performance. I will do my best to get closer to his mental attitude.
    Wishing you and your family&friends' 2013 to be full of happiness and physical&mental well being!

    Takao

    P.S. The photo is the children I met in a very remote and poor village in Bhutan (Lotokuchu, Samtse). I should keep questioning how my work will benefit those kids in indirect ways...

    P1110468.jpg

    皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます!昨年はブータンという素晴らしい国で仕事をするという文字通り有難い幸運に恵まれ、人生にとってとても大切なことを肌で学び、様々な分野の素敵な人々と出会うことができました。この経験をただ美しい思い出として終わらせることなく、学んだことを日々実践しながら、何らかの形で社会へ還元していくことが自分の役割なのだと今気持ちを新たにしています。

    おかげさまで2012年9月からワシントンDCのIFC(国際金融公社、世界銀行グループ)で始めた新しい仕事は上司・同僚にも恵まれ順調に進んでいます。仕事にも少しずつ慣れてきたので、受け身にならずに目線を高くして精進したいと思います。2013年の秋からはどこかの途上国に1年半転勤することになります。

    2013年の抱負は「心を整える」こと。長谷部誠の「心を整える」を読んで深く共感、尊敬したので、彼のような生き方ができるように頑張ります。



    皆様と皆様のご家族・ご友人の2013年が心身ともに健康で幸せでありますように。

    髙橋孝郎

    追記:写真はブータンの非常に貧しい離村(サムツェ県のロトクチュ村)で出会った子供たちです。自分の仕事が間接的に彼らにどう繋がっていくのか問うことを忘れないようにしたいです。

    P1110485.jpg 2013/01/04(金) 10:02:20 自己紹介・日記 (Profile, diary) Trackback::0 Comment::2
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。